午前にピッタリな爽やかな作風で人気の朝ドラことnhk連続テレビ小説。放送された作品が高視聴率を記録することが当たり前と言えるのですが、歴代の朝ドラの視聴率って気になりますよね。今回は、全朝ドラを対象に、歴代視聴率ランキングを作成しました!

Copyright © aukana(アウカナ)動画配信サービス比較 All Rights Reserved. 第6作 「おはなはん」. 25: なっちゃんの写真館: 星野知子: 39.6% 寺内小春: 55年 4月7日: 24: 鮎のうた: 山咲千里: … 100作以上の歴史のある“朝ドラ”こと朝の連続テレビ小説ですが、その人気を“声”で支えているのがナレーション(語り)です。, 101作中にアナウンサーが、ナレーションを担当した割合は101作品中25作品つまり25パーセントです。, 野際陽子さんは、NHKにアナウンサーとして入局し、退職後は女優として数多くの作品に出演しました。, アナウンサーとしての技術と演技力(個性)を兼ね備えた、最強のナレーターかもしれませんね。, 朝ドラのナレーション(語り)を歴代一覧でまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。, 俳優さんやタレントさんは、個性や持ち味を全面に出した語りが魅力であり、アナウンサーは物語を的確に進行するという良さがあることも分かりました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, アナウンサーが務めることもあるけど、役者さんやタレントさんが担当することもあるんだ。, 八千草薫さんは『風見鶏』、『ロマンス』、『君の名は』でナレーションを3回も務めているんだよね。, 八千草さんは、意外にも朝ドラでの女優としての出演は少なくて、第59作の「やんちゃくれ」が初出演だったらしいよ。, 朝ドラの語りを担当する人の中には、「奈良岡朋子さんみたいなナレーションがしたい」と憧れる人も多いみたいだよ。, 42作「青春家族」で語りだったNHKのベテランアナウンサー杉浦圭子さんは「あさが来た」でも担当しているよね。, 第64作「ちゅらさん」の おばぁ役で出演していた平良とみさんの語りは優しくて大好きだった!, 平良とみさんは、2001年の『第52回NHK紅白歌合戦』の審査員に選ばれるほど、この朝ドラで人気者となったんだ。, 第80作の「つばさ」の語りイッセー尾形さんは、ラジオが人間に化けた設定なんだよね(笑)。, ヒロインが悩んでいるときに励ましたりアドバイスする役だったけど、彼の姿はヒロインの つばさ以外には見えないんだ。, 「花子とアン」の美輪明宏さんは、ナレーターとして最年長(当時79歳)だったんだって。, 逆に最年少は99作目「まんぷく」の芦田愛菜ちゃん。なんと当時は14歳!しっかりしてるよね~。, 物語の途中から内村さんがヒロインの父であることが分かり、父親目線の語りだったと判明し妙に納得した記憶があるよ。, 朝ドラの撮影はタイトだから、現在でも語りの部分をまとめて何話分も収録するらしいわ。, スタジオでは、ナレーションを始める数秒前からしか映像が見られないから、話の起伏や俳優さんの芝居の熱量を想像して語るのは大変な仕事だと思うよ。, 政治・音楽・テレビ・映画・スポーツ・文化のあらゆるジャンルの歴代を知るなら「歴代どっとこむ」におまかせ!. 第5作 「たまゆら」. 広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。, aukana(アウカナ)は、株式会社CyberOwlが運営しているサービスです。 NHKで放送されている連続テレビ小説は「朝ドラ」という名称で多くの人に親しまれています。今回はそんな朝ドラをランキングにして紹介していきます。視聴者がハマった面白い歴代人気朝ドラ作品TOP20の紹介や、「あさが来た」「ゲゲゲの女房」など2000年代の大人気朝ドラTOP3、さらにワースト視聴率を記録した10作品をランキングにし、それぞれの作品について詳しく解説していきます。, 今回はNHKで放送されている連続テレビ小説、朝ドラを中心に解説していきます。これまでに連続テレビ小説・朝ドラは数々の名作を生み出してきました。そんな歴代人気朝ドラを面白い順にランキング形式で発表!さらにワースト視聴率を記録した作品についても紹介をしていきます。, 「朝ドラ」として親しまれているNHKの朝の連続テレビ小説は、1961年に放送が始まりました。