9月19日に実施の竜王戦挑戦者決定三番勝負羽生善治九段・丸山忠久九段対局講評と棋譜。結果は、羽生善治九段が勝ち豊島将之竜王への挑戦権を獲得しました。, 9月19日に行われた将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の最終局となる第3局羽生善治九段(49)と丸山忠久九段(50)の対局の講評です。, 羽生九段は本局に勝利すれば、タイトル100期のかかる挑戦権を獲得できる。丸山九段も4年ぶりのタイトル戦出場を目指して戦いました。, 一足先に5日に50歳を迎えた丸山九段と、27日に50歳になる羽生九段は、いわゆる「羽生世代」として、長年将棋界をリードしてきた。, 両者の直接対決は、本局でちょうど60局目。本局の持ち時間は各5時間で、先手は羽生九段。, 将棋界の最高峰タイトルである竜王戦だが、羽生九段は2018年12月にタイトル保持者として防衛戦に登場。, あと1勝すれば防衛、前人未到のタイトル100期達成というところだったが、広瀬章人八段(33)に敗れて失冠。, 大記録達成を逃すとともに、27年ぶりに無冠となった。本局に勝ち、そのシリーズ以来となるタイトル戦出場となった。, 丸山九段も、直近のタイトル戦出場は4年前の竜王戦。フルセットまで持ち込みながら、あと1勝届かず、初の竜王位獲得はならなかった。, 8つのタイトルを保持する4人のタイトルホルダーは、最年長でも渡辺明名人(棋王、王将、36)。40代以上はゼロといった状況を打破すべく、挑決三番勝負まで勝ち上がってきた。, ただ両者の直近10局の成績を見ると、羽生九段は4勝6敗と負け越し、丸山九段が7勝3敗で勝ち越しと、丸山九段の方が調子はよさそうだった。, 丸山九段得意の一手損角換わりで始まった本局は、序盤の駒組みを終えて中盤に入るところから徐々に羽生九段がリード。, 一手損角換わりの出だしから始まった対局は、現在羽生九段が優勢。持ち時間では丸山九段がややリードしていた。, 第33期竜王戦挑決第3局▲羽生善治九段△丸山忠久九段 竜王戦(りゅうおうせん)は、読売新聞社主催の将棋の棋戦で、タイトル戦のひとつ。 第1期は1987年であるが、前身の十段戦、さらにその前身の九段戦(第1期は1950年)から数えると、タイトル戦の中で名人戦(第1期は1935 - 1937年)に次いで2番目に長い歴史を有している。 竜王戦は全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われます。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行います。 アドバイザー : 市原由美江(いちはら・ゆみえ) 第33期竜王戦は、2020年度(2019年12月 - 2020年12月)の竜王戦である。 竜王戦は将棋のタイトル戦の一つである。 1組から6組の予選通過者で行われる決勝トーナメントの優勝者が竜王挑戦者となる。 うさちゃんねるアンテナ