nhkの集金担当者が自宅に訪ねてきて、契約を求められたことはありませんか?「nhk受信料って、必ず支払わなければいけないの?」「支払わないと訴えられるの?」などと疑問に思う人も多いでしょう。 nhk受信料は、支払わなくて ・NHKと契約するまでは,NHKの受信料支払い義務は確かにない ・ずっと契約しないと,強制的に契約締結する裁判を起こされる ・裁判を起こされると放送法64条のパワーで普通は負ける(契約締結される) ホテルのテレビ「NHK受信料」どうなっている? nhk受信料は契約しなければいけない義務はあるの? まずはnhk受信料の契約の義務についてです。 結論から言うと、 もしも家にテレビなどの受信設備を備えている場合はnhkと契約して受信料を支払う義務があります 。 これに関しては放送法第64条にしっかりと定めてあります。 NHK受信料の解約の手続きをしないと、空き家の物件の分までNHKから突然請求が来ることがあるのはご存知でしょうか。ガスや水道などのような公共料金では、世帯主が不在となって料金の支払いが途絶えてしまった ... NHKの受信料を解約するときに実家へ帰るという嘘が効果的だという話しを聞いたことがある人も多いかと思いますが、これらの嘘を付くことは危険でありそしてオススメできない方法であることをご存知でしょうか。N ... NHK受信料の金額が年払いだとお得なのか、そして決済方法や引き落としの時期について気になる人も多いと思います。詳しい料金の決済期間や方法を比較して、詳しく説明していきます。この記事を読むと、NHK受信 ... NHK受信料の金額は、家族割引が適応されると半額になるがその条件についてご存知でしょうか。例えば、実家を離れている学生などはNHKの定める条件をクリアするとその受信料の金額が家族割引で割安になります。 ... NHK受信料の金額が引き落とし日に残高不足などが原因で支払いができなたかったときは、ゾッとする思いと共に不安な気持ちになったりはしないでしょうか。特に支払い関係の遅延が発生すると、故意ではなくとも自分 ... Copyright© ライフば〜す , 2020 All Rights Reserved. NHK受信料は契約拒否でも罰則はない? 最初にもご紹介した通り、実はNHKの放送受信契約自体は契約を拒否しても罰則というものはありません。 原則的にはNHKの放送受信契約というもの自体は、放送法によって「受信設備を持っている 実は、 NHK受信料の契約を拒否した上で、受信料を支払わない事に対しての罰則はないのです。 違法行為をしているにもかかわらず罰則がないというのは不思議な話ですが、法律で決まっていないので仕方がないのです。 NHKの受信料契約は義務化されていますが、厳密にそれを無視しても罰則の決まりというものが詳細に設定されていません。ここで、普段当たり前のように支払っているNHKの受信料ですが、これはどのようにして決められているのでしょうか。公共放送などに関する法律である放送法の第64条には「協会(NHK)の放送を受信することのできる設備を設置した者は、その放送の受信についての契約をしなければならない」と … 支払いの契約をしないでいると、するまで借金の取り立てのようにしつこく訪問してくるNHK・・・。, 「なんでNHKを見てないのにNHK受信料を払わないといけないんだ!」と内心思ってる人は少なくないでしょう。, 今回はNHK受信料を契約拒否し、支払わなかった場合どうなるのか、未払いの罰則のなどについてまとめていきたいと思います。, 結論から言うと、もしも家にテレビなどの受信設備を備えている場合はNHKと契約して受信料を支払う義務があります。, 第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。, なので、家に使用できるテレビがある場合はNHKを見ていようがいまいが、NHKと契約する義務があります。, ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。), この一文を勘違いして、「NHKの放送を受信する目的で置いているわけではない!」などと主張する方もいらっしゃるようですが、ここでいう“放送の受信を目的としない“とは、NHK放送のことを指しているのではなくてテレビ放送のことを指しています。