生年月日:1986年1月4日 (日本代表/ガラタサライ) 618, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1986_FIFAワールドカップ準々決勝_アルゼンチン対イングランド&oldid=80269419. 通算成績:531試合・31得点, ディエゴ・ゴディン(Diego Godín) 通算成績:588試合・275得点, ラダメル・ファルカオ(Radamel Falcao) (コスタリカ代表/パリ・サンジェルマン), 攻撃面の貢献でノイアーを選びましたが、誰が守護神でも不思議ではない層の厚さですね。, ヴァンサン・コンパニ(Vincent Kompany) 生年月日:1986年1月30日 自身と同じ誕生日や年代の選手が活躍している姿をみると、親近感が湧き応援にも力が入るもの。, この記事では、歴代スター選手の中から筆者がチョイスした「年代別ベストイレブン」を掲載。, 今回は、最終ラインにビッグネームが揃った「1986年生まれ」のベストイレブンをご紹介します。, マヌエル・ノイアー(Manuel Neuer) 生年月日:1986年1月8日 生年月日:1986年11月17日 (元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表/ラツィオ) 所属クラブ:オーランド・シティ 利き足:右足 レアンドロ パレデス.

代表チーム:イングランド代表 マリオ・マンジュキッチ 所属クラブ:インテル この得点はとても不誠実で、とても非情だ。イングランド人を酷く傷つけたのだから』」と語った。, しばしば史上最高の個人ゴールと主張される「世紀のゴール」と呼ばれるゴールは、「神の手」ゴールのたった4分後に生まれた[2][5]。エクトル・エンリケがマラドーナにパスを出し、ハーフウェーラインから自陣側に10 m内側にいたマラドーナはドリブルを開始した。10秒間のダッシュでボールを持ったまま60 mを駆け上がり、ベアズリー、ピーター・リード、テリー・ブッチャー、2度)、テリー・フェンウィック(英語版)の5人をかわした。さらにキーパーのシルトンもドリブルでかわし、ボールをゴールに押し込んで2-0となる得点を挙げた。, このゴールについてマラドーナは「バルダーノにパスしようと思っていたが、相手選手が囲んできたのでスペースがなかった。そのために、自ら持ち上がってシュートしなければならなかった」と語った[11]。彼は後にフェアプレーに徹したイングランドに賛辞を述べ、「他のチームに対して私があのプレー(5人抜き)をできたとは思わない。寄って集って潰しに来るからだ。彼ら(イングランドの選手たち)はおそらく世界で最も気高い」と語った[12]。2002年、このゴールは2002 FIFAワールドカップ期間中にFIFAのウェブサイト上で行われた投票によってゴール・オブ・ザ・センチュリー(Goal of the Century)に選ばれた[13]。2位には1998 FIFAワールドカップでイングランドのマイケル・オーウェンがアルゼンチン戦で決めたゴールが入り、4位にはマラドーナが1986 FIFAワールドカップ準決勝のベルギー戦で決めたゴールが入った。, アルゼンチンのリードにより、イングランドはクリス・ワドルとジョン・バーンズというふたりのフォワードをピッチに送りだした。試合序盤に激しく攻め立てたアルゼンチンに疲労が見え始め、イングランドは試合を振り出しに戻すためにさらなる攻勢を仕掛けた。グレン・ホドルとバーンズの舵取りでチャンスを創出し、80分にゲーリー・リネカーがバーンズのクロスからこの大会6得点目となる得点を決めた[2]。しかしアルゼンチンも同様に決定機を作りだし、リネカーのゴールの直後には途中出場のカルロス・タピア(英語版)がゴールポストに直撃するシュートを放った[6]。87分にはバーンズのクロスに対してリネカーとアルゼンチンのフリオ・オラルティコエチェアが反応し、フェアなプレーではあったが両者が空中で激突した。イングランドは同点に追いつくことができず、アルゼンチンが2-1で勝利した。, 試合後にはホッジがマラドーナとユニフォームを交換し、このユニフォームは2000年代にイギリスのナショナル・フットボール・ミュージアムに貸し出された。マラドーナはまた、彼に厳しいマークを付けてタックルを仕掛けた他国と比べ、フェアなプレーに徹したイングランドを称賛した[14]。