プロスピaにおける福田光輝2020 シリーズ1 s(sランク)の評価とおすすめ称号についての記事です。福田光輝の各ステータスや特殊能力、シリーズごとの比較などを記載しています。福田光輝について知りたい方はぜひご覧ください。 ・自操作&リアルタイム対戦で福田光輝は活躍できるのかを知りたい!, 福田光輝選手は、昨年のドラフトで5位指名を受けて千葉ロッテマリーンズに入団しました。, パンチ力も兼ね備えたバッティングと堅実な守備で定位置獲得を狙うルーキーで、今年のオープン戦で3本塁打つなどアピールして開幕一軍の座をつかみ取りました!すでにプロ初安打をマークしている他、最近はサードでのスタメン起用も増えてきています。, 本職のショートでは藤岡選手が安定したプレーを続けているため、まずはサードでアピールしてレギュラーに定着してほしいですね!, ここでは今回同じショートの覚醒枠として登場した、オリックスの宜保選手とヤクルトの吉田選手の能力と比較してみます。, 福田光輝選手の打撃能力は、ミートD 57・パワーC 64・走力C 67の走力型となっています。B以上のステータスはありませんが、称号次第ではパワー・走力の同値にすることができます!, 弾道も「ラインドライブ」ということで、今後打撃能力が上がってくると面白い存在となりそうです。ただ、今のところステータスは物足りないので、ロッテ純正向きの選手と言えそうですね。, 守備能力に関してはメインのショートの他、限界突破3回でセカンド・4回でファーストとサードを守ることができます!積極守備もついているので、守備固め要員として重宝する選手ですね!, また、特殊能力に関しては「超広角打法」「ラインドライブ」「チャンスメーカー」の3つ。どれも打撃ステータスを引き上げる効果があり、特に「超広角打法」は操作性もUPするのでレベルを上げる価値があります!, 走力型で70を超えるステータスもないので、現段階では純正向きの選手と言えそうです。ただ、今後大きくステータスが伸びる可能性もあります!, 福田選手は内野の守備適性が豊富についているので、限界突破さえできれば守備固めとして重宝します。また、特守を行うことで捕球をD 50にできるのもポイントです!, どれも自操作向きの特殊能力なので、今後打撃能力が上がった際には楽しみな選手です!「チャンスメーカー」を持っているので、上位の打順で起用すると良いですね。, 弾道は「ラインドライブ」ですが、まだミートとパワーは低いのでホームランは打ちづらい選手です。, 現段階の能力を見ると、内野の守備固めとしての起用はできそうです。ただ特殊能力は非常にリアタイ向きなので、今後の上方修正にも期待したいですね!, 出典:wikipedia – 福田光輝 選手の育成は選手レベル・特訓・限界突破・特殊能力を最大にしたら終了。 そう考えている人はいませんか? 実は選手の能力を更に引き上げる方法があるんです... 走力型で70を超えるステータスもないので、現段階では純正向きの選手と言えそうです。, 2020年最強捕手(キャッチャー)ランキング!OB古田敦也・城島健司・阿部慎之助の内だれだ!?, 【プロスピA】最強リーグオーダー編成!全国NO.1になる組み方【2020年 シリーズ1】, 【プロスピA】ガチャ産最強選手!リセマラ当たりランキング【2020年シーズン1・2】, 【プロスピA】ミキサーおすすめ当たり選手!2020年S1・S2で必ず狙いたい最強打者&投手!, 【プロスピA】2020年更新!ベストナイン&タイトルホルダー第1弾で引くべき4選手!. ルーキーながら開幕一軍を掴み、すでにプロ初ヒットも記録した福田光輝選手。称号次第でパワーと走力の同値にできる他、特殊能力では「超広角打法」がついています!, ・過去シリーズの福田光輝の能力比較が知りたい人! 2020年開幕時(4月22日アップデート)のプロ野球スピリッツに収録されている2019年ドラフトで入団したルーキー全選手の能力データを掲載しています。 プロスピAの 福田光輝 S極 2020 Series1 覚醒の評価やステータス、スキル などを解説していきます! ルーキーながら開幕一軍を掴み、すでにプロ初ヒットも記録した福田光輝選手。 称号次第でパワーと走力の同値にできる 他、特殊能力では 「超広角打法」 がついています! 称号とは? プロスピ2019のステータス「捕球」のランキングです。 全球団、全選手で構成されています。調子や特殊能力で左右されるステータスですが、数値だけで比較しています。 プロスピAの福田光輝 S極 2020 Series1 覚醒の評価やステータス、スキルなどを解説していきます! 2020年開幕時(4月22日アップデート)のプロ野球スピリッツに収録されている2019年ドラフトで入団したルーキー全選手の能力データを掲載しています。 プロスピa 初心者の為の攻略法をまとめたブログです。無課金で覇王ランクまで上がった管理人の攻略法です。ガチャのタイミングやイベントの攻略、チームの育成などプロスピa全般の事をまとめています。 ... 福田 光輝: ・2020年版の福田光輝の評価が知りたい! 