という噂があるようです。, この韓国人説に関しては明確な根拠などはなく、目が細いことや服装がそれっぽかったからという理由で広まったそうです(笑), 綾野剛さんに限った話ではないのですが、芸能人はちょっとしたことで韓国人説が流れてしまうようですね。, 綾野剛さんは2003年に『仮面ライダー555』という作品に出演し芸能界デビューをしていますが、きっかけはスカウトだったそうです。, このデビューのきっかけ自体は普通なのですが、上京したきっかけがちょっと特殊でした。, 18歳の頃にテレビのお天気カメラで映された渋谷のスクランブル交差点の映像を見た時に『ここに行かなきゃ』と思い、高校卒業後にヒッチハイクで岐阜から東京に出てきたそうです。, 当時の心境をバラエティ番組に出演した際、『当時の記録で渋谷のスクランブル交差点には1日50万人が通るらしいんですけど、自分はその場所の真ん中に立たなきゃいけないという気持ちに駆られまして…』と語っていました。, 若い時ならではの衝動にかられたのでしょうか。しかし結果こうして芸能界で大活躍しているのですから、好努力って大事ですね。, 上京後しばらくは音楽活動などをしていたようですが、その後現在の事務所にスカウトされ俳優活動を開始したそうです。, 当初は俳優を本職にするつもりはなかったそうですが、デビュー作の『仮面ライダー555』の監督とのやり取りなどを経て、本気で俳優業に向き合うようになったそうです。, お母さん想いな部分や不思議な状況のきっかけ(笑)など、意外な部分も多かったのではないでしょうか。, 今後も多数のドラマや映画に出演が決まっていますので、また綾野剛さんについてはいろいろと調べていきたいと思います!. 綾野剛の芸能界デビューのきっかけは? 綾野剛さんは2003年に『仮面ライダー555』という作品に出演し芸能界デビューをしていますが、 きっかけはスカウト だったそうです。 このデビューのきっかけ自体は普通なのですが、上京したきっかけがちょっと特殊でした。 大人気俳優でもある綾野剛さんですが、綾野剛さんは実は仮面ライダーにも出演経験があります。現在は俳優としてだけでなく、バンドを組んで歌手としても活躍しているのですが、仮面ライダー555に出演しているので、どのような役柄だったのかを含めて解説していきます。 ドラマに映画に活躍中のイケメン俳優綾野剛さんですが、実は綾野剛さんのデビュー作はあの仮面ライダーだったというのです。仮面ライダーといえば新人イケメン俳優の登竜門といわれていますが、そんな仮面ライダーで綾野剛さんはどんな役どころだったのでしょうか!?ご紹介します!, 生年月日  1982年1月26日出身地    岐阜県身長     180㎝血液型    A型趣味     映画鑑賞/写真撮影/ギター特技     陸上競技(800m・中学県優勝、高校県準優勝)所属     トライストーン・エンタテイメント, 03年から放映された「仮面ライダー555」でデビューし、俳優業と並行してモデルやミュージシャンとしても活動する。「Darts till Dawn」(04)で映画初出演にして主演を務め、その後はインディペンデト作品を中心に「Life ライフ」(06)、「エレクトロニックガール」(08)などに主演する。「クローズZERO II」(09)で共演した小栗旬の初監督作「シュアリー・サムデイ」(10)のメインキャストに名を連ね、人気コミックの映画化「GANTZ」(10)にも出演。そのほかの作品に「奈緒子」(08)、「TAJOMARU」(09)などがある。, 職業 俳優ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台など活動期間 2003年 -主な作品映画『Life』(2007年)『奈緒子』(2008年)『クローズZERO II』(2009年)『GANTZ』(2011年)『シャニダールの花』(2013年)『そこのみにて光輝く』(2014年)テレビドラマ『仮面ライダー555』(2003年)『Mother』(2010年)『カーネーション』(2011年-2012年)『八重の桜』(2013年)『最高の離婚』(2013年)『空飛ぶ広報室』(2013年)『S -最後の警官-』(2014年)舞台『恋の骨折り損』(2004年)『タクラマカン』(2005年)『サイケデリック・ペイン』(2012年), 綾野剛さんは仮面ライダー555に出演後、沢山のドラマや映画、CM、舞台にと出演されているんですね。