【2019年. 第64回有馬記念(だい64かいありまきねん)は、2019年12月22日に中山競馬場で施行された競馬の競走である。ダミアン・レーンが騎乗したリスグラシューが優勝した。, リスグラシューは同一年の第60回宝塚記念と第64回有馬記念を制し、史上初めて牝馬によるグランプリダブル制覇を達成した[1]。, 11月16日から12月1日までファン投票が行われ[2]、11月21日に第1回中間発表[3]、11月28日に第2回中間発表[4]、12月5日に最終発表が行われた。最終の有効投票総数は1,577,760票だった[5]。, 凱旋門賞は、イギリスのヴァルトガイストが制した。参戦した3頭の日本調教馬(キセキ、フィエールマン、ブラストワンピース)のうち最先着である7着はキセキ[129]。騎乗したクリストフ・スミヨンは、「とても良いレースでした。ずっとヴァルトガイストの隣を走っていて、3コーナーから4コーナーまで順調でしたが、直線はスピードを上げることができませんでした。パリロンシャンの馬場は特殊で、この粘りの強い馬場はキセキには適していませんでした」と振り返り[129]、管理する角居勝彦調教師は、「残念です。前目での競馬をする作戦だったので、思っていたポジションとは違いました。馬群に入りましたが、それほどは引っ掛かっていなかったように思いますし、この馬場も苦手ではなかったはずですが、やはり日本馬にこの馬場をこなすのは難しいですね。ヴィクトワールピサ以来でしたが、凱旋門賞は世界の名馬、名調教師が集うレースで、この挑戦は楽しかったです。」とコメントした[129]。, 12頭中11着に敗れたブラストワンピースから、さらに15馬身離された最下位の12着にフィエールマン[130]。騎乗したクリストフ・ルメールは、「残念です。もっと良い結果を求めましたが、早目にバテてしまいました。馬場が重すぎて走りにくかったので、加速できませんでした。馬のコンディションは良かったのですが、パリロンシャンのコースも難しい。やはりもっと速い馬場が良いです。前に行ったのは作戦ではありませんでしたが、スタートが良かったのであのポジションになりました。それでちょっと引っ掛かってしまった。」と回顧し[131]、管理している手塚貴久調教師は「正攻法の競馬で打ちのめされました。馬場を歩いて、後ろ目での作戦を立てていましたが、思った以上に良いスタートが切れて面食らいました。レース中はそれでも粘ってくれるかと期待しましたが、やはり難しかったです。ニューマーケットからの輸送でしたが、状態は良く落ち着いていたし、レースまでの流れは良かったと思います。馬場の悪さは分かっていたことなので敗因にはできません。凱旋門賞のような最高峰のレースに、しっかりと調整して本番に向かえたのは良い経験になりました。これをどこかで生かしたいし、またリベンジしたいと思います。」とした[131]。, レース後、10月9日にフィエールマンが、翌10日にキセキが成田国際空港にそれぞれ帰国、競馬学校の国際厩舎に入厩し、輸入検疫が行われた[132]。, 菊花賞は、ワールドプレミアが制した。馬群の中団、馬場の内側に折り合いをつけて控え、最後の直線でその内側から抜け出し外から追い込んできたサトノルークスをクビ差退けて1着となった。騎乗した武豊は、「いい状態でしたし、勝てるレースをしようと思っていました。スタートを出て道中はずっと折り合いがついていましたし、上手に走ってくれました。最後の1冠に間に合って勝ってくれたし、ディープ(インパクト)産駒といこともありましたからね。僕自身、久しぶりのGIなのでうれしいです」と回顧した[134]。, 1番人気に推されたヴェロックスは、最後の直線で5番手から抜け出し、一時先頭に立ったが内側と外側で抜け出た2頭に前を譲り3着となった[135]。騎乗した川田将雅は、「位置取りもリズムも良く、いい内容でしっかり走ってくれました。3000メートルの距離が長かったと思わざるを得ないような、最後の直線での苦しさでした」とし[135]、管理する中内田充正調教師は、「馬自身は一生懸命頑張ったし、地力だけで3着に残ってくれた。まだ3歳だし、今後に期待したい」とした[135]。, コックスプレートは、リスグラシューが制した[140]。後方に待機し第3コーナーの手前で動き出し、最終コーナーでまくりを見せて大外から進出[140]、残り100メートルで先に抜け出していたキャステルヴェキオを並ぶ間もなく差し切り差を広げ、最終的には後方に1馬身1/2の差をつけて勝利した[140][141]。, 騎乗したダミアン・レーンは、「良いスタートを切ることが出来ましたが、最初のコーナーまでペースが速かったので、無理にポジションを取りに行くことよりも折り合いに専念しました。4コーナーで外に出したときに、素晴らしい脚を出してくれたので勝利を確信しました。リスグラシューは1番人気でオーストラリアでも話題になっていたので、期待に応えられて良かったです」と振り返った[142]。, 管理する矢作芳人調教師は、「道中の位置取り的にかなり厳しいと思っていたので、馬が強いとしか言いようがありません。馬の強さに感心していますし、嬉しすぎて涙が出ないです。次走としては、絶対ではないですけれども有馬記念を目標にという風に考えています。馬や応援してくれた全ての人に感謝しています」とコメントした[142]。, レース後、11月5日に成田国際空港に到着、競馬学校の国際厩舎にて輸入検疫が行われた[143]。, 1馬身4分の1離された2着はクロコスミア、これが2017年、18年のエリザベス女王杯に続いて3年連続の2着となった[146]。騎乗予定であった戸崎圭太が11月4日に浦和競馬場で行われたJBCレディスクラシックでモンペルデュに騎乗し落馬負傷で骨折[147]、急遽藤岡佑介に乗り替わって参戦した[148]。レースでは、前半1000メートルを62秒8で逃げ、最後の直線で後続を離したが内側からラッキーライラックに差し切られた[146]。騎乗した藤岡佑介は、「初騎乗でしたが、厩舎サイドにアドバイスは頂いていました。単騎で行けましたし、良い雰囲気で1〜2コーナーを迎えられました。1分2秒くらいのペースで行って、3コーナーでは後ろから来るのが分かっていましたが、待たずに流していくイメージ通りの競馬が出来ました。あそこまで行くと勝ちたかったです」とコメントした[149]。, 前走に府中牝馬ステークスで重賞初勝利となったスカーレットカラーは7着に敗れた。騎乗した岩田康誠は「正攻法のレースをして、直線途中まではグッときていたけど、そこから脚が上がった感じでした。レースとしてはいい形で運べました」と回顧した[150]。