, 例えば、チューナーを搭載していないテレビや防犯カメラのモニターなどがコレの対象になります。, つまり、テレビ放送を受信可能なものを所持しているかどうかが判断基準になるということですね。, 法律上はテレビ放送が受信できるものを所持しているだけで契約&支払い義務が発生するということです。, 先程お話した通りNHK受信料はテレビ放送が受信可能なものを所持している場合は契約義務が生じますので、テレビを持っているのに契約を拒否する行為は違法行為となります。, じゃあNHK受信料を支払わなかったら捕まっちゃうの?ってことに関してですが、実は現状の法律では捕まることはありません。, 何故かというと、NHK受信料を契約拒否し、支払わなかった人に対する罰則が法律で定められていないからです。, つまり、NHK受信料に関して契約拒否したり支払わなかったりすること自体は違法行為だが、違法したからといって特に未払いの罰則はない。ということですね。, 悪いことした人には罰を!・・・みたいな考えを中心に育てられてきた私達にはなんとも不思議なことではありますが、こういうことなんですね。, 続いて、今話題の中心となっている12月6日に最高裁の判決が下されたNHK受信料支払いに関する裁判についてです。, 2011年9月に受信契約を申し込んだNHKだったが、「放送が偏っている」などの理由でこの弾性は契約を拒否。, 結局のところ裁判の結果はどうなったの?ってことに関してですが、結果としてこの男性とNHKの契約は成立し、テレビ設置時に遡って受信料を支払う必要があるということに。, つまり、「テレビを持っている時点でこの男性にはNHKとの契約義務があるのでしっかりとNHKと契約し、支払いを怠ってた分もちゃんと支払いなさい!」ということをこの男性は裁判所から命じられたというわけです。, そして本題。この最高裁によって何が変わるのか?ということに関してですが、基本的には何も変わりません。, 放送法の解釈が変わったわけでもないですし、放送受信可能なテレビがあったら契約する義務があるのはとっくに規定されていることですからね。, ですが、裁判をすれば受信料支払いをゴネている人に支払いを命じることができるという判例が残りました。, 裁判というものは一度判決が下ると、その判決がある種の今後の基準となる側面があります。, ということは、今後似たような相手に似たような裁判を起こせばNHKはゴネ得している人に対して、今までの未払い分もまとめて支払わせることができるということです。, NHKは契約義務があるにも関わらず契約していない人に対し、訴えたら勝てるという実績を作り上げてしまったわけですね。, なので今後、この実績を盾に未払い者に対してさらに強く詰め寄ってくる可能性もありますし、なんなら見せしめがてらに訴えてくる可能性すらあります。, しかし、先程も申し上げた通り何かしらの解釈が変わったり罰則が追加されたというわけでもないので、基本的にはほぼほぼ今まで通りでしょう。, まぁ裁判する手間や費用もタダではないですし、未払い者をガンガン訴えていく・・・といった過激な動きを見せることはまずないでしょうね。, ※この見出しに書いたことはあくまで私個人の予想と意見ですので、絶対そうなるというわけではありませんのでご注意ください。, 今回はNHK受信料の契約を拒否したり支払いを怠ったらどうなるのかについてや、未払いの罰則の有無、12月6日の最高裁の判決で何が変わるのかについてまとめさせていただきました。, NHK受信料の契約に関しては、ルール上は受信可能設備所持者に対して契約義務が発生するものの未払いの罰則は特に定められておりません。, しかし、今回の最高裁の結果を見る限り、今後NHKがある程度強気に立ち回ることも考えられますし、実際に訴えられてしまうと非常に面倒です。, 個人的には受信設備を持っているにも関わらず契約していない人はさっさと契約してしまったほうが逆に楽なんじゃないのかなという気さえします。, NHK受信料がもっとわかりやすく、全国民が納得できるような仕組みになってほしいもんですね。. NHK集金人の強引な勧誘に遭った時の対応事例 どうも、零士です。nhkの受信契約をしているけど、全然見ないのですぐにでも解約したい!