〒424-0924 〒424−0924 全国各地の精鋭大学駅伝チームが「真の日本一」に挑戦。朝日新聞社が運営する「全日本大学駅伝」の公式サイト。大会の概要やエピソードを交えた大会の歴史、全8区間106.8kmのコースマップなどを紹介 … NPO法人清水サッカー協会「清水チャンピオンズカップ少年サッカー大会実行委員会」 2019ナショナルトレセンU-14後期(地域対抗戦) [2019/11/21 14:26:02] 2019 JFAエリートプログラムU-14フューチャーキャンプ 後期 [2019/10/31 14:55:13]. ・エスパルス(J関係) 2枠
u-12代表 top; 2019年7月26日~8月4日 第5回 wbsc u-12ワールドカップ(台南) 女子.

2019年8月19日~25日 第10回 bfa u15アジア選手権(中国・広東省) u-12. 2014年12月7日 4回中京2日目 3歳以上オープン (国際)(指)(定量) 静岡県静岡市清水区清開2-1-1 清水総合運動場体育館内 第15回チャンピオンズカップ(G1) ダ左1800m / 天候 : 晴 / ダート : 良 / 発走 : 15:30 過去のチャンピオンズカップ. E-mail:shifa-sugi@zd.wakwak.com. 【休業日】日曜日/祭日/ 1976年1月9日にバージニア州ラングレー空軍基地の第1戦術戦闘航空団が、F-15Aと機種転換訓練を終えた操縦士の編入により最初の実戦部隊となった。以降はアメリカ国内のF-4部隊の更新が続き、1979年までにニューメキシコ州ホロマン空軍基地の第49戦術戦闘航空団、フロリダ州エグリン基地の第33戦術戦闘航空団がF-15A/Bの受領を開始した。, また、1980年からは生産がF-15C/Dに切り替わり、F-4およびA/B型を並行して更新することとなった。C/D型は1988年までに、ホロマン空軍基地の第49戦術戦闘航空団を除くF-15を運用するすべての実戦部隊に配備された。余剰となったF-15A/Bは第58戦術戦闘訓練航空団の後身である第405戦術訓練航空団や、新たに編成されたフロリダ州ティンダル空軍基地の第325戦術訓練航空団へ配備された。また、アメリカ空軍の予備部隊とも言える米空軍州兵(Air National Guard)や、2005年には第65アグレッサー飛行隊へ余剰となったF-15の配備も行われている。, アメリカ本土以外での最初の配備は、1977年1月5日から西ドイツ西部のビットブルク空軍基地駐留の第36戦術戦闘航空団へ行われ、F-15A/Bの約80機、3個飛行隊が編成され、ワルシャワ条約機構軍攻撃機の迎撃の任務に就いた[注釈 18]。1980年からは順次F-15C/Dへと更新されている。次は1978年9月に、オランダのソエステルベル空軍基地第32戦術戦闘飛行隊に配備された。アムステルダムに近いこの基地が選ばれたのは、ワルシャワ機構軍が西ドイツに侵攻する場合、ソ連軍の長距離爆撃機が北海やバルト海から侵入すると予想されていたためである。, 1985年には、アイスランドの第57戦闘迎撃飛行隊に配備されたF-4と入れ替えが行われた。この部隊もソビエト軍長距離爆撃機の迎撃任務を主としていた。なお、同飛行隊はF-15C/Dを運用する飛行隊の中で唯一、コンフォーマル・フューエル・タンクを常に装着して運用を行っていた。, 極東では1979年に日本の嘉手納空軍基地に所属する第18戦術戦闘航空団の老朽化したF-4の交替機としてF-15C/Dを順次配備し、1980年8月に3個飛行隊すべての更新を完了した。, 冷戦の終結以降は旧東側、現在では北大西洋条約機構(NATO)の一員となっているルーマニアのコスタンツァ基地など、多くのNATO軍基地にF-15が展開している。また、2010年のハワイ空軍州兵(第154航空団第199戦闘飛行隊)でのF-15運用終了後、F-22の戦力化までモンタナ空軍州兵のF-15がハワイに派遣される[17]。, フロリダ州ティンダル空軍基地の転換訓練飛行隊へのF-22配備が2002年から行われた。次に2005年にラングレー空軍基地の第1戦闘航空団に編成されているF-15の3個飛行隊のうち、2個飛行隊がF-22に更新された。その後アラスカ州エルメンドルフ空軍基地とニューメキシコ州ホロマン空軍基地、ハワイ州ヒッカム空軍基地への更新・配備が行われている。2009年にはフロリダ州エグリン空軍基地に編成されていた2個飛行隊が所属のF-15を全て手放し、アメリカ空軍初のF-35訓練部隊となるべく準備を始めた。米2010年度には多くのF-15C/D飛行隊が運用を終了し、現役の実戦部隊では在日米軍と在欧米軍に残るのみとなった。乗員の教育も今後は空軍州兵部隊にて行われることになる。, 残るF-15C/Dに関しては、2040Cなどへの近代化が計画されていたが、飛行時間が長くF-15E、F-16、およびA-10などのように2030年まで維持できるだけの機体寿命が残ってないこと、コストの増加などで新造したほうが安上がりだったことにより廃案となり、F-15Eベースの新造機F-15EXに置き換えることが決定された[18][19]。, 1983年、当時のロナルド・レーガン大統領の推し進めた一連の「SDI計画」(スター・ウォーズ計画)の中に、F-15を衛星攻撃ミサイルの発射母機とする計画が存在した。