イングランドでは多くの国民がマラドーナのハンドボールに欺かれたと感じており、アルゼンチンに対するライバル意識がいっそう強まった[10]。その一方でアルゼンチンでは、この試合はフォークランド紛争の仕返しとみなされ、1966 FIFAワールドカップ準々決勝でのアンフェアな試合の仕返しであるともされた。かつてアルゼンチン代表であったロベルト・ペルフーモ(英語版)は「1986年はイングランドに対する勝利だけで十分であり、FIFAワールドカップで優勝することは二の次であった。イングランド撃破が真の目標であった」と語った[3]。マラドーナの最初のゴールはイングランドで大きな論争となったが、2点目は世界中でその輝きが認められた。彼の才能に対するイングランドの評価としては、2002年にChannel 4が行った投票が良く知られており、「スポーツにおける最高の瞬間」を100位まで選出したその投票ではマラドーナの2点目が6位に選ばれた[15]。, エスタディオ・アステカの外にはマラドーナの2点目のシーンの彫像が建立された[16]。アルゼンチンはこの大会で優勝し、1990 FIFAワールドカップでも準優勝となった。イングランドはリネカーがこの大会の得点王に輝き、1990 FIFAワールドカップでは自国開催で優勝した1966 FIFAワールドカップに次ぐ4位という成績を残した。両国はフランスで開催された1998 FIFAワールドカップと日本と韓国で共催された2002 FIFAワールドカップでも対戦している。1998 FIFAワールドカップでは両者にひとつずつのPKが与えられた後、イングランドのデヴィッド・ベッカムが退場処分を受けたが、マイケル・オーウェンが見事なゴールを決めて一躍ヒーローとなった。2002 FIFAワールドカップではグループリーグで対戦し、グリニッジ標準時における正午にキックオフされた試合は「史上最長の昼休み」と表現された。イングランドの何百万という人々がテレビ観戦するために仕事や活動の手を止めたためであった。ベッカムのPKでイングランドが1-0で勝利し、結局アルゼンチンは決勝トーナメント進出を逃した[17]。, 副審 各世代の名手たちを紹介する「年代別ベストイレブン企画」。このページは、1970〜2000年生まれのベストイレブンをまとめた記事となっています。90年代のサッカー界を沸かせたレジェンドから若手逸材まで、各世代の頂点に立つサブメンバー含めた総勢700人を超える名手たちをご覧ください。... https://www.roiblog.jp/wp-content/uploads/2020/07/ロイすん.jpg. 1986 FIFAワールドカップ準々決勝 アルゼンチン対イングランドは、1986年6月22日にメキシコシティのエスタディオ・アステカで行われ、アルゼンチン代表がイングランド代表を2-1で下した。, この試合はアルゼンチンとイギリスが戦ったフォークランド紛争の4年後に行われ、サッカーにおけるアルゼンチンとイングランドの間のライバル意識の形成に大きな影響を与えた。この試合ではアルゼンチンのディエゴ・マラドーナがサッカー史に残るふたつのゴールを決めた。一つ目は51分の「神の手」ゴールであり、本来は反則であるが、手を使ってボールをゴールに押し込んだ。二つ目は54分の「5人抜き」ドリブルによる得点であり、イングランドのフィールドプレーヤー5人とキーパーをドリブルでかわしてゴールを決めた。2002年、この5人抜きドリブルによる得点はFIFA.comによる投票でゴール・オブ・ザ・センチュリー(Goal of the Century)に選ばれた。アルゼンチンはこの大会の決勝で西ドイツを3-2で破って優勝し、マラドーナは大会最優秀選手賞を受賞した。イングランドのゲーリー・リネカーは大会得点王に輝いた。, 19世紀、イギリスからの移民がアルゼンチンにサッカーをもたらしたが[1]、イングランド代表とアルゼンチン代表の間のライバル意識は一般にイングランドで開催された1966 FIFAワールドカップまで遡ると言われる[1][2][3]。ウェンブリー・スタジアムで行われた準々決勝でイングランドとアルゼンチンが対戦し、アルゼンチンのキャプテンであるアントニオ・ラティンが退場処分を受けたほか、度を越したラフプレーを連発したイングランドの前にアルゼンチンは敗れ去った[4]。