そう考えている方は、たくさんいらっしゃるかと思います。しかし、nhkの番組を全く見ないので解約するというのは、通用しません。まったくnhk見ないのに毎月受 NHK受信料の契約は義務となっているけれど、それを守らなかった場合いはどのような罰則があるのかが気になるよね。そのへんを詳しく説明して欲しい。, NHKの受信料契約が法律によって義務化されているけれど、その義務を果たしていなくとも厳密な罰則というものが曖昧でわかりづらい, つまり、受信料の支払いはNHKと交わす契約書によって定められた義務、ということになります。, NHKとの受信料契約日があまりに古いと、根拠となる契約書が残されていないため実証が困難な場合が多いことが理由. NHK受信料を「家族割引」で半額にする方法とは NHKの受信契約は放送法64条で規定されている義務となります。 しかし、契約しない事による罰則はありません。実際にNHKを契約していない世帯はたくさんいます。NHKの受信料制度は非常にあいまいな点が多く、グレーゾーンだと思い NHKの受信料契約が義務だけどその罰則について、どういったものがあるのかよく分からないという方はいないでしょうか。日本ではNHKの受信料契約が法律によって義務化されているけれど、その義務を果たしていなくとも厳密な罰則というものが曖昧でわかりづらいという意見もあります。そこで、NHK受信料契約の義務とその罰則について詳しく説明していきます。, ば~す君は、損得にとても敏感な生物で常にメリットがあるかを鋭い嗅覚で嗅ぎつけるライフば~すの住人です。また、当サイトはNHKを見ているのに受信料を払わない方法を説明していません。, NHKの受信料契約は義務化されていますが、厳密にそれを無視しても罰則の決まりというものが詳細に設定されていません。ここで、普段当たり前のように支払っているNHKの受信料ですが、これはどのようにして決められているのでしょうか。公共放送などに関する法律である放送法の第64条には「協会(NHK)の放送を受信することのできる設備を設置した者は、その放送の受信についての契約をしなければならない」と定められております。, そして、テレビなどのNHKの電波を受信することができる受信機が家にある場合は、例外なくNHKと受信料契約しなければなりません。NHKとの受信料契約は、法律で決められた義務となります。その一方でNHKへの受信料の支払いについては、実は法律には規定と罰則がありません。しかし、NHKと契約する際にその契約内容の一つとして、受信料の支払いが定められています。, これにより、受信料を支払わないとNHKとの契約に違反したことになります。つまり、受信料の支払いはNHKと交わす契約書によって定められた義務、ということになります。それでは、NHKの受信料支払いの義務を無視した場合、どのような罰則があるのでしょうか。実は、NHK受信料の支払いを無視しても、特に罰則はありません。, それは、NHK受信料の支払いについて法律による義務規定がないのと同様、受信料を支払わなかった場合の罰則についても、法律には規定がないからです。法律で規定がない以上、罰せられることはない、というわけですね。このことから、2019年の時点ではNHKの受信料を払わなくても罪に問われることはなく、罰金を取られるなどの罰則が科されることはありません。, 無論、法律に違反はしていなくても、NHKとの受信料契約には違反していることになりますので、やはり受信料はきちんと支払う必要はあります。, しかし、世の中にはNHKの受信料を支払わない人もいるわけで、NHKはこれを問題視してきました。そこで、NHKはそうした受信料契約は義務としてしているけど受信料を支払わない人たちに対する対抗手段として訴訟、つまり裁判を起こして受信料を取り立てる、という手段に至りました。法律上の罰則規定がないため、刑事罰に問うことはできませんが、受信料の支払いはNHKとの契約で定められた義務になるため、その義務に違反したとして、民事で訴えることは可能なのです。, 実際に2006年にNHK側が起こした訴訟は、少なからず話題となりました。この裁判では、NHKの受信契約の義務化が憲法の定める「契約の自由」に反するかどうかが焦点となり、最高裁まで争われた結果、2012年末に合憲という判断が出されました。