?」と力強く叫んで、その熱狂をさらに加速させる。オープニングナンバーは野性味溢れるビートにのせて、TAKAYUKIの抑制の効いた低音ボイスが妖しいメロディを紡ぐ「Seeeds」。あえて微動だにせず歌うTAKAYUKIの隣で、ギターのGOは激しく体を揺り動かして演奏にのめり込んでいた。間髪入れずに、キーボードのASAHIがアコースティックギターを弾き、複雑に折り重なるコーラスワークが圧倒的な高揚感を生んだグラムロック「horizon bloom」へ。ライブは4月5日にリリースされたアルバム『THE XXXXXX』の楽曲が収録曲順どおりに披露されていった。, 2曲を終えたところで、「緊張が飛んだな、みんなのおかげで」と伝えたGO。一方、TAKAYUKI は「飛んだ? 俺、緊張して全然声が出ないんだけど(笑)」と、初ライブらしい初々しいコメントで会場を和ませた。ダンサブルに疾走する「second hand」のあと、スクリーンに美しい月を映し出した幻想的な「zealot」では、激しく明滅する光のなかでGOとASAHIは体を大きくのけぞるエモーショナルなパフォーマンスでも魅了する。バンド経験を持つGOをはじめ、フジファブリックとのコラボワークが話題になったTAKAYUKI、ASAHIは下積み時代に楽曲制作で生計を立てていた時期もあるなど、それぞれに熱心な音楽ファンとしても知られている彼ら。フェイバリットの共通項には、THE YELLOW MONKEYやミューズ、マリリン・マンソンといった名前が挙がるが、それぞれにノイズミュージックからシューゲイザー、ヘヴィメタル、グラムロック、ニューウェイヴまで、オルタナティブな音楽に魅せられた嗜好性が、THE XXXXXXのサウンドには全面に発揮されていた。, 中盤、再びスクリーンの映像が挟み込まれた。舞台は緑が生い茂る森から、都会へ。ここからサウンドの雰囲気も変わり、GOがギターを思いきり歪ませたインダストリアルな「チート」やスペイシーな陶酔感を生んだEDMナンバー「amber 1800」、無機質なカメラのシャッター音をフィーチャーした「tut-tut」という、電子音を強く打ち出した楽曲を立て続けに披露された。そして、スクリーンに主人公の女性が目まぐるしい都会の喧騒に苦悩するような姿が映し出されると、スケール感のある雄大な音にのせて“死”へのカウントダウンを告げるように昇り詰めてゆく「冷静に暴れていこうか」で、会場のボルテージは最高潮に達した。, アルバムの曲順では、次がラストソング「end starter」だったが、ここであえて配信アルバムには収録しなかったという「deep breath」を披露。「思い入れがある曲だから、ライブ会場に来た人に最初に聴かせたかった」と伝えてから届けたその曲は、生命力に満ち溢れた美しいサウンドスケープが印象的だった。続けて、「end starter」。工場の煙が吐き出され、大量のゴミが山積したショッキングな映像を映し出しおながら、紡がれるのは<私は風を起こすことができる><私は絶えぬ争いを止めるの><私は人々を導くことができる>、そして、<愚かに生きよ>というメッセージだ。すべての演奏を終えたあと、ステージの照明が落ち、会場に風の音が響き渡るなか、メンバーは無言でステージをあとにした。最後にスクリーンに映ったのは、主人公の女性が荒涼とした砂漠で呆然とたたずむ姿だった。, アンコールはなし。だが、鳴りやまない拍手に改めてステージに登場したメンバーは、「先に言います。歌えないです(笑)。でも、これで終わるのは乱暴すぎるから、挨拶ぐらいしないと」(TAKAYUKI)と、それぞれ集まったお客さんへの感謝を伝えて、ライブを締めくくった。, この日、THE XXXXXXが見せたものは、「人気俳優がバンドを組んで、初めてライブをする」と言われたときに、一般的に想像するレベルを遥かに超えるアンダーグラウンドなライブだった。視覚的な演出を取り入れながら、“人間の愚かさ”を突きつけ、それでも現状を打破するような希望を孕んだメッセージは、受け手に圧倒的な余韻を残すものだった。