現在では大河ドラマと並ぶ看板作品であり作品の内容は、主人公の生涯を描いていることが殆どです。日本を舞台に、明治以降の時代を生きた人間を描いています。, 歴代人気ランキングを紹介していく前に、ここでは「朝ドラ」について解説をしていきます。朝ドラの設定は縛られた場所から飛び出すヒロインを描いた時代、女性が進出していない職種で頑張るヒロインを描いた時代、そして女性の自己表現を描いた時代と大きく分けることが出来ます。そんな朝ドラの人気の秘訣として、設定とヒロインが重要だと言われていました。, NHKで放送されている朝ドラには長い歴史があり、どの作品でも視聴率などが注目されていました。ここからはそんな歴代朝ドラの中で本当に面白いと言われている人気作品TOP20をランキングで紹介していきます。, 本当に面白い歴代朝ドラランキングで20位にランクインしたのは「純と愛」でした。「純と愛」は、2012年に放送されたドラマで、平均視聴率は17.1%を記録しています。「純と愛」では沖縄と大阪が舞台として選ばれていました。沖縄で生まれた女性が、大阪で生きていく様子が描かれ主演の夏菜の演技も話題となった作品です。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。第19位にランクインした作品は「おひさま」でした。「おひさま」は、連続テレビ小説50周年記念の年に制作された朝ドラで平均視聴率は18.8%でした。この作品のヒロインには井上真央が選ばれています。2011年に放送され、激動の昭和時代を生き抜いた須藤陽子の人生が描かれています。物語は長野県を舞台にしていましたが、これは「かりん」以来の設定でした。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングで、第18位にランクインした作品は「てるてる家族」でした。2003年下半期に放送された朝ドラで平均視聴率は18.9%を記録しています。戦後の大阪を舞台に石田由利子とその家族の姿を描いている作品で石田家の四姉妹として、紺野まひる・上原多香子・上野樹里・石原さとみが出演したことでも話題になっていました。さらに、ミュージカルが取り入れられたことも話題になっています。, NHKで放送されていた大人気歴代朝ドラをランキングで紹介していきます。17位にランクインした作品は「カーネーション」でした。「カーネーション」は、2011年の下半期に放送された「朝ドラ」で、平均視聴率は19.1%を記録していました。「カーネーション」では、毒舌なファッションデザイナーとして活躍をするコシノ三姉妹が描かれ尾野真千子が主演を演じたことでも話題になっていました。, NHKで放送されている歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。16位にランクインしたのは「純情きらり」という朝ドラでした。「純情きらり」は、2006年に放送された朝ドラで平均視聴率19.4%を記録しています。太平洋戦争が取り入れられた作品でした。戦争に混乱していく世の中で、ジャズピアニストを夢見るヒロイン・桜子を演じたのは宮崎あおいでした。ヒロインはオーディションではなくオファーで決定しています。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキング15位にランクインしたのは、「べっぴんさん」でした。「べっぴんさん」は、2016年に放送されていた朝ドラで平均視聴率20.3%を記録しています。「べっぴんさん」では、戦後の混乱の中子供服を製作していく主人公の姿が描かれていました。ヒロインはオーディションで選ばれ、芳根京子が演じています。, NHKで放送されている歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。第14位にランクインした作品は、「ひよっこ」でした。「ひよっこ」は、2017年に放送されていた朝ドラで平均視聴率20.4%を記録した作品です。この「ひよっこ」では「あまちゃん」にも出演したキャスト・有村架純がヒロインとして登場しています。1964年に開催された東京オリンピック頃を舞台に集団就職したみね子の姿が描かれています。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。13位にランクインしたのは「まんてん」でした。