nhkの未払いの受信料(債務)を一切支払わないまま5年の期間が経過すると、その時点で時効というものが成立し、時効援用すること(申し出を行うこと)で一切をチャラにすることが可能です。 NHK受信料に関しては「定期的に支払う義務があるもの」ですから時効は5年となるはずです。 ただ、NHK側は「受信料の未払いは一般的な借金と同様である」と主張しており、 10年分さかのぼって請求できるという考えだったのです 。 他のTV局は受信料など請求してこないのにNHKは受信料を請求してきます。それは、放送法で定められた国民の義務だからです。受信料を払わない場合は、給与の差押えだってあります。支払いの拒否、払わなくていい条件、HNKの受信料が減額方法を紹介します。 結論から先にお話すると、現在のところNHK受信料の時効は5年である、という認識が一般的です。 NHK受信料の支払いについては放送法という法律によって細かく定められていますが、意外なことに受信料の時効については近年まではっきりしておらず、2014年の最高裁の判決によって改めて示された形になりました。 この部分についてさらに掘り下げて見ていきましょう。 他のTV局は受信料など請求してこないのにNHKは受信料を請求してきます。それは、放送法で定められた国民の義務だからです。受信料を払わない場合は、給与の差押えだってあります。支払いの拒否、払わなくていい条件、HNKの受信料が減額方法を紹介します。 nhkの受信料については、法律で「毎月 円」といった形で決められているわけではありません。nhkについて定める放送法には、nhkとテレビ視聴者は受信契約を結ばなければいけないと定められているだけです。 時効援用は「借金を時効によってチャラにする」ということです。よく、借金の時効が成立した際に債権者各位に時効の成立を宣言し、そして時効を援用することを宣言する内容証明郵便を送るのですが、基本的な部分は債務の時効援用と何も変わりませんので、NHK受信料の時効を援用する場合も債権者(NHK)に対して宣言を行います。 簡単に言うと 「私が持っていた受信料債務については5年が経過したため時効が成立しています。ですので、もう払いません。請求もしないでください。」 という内 … nhkの受信料を長期間支払ってない人で5年以上前の未払い金がある場合、消滅時効を援用して支払い義務をチャラにすることができます。nhkから何度も「重要なお知らせ」を受け取っている人は、本当に法的措置をとられ強制執行による財産差押えをされるかもしれません。 NHK受信料の消滅時効援用 ポイント ①nhk受信料は時効になるが、申出(時効援用)が必要 ②消滅時効が認められても、直近5年分の支払義務はある ③受信契約を解約する場合、別途解約の意思表示が必要 NHK受信料は消滅時効援用が可能なの? NHK受信料の時効の申し出を行い5年以上前の受信料請求をストップさせるサイト。法律専門家である行政書士が内容証明郵便でNHKに対し裁判でも認められる正式な時効援用通知を行い、受信料支払い義務を消滅させます。簡単・格安・全国対応。 nhk受信料滞納も民法上の時効の対象. NHK受信料の消滅時効NHKの受信料にも時効があるNHKの受信料にも時効制度の適用があります。NHK受信料の時効については、2014年の最高裁判決によって5年とされました。つまり、5年以上前の受信料については時効によって支払う必要がないということになります。 まず,NHK受信料というのは,定期払い債権ということで5年の消滅時効にかかることは争いありません。ちなみに民法改正で消滅時効期間は原則5年に一本化されるので,民法改正後もNHK受信料の消滅時効 … 通常、受信料の支払いが滞っている分については、永久に未収全期間分の受信料が請求されます。 時効の申し出があった場合には、時効を5年として減額されます。 しかし、NHKは、当事者から”時効の援用”の申し出をしない限り、20年分であろうが、30年分であろうが、いつまでも未払いの受信料は請求し続けるというわけです。 NHK受信料債務を時効で消滅させるには、NHKに対して5年以上前の受信料債務について、時効の制度を利用する意思表示をする必要があります。 ついては、5年間の … nhkの受信料の未払いを続けた場合、消滅時効は5年となっています。しかし、5年が過ぎれば滞納分は、自動的にチャラになるワケではなく時効の申し出をする必要があります。ここでは受信料の時効についての注意点や対処法について解説をしていきます。 NHKの受信料の未払い (滞納)を続けた場合、消滅時効は5年となっています。 しかし、NHKの受信料を放置して、ただ5年が過ぎれば、 滞納分が自動的にチャラになるワケではありません 。 nhk受信料消滅時効の援用 内容証明は15,000円(税込み・実費込み) 全国対応 Ⅱ 当初から契約をしたことがない →「消滅時効の援用」は不可。テレビ設置のタイミングまで遡ってNHK受信料の支払義務があると主張される可能性があります。