「毎日進化していくので。みなさんに、“THE XXXXXXまだまだだな”って思われながら頑張りますので応援してください」とGO。それぞれに役者という基盤があるからこそ、音楽では徹底的に自分たちがやりたいことだけを追求できる。そんな特異なバンドTHE XXXXXXが、ここから音楽シーンでいかに攻め続けていくか。ぜひ、「この先」も見てみたい。, 1982年6月9日生まれ。埼玉在住。レコード店すみやFP『Groovin'』、ロッキングオンジャパン、Webメディアと編集部を渡り歩いて、2014年夏からフリーのライター/エディターへ。年間200本近くライブを見てます。エモくて、人間っぽくて、ちょっと笑えて、ぐっとくる、そんな原稿を目指してます。, 多彩なエンタメ情報をTwitterで発信中SPICE公式アカウントをフォローしよう!, 「野村義男のおなか(ま)いっぱい おかわりコラム」6杯目は唯一無二のガールズメタルバンドAldiousからR!N・Marinaが登場, [Alexandros]川上洋平、ニコール・キッドマン主演『ストレイ・ドッグ』について語る【映画連載:ポップコーン、バター多めで PART2】, ライブビジネスはこの先どうなるのか? コンサートプロモーターズ協会・中西健夫が語る【インタビュー連載・エンタメの未来を訊く!】, 大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK オフィシャルライブレポート, MUSIC EXISTENCE  2019.4.24  EX THEATER ROPPONGI, 綾野剛が突然ドアノブを蹴りまくる!アパートの大家さんはドン引き 映画『ドクター・デスの遺産ーBLACK FILEー』本編映像の一部を解禁, [Alexandros]川上洋平×綾野剛、2週連続の対談で熱い想いを語り合う TOKYO FM/JFN『SCHOOL OF LOCK!』で, 北川景子が綾野剛にめんどくさい鬼がらみ? 映画『ドクター・デスの遺産』完成報告イベントで“シンクロバディ”ぶりを披露, 綾野剛×舘ひろし初共演の映画『ヤクザと家族 The Family』主題歌は常田大希率いるmillennium parade King Gnu井口理もボーカルで参加, 吉岡里帆・安藤政信・ピエール瀧・竹原ピストル・國村隼ら18名が出演 竹中直人・山田孝之・齊藤工監督の映画『ゾッキ』キャストを発表, 井上芳雄が全力で振り切った3枚目に! 吉沢亮はウブな会計士を熱演! ブロードウェイミュージカル『プロデューサーズ』まもなく開幕, 明日海りお、千鳥、森山直太朗と豪華コラボレーション『山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館』開催レポート, 出演声優の視点から語られる数々の制作秘話!機動警察パトレイバー トークイベント「遊馬と大田のナイショ話」レポート到着, 欅坂46あらため櫻坂46の初ワンマン『デビューカウントダウンライブ!!』開催が決定 全国100超の映画館でライブ・ビューイングへ, 山崎育三郎・古川雄大(Wキャスト)出演のミュージカル『モーツァルト!』 木下晴香、和音美桜、涼風真世、香寿たつきの続投が決定, すとぷり、NHK Eテレ『沼にハマってきいてみた』で動画撮影の裏側やスタジオライブを披露 すとぷりにハマった声優・岡本信彦も登場, 市川染五郎と市川團子が歌舞伎座で『四の切』に挑む 『吉例顔見世大歌舞伎』取材会レポート, Superflyが生まれて初めて自分の口から“ライブをやりたい”と提案 自身初となるオンラインライブ開催, 花江夏樹「うまく歩けないくらい泣いてしまって」 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』舞台挨拶レポート, 宇多田、Uru、平井堅、JUJU、リトグリ、浜田省吾、小田和正ら全15組による“いま、あなたの心を温める歌”、コンピレーションCD『SING for ONE』を聴く, 