家具が備え付けてある賃貸物件は、普通に考えると親切で便利のような気もしますが、実はそうではない落とし穴が潜んでいるかもしれません。今回ご紹介するのは、家具備え付け賃貸物件の代表格・レオパレス21の入居者がnhkを相手に受信料の返却を求めた裁 nhkの不正を内部告発した元nhk職員であった立花氏が、平成25年9月頃まで行っていた「NHK受信料不払い安心保険」 だが、これが、弁護士法に抵触することから停止したため、不安解消の意味合いでnhkが裁判に移行すると思われる基準を公表することにした。

NHK(日本放送協会)が映らない装置を付けた場合に受信料を払う必要があるかどうかを争った訴訟の判決で、東京地裁の小川理津子裁判長は6月26日、原告の訴えを認めた。 nhkが裁判に移行する基準. “みなさまの受信料”をさらに増額できる、強力な根拠を――。 3月13日、最高裁が下した決定は、様々な波紋を呼んだ。ワンセグ機能付き携帯電話を所持している男性が、nhkと受信契約を結ぶ義務はないと訴えた裁判で、nhk側勝訴の判決が確定したからだ。