「まんてん」は、2002年に放送されていた朝ドラで、平均視聴率20.7%を記録していました。屋久島出身の宮地真緒演じるヒロイン満天が、バスガイドを目指して鹿児島に出発するシーンから物語は始まります。その後大阪に舞台を移し、満天は気象予報士を目指して勉強していました。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキング、第12位にランクインしたのは「梅ちゃん先生」でした。「梅ちゃん先生」は、2012年に放送されていた朝ドラで、平均視聴率20.7%を記録しています。この朝ドラは、東北地方太平洋沖地震への復興プロジェクトを兼ねていて、液状化の被害などに見舞われた茨城でクランクインしています。舞台は、第二次世界大戦末期から始まり、後に町医者となるヒロインの人生を描いた作品でした。, 出典: https://massankyasutojouho.blog.so-net.ne.jp, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。第11位にランクインしたのは「マッサン」でした。「マッサン」は、2014年に放送された朝ドラで平均視聴率21.1%を記録しています。また今作品のヒロインにはシャーロット・ケイト・フォックスという外国人女性が起用されたことで話題となっていました。さらに主演は「走らんか!」以来19年ぶりに男優が務めています。, NHKではこれまで様々な朝ドラが放送され、多種多様なヒロインが登場しました。平均視聴率も注目されている朝ドラですがここからは、本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングTOP10〜4にランクインした作品を一気に紹介していきます。, NHKで放送されている歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。10位にランクインしたのは「こころ」でした。「こころ」は2003年に放送されていたドラマで、平均視聴率21.3%を記録していました。舞台となったのは浅草、そして新潟県山古志村でした。うなぎ屋の若女将が活躍する様子を描き話題となっていました。出演キャストには、中越典子・伊藤蘭・仲村トオル・玉木宏など豪華な顔ぶれが揃っています。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。9位にランクインしたのは、「ちゅらさん」でした。「ちゅらさん」は2001年に放送されたドラマで、平均視聴率22.2%を記録していました。こちらの朝ドラでは、連続テレビ小説史上初めて沖縄が舞台となり40周年記念作品として放送されていました。看護師として働く主人公を中心に、群像劇が描かれシリーズ化もされています。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。8位にランクインしたのは、「ごちそうさん」という作品でした。「ごちそうさん」は2013年に放送されていた朝ドラで、平均視聴率22.3%を記録しています。ヒロインには女優・杏が起用され話題となっていました。舞台は大正〜昭和の大阪で、関東と関西の食文化の違いを克服しながら強き母へと成長するヒロインの姿を描いている作品です。, NHKで放送されている歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。7位にランクインしたのは「花子とアン」でした。「花子とアン」は、2014年に放送されていた朝ドラで平均視聴率22.6%を記録しています。ヒロインのモデルとなったのは「赤毛のアン」の日本語翻訳者・村岡花子で主人公は吉高由里子が演じていました。舞台は明治〜昭和で、ヒロインはオーディションではなくオファーによって決定されています。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。6位にランクインしたのは「とと姉ちゃん」という作品でした。「とと姉ちゃん」は、2016年に放送されていたドラマで平均視聴率22.8%を記録しています。舞台は昭和の東京で、戦前戦後の混乱の中女性のための雑誌出版のため出版社が立ち上げられます。そんな中ヒロインが天才編集者と出会い「あなたの暮らし」という雑誌を刊行する様子が描かれていました。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを解説していきます。