ラティンは退場処分に怒りをあらわにし、イングランドの大観衆を前にしたドイツ人主審の判定に偏りがあったのではないかと感じていた。イングランドのアルフ・ラムジー監督はラッティンに対して「アニマル」(animals)という人種差別的な表現を用いて侮辱した[5][3]。1966 FIFAワールドカップ以後にイングランドのトッテナム・ホットスパーFCでプレーしたオスバルド・アルディレスやリカルド・ビジャなどのアルゼンチン人選手は人気を博したが[3]、両国間のライバル意識は強く残っていた。サッカー外に目を向けると、1982年のフォークランド紛争(マルビナス紛争)は両国間の不信感を増大させていた。南大西洋西部に位置するフォークランド諸島(アルゼンチンではマルビナス諸島と呼ばれる)はイギリス領であるが、1982年4月2日にアルゼンチン軍が上陸して占領した。イギリスはこれを自国領土への侵略とみなし、諸島を取り戻すために海軍部隊を派遣した。この紛争はイギリス軍に256人の死者を、アルゼンチン軍に645人の死者を出したため、紛争のちょうど4年後に行われた1986 FIFAワールドカップの対戦は興奮に満ちたものとなった。試合後、マラドーナは「我々は試合前に『サッカーはマルビナス戦争とは別物だ』と言ったが、たくさんの少年兵がまるで小鳥を殺すように殺されたことを知っている。この試合は復讐だった」と述べた[3]。, 1986 FIFAワールドカップの開催国は、当初予定されていたコロンビアからメキシコに変更となった。イングランドはヨーロッパ予選のグループ3を無敗で終えて本大会出場を決め、アルゼンチンは南米予選を首位で終えて本大会出場を決めた。グループリーグでは、アルゼンチンが2勝1分の勝ち点7で決勝トーナメント進出を決め、イングランドは苦戦したものの最終戦でポーランドを3-0で破って決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦では、アルゼンチンがウルグアイを下し、イングランドがパラグアイを下した[2]。どちらも大会開幕時点では優勝候補とはみなされていなかったが[6]、イングランドは大会を勝ち進む過程でチーム状態を改善し、アルゼンチンはマラドーナがチームを牽引した。, 試合は序盤から両チームに決定機が生まれた[6]。アルゼンチンが試合を支配し、マラドーナを中心に何度も決定機を迎えたが、イングランドのキーパーのピーター・シルトンのセーブに阻まれた。13分にはアルゼンチンのキーパーのネリー・プンピードが足を滑らせたが、イングランドのピーター・ベアズリーはチャンスを決められなかった[2]。アルゼンチンはボール支配率でイングランドを上回り、相手を上回る走行距離を記録したが、イングランドの堅固な守備陣を破れず、0-0のまま前半が終了した。, 試合の後半には、この試合を有名にし、さらに悪名高くもしたふたつのプレーが生まれた[1][6]。, 後半6分、マラドーナは左サイドから内側に切れ込み、斜め前のペナルティエリア角にいたホルヘ・バルダーノに転がるパスを出し、自身はバルダーノからのワンツーパスを期待して走り続けた。しかし、マラドーナのパスはわずかにバルダーノからずれ、守備に戻っていたイングランドのスティーヴ・ホッジ(英語版)に届いた。ホッジはボールをクリアしようとしたが蹴りそこない、ボールはペナルティエリアに進入していたマラドーナに向かって放物線を描いた。キーパーのシルトンは空中のボールをパンチングしてクリアしようと試み、20cm近くも身長でマラドーナに勝るシルトン(シルトンは183cm、マラドーナは166cmだった)が有利かと思われたが、マラドーナの方が先にボールに到達し、左手の握りこぶし外側でボールをはじいた。このボールはゴールに吸い込まれ、マラドーナの反則を見ていなかったチュニジア人主審のアリ・ビン・ナセル(英語版)はアルゼンチンのゴールを認めた。マラドーナは後に、「チームメイトが私を抱きしめに来るのを待っていたが、誰も来なかった。私は彼らに『ハグしに来いよ、そうしなければ主審はゴールを認めないぞ』と言ったんだ」と語った[7]。, 試合後の記者会見でマラドーナは「ゴールはマラドーナの頭が少しと神の手が少しのおかげだ」(un poco con la cabeza de Maradona y otro poco con la mano de Dios)と主張し[8]、「神の手」(西 : La Mano de Dios, 英 : Hand of God)というフレーズが作りだされた。