, GI優勝馬は史上最多の11頭が出走した。牝馬三冠達成などGI6勝、前走の天皇賞(秋)も勝利したアーモンドアイ。2019年の宝塚記念を牡馬相手に勝利し、オーストラリアに渡りコックスプレートを勝利して帰国初戦のリスグラシュー。菊花賞優勝馬で凱旋門賞参戦しフランスから帰国後初戦であるキセキ。ホープフルステークスと皐月賞、中山競馬場のGIを2勝している3歳のサートゥルナーリア。2019年の天皇賞(春)と2018年の菊花賞を制し凱旋門賞参戦、フランスから帰国後初戦であるフィエールマン。2019年の菊花賞を制し直接参戦するワールドプレミア。ジャパンカップでGI2勝目を挙げたスワーヴリチャード。2017年の東京優駿(日本ダービー)、2018年の天皇賞(秋)でGI2勝のレイデオロ。2019年の大阪杯を制しGI2勝のアルアイン。2017年のジャパンカップを優勝したシュヴァルグラン。2017年のNHKマイルカップを制したアエロリットである。, 重賞を勝利した経験があるのは3頭。2017年の府中牝馬ステークスを制し、2017年、18年、19年とエリザベス女王杯で2着のクロコスミア。2019年のオールカマーなど重賞3勝のスティッフェリオ。2019年の府中牝馬ステークス勝利したスカーレットカラーが勝利した。, その他は、若駒ステークス、若葉ステークスのリステッド競走2勝で、皐月賞2着、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞で3着のヴェロックス。2018年の菊花賞2着など2着7回の1勝馬のエタリオウが出走した。, リスグラシュー、レイデオロ、アルアイン、シュヴァルグラン、アエロリット、クロコスミアの6頭は有馬記念をもって引退すると発表、有馬記念が引退レースとなった[156][157][158][159][157][156]。, 直前の1週間は、火曜日に1.0mm、木曜日に1.0mm未満の降水量が記録された[160]。当日の天気予報は、ウェザーマップによると、曇りのち晴れ、最高気温は9℃、昼頃から雨になると予報した[161]。ウェザーニュースによると、曇りのち雨、最高気温は8℃、降水確率は60パーセント、本格的に雨が降り出すのは早くても昼過ぎで、発走時刻までそれほどの強い雨にはならないと発表した[160]。, レース2日前時点では、野芝が約6から8センチメートル、洋芝が約10から14センチメートルの芝の草丈で、芝の状態は「3コーナーから4コーナーおよび正面にかけて、コース内側に傷みがあります」とJRAが発表[162]、Aコースを使用して施行された[162]。, 含水率は、ゴール前で9.9パーセント、第4コーナーでは9.9パーセントが記録された[162]。, 1番人気に推されたのは、ファン投票1位のアーモンドアイ、単勝オッズは1.5倍で支持率50.95パーセントとなった[163]。2番人気は、GI連勝中のリスグラシューで単勝オッズ6.7倍。3番人気は、3歳馬のサートゥルナーリアが入り、単勝オッズ7.8倍でこの3頭が単勝オッズ10倍未満であった。, 2019年12月22日 第5回中山競馬第8日目 第11競走 天気:曇、馬場状態:良、発走時刻:15時25分, レース3日前の12月19日、東京都港区の品川プリンスホテルにて有馬記念フェスティバル(公開枠順抽選会)が行われた[170][171]。司会はフジテレビアナウンサーの佐野瑞樹、堤礼実。インタビュアーに細江純子。ゲストで、くじ引き順を決める抽選を担当する、JRA(日本中央競馬会)のCMキャラクター高畑充希と松坂桃李[172]。その他、出走馬陣営の関係者が出席した。その様子はBSフジにて生中継、及びBSフジの公式Youtubeチャンネルにてライブストリーミングで配信された[173]。, リスグラシューを管理する矢作芳人調教師は、抽選に赤い帽子とネクタイを身に着けて参戦[174]。ネクタイに触れながらカプセルを選択した。結果、赤帽子で出走する3枠6番に入り、矢作はガッツポーズを見せた。矢作は「言うことがないというか、ここしかないという枠。欲しかった枠です」と話した[174]。, その他、赤いネクタイの池添謙一は、フィエールマンを赤帽子の3枠5番[175]。緑のネクタイの角居勝彦はキセキを緑帽子の6枠11番[175]。津村明秀は、アエロリットを桃帽子の8枠15番という結果としたが、その隣で抽選に同席した管理調教師の菊沢隆徳はピンクのネクタイを着用していた[175]。, 14番、10番、15番と3年連続外枠となっているシュヴァルグランは[175]、オーナーの佐々木主浩が「外、外、外だよ~」と言いながら登壇、自ら抽選し8枠16番。わかった瞬間に崩れ落ちる佐々木オーナーの姿に会場には笑い声が起きた[175]。佐々木は「狙ってました。」とし[176]、「絶対、外枠を引くと思ってた(苦笑い)。ラストランなので、後は福永(祐一)騎手に任せます。すみません」とコメントした[177]。, スタートは少しバラついて、レイデオロが後方からの競馬に。キセキやワールドプレミアも少し後手を踏んだが、それ以外はまずまずのスタートを切った。1週目のコーナーに入ったところでアエロリットがハナを奪い、2番手付近にクロコスミアやスティッフェリオといった先行勢が位置し、フィエールマンやアルアインが中団前目に付け、スワーヴリチャードは中団に、1番人気のアーモンドアイは中団外目の好位置を追走した。アーモンドアイの後ろにリスグラシュー、後方にシュヴァルグラン、レイデオロ、最後方からワールドプレミア追走という形でホームストレッチから2週目1コーナーに突入した。, コーナーに入った頃にはアエロリットが大逃げの形を取り、1000mを58秒5のハイペースで通過。バックストレッチから2週目3コーナーに入ってもこの体制は変わらず、4コーナー残り400mの標識を通過すると各馬が追い込みを始めると共に、アエロリットの脚色が衰え始めた。, 直線に入るとスティッフェリオが先頭に並びかけ、アーモンドアイも一時先頭に躍り出るもそれほど脚が伸びず、各馬が横一線になったところで外からサートゥルナーリアが飛び出してきた。, しかし、それらを大外からリスグラシューがまとめてかわし、食い下がるサートゥルナーリア以下を抑え切って5馬身差で圧勝。GI3連勝で引退レースを有終の美で飾った。勝ちタイムは2分30秒5(良)。, 2着には直線先頭に立つと最後まで粘ったサートゥルナーリアが入り、3着に後方から追い込んだワールドプレミアが入った。1番人気のアーモンドアイは直線で完全に後退し、デビュー以来初めて掲示板を外す9着に終わった。, 国際競走指定前:

第24回(1979年) グリーングラス 12月28日(土曜日)】 【2019年.

【コース・特徴・傾向・有利不利】 国際競走(G1)指定後: 12月21日(土曜日)】 『有馬記念. 芝2000m】 2019/結果】 『第64回. 第04回(1959年) ガーネツト 第13回(1968年) リュウズキ // ]]>. ホープフルステークス・G1』 が、2019年.12月28日(土曜日)に、中山競馬場.芝2000m.で行われました。 スポンサーリンク 2019】 G1】 No.1競馬まとめ『うま速』! スターホース・馬券・一口馬主・POGなどの競馬の最新情報を毎日更新!競馬ファン必見のサイトです, 最優秀3歳牡馬は、ワープレかサートゥルが有馬勝ち負け出来なければロジャーで決まりかな, 岡田牧雄「勝己はサートゥルナーリアが有馬勝ったらそのまま引退させて種馬にしようとしてる」, 引用元: http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1576991936/, こんなピークに競争生活引退するのね、と少しせつなく思ったがリスグラシューみたいな物か。産駒に期待。お疲れ様でした。, クロノジェネシスは意外と飛びそう。イメージがリスグラシューと被るんだよなぁ有馬記念辺りは狙えるんでは。ていうか宝塚記念と同舞台のエリザベス女王杯行けば良かったのに。, 今って牝馬強すぎるよね。 【第14回.阪神カップ. 芝2500m】