, 古くは1962年にF-4を発射母機とする「カレブ」という四段式固体燃料ロケットの開発、及び二段式ロケットの発射実験を行ったのが始まりである。この実験では、SDI計画の発表以前の1979年からボート社に発注されていた二段式の試作型攻撃破壊ミサイル「ASAT(エイサット)」を使用した。弾頭部はその形状から「フライング・トマト・キャン」と呼ばれた。空中発射実験は1984年1月12日に、実際に軌道上目標に対する発射実験は1985年9月13日に行われた。, これらは計画の大幅見直しで実験が中断され、「ASAT」とパッケージ化されアメリカ西部海岸防空の為に編成された第318迎撃戦闘飛行隊も解散した。また、計画の一部はMD計画に引き継がれている。, アメリカ軍所属のF-15の初実戦は1990年の湾岸戦争であり、初飛行から18年後となる, 冷戦構造下の1980年代において、F-15の後継機の開発を目的とした「先進戦術戦闘機計画」により、アメリカ空軍は既にステルス戦闘機F-22の開発に着手していた。しかし、ソ連崩壊による冷戦の終結で、1996年末より運用を開始するはずだったF-22の開発・配備計画は先送りとなり、アメリカ空軍に配備されていたF-15は、なおも主力戦闘機であり続けることになった。このため、前述の近代化・延命改修が施され、AIM-120やAIM-9Xなどの新型ミサイル、JHMCSなどの新型機器の運用能力が追加された。なお、米軍が推進したのは現用機材の改修による近代化だったが、2000年にボーイングから公表された資料によると、既存機のF-15C+改修よりもF-15C+新造機導入の方がコストが安い[21]とされている。, 第4世代ジェット戦闘機の中でも初期に出現し、ハイスペックだが1970年代当時としても堅実・保守的であった機体ながら諸外国の戦闘機と十分に渡り合える性能を維持し続け、2025年を目処に現用の442機のF-15C/Dを全機退役させる予定だった。ところが、2007年11月2日に発生したF-15Cの空中崩壊事故を受けて保有する全機を検査した結果、ロンジェロンと呼ばれる機体の構成部品の厚さが規格よりも薄く強度不足である事が判明し、空軍の保有するA-D型機の約40%がそれに該当するとされた。しかし、2008年アメリカ合衆国大統領選挙で、バラク・オバマが大統領に当選したことにより、政策転換でF-22の生産ラインの閉鎖が決定、安全が確認された機体から機体寿命を8,000時間から10,000時間に引き上げるなどの延命措置が行われている。また、18,000時間への延長も検討されていた[22]。, しかし老朽化やコスト削減などから空軍は2017年ごろにF-15のEPAWSSの搭載を含む近代化を停止した[23][24]。当初は後継としてF-16を検討したが[25]、最終的にはF-15EをベースとしたF-15EXを調達する事となった[26]。, 当初は高価な戦闘機だったため、アメリカ政府はF-15の輸出による機体単価の低減と外貨獲得を目論み、国防上のリスクの低い友好国への積極的なセールスを実施したが価格がネックとなり、諸外国での採用例は少ない。, 最初の提案先は、パフラヴィー朝時代のイランだった。アメリカと比較的良好な関係にあった当時のイランは(イランの歴史も参照)、ソ連軍の偵察機による度々の領空侵犯への対策として新型戦闘機の導入を計画した。マクドネル・ダグラス社は過去にイランに対してF-4の輸出実績があったため、同じく候補に挙げられていたF-14と競争して売り込みを行った。しかし、イランはF-15の対空兵器に加えてAIM-54 フェニックスを運用できるF-14を1973年に選定した。しかしながら、同時期に提案していたイスラエルとサウジアラビアではF-15を採用している。, 1970年代末には他の先進国に対する売り込みを図ったが、比較検討を実施したオーストラリアやカナダでは価格を理由にF/A-18を採用するなど実績に乏しかった。唯一、日本の航空自衛隊は1976年12月に次期主力戦闘機として採用し、ライセンス生産を行った。, これら採用各国空軍においては、現在でも第一線に配備されており、今後も長く運用される見通しである。また、各国において近代化改修の計画・実施が行われている。, 訓練中の事故で片翼を根本から失ったイスラエル空軍のF-15が無事帰還した話は、この機体の極めて高い基本性能を示すエピソードとして有名である, それでも不十分と考えた彼らはF-X以降も活動を続け、LWF(Low Weight Fighter:軽量戦闘機)計画として, Programmable Armament Control Set:プログラム可能兵装制御セット, Very High Speed Integrated Circuitry Central Computer Plus:超高速統合回路セントラルコンピュータ, Advanced Display Core Processor II:先進ディスプレイコアプロセッサII, Eagle Passive Active Warning and Survivability System, Integrated Communication Cotrol Panel:統合通信コントロールパネル, Navigation Control