5位にランクインしたのは、「私の青空」でした。「私の青空」は2000年に放送されていた朝ドラで、平均視聴率24.1%を記録していました。こちらの作品では、連続テレビ小説史上初めてシングルマザーがヒロインとなっています。1993年を舞台に息子を連れて上京し、築地で働き成長していくヒロインの姿を描いた作品です。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを解説していきます。4位にランクインしたのは、「春よ、来い」という作品でした。「春よ、来い」は1994年に放送されていたドラマで、平均視聴率は24.7%を記録していました。橋田壽賀子がモデルとなった作品で、自身の自伝小説が原作となっています。橋田壽賀子が脚本家として成功し夫を看取るところまでが描かれ、話題となっていました。, 連続テレビ小説は、朝ドラとして世間に親しまれています。今回はそんな面白い歴代朝ドラ人気ランキングについて紹介をしています。様々なドラマがランクインしてきましたが、ここからはTOP3にランクインした作品を詳しく解説していきます。, NHKで放送されていた歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。第3位にランクインしたのは、「すずらん」という作品でした。「すずらん」は、1999年に放送されていた朝ドラです。平均視聴率は、26.2%を記録しています。大正時代の終わり、駅に捨てられ駅長に育てられたヒロインと、とある町の様子を描いた作品でした。また、この作品では子役時代から活躍している遠藤凪子がヒロインに抜擢されています。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。2位にランクインしたのは、「あぐり」という作品でした。「あぐり」は、1997年に放送されたドラマで平均視聴率28.4%を記録していました。この作品は美容家として有名な吉行あぐりのエッセイを原作にした作品で、ヒロイン・あぐりは田中美里が演じていました。また、野村萬斎が演じたことで人気になったエイスケの急死は非常に話題になっていたようです。, 本当に面白いNHK歴代朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。1位にランクインしたのは、「おしん」という作品でした。「おしん」は1983年に放送されていた朝ドラで、平均視聴率52.6%を記録しています。明治、大正、昭和という激動の時代を生きた主人公おしんの姿は、日本だけではなく世界中の視聴者の心を掴んでいたようでした。世界で最もヒットした日本ドラマだとも言われています。, NHKではこれまでに様々な連続テレビ小説・朝ドラが放送されてきました。多くの人気女優・俳優が出演していることなどでも注目されている朝ドラを今回はランキングで紹介していきます。ここからは2000年代の面白い朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。, 2000年代に放送された面白い朝ドラランキングを紹介していきます。10位にランクインしたのは「どんど晴れ」という朝ドラでした。こちらの朝ドラでは、盛岡と横浜が舞台になっていました。ケーキ屋で見習いとして働いていた主人公・夏美が夫の実家で女将修行をする姿を描いた作品です。「どんど晴れ」では、2005年以降三年ぶりにオーディションでヒロインが選出されました。タイトルは岩手の方言に由来しています。, 2000年代に放送された朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。9位にランクインした朝ドラは「半分、青い」という作品でした。こちらの朝ドラは、2018年に放送されています。書き下ろしによるオリジナルストーリーで、岐阜県と東京を舞台に失敗を恐れない主人公鈴愛が一大発明をするまでの姿を描いていました。障害のあるキャラクターを朝ドラの主人公として描くのは「半分、青い」が初めてとなりました。, 2000年代に放送された面白い朝ドラランキングを紹介していきます。6位にランクインした朝ドラは「まれ」でした。「まれ」は、2015年に放送された朝ドラです。能登地方を舞台に、家族と移住した主人公・希がパティシエを目指す姿を描いた作品です。今回ヒロインに抜擢された土屋太鳳は今作品で通算三作品目の朝ドラ出演となり、ヒロインを務めることは「花子とアン」の出演中に発表されました。