1 東京タラレバ娘2020の原作はどんな漫画? 1.1 東村アキコさんが描く共感の多い少女漫画; 1.2 原作では話は完結している? 2 東京タラレバ娘2020結末ネタバレ!keyと倫子はどうなる? 2.1 前作の東京タラレバ娘ではどのような結末で終わったか? 倫子はタラレバを言っていたおかげでkeyと出会えたことに感謝し、タラレバに本格的に別れを告げます。 自分自身が変化したことを実感し、東京でこれからも生きていくことを決意します。 最後は「ああ東京タラレバ娘」という文章で締めくくられます。 この投稿をInstagramで見る . 東京タラレバ娘は東村アキコさん作の漫画で、2014年5月号から2017年6月号にかけてKissにて連載されていました。 単行本は全9巻とコンパクトにまとまっています。 ここからは東京タラレバ娘のあらすじや最終回(最終話)ネタバレ、無料で読む方法などをご紹介していきます! ドラマ『東京タラレバ娘』最終回ラストまでのあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめています。 亡き妻・曜子との過去から未だ抜け出せないでいるkey(坂口健太郎)は、七回忌にて義父から自分の人生を生きるよう、諭されます。 Kiss2016年12月号 「東京タラレバ娘」25話のネタバレ感想 です。 早坂さんとの同棲を決め、穏やかな幸せを噛みしめる倫子。 これでタラレバ娘卒業か!?と思いきや、KEYとの関係に急展開の25話! KEYの過去が語られた前回24話の復習はこちらからどうぞ↓ 東京タラレバ娘2020には原作があって、東村アキコさんの漫画 『東京タラレバ娘リターンズ』 です。 今回はこの原作を元にあらすじや東京タラレバ娘で主人公の3人娘 倫子(吉高由里子)香(榮倉奈々)小雪(大島優子)の恋の行方。