2019年度新人選手選択会議(2019ねんしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、2019年 10月17日にグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにて開催された第55回のプロ野球ドラフト会議 。 大正製薬が特別協賛しており、公式名称は『プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD』 。 プロスピAにおける2020シリーズ1の選手一覧を掲載しています。球団ごとに選手の能力値をまとめているので、2020シリーズ1の選手の能力値を知りたい人は参考にしてください。, 期待の若手は、覚醒可能選手です。イベント「プロスピタワー」の報酬で配布されています。, ガチャ未追加のSランク選手の最大能力値は、別ランクの同じ選手から計算できます。守備力・ポジション適正・総変化量はランクに関わらず同じです。また、特殊能力はSランク選手のみ3つ持っています。, 当サイトの利用において発生した不利益、被害については、当サイト管理者は一切の責任を負いません。, 当サイト上で使用しているゲーム画像、システム名、商標権、その他知的財産権は、それぞれのゲーム会社・運営会社に帰属します。, 「グレードアップスカウト(中継ぎ)」は引くべき?当たり選手と評価【2020年4月16日追加選手】, 「グレードアップスカウト(抑え/2020シリーズ1)」は引くべき?当たり選手と評価, 「戦力強化スカウト(キャッチャー/2020シリーズ1)」は引くべき?当たり選手と評価, 「自チームS狙い打ちスカウト(ショート/2020シリーズ1)」は引くべき?当たり選手と評価, 「自チームS狙い打ちスカウト(ライト/2020シリーズ1)」は引くべき?当たり選手と評価, 「TS3弾(タイムスリップ第3弾/2020シリーズ1)」は引くべき?当たり選手と評価, 自チームS狙い打ちスカウト(ライト/2019シリーズ2)は引くべき?当たり選手と評価. 千葉ロッテマリーンズ 福田 光輝選手. 日本野球機構 個人年度別成績 – 福田光輝, 福田選手は今回がプロスピA初登場となりましたが、まだ全体的にステータスは低めです。, それでも豊富な守備適性やリアタイ向きの特殊能力など、今後の上方修正が楽しみな選手ではあります。, すでに一軍での出場もあり通常Sランクが登場する可能性も高いので、今のうちにAランクを集めておきたいですね!, その裏ワザ的方法でエナジーを無課金で入手できる方法を、下のリンクで画像付きで解説をしているのでぜひチェックしてみてください!, 次のHTML タグと属性を使用できます:
. 期待の若手ということで、能力は低めの選手が多いですが、シーズンでの活躍次第で能力が高くなる選手はいると思いますので、活躍できそうな選手を獲得することをオススメします。, 投手に限り、「」でリアタイ評価を書いています。また、覚醒選手はその選手区分でのオススメランキングを()で書いています。, 尚、ここに書いてある評価は、何か明確な基準があるわけではなく、個人的な感想なので、より正確な評価が知りたい方は大手さんへお願いします。, 野手転向一年目はシーズンでは二塁で.214でしたが、アジアウィンターベースボールカップで野手大会MVPと活躍の兆しを見せた期待の選手川越選手が登場しました。, 打撃能力は、見た目はB能力が二つあることで良いのですが、走力型固定なのであまり強い能力ではないです。, 守備面でも、外野すべての適性がEと守らせるには不安があると思います。守備三値も肩以外は不安が残るものなので、代走起用が良いかなと思います。, 特殊能力は、そこそこ強力なものが付いています。しかし、西武は優秀な野手が多いのであまり使いどころがないかなと思います。, プロ三年目で、支配下登録を勝ち取った期待の長距離砲リチャード選手が、早速覚醒選手として登場しました。, 打撃能力はパワー型固定ですが、今後の能力向上にも期待が出来ますし、特殊能力「パワーヒッター」持ちなので弾道がパワーヒッターなのはかなり大きいと思います。, 守備面はメイン三塁、サブポジの一塁は共にD適性です。守備三値もかなり低く守備につかせるのは怖いので、今後の上昇に期待です。, しかし、特殊能力は、「プルヒッター」や「パワーヒッター」を所持しており強力なものが多いので、代打・ベンチ枠として非常に優秀な選手かと思います。, 昨年、プロ初本塁打を記録した期待の若手山﨑選手が登場しました。今シーズンから登録名を山﨑幹史に変更しました。, 打撃面は、走力型固定でラインドライブに加えて、ミート・パワーがDと少し物足りないなと感じてしまいます。称号でミートはCになりますが、かなり微妙な能力だと思います。, 守備面は、捕手・一塁以外をすべてD適性で守ることが出来るのでユーティリティさはあると思いますが、守備三値がすべてEとかなり低いので、全体的には微妙かなと感じます。, 特殊能力も、打撃補助のものが少なく、かなり微妙なものだなと思います。リアタイの代走・守備固め要因なら優秀だと思います。