やはり、仮面ライダーは俳優の登竜門なんでしょうか?続いて、綾野剛さんが主演していた仮面ライダー555について紹介していきます!, 2003年(平成15年)1月26日から2004年(平成16年)1月18日までテレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。「平成仮面ライダーシリーズ」第4作目に当たる。キャッチコピーは「疾走する本能」, 西暦2003年。九州で一人旅をしていた青年乾巧は、そこに居合わせた少女園田真理とともに、謎の怪人オルフェノクに襲われる。真理は持っていたベルトを装着して超戦士ファイズに変身しようとするが失敗し、無理やり巧にベルトを着け、彼をファイズに変身させることで窮地を脱した。どうやらオルフェノクたちは、そのベルトを狙って真理を襲ったらしい。その後二人はクリーニング屋の菊池啓太郎と出逢い、事情を知った彼の勧めで東京にある彼の家で3人の共同生活を始めることになる。一方、東京で暮らしていた青年木場勇治は、2年前の居眠りトラック運転による交通事故によって両親を失い、自らも2年間の昏睡状態を経て死亡したかに見えた。しかし、勇治は病院で謎の蘇生を遂げ、周囲を混乱させる。自らも混乱したまま帰宅する勇治だったが、自宅は既に他人のものとなっていた。叔父一家が自分が眠っている間に財産を根こそぎ利用していた事実を知り、恋人が自分を裏切り従兄弟と交際していることを知った勇治は、異形の怪物に変身し、従兄弟と恋人を手にかけてしまう。醜悪な肉体変貌と犯した罪に絶望する彼の前にスマートレディという女性が現れ、事の真相を告げる。勇治は一度の死亡により、オルフェノクとして覚醒したのだった。スマートレディが属するオルフェノクの組織スマートブレイン社に囲い込まれた勇治は、同じようにオルフェノクとして覚醒した長田結花と海堂直也の二人と行動を共にするうちに、人類を敵視するスマートブレインの姿勢に反発し、人類とオルフェノクの融和を考えるようになる。巧と勇治。2人の男の物語を中心に、ベルトを、ひいては人類の未来を巡って、オルフェノクと人類の戦いが幕を開けた。, 流星塾での子供時代、好意ゆえに真理にちょっかいばかり出していたいたずらっ子。スパイダーオルフェノクと化し派手に人を襲い続ける今も、真理への想いのみが、唯一人間らしい感情として心にくすぶっている。, 格闘態身長:2m9cm体重:126kg  流星塾生の一人、澤田亜希が変化(へんげ)する。蜘蛛の特質を備えたオルフェノク。肩と膝関節にジャバラを持ち、伸縮自在な長い手足で巨大な八方手裏剣を振るう。顔の中央にある単眼は、動きに敏感なセンサーとなっており、狙った獲物は逃さない。, 綾野剛さんが演じた澤田亜希という人物は仮面ライダー555という物語の中でも、キーマンになるほどの重要な役割だったようです。新人ながら仮面ライダーでの重要な役割を任せられるなんて、綾野剛さんはすごいですね!!続いて仮面ライダー555に出演していた時の綾野剛さんのコメントを紹介します, 綾野:高校卒業後、漠然と東京を目指したって感じでした。毎日、忙しくしていたい性格なので、その欲求を満たしてくれる街は東京しかないと思って。一人っ子なので、自分から道を開いていかないと、自立が難しいという思いもありましたし、親も、25才までなら、やりたいことをやって構わないって言ってくれたので、思い切って出てくることができました。だからといって、何もしないわけにもいかないので、好きなファッション関係の学校に通いながら、モデルの仕事を始めたんです。, 綾野:その前に、モデルの仕事を辞めて約1年、目標を見失って苦しんだ期間がありました。