, 2000年代に放送された朝ドラランキングを紹介していきます。第7位にランクインした朝ドラは、「てっぱん」でした。「てっぱん」は2010年に放送されていた朝ドラで、32年ぶりに広島県が舞台となったことで話題になった作品でもあります。「てっぱん」のヒロインはオーディションで選ばれ1424人の中から瀧本美織が抜擢されていました。「かならず腹は減る。かならず朝は来る」というキャッチコピーがつけられています。, 2000年代に放送された人気朝ドラをランキングで紹介していきます。6位にランクインした朝ドラは「ほんまもん」でした。「ほんまもん」は、2001年に放送された朝ドラでタイトルは関西弁の「ほんもの」が由来となっています。舞台となったのは和歌山県で主人公・山中木葉が料理人を目指し成長していく姿を描いた作品です。連続テレビドラマ最後の非ハイビジョン撮影となり、池脇千鶴が登場したことで話題になりました。, 2000年代に放送された人気朝ドラランキングを紹介していきます。5位にランクインした朝ドラは「さくら」でした。「さくら」は、2002年に放送された朝ドラで全編ハイビジョンで撮影されるようになった初めてのドラマです。舞台となったのは岐阜、東京、ハワイでヒロインはハワイ生まれの日系4世という設定でした。日本文化をコミカルに描き、話題になっていました。, 2000年代に放送されていた人気朝ドラをランキングで紹介していきます。4位にランクインした朝ドラは「天花」という作品でした。「天花」は、2004年に放送されていた朝ドラで宮城県仙台市と東京都武蔵野市を舞台にしています。農家の祖父をもつヒロインが保育士になる様子を描いた作品でヒロインはオーディションによって、藤澤恵麻が選ばれていました。主題歌を担当したのはMISIAでした。, NHKでは、長年連続テレビ小説・朝ドラが放送されてきました。様々なヒット作を生み出してきた朝ドラですが、ここからは2000年代に放送された人気朝ドラランキングTOP3を詳しく解説していきます。, 2000年代に放送された人気朝ドラをランキングについて紹介をしていきます。3位にランクインした朝ドラは「ゲゲゲの女房」でした。「ゲゲゲの女房」は2010年に放送された朝ドラで漫画家水木しげるの妻である武良が出したエッセイを原作にしています。また、社会的反響も非常に大きく連続テレビ小説の転換期とも評されていました。漫画家の妻を演じたのは松下奈緒で、夫役は向井理が務めました。, 2000年代に放送された朝ドラ人気ランキングを紹介していきます。2位にランクインした朝ドラは「あさが来た」でした。「あさが来た」は、2015年に放送された朝ドラで広岡浅子をモデルに大阪を舞台として描かれていました。そんなヒロインあさ子を演じたのは女優・波瑠で、朝ドラ出演をきっかけにブレイクしています。あさ子は幕末〜大正にかけて活躍した女性起業家のパイオニアで、女子大学を初めて作った人物でした。, 2000年代に放送された人気朝ドラをランキングで紹介していきます。1位にランクインした朝ドラは「あまちゃん」でした。「あまちゃん」は2013年に放送された朝ドラで宮藤官九郎による脚本も話題になっていました。ヒロイン・アキを演じたのは能年玲奈でオーディションによって選ばれています。その他にも小泉今日子、有村架純、福士蒼汰、松田龍平など豪華なキャストが集結し話題になっていました。, NHKで放送されている連続テレビ小説・朝ドラには長い歴史がありました。これまでに様々なヒット作を生み出してきた朝ドラですが、今回はそんな朝ドラをランキングで紹介していきます。ここまでは人気ランキングについて解説をしてきましたが、ここからはワースト視聴率を記録した作品について紹介をしていきます。, 歴代朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。10位にランクインしたのは「風のハルカ」でした。「風のハルカ」は、2005年に放送され平均視聴率17.5%を記録しています。舞台は大分県と大阪府であり、大森美香が脚本を担当しています。オーディションの中から選ばれた村川絵麻がヒロインを演じ、話題となっていました。貧しい生活を送っていたヒロインが家族の再生を目指し成長する姿を描いた作品でした。, 歴代朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。7位にランクインした作品は、「わかば」です。