, ルーキーながらに開幕一軍を勝ち取った今年の活躍が期待される福田光輝選手が覚醒で初登場しました。, 打撃面は、基本は走力型ですが、称号を付けることで、パワー・走力の同値にすることが出来るので、遊撃手としては強力だと思います。, 守備面も、内野すべてをD適性で、特に、二塁・遊撃はC適性なので積極守備も付いているので、かなり良いと思います。守備三値は捕球・スローイングは低めなので、少し不安があると思います。, 特殊能力は、「超広角打法」を所持しており、ロッテ枠として、ベンチに入る選手かなと思います。S2でのSランク登場も期待できるのでA待機もオススメです。, パリーグ最年少ホールドの記録を所持し、昨年プロ初勝利も達成した期待の若手の北浦選手が登場しました。, 基礎能力は、球威型固定ですが称号無しではBを超えておらずすべての能力がCなので微妙だと思います。, 変化球も4球種でB以上球種が0球種なので、12球団の方は、オーダーに入れることの出来るレベルではないと感じます。, 特殊能力は、「ノビ◎」を所持していますが、他二つは少し弱いので、全体的に今後の成長に期待の選手です。, 昨年高卒一年目ながらに、一軍に出場し、ファームでも100試合以上の出場をした期待の若手の宜保選手が登場しました。, 打撃能力は、走力型固定です。ミート・パワーの値も低く、強力とは言い難い能力だなと思います。, 守備面は、二塁・遊撃をC適性で守ることが出来ますが、守備三値の捕球・スローイングは低いので守備面では不安があると思います。, 特殊能力は、走力型選手としては珍しく、打撃補助のものが二つあるのでまだ良い方ですが、あまり強くないと思います。, 昨年、高卒ルーキーながらにプロ初賞を挙げ、今季ローテ投手として期待される戸郷選手が登場しました。, 基礎能力は、球威型固定で、球威がBを超えており、制球・スタミナもCなのでそこそこ高い能力だと思います。, 変化球は4球種で、B以上球種が0球種と少し先発としては物足りないので、弱いかなと感じます。, 特殊能力は、そこそこ強力なものが付いていると思いますので、特殊能力要因としては使えるかもしれません。, 昨年、高卒ルーキーながらに、プロ初スタメンで初本塁打も記録した期待の長距離砲伊藤裕季也選手が登場しました。, 打撃能力は、パワー型固定で、ミート・走力の値も低くないので二塁手としてはそこそこ強い能力だなと思います。, 守備面は、二塁・三塁をD適性で、一塁・左翼をE適性で守ることが出来ます。しかし、守備三値は低いので、守備につかせるのは少し怖さがあります。, 特殊能力は、「超広角打法」を含め、そこそこ強力なものを所持しているので、ベンチ枠としてかなり強力だと思います。, プロ入り後球速を大幅にアップさせ、先発・中継ぎ両方でチームに貢献している期待の剛腕望月選手が登場しました。, 基礎能力は、球威型固定で球威Bも超えています。しかし、制球の値がDと少し弱いので先発として使うなら微妙かなと感じます。, 変化球は5球種で、B以上球種が0球種と先発起用をするのは少し微妙です。中継ぎならありかなとも思います。, 特殊能力は、かなり強力なものが付いているとは思いますので、中継ぎとしての起用をオススメします。恒常Sの登場も可能性としてありますので、A待機もありだと思います。, 昨季、プロ7年目で初本塁打を記録した期待の大砲髙橋大樹選手が覚醒選手として初登場しました。, 打撃面は、走力型固定で、走力がBを超えていないので、少し微妙だと感じます。称号次第でミートCに出来ますが、全体的に微妙だと感じます。, 守備面は、外野をすべてD適性ですが、守備三値は少し低めなので、守備につかせるのは怖いなと感じます。, 特殊能力は、「超広角打法」や「初球」が付いており、かなり強力なので、ベンチでの広島枠としてそこそこ良いと思います。, 変化球:↑ストレートC ←スライダーD3 ↙カーブC2 ↓縦スライダーC3 ↘チェンジアップE2, 市立高校出身で、地元阪神からプロ勝利を達成した期待の若手山本選手が昨年の覚醒に続いて登場しました。, 基礎能力は、球威型で、称号次第で、球威・スタミナのB・B同値を狙うこともできるので、そこそこ強力だと思います。, 変化球は5球種で、B以上球種が0球種と少し微妙だと思います。↘変化のチェンジアップは特殊球種です。, 特殊能力は、「対ピンチ◎」も所持しており、そこそこ強力ではあると思います。恒常Sの可能性もあると思いますので、A待機もありだと思います。, 昨季、ルーキーながらに春季キャンプ一軍帯同や、公式戦では猛打賞を記録するなど、今後の活躍が期待される吉田大成選手が登場しました。, 打撃能力は、走力型固定で低弾道なので、かなり微妙な能力だと思います。称号でミート・パワーCには出来ますが、少し微妙だと思います。, 守備面は、二塁・遊撃をC適性で守ることができ、一塁・三塁をDとして守ることの出来るユーティリティさもあり、守備三値もそこそこ高いのでかなり良いと思います。, 今年の覚醒選手としては、かなり強いほうの部類に入る選手たちが揃っていますので、獲得したい選手がいれば走ることをオススメします。.