仕事上は空白の1年でしたけど、その間、閉じこもるようにして、ありとあらゆる映像を観たことが、今の自分にとても役立っているように思います。役者の表情、仕草、台詞の意味やカメラワークの意図など、観ていくうちに色んなことが考えられるようになって、「感性」の大切さを理解できるようになりました。, 綾野:誰よりも母が喜んでくれています。それが僕にとっての一番の喜び。自分が心から尊敬する母が、仕事で頑張っている僕の姿を見て、「自分ももっと頑張ろうと思った」って言ってくれたんです。ほんの少しだけれど、親孝行できたかな。今の僕にとってテレビに出ることは、俳優として演じられる喜びを得られると同時に、離れている大切な人たちに自分を見てもらえるという点でも、とても魅力のある仕事ですね。, 綾野:最初に台本をいただいて一通り読んだ時は、「できるな」って思ったんですけど、撮影初日、その思いは一瞬にして打ち砕かれましたね。いきなり直球の罵声が飛んできましたから(笑)。でも、その時点でも、注意してもらえることをうれしく感じていました。役の重みをずっしりと感じ始めたのは3日目くらいからですね。もっと澤田のことを考えてあげないと“彼”を表現し切れない、と。どんな音楽が好きで、どんな過去があって、どんな孤独を抱えているのか・・・。物語の中の人物ではあるけれど、一人の人間として創造していくと、多様な顔が浮かんでくるんです。楽しい作業でしたね。今は、そうやって創り上げた澤田を自然に表現できるようになってきたかな・・・と思うんですけど、どうでしょう(笑)。, 綾野:澤田に関しては、責任持って“彼”を演じることに集中していきたいと思っています。また僕個人としては、役者の仕事を続けて、いつか人に影響を与えられるようになりたいですね。現時点では、与えられる一方ですけど、そのすべてを自分の起爆剤にして、昨日より今日、今日より明日、1ミリでも前進できるよう頑張っていきたいです。, 新鮮な綾野剛さんのコメントでしたね。デビュー作品である仮面ライダー555は綾野剛さんにとっても思入れ深い作品となったのではないでしょうか。続いて仮面ライダー555出演終了時の綾野剛さんのコメントを紹介します。, 綾野:夢のような日々――本当にこの言葉がピッタリです。演技経験が無かった僕にとって、現場は常に勉強の場でした。振り返れば、撮影初日にして「この道を志して良かった」と思えたんですから、僕の役者人生にとって最高のスタート地点に恵まれたと言えるんじゃないでしょうか。カメラの前に立つ限り、新人もベテランも関係なくプロとして見られるんだと、厳しさと愛情を持って意識させてくれた監督やスタッフ、そして共演者のみなさんに感謝しています。, 綾野:澤田にも「ありがとう」の言葉を贈りたい。演技が未熟な僕にとって、澤田のことをどこまで考えてあげられるかが、撮影に入る前の心の支えのようなところがありました。日々、彼(澤田)を感じることで、今度は彼が自分(綾野)を意識させてくれるんです。その成果と言えるかどうか、ラストシーンで澤田の世界観を感じることができました。最初の頃は、撮影に入る前には台詞を覚えなくちゃと意識していたんですが、最期のシーンでは、台詞を覚えるという感覚はまったくなく、自分でも驚くほどすんなりと真理への言葉が出て来たんです。まるで自分と澤田が一体化しちゃったような。この数カ月間、僕の中にずっといて成長を助けてくれた相手ですからね。本当に「ありがとう」です。, 綾野:演技について、役者について、本当に多くを学ばせてもらった日々でしたが、スタッフや出演者のみなさんと話をさせていただく中で、役者というのは演技に80%、残り20%の意識はカメラや照明の位置に気を配れる冷静さを持っていなくてはダメだと教わりました。すごく納得できる言葉なんですが、どうしても最後だけは・・・と、生意気を許してもらって、100%澤田に入り込む演技をさせてもらいました。「ちゃんとフォローしてやるよ」とカメラさん。「空振3振でもいいから、100%直球勝負で行け!」 と監督。そして、撮影前には優里亜ちゃんが「今日は、真理と澤田にとって最高の作品にしようね」と声を掛けてくれました。