いわば、NHKがテレビなどを設置する事によって自動的に発生する受信契約を盾に受信料を請求することが、裁判所によって認められた形です。, また、最高裁の判決は「判例」として記録され、のちの裁判でも参考にされます。したがって、NHKは同じように受信料の支払いを拒否している人に対して、裁判によって支払いを請求することが事実上可能になったともいえます。民事訴訟は刑事裁判とは異なるものの、判決によっては受信料を徴収されるわけですし、場合によっては訴訟にかかった費用や慰謝料などが上乗せされる場合もあります。, そのため本来のNHK受信料よりも多くの額を支払わなければならなくなる可能性も十分にあります。NHKの受信料契約の義務はあれど、法律による罰則ではないとはいえ、これらの事をふまえて考えた場合、これもある意味では罰則と考えていいでしょう。, ただ、罰則がないからとNHK受信料の支払い義務を無視した人全てが、訴訟を起こされているわけではないです。それでは、どのような人がNHKに受信料支払いの訴訟を起こされているのでしょうか。その傾向を詳しく見てみると、NHK受信契約の期間が比較的浅い人、具体的には契約日が2005年以降で、その不払いの年数が12年以下という事例で、訴訟を起こされるケースが多くなっています。, 特に、NHK受信料の不払い年数4~5年の場合が高い確率で訴訟の対象になっています。これには、NHKとの受信料契約日があまりに古いと、根拠となる契約書が残されていないため実証が困難な場合が多いことが理由だと考えられます。また、2012年の高裁判決で、NHK受信料の支払い義務が5年で時効となることが確定しているため、特に不払い年4~5数年の人が対象になりやすいのです。, これ以外には、NHKの番組観覧の応募をしていたり、BSメッセージを消去するためにB-CASカードの番号をNHKに伝えている場合も、訴訟を起こされる可能性が高くなります。言わずもがな、観覧の応募をすればその情報をNHKが精査するので受信料契約状況をチェックして、その未払いや未契約かどうか確認できますし、B-CASカードの番号を伝えているということは、その時点でNHKを受信できる機器を持っている事が確定し、その証拠にもなってしまいます。, B-CASカードの番号を取得できれば、NHKからすれば限りなく確実に裁判で勝訴を取れると予測できるわけですから、積極的に狙いに来ます。また、NHKは弁護士法の規定による「弁護士会照会」を使って、衛星放送の有料契約者の情報を取得することができるため、そうした契約に加入している人も訴訟を起こされやすくなっています。, では、逆にNHKから受信料問題で訴訟を起こされない人というのは、どのような特徴があるのでしょうか。まず、NHKの受信契約日が古い場合が挙げられます。先述した通り、NHKとの契約日が古いとその契約書が残っていない可能性が高く、訴訟を起こしても勝訴できる可能性が低いためです。, 民事裁判は基本的に、訴えた側がその提訴にかかわる争点を証明しなければならないため、NHK側が受信料支払いの契約があることを証明できないと、裁判に勝つのは難しいわけですね。また、NHK受信料の不払い期間が一定以上長期間にわたる場合も、訴訟を起こされない可能性が高くなります。, これは、民法の規定で「定期金の債権(債権者が相手から定期的にお金などを受け取る権利)は、最初の支払いを受けてから20年間債権を行使しないか、最後に支払いを受けてから10年間債権を行使しないと消滅する」と規定されており、NHKへの受信料支払い義務もこの「定期金の債権」にあたるため、この規定に引っかかって請求そのものができないと考えられているためです。, 無論、経済的理由で受信料が支払えない人についても、NHKは訴訟を起こしていません。払うお金がなければ、裁判で勝っても取り立てようがありませんし、なによりNHKもそこまで鬼ではありません。あくまで、受信料を支払える経済的余裕があるにもかかわらず、受信料の支払いを拒否したり契約をしなかったりした人に対して、罰則的に裁判を起こしているのです。, とはいえ、受信料の支払いが契約上の義務である以上、裁判という形で罰則を与えられないためにも、NHKの受信料は滞納せず、しっかりと支払いましょう。.