孤高のきらめきとツンデレ 明日海りお×千葉雄大×小池修一郎(演出)『ポーの一族』インタビュー, RIZINで朝倉未来vs斎藤裕のフェザー級タイトル戦! キック&MMAの全9カードが発表, 山田孝之、綾野剛、内田朝陽のバンド・THE XXXXXX、オルタナかつ刺激的な内容で圧倒した初ライブを目撃. music existence 2019.4.24 ex theater roppongi 山田孝之、綾野剛、内田朝陽という実力派俳優によるバンド・the xxxxxx(ザ・シックス)の初のライブ『music existence』がex theater roppongiでおこなわれた。 「ライブをやりたくない?」「バンドやろーぜ!」。そんなシンプルな衝動に端を発して、6年前 … 大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK オフィシャルライブレポート, 山田孝之、綾野剛、内田朝陽という実力派俳優によるバンド・THE XXXXXX(ザ・シックス)の初のライブ『MUSIC EXISTENCE』がEX THEATER ROPPONGIでおこなわれた。, 「ライブをやりたくない?」「バンドやろーぜ!」。そんなシンプルな衝動に端を発して、6年前から水面下で動き始めていたという3人のバンドプロジェクト。昨年11月の始動から、2枚のシングルを経て、4月5日にファーストアルバム『THE XXXXXX』をリリースした。言わずもがな本業である役者としての活動で引っ張りだこの各メンバーであり、また、職業作家を迎えるかたちの“お膳立てデビュー”ではなく、あくまで自分たちで楽曲制作から手がけたいという想いも相まってだろう、発足からの時間はかかったが、遂に実現した彼ら念願の初ライブは、自分たちが心から表現したい世界観を突き詰めた刺激的な内容だった。, 以下のテキストでは、4月24、25日の2日間にわたり、昼夜全4公演がおこなわれた記念すべき初ライブのなかから、初回を飾った24日昼公演の模様をレポートする。なお、バンドとしてのメンバー名はアルファベット表記となる。, 開演時間、雪がちらつく森にたたずむひとりの女性の姿がスクリーンに映し出された。この日のライブは映像とシンクロしながら進んでゆくストーリー性のあるライブだ。ステージにTAKAYUKI、GO、ASAHIの3人が登場。悲鳴のような大歓声が会場を包み込むと、GOが「EX THEATER!!

11月2日(月)、映画『ドクター・デスの遺産ーBLACK FILEー』完成報告イベントが東京・esports銀座studioで行われ、綾野剛と北川景子が登壇した。 『ドクター・デスの遺産ーBLACK FILEー』は、2010年の『さよならドビュッシー』で、このミステリーがすごい!大賞を受賞してデビューした小 … 綾野剛さんが参加しているバンド【the xxxxxx】が話題となっているようです。【the xxxxxx】はどのようなバンドなのでしょうか?メンバーの山田孝之さんと内田朝陽さんの担当についても調査。綾野剛さんのバンド【the xxxxxx】について紹介します。 大人気俳優の綾野剛さんがデビュー前にバンド時代があった!また本物のインスタやツイッターをしているのかなどを紹介します!現在のバンドthe xxxxxxの紹介と、過去の「なりすまし」インスタアカウントや本物のアカウントについて調べてきました! 【動画】綾野剛のギター姿がカッコいい! ネット上では、綾野剛さんの「 ギター姿がカッコいい 」と話題になっていました。 綾野剛さんはただでさえイケメンですし、ギターを弾いていればよりカッコよさが際立っているのではないでしょうか。 綾野剛さんがザ・シックス【the xxxxxx】のギター担当としてバンド活動を再始動!そんな綾野剛さんの過去のバンド時代の画像がかっこいいと話題になっています!今回は気になるバンド時代の画像を集めてご紹介しながら、当時の動画や楽曲は現在も視聴できるのか、調べてみました!

Are you ready!