「わかば」は、2004年に放送されていた朝ドラでした。平均視聴率は、17.0%を記録しています。舞台となったのは兵庫県・宮崎県でした。また、今作のヒロインはオーディションで選ばれ原田夏希が演じています。街と家族の再生をテーマにした作品でヒロインは造園家として阪神大震災からの復興を目指します。, 歴代朝ドラ視聴率ワーストランキングを紹介していきます。8位にランクインしたのは「芋たこなんきん」でした。「芋たこなんきん」は2006年に放送されていたドラマで、平均視聴率16.8%を記録しています。原案を担当した田辺聖子の自伝であり、舞台は大阪の商店街でした。朝ドラでは珍しく年代記式ではない作品で、これまでの連続テレビ小説にはなかったような試みも多く投入されていました。, 朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。7位にランクインした朝ドラは「ファイト」でした。「ファイト」は2005年に放送されたドラマで、平均視聴率16.7%を記録していました。舞台となったのは、群馬県高崎市、四万温泉です。一時不登校になってしまったヒロインを演じたのは本仮屋ユイカでした。ヒロインが牧場経営をするまでの姿を描いた作品であり、オーディションから本仮屋が選ばれていました。, 歴代朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。6位にランクインした朝ドラは「天花」でした。連続テレビ小説70作目として制作された「天花」ですが、視聴率は16.2%とあまり良くはなかったようです。, 歴代朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。5位にランクインした朝ドラは「だんだん」という作品でした。「だんだん」は、2008年に放送されていた朝ドラで平均視聴率16.2%を記録しています。島根県と京都府が舞台となりました。「ありがとう」がテーマであり、タイトルの「だんだん」も島根弁の「ありがとう」が由来となっています。ヒロインは三倉佳奈が演じ、話題となっていました。, 歴代朝ドラワースト視聴率ランキングを解説していきます。ワースト視聴率ランキングで4位にランクインした作品は「ちりとてちん」でした。「ちりとてちん」は、2007年に放送された朝ドラで平均視聴率15.9%を記録しています。ヒロインはオーディションによって選出され貫地谷しほりが演じています。大阪が舞台であり、これまでの明るいヒロイン達と異なりマイナス思考のヒロインが描かれ話題となっていました。, 貫地谷しほり演じるヒロイン・和田はマイナス思考の持ち主ですが大阪で落語家を目指し生きていきます。「ちりとてちん」は、伝統の継承をテーマにしていて落語家など様々な伝統を引き継ぐ人々が登場しました。伏線が多く、些細なことが後々の展開に大きく関わってくるという作風ですが平均視聴率は20%を下回ってしまいました。しかし、DVD売り上げは好調で過去最高を記録していたようです。, NHKでは、連続テレビ小説として朝ドラが毎朝放送されています。長い歴史のある朝ドラですが、今回はそんな歴代朝ドラ作品をランキングで紹介していきます。人気の朝ドラランキングでは「ゲゲゲの女房」「あまちゃん」などがランクインしていました。ここからは歴代朝ドラの中でワースト視聴率を記録した作品TOP3を詳しく解説していきます。, 朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。3位にランクインした朝ドラは「瞳」でした。「瞳」は2008年に放送され平均視聴率15.3%を記録しています。「瞳」は東京の下町を舞台にした作品で、ダンサーを夢見る主人公・瞳を榮倉奈々が演じました。瞳の祖父は里親養育をしていて、瞳も三人の里子達と関わっていくうちに家族というものについて考えていくようになります。ヒロインはオーディションで選出されました。, モデルとなったのは東京都の養育制度で、舞台となった下町特有のもんじゃ焼きや住吉神社例祭などの文化もストーリーの中に取り上げられています。出演キャストには、飯島直子、前田吟、菅井きん、西田敏行、近藤正臣、木の実ナナなどがいました。また、脚本は「あすか」を担当した鈴木聡で、オープニングは山下康介が担当しています。エンディングでは、「ストリートダンス図鑑」と称して、ストリートダンスが紹介されています。