彼が手でボールを叩いていたことがビデオや写真によって証明され、世界中のテレビや新聞でそのことが示された。イングランドのボビー・ロブソン監督は(マラドーナを非難する代わりに)「いたずら小僧の手だ」と述べた[9]。この得点は両者のライバル意識の増大に火を注ぎ、イングランド人はFIFAワールドカップ優勝の可能性が騙し取られたと感じた[10]。一方、アルゼンチン人はこの先制点の経緯に満足し[3]、セサル・ルイス・メノッティ監督は「(アルゼンチンの)人々はこう言っている。『大いに素晴らしい! 通算成績:685試合・94得点, エセキエル・ガライ 執筆依頼・お問い合わせはこちら↓ 身長/体重:170cm・61kg クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています 身長/体重:173cm・67kg 利き足:右足 所属クラブ:マンチェスター・シティ 所属クラブ:アンデルレヒト 利き足:右足 代表チーム:ベルギー代表 代表チーム:スペイン代表 1986年において、デンマーク代表が採用した3-1-4-2フォーメーションについての想定予想です。 モデルの想定・その他のケース 左図は、1986年当時のデンマーク代表について想定予想のスターティングメン … 右 利き. 1986 FIFAワールドカップ(英: 1986 FIFA World Cup)は、1986年5月31日から6月29日にかけて、メキシコで開催された第13回目のFIFAワールドカップである。アルゼンチンが決勝で西ドイツを3対2で下し、2回目の世界王者となった。, 当初はコロンビアで開催される予定であったが、経済状態の悪化から1983年にコロンビアの大会組織委員会が開催権を返上、メキシコが代わりに主催することになった。これにより、メキシコは1970年以来、16年ぶり2回目のワールドカップ開催地となった。その代替開催となったメキシコも前年の1985年に大地震に見舞われ一時は不安視されたが、大会は無事に開催された。, 大会の方式は1982年大会から変更された。前回と同じく24チームが大会に参加し、4チームごと6つのグループに分けられた。しかし、2次リーグは実施せず、16カ国によるトーナメント方式に変更された。各グループの1位と2位、それに3位のチームが勝ち点の多い順に4チーム、合計16チームが選ばれることとなった。, この大会はディエゴ・マラドーナの大会として人々に記憶されている。選手として絶頂期にあったマラドーナがアルゼンチン代表のエースとしてチームを優勝に導いたからである。その中で最も有名な試合は、準々決勝のイングランド戦である。マラドーナは2点を決め、チームも2-1で勝利した。1点目は、マラドーナが後日インタビューに「神の手」と語る通り、ヘディングを狙いにいったマラドーナの手に当たってゴールに入った点である。審判はマラドーナのハンドを確認することができず、イングランド代表の抗議も実らず、得点は認められた。イングランドでは、この得点は逆に「悪魔の手」と呼んでいる。2点目は、マラドーナがセンターライン付近からドリブルを始め、ゴールキーパーのシルトンを含めて5人のイングランド選手をドリブルで抜いて決めた。, イングランドは、グループリーグ初戦のポルトガル戦を落とすなど危機的状況にあったが、エースストライカーのゲーリー・リネカーが最終戦のポーランド戦で前半だけでハットトリックを達成するなど盛り返しベスト8に進出した。また、リネカーは6得点をあげ大会得点王になった。, 前回優勝のイタリアは、攻撃陣では前回大会得点王・パオロ・ロッシに代わってアルトベッリが台頭し4得点をあげたが、守備陣が毎試合失点と脆さを露呈。グループリーグこそ1勝2分けで乗り切ったが、決勝トーナメント1回戦で優勝候補のフランスに0-2と敗れた。, 一方でモロッコがアフリカ勢初のグループリーグ突破を果たした。モロッコが入ったグループFは、サッカーの母国・イングランド、前回大会3位でこの大会のシード国の一つとなったポーランド、2年前のUEFA欧州選手権ベスト4のポルトガルと欧州の強豪が揃い前評判では不利だったが、ポーランド、イングランドとの対戦をスコアレスドローで乗り切ると、3戦目のポルトガル戦は3-1と勝利してグループリーグを1位で突破した。