Indicator:ナビゲーションコントロールインジケータ, F-16はアメリカ空軍・海軍合わせて2,244機が調達されたが、F-15は911機に止まる, F-16の場合は要撃機として運用するにあたり、スパローの運用能力を追加する改造が行われたが、F-15は適合性取得のための追加は行われていない, ワルシャワ条約機構軍の侵攻の際に出来るだけ打撃を受けないようにという配慮から国境からできるだけ遠いこの基地が選ばれた, F-15 Eagle Engaged: The World's Most Successful Jet Fighter, 派生型のF-15Eでは戦闘爆撃機として長距離任務が主となるので、より多くの燃料搭載と巡航域での抵抗軽減の利点を認めてコンフォーマル・フューエル・タンクを標準で装備する, 搭載可能燃料は機体内燃料タンクに2,070gal (7,836ℓ)、落下増槽タンクを610gal (2,309ℓ) ×3の合計3,900gal (14,763ℓ), Max Continuous:55.25kN、Military:63.92kN、Maximum A/B:104.43kN, Weapons and Warfare [2 volumes]: From Ancient and Medieval Times to the 21st Century, ABC-CLIO, P. 530, 『航空ファン』Vol.68 No.5、2019年7月号、米空軍、最新型イーグル調達へ、P-64~69, http://www.defensenews.com/story/defense/show-daily/afa/2015/02/12/lockheed-unveils-legion-pod-afa/23182593/, https://aviationweek.com/defense/new-ew-system-installed-f-15, “Boeing To Select F-15 EW Upgrade Contractor In May”, https://aviationweek.com/defense/boeing-select-f-15-ew-upgrade-contractor-may, “BAE wins deal to replace USAF F-15 electronic warfare suite”, https://www.flightglobal.com/news/articles/bae-wins-deal-to-replace-usaf-f-15-electronic-warfar-417339/, “USAF plans F-15 modernization, but pilots want better displays”, https://www.flightglobal.com/news/articles/usaf-plans-f-15-modernization-but-pilots-want-better-375612/, “Heat Vision: US Teen Series Fighters Getting IRST”, https://www.defenseindustrydaily.com/f-18-super-hornets-to-get-irst-03429/, “Lockheed Martin launches Legion pod for USAF”, https://www.flightglobal.com/news/articles/lockheed-martin-launches-legion-pod-for-usaf-409049/, “Northrop unveils OpenPod as USAF seeks F-15 IRST”, https://www.flightglobal.com/news/articles/northrop-unveils-openpod-as-usaf-seeks-f-15-irst-413022/, “USAF investigating new displays for F-15C Eagle”, https://www.flightglobal.com/news/articles/usaf-investigating-new-displays-for-f-15c-eagle-383308/, “Boeing completes final design review for Talon HATE programme”, https://www.airforce-technology.com/news/newsboeing-completes-final-design-review-for-talon-hate-programme-4376196/, “Boeing Completes Design Review for U.S. Air Force’s Talon HATE Program”, https://boeing.mediaroom.com/2014-09-16-Boeing-Completes-Design-Review-for-U-S-Air-Force-s-Talon-HATE-Program, Guard tests pod on F-15C for tracking ability, If the money is there, new and improved F-15s could be coming soon to the Air Force.