, NHKで放送されていた歴代朝ドラワースト視聴率ランキングを紹介していきます。2位にランクインした朝ドラは「つばさ」でした。「つばさ」は2009年に放送された朝ドラで、平均視聴率13.8%を記録していました。主人公としてヒロインを演じた多部未華子は、朝ドラ市場初めての平成生まれでした。今作品のヒロインは、オーディション形式で選出されています。舞台となったのは朝ドラ初の埼玉県でした。, 「つばさ」で埼玉県が舞台になったことで、全都道府県が歴代朝ドラで舞台として選ばれたことになりました。ヒロイン・玉木つばさの実家は和菓子屋を営んでいました。つばさはそんな和菓子屋の後継です。また、母の代わりに家事を全て担当しています。しかしある日母が戻ってきて、借金が発覚・つばさは返済回収人となってしまいました。つばさは、貸出先の開局前のコミュニティラジオ局に関わっていくことになります。, 歴代朝ドラワースト視聴率を紹介していきます。1位にランクインしたのは「ウェルかめ」でした。「ウェルかめ」は、2009年に放送されていた朝ドラです。平均視聴率は13.5%でした。舞台となったのは徳島県でした。徳島が舞台となったのは29年ぶりで、ヒロインは倉科カナが務めています。ヒロインはオーディション形式で選出されました。編集者であるヒロインが、失敗を繰り返しながらも成長していく様子を描いています。, 今回はNHKで放送されていた歴代連続テレビ小説・朝ドラをランキングで紹介してきました。長い歴史のある朝ドラでは、ヒロインや設定が毎回注目されています。2000年代の人気作品には「ゲゲゲの女房」「あまちゃん」「あさが来た」などが挙げられていました。また、人気作だけではなく残念ながらワースト視聴率を記録してしまった作品も紹介しています。そんな朝ドラ作品、ご覧になってはいかがでしょうか。, 朝ドラの人気ランキング!視聴者がハマった面白い歴代作品を一覧で紹介のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, 通算100作目の記念すべき朝ドラ『なつぞら』(2019年4月期から2019年9月まで放送)は、主人公の奥原なつを広瀬すずが演じています。朝ドラ『なつぞら』のキャストの紹介や結婚相手の予想などもしていきましょう!また、最終回はどのように迎えるのか?などしっかりと予想を立て、ネタバレなども含みながら、今後の朝ドラ『なつぞら, 通算95作品目の朝ドラ「べっぴんさん」は、関西のベビー用品メーカーの女性たちの戦後日本での歩みを描いた作品です。キャストも主演の芳根京子、永山絢斗らのフレッシュなキャストを中心にベテラン・新人がそれぞれの力を合わせて作り上げた作品です。脚本家の渡辺千穂がアナウンサーの羽鳥慎一さんの妻であることも話題になりました。「べっ, ドラマ「花子とアン」は2014年の3月から9月までNHK連続テレビ小説として放送された作品です。名作「赤毛のアン」の日本語翻訳を目指す主人公と、それを取り巻く登場人物たち、明治・大正・昭和の激動期に綴られるそのドラマチックなあらすじは、歴代の朝ドラの中でも高い人気と視聴率を誇りました。今回はドラマ「花子とアン」のあらす, NHKの朝ドラとして2015年の秋から放送された「あさが来た」は、主人公あさが女性実業家として生きていく姿を描いています。女性だからと世の中の反発を受けたあさが、自身の想いを貫き成功を収める姿が共感を呼ぶと好評のドラマ「あさが来た」は、主人公あさを波瑠が演じ、あさの姉役を宮崎あおいが演じました。NHKの朝ドラ「あさが来, 2017年放送のNHK連続テレビ小説「わろてんか」に関する感想や評価にて、ストーリー展開がつまらない、出演者の演技がひどいなど、批判的な投稿が多く見られます。このように、「わろてんか」は面白くないとの評価が下される一方で、視聴者の中には、面白かったなど賛否両論が巻き起こっています。本文では、朝ドラ「わろてんか」がつまら, 2016年4月から10月まで放送されたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は明るく前向きになれるようなストーリーで人気作品となりました。今回は『とと姉ちゃん』のあらすじをネタバレで紹介いたします!また、ストーリーで重要になる相関図やキャスト一覧でまとめてお伝えいたします。豪華キャスト陣が勢揃いしており意外な人物も登場し, https://massankyasutojouho.blog.so-net.ne.jp.

第4作 「うず潮」.