決勝トーナメントでは西ドイツと対戦、経験不足を突かれて後半終了間際にマテウスにFKで先制点を決められ、0-1で敗れた。, また、準々決勝のフランス対ブラジル戦は、事実上の決勝戦ともいわれた黄金カードであった。ブラジルがエースストライカー・カレカのゴールで前半16分に先制すると、フランスは前半40分にプラティニが同点ゴールを決めた。後半に入りブラジルはジーコを投入、彼の放ったスルーパスが相手の反則を誘いPKを獲得した。キッカーはジーコが務めたがゴール右隅を狙ったシュートはゴールキーパー・バツに阻まれた。試合は延長でも決着がつかずPK戦に突入し、プラティニが外したものの、フランスが勝利を収めた。フランスは準決勝の西ドイツ戦では精彩を欠き、0-2で敗れた。フランスは3位決定戦ではプラティニ、ジレスらを外して若手中心のメンバーを組み、「プラティニの後継者」と目されたパパンのゴールや次代のキャプテンとなるアモロの活躍もあり、3位の座を確保した。, 西ドイツは2大会連続準優勝に終わったが、前回大会とは違い前評判は低かった。しかし、決勝トーナメント1回戦モロッコ戦の後半終了間際のマテウスのFKからのロングシュートや、準々決勝でホームのメキシコ相手にPK戦までの熱戦、決勝戦のアルゼンチン戦での2点リードされた状況から同点に追いつく粘り強い試合運びは、お家芸の「ゲルマン魂」を発揮したものだった。, 高地という環境に加え、全試合デーゲーム開催となったため、体力面の消耗が激しい大会でもあった。ダークホースとして警戒されていたソ連、デンマークはグループリーグから持ち前の攻撃力を発揮してフランス、西ドイツの強豪を抑えて1位で突破し、順当に勝ち上がれば準々決勝での対戦が見込まれていた。しかし両国とも決勝トーナメント1回戦で敗退。ソ連はベルギーに対し2度のリードを守りきれずに延長戦に持ち込まれて敗退、デンマークはスペイン相手に先制しながらもその後ブトラゲーニョに4得点を挙げられるなど5失点を喫するなど、体力面の消耗が致命的となった。, UEFA欧州選手権1984ベスト4のポルトガルは、グループリーグ初戦のイングランド戦と第2戦のポーランド戦の間に選手が練習をボイコットする騒動を起こした結果、第3戦でモロッコに敗れ大会を去った。カナダとイラクがワールドカップ初出場を遂げたが、両者とも3連敗で敗退した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1986_FIFAワールドカップ&oldid=77946782, 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。.

アンドレス・グアルダード 代表チーム:コロンビア代表 ベルニー・ウジョア・モレラ(英語版) 所属クラブ:バイエルン 代表チーム:アルゼンチン代表 通算成績:677試合・50得点, ダビド・シルバ(David Silva) 利き足:右足 2010 南アフリカ・ワールドカップ アルゼンチン代表のチームデータ、選手リスト&フォーメーション。ワールドカップを楽しむためのゆうてんじスポーツxスポーツバージャパン コラボサイト Diego Maradona goal voted the FIFA World Cup™ Goal of the Century, England National Football Team Match No. 右 利き. (元クロアチア代表/ロコモティフ・モスクワ) 代表チーム:ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 2020.08.16 生年月日:1986年4月10日

身長/体重:190cm・85kg 所属クラブ:リバプール 代表チーム:ドイツ代表 ケイラー・ナバス ヨハン・キャバイエ 所属クラブ:ミラン ... アルゼンチン代表同士のポジション争いとなったアンカーは、イタリアで息の長い活躍をみせるビグリアに軍配。 ... 【1986年生まれ】ベストイレブン/フォーメーション . 1986 fifaワールドカップ準々決勝 アルゼンチン対イングランドは、1986年 6月22日にメキシコシティのエスタディオ・アステカで行われ、アルゼンチン代表がイングランド代表を2-1で下した。