梅澤さんと学年同じ立場の女だけど、あれ言うほどハラスメント?ノリはしつこかったけど今週20代最後で三十路突入は事実、梅澤さんもタレントさんなわけで。言い方も単に同僚可愛がってるみたいな意図しかなさそうで微笑ましかったけど…梅澤さんが不快に感じてたら話は別だけど、周りがそこまでゴチャゴチャ言うことじゃないと思います。職場で暗に立場悪くしたり馬鹿にしたり年齢のことは敢えて口に出さず余計な一言でそろそろ結婚なんて…とか、彼氏作らなきゃとかアイツはどうだとか言い出すのが悪質で不快な奴。自分がそれに該当するから嫌なんじゃなく人の事はセクハラだとかいいつつ普段20代後半はBBA扱いしてるネットの住民の根本的思考より面と向かって梅澤さんのお祝いニュアンスだった大澤さんの方がずっとマシかと。結局自粛警察的考えの人多いんですね。, じゃあ競馬やめれば?コントレイルの強さも分からんやつは競馬やらなくて結構。てめぇ1人の養分なんぞ1円にもならんしな。, オルフェやディープの時はライトなファンや普段競馬みない人たちに訴える何かがあったんだろうけど、アーモンドとデアリンクとコントレイルにはないんだろ。中途半端な知識ない方が直感で本物見分ける時があるし。, 言い分けバッカ。よられるの嫌なら陸上競技みたいにコースにレーンでも引いて、レーンからはみ出たら失格したら。, 【Amazon.co.jp 限定】快適 使い切り 不織布 マスクふつうサイズ 50枚入, http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1576991936/, 【競馬】グリチャ大澤「梅澤さんは来週から三十路です!20代は今日が最後!」 (2コメント), PlayStation 4 Days of Play Limited Edition 1TB, 【競馬/NHKマイルC】グランアレグリア降着wwww ルメール騎乗停止wwwwwwwwwwwwwwwwww, 【競馬】ダイヤモンドS2着の池添激怒「勝ち馬に寄られたのに何で審議にならないのか」, 【競馬・天皇賞秋】アーモンがルメール続投でサートゥルナがスミヨンってどっちが上扱いなの?, 【競馬・天皇賞秋】結局ダノンプレミアムが日本ダービー負けたのって何が原因だったの?????, 【競馬】矢作「JCに外国馬が来ない理由は、日本人の英語力が低すぎて通訳が必要だから」, 【競馬】関係者「Tが乗ると-2馬身。ここだけの話、業界ではもう格言として定着しつつあります。」, 【競馬・神戸新聞杯】悲報・・福永の舐めプのせいでコントレイルの連続上がり最速が途絶える, 【競馬・画像】悲報・・鷲見玲奈さんの元彼が暴露「ウイニング競馬の頃から胸にパッドを入れ出した」, 【競馬】秋天後半1000m57秒4wwwwwこれで後方待機してたデムーロ武豊www, 【競馬】JBCクラシックでクリソベリル→チュウワウィザード馬単に20万ぶちこむけど不安要素ある?【結果】 (1コメント), 【競馬】アーモンドアイ次走JCで今年全4戦東京で終わるか香港に逃亡か有馬でリベンジか逃亡か (1コメント), 【競馬・天皇賞秋】2着フィエールマン福永「挟まれてしまって」、3着クロノ北村「外から寄られてしまって」 (1コメント), 【競馬・天皇賞秋】水上学先生「素晴らしいレースでした。有馬でリベンジしないっすか?(笑)」 (1コメント). ――その生き様からも、坂路厩舎育ちという点からも、はばたき具合からも、来年から『リスグラシューな日々』にしようかなと。, ただし、2番手以下の各馬はアエロリットから離れての追走だったため、その1000m通過58.5秒、1900m通過1分52秒9も激ハイペースではない, TargetのレースPCI値(前後半のペース配分を示す数値)が、良で44.8というのは異様なくらいの締まった展開で、過去10年で最も低値(低いほど後半にタフな前傾戦を表す)はもちろんのこと、あのオルフェの8馬身差Vの13年(49.5)を断トツで上回った, 早々とアエロリットが脱落してスティッフェリオが先頭に代わる4コーナーにかけてのシーンで、後続は延々と脚を使い続けての押し上げとなったうえに、2分30秒5の好タイム決着も重なったため消耗度の高いレースとなったとみられる, 【有馬記念 2019 レース回顧・結果】本当の奇跡は、その競走馬生活そのもの〜ありがとうリスグラシュー!, 【阪神カップ 2019予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / ゴールは有馬記念だけじゃない?! G1】