前述の僕と澤田が一つになる演技ができたのも、素晴らしい環境を作ってくれたみなさんのお陰なんです。そんなみなさんに僕ができること。それは、今後も作品づくりを続けていくみなさんに、なるべく「終った~」という痕跡を残さないことかなと、必要最小限の想い出だけもらって帰って来ました。, 綾野:最後に100%の演技をさせてもらったと言いましたが、映像をチェックした時、それでも今の自分の演技力は、いい意味でここまでなんだなと実感させられました。でも、それが嬉しかった。これから役者を続ける上で、まだまだ課題があるんですから、意欲が湧いてきます。今後、具体的には一度“母と息子”という関係を演じてみたいな。自分が最も尊敬する人は母親ですから、どんな演技ができるのか自分でも興味があります。それから最近、初めて歌舞伎を観に行き、とても感動しました。僕は根が頑固なので、人の真似は嫌いだし、何かをうらやましいとはあまり思わない方なんですけど、事務所の先輩にあたる須賀貴匡さんが出演する、歌舞伎を下敷きにした映画『娘道成寺~蛇炎の恋~』(来春公開予定)を観た時は、本当にうらやましかったです(笑)。歌舞伎ってちょっと敷き居が高いと感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、ぜひ一度、観てもらいたいですね。, 綾野:澤田がいなくなっても、仮面ライダー555の応援をよろしくお願いします。それから、次、どこでみなさんと会えるか分かりませんが、その時は、帽子を被っていなくても僕だと分かってもらえるよう(笑)、ご恩返しの気持ちで頑張っていきますので、綾野剛、応援よろしくお願いします。, 綾野:澤田にとって折り紙はとっても大事なアイテム。気持ちを込めてハッピーな折り紙を作ってね!(談:綾野剛), 綾野剛さんが全力で演じた澤田亜希という役柄は確かに仮面ライダー555の中でも重要な役柄になっていました。当時の綾野剛さんにとって、現在の自分の状況は想像できなかったかもしれませんが、仮面ライダー555があったからこその綾野剛さんなんですよね。素敵です!これからも綾野剛さんを応援します!!, 向井理、綾野剛、新垣結衣ら人気若手俳優が出演したテレビドラマ「S 最後の警官」の劇場版。凶悪犯罪に対処し、犯人を生きたまま確保することを至上命題として設立された警察庁特殊急襲捜査班NPSの活躍を描く小森陽一、藤堂裕によるコミックを、テレビドラマ版の続編として映画化した。神御蔵役の向井のほか、綾野、新垣、吹石一恵、大森南朋らドラマ版のキャストが出演。監督はドラマ版のメイン演出を務めた平野俊一。, さまざまなテロや事件で実績を積み上げてきたNPSにバスジャック事件の現場への出動要請が入った。神御蔵一號らNPSメンバーが現場に急行するが、犯人からの要求もまったくない現場の状況にメンバーたちは違和感を抱いていた。さらに太平洋沖で核燃料を積載した巨大輸送船が何者かに乗っ取られる事件が発生。首相や閣僚らが緊急招集された官邸に犯人を名乗る男から電話が入る。電話の声は聞き覚えのある、あの男の声だった。, 映画『S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』公式サイト, 仮面ライダー555に出演していた綾野剛さんはいかがでしたか!?仮面ライダーの敵役ながら物語の重要な役どころだった綾野剛さん。役作りをした際も、色々と考えたみたいですね。仮面ライダーに出演した俳優さんは人気が出る方が多いようですが、まさに綾野剛さんもその一人だと言っていいと思います!これを見て、仮面ライダー時代の綾野剛さんに触れてもらえたらと思いますし、気になったら是非、仮面ライダー555も見てみてくださいね!!綾野剛さんの今後の活躍を応援します!!, エントピ[Entertainment Topics]|オトナ女子のエンタメマガジン. ドラマに映画に活躍中のイケメン俳優綾野剛さんですが、実は綾野剛さんのデビュー作はあの仮面ライダーだったというのです。仮面ライダーといえば新人イケメン俳優の登竜門といわれていますが、そんな仮面ライダーで綾野剛さんはどんな役どころだったのでしょうか!