日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. 昌平高校は全国的にもサッカーの強豪校としてしられる青森山田高校で指導経験がある藤島監督、市立浦和高校は攻撃的なサッカースタイルに長けた池田監督、弱小高校を常勝軍団へと導いた西武台高校の守屋監督がその例です。 茨城県のサッカー強豪校は、全国ベスト4の経験のある鹿島学園と水戸商業高校、全国ベスト16の経験のある鹿島高校と水戸啓明高校の4校があります。現在は、第一学院高校や明秀学園日立高校が力をつけてきていて、打倒4強を目指し日々切磋琢磨しあっています。 サッカー部の強い高校ランキング(愛知県) 愛知県でサッカー部の強い高校はどの学校なのでしょうか? 愛知県高等学校総合体育大会サッカー競技の各年度の結果をもとに見ていきたいと思います。 長野県の高校サッカーは、中信では名門・松商学園、東信では全国準決勝経験のある上田西高校、南信は2度の番狂わせを起こした東海大諏訪、北信はインターハイベスト16の市立長野を中心に各エリアでしのぎを削っています。近年では全国大会で強豪校を倒すなど、長野県の高校サッカーのレベルは格段に上がっています。, 長野県のサッカー強豪高校は、近年は松本国際高校(旧:創造学園)、東京都市大学塩尻高校(旧:武蔵工大二)、松商学園高校、上田西高校などが長野代表に名を連ねています。, 長野県には、現在J2の松本山雅FCとJ3の長野パルセイロACの2つのJリーグのクラブチームがあります。過去には、元日本代表の田中隼磨選手やサガン鳥栖に所属のベテラン・高橋義希選手をプロに輩出していますが、Jリーガーはあまり多く出ていない印象です。, 松本県ヶ丘高校サッカー部は、選手権とインターハイの全国大会に過去14回も出場している名門高校です。, 松本第一高校サッカー部は、未だ全国大会出場はないですが着々と実力をつけ、上位に食い込んでいる高校です。2013年から本格的に強化を始め、2017年のインターハイ県予選では準優勝と好成績を残し、強豪高校に名を連ねました。, 東海大学付属諏訪高校サッカー部は選手権2回、インターハイ1回出場の強豪高校です。高校独自の人工芝グランドを持ち、4つの点に注力して練習に励んでいます。, ビーチバレーが強い強豪高校には、関西の兵庫県の淡路三原高校や京都府福知山成美高校があります。女子のビーチバレーは全国的にレベルが上がり、現在は東京都の共栄学園高校や静岡県の袋井商業高校をはじめとする強豪高校も勢力を伸ばしてきました。女子高校生のビーチバレーが強い高校は、今後もさらなる活躍を期待されています。, 広島県の野球の強豪高校は、全国優勝をしている広島商業高校と広陵高校が有名です。しかし、広島新庄高校や如水館高校など野球の強い高校が台頭し、広島県の勢力図に変化がみられています。広島県は、全国で通用する強豪校が多く、2020年までに4つの高校が全国制覇を果たしています。, 栃木県でバレーボールが強い中学校は、男子の宮の原中学校、女子の瑞穂野中学校が現在トップを走っています。しかし、他校と実力の差が大きくないので、毎年優勝チームにばらつきがあるのが特徴です。栃木県は私立のバレー強豪中学がなく、公立中学校が県の優勝を目指して熱い戦いを繰り広げています。, 福岡県でバレーが強い中学校は、男子の鞍手中学校、女子の上毛中学校です。両校とも全国大会へ何度も出場して、全国で上位の成績を上げています。しかし、他校と実力の差は大きくなく、優勝校の予想をすることは難しい状況です。福岡県の中学校バレーは、全国の中でもレベルが高いといえます。, 大分県の高校野球の強豪校では、明豊高校、大分商業や津久見高校が有名です。中でも32年ぶりの優勝を果たした津久見高校が再び注目されています。全国的にみると大分県は甲子園での優勝回数が少なく、野球が強い県とはいえません。県内では強豪校が初戦で敗れることがあり、波乱が多い地区になります。, Activeる! 岡山の高校サッカー事情は、作陽高校、岡山学芸館高校、玉野光南高校の3校が強豪校で、3強の牙城を崩そうと他校が入り乱れる状況になっています。岡山の高校サッカー勢力図を現実的に変えようとしているのが、最近強くなっている就実高校で、今後の展開に注目が集まっています。 今回は兵庫県公立高校内でサッカー部強豪校をピックアップしました。 おそらく何の因果関係もないと思いますが【市立】にサッカー部強豪校が多いですね。 また、学区別に見ると第二学区が多いですね。 推薦入試は学区外でも受験可能です。 新潟県でも強い高校として知られる新潟商業サッカー部は、新潟県予選では私立の上位校を脅かす強い存在として知られ、 2019年のインターハイ予選でベスト8に進出するなど、公立高校の雄として存在感を示しています 。 | Activeる! 長野県のサッカー強豪高校は、近年は松本国際高校 (旧:創造学園)、東京都市大学塩尻高校 (旧:武蔵工大二)、松商学園高校、上田西高校などが長野代表に名を連ねています。