2019』の『予想・データ・まとめ』です。

【競馬予想】 2019】 【レース.後】 【騎手・調教師・コメント】 1着.ムイトオブリガード(横山典弘騎手) 「思い描いた通りのレースができました。一頭になるとフワフワする所がありますが、今日は最後まで一生懸命走ってくれました。 【注目馬】 【2019年. 『第14回. 第17回(1972年) イシノヒカル 2018. 【3歳上. その前にはリスグラシューいたしやばいって。 #フォロバ100 #アーモンドアイはJC, 悲報・・堤礼実アナさん(27)、電源コードの写真を撮ってインスタにアップするのが趣味, サクサクと読みやすいサイト作りを目標に日々更新しています。 【注目馬】 【アルゼンチン共和国杯 2020 レース回顧・結果】3歳Vで飛躍は約束されたようなもの? 【第14回.阪神カップ.

【出走予定/注目馬】

【出走予定/注目馬】 ここも今年を表して・・・, ・【調教注目馬】12/21(土) 阪神競馬 阪神カップ 格下遅れで見栄え悪くとも時計的価値を見出だしたいのは……, ・【調教注目馬】12/21(土) 中山競馬 前中京開催でも狙ったあの組に注目の12Rキャンドルライト賞, Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。, あらら、夜間に降雨の札幌(新潟もそうみたいですが)、また今小雨が。。。どうやら、この後昼ぐらいまで小雨が降り続いての、キーンランドCとなって、イコール稍重まま、ということになりますでしょうか。稍重だと、道中緩んでの平坦戦にまでなるケースが多いんだよな~このレース。, むしろ細く見せていると言ってしまっても良いくらいだな、サルサディオーネ。それより、よっぽど増減なしのホーリーブレイズのほうが、2ケタ馬体増感を醸し出しているというww, スポンサーリンク 【3歳上. 【アルゼンチン共和国杯. 第07回(1962年) オンスロート

【2019年. 『有馬記念. 第25回(1980年) ホウヨウボーイ

12月22日(日曜日)】

有馬記念・G1』 が、2019年.12月22日(日曜日)に、中山競馬場.芝2500m.で行われました。 第02回(1957年) ハクチカラ [CDATA[ íÑEŠl“¾Ü‹à‚Í2019”N—L”n‹L”OiGⅠjI—¹Žž“_, 6.9 - 11.1 - 11.4 - 11.4 - 11.5 - 12.2 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.3 - 13.4 - 12.2 - 12.0. 2019』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 ... 【有馬記念. 第10回(1965年) シンザン 【5回中山.9日目】 第31回(1986年) ダイナガリバー 12月28日(土曜日)】 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が有馬記念(G1)2019年12月22日中山の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け… G1】

G1】 第11回(1966年) コレヒデ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 第15回(1970年) スピードシンボリ G1】 第05回(1960年) スターロツチ 『ホープフルステークス. 1着馬は、1番人気コントレイル(福永祐一騎手)。2着馬は1馬身半差で、3番人気ヴェルトライゼンデ。3着馬は ... 【ホープフルステークス. 【2歳. 【5回中山.8日目】 第63回(2018年) ブラストワンピース 【追い切り後/調教師コメント】 【ホープフルステークス. 結果】 平成最後のドリームレース。『第63回.

【有馬記念. 第38回(1993年) トウカイテイオー