第58回(2013年) オルフェーヴル 第48回(2003年) シンボリクリスエス 第21回(1976年) トウショウボーイ 第02回(1957年) ハクチカラ 第20回(1975年) イシノアラシ 第56回(2011年) オルフェーヴル 第53回(2008年) ダイワスカーレット 第06回(1961年) ホマレボシ 第17回(1972年) イシノヒカル 第03回(1958年) オンワードゼア 第25回(1980年) ホウヨウボーイ

第52回(2007年) マツリダゴッホ 1994年12月25日 第39回有馬記念: 馬柱をクリックすると別ウインドウで開き大きな馬柱を見ることができます。 絶対的な強さ 第39回有馬記念(だい39かいありまきねん)は、1994年12月25日に中山競馬場で施行された競馬競走である。ナリタブライアンが三冠に続き優勝した。年齢は全て旧表記にて表記。, 同年の牡馬クラシックはナリタブライアンが日本競馬史上5頭目となる三冠を達成した。第39回有馬記念においては同馬が初めて古馬と対決する点に注目が集まったが、同年の天皇賞(春)、宝塚記念を優勝したビワハヤヒデ(ナリタブライアンの兄)、ジャパンカップを優勝したマーベラスクラウンが故障を発症して有馬記念に出走することができなくなり、古馬のうちGI優勝馬はネーハイシーザーとライスシャワーの2頭のみであった。さらに両馬はそれぞれ距離適性、体調面に不安要素を抱えていたため、ナリタブライアンが優位と見られており、どの馬が勝つかというよりはナリタブライアンがどのくらいの強さで勝つかに焦点が絞られていた。マチカネタンホイザは蕁麻疹を発症したため出走取消となった。, ツインターボが序盤から大逃げを打ち、レースは1000m通過が58秒台ときわめて早いペースで推移した。一時は画面の端まで後続馬が見えないほどリードが広がっていたが、3コーナーでツインターボは早々と後続馬に捕まり、序盤4番手につけていたナリタブライアンはやや折り合いを欠いたものの、向正面で進出を開始。第4コーナーで先頭に立ちそのまま2着の牝馬ヒシアマゾンに3馬身差をつけて圧勝した。フジテレビ系列の実況を担当した堺正幸は「さあナリタブライアンまだ先頭!ナリタブライアン先頭!ブライアン先頭!3馬身から4馬身!今日はそれほど差をつけなくても大丈夫です!ナリタブライアンだ!ナリタブライアン!ナリタブライアン!4歳四冠達成!強い!強い!強い!ブライアンやはり強い!古馬の壁、見事打ち砕きました!今日はそれほど差はつけませんでしたが、それにしてもこれは正に横綱相撲!ルドルフに並び、そして来年はルドルフを越えて欲しいナリタブライアンであります!」と実況した。2番人気のネーハイシーザーは前走の天皇賞(秋)と同様、2番手でレースを進めたが、距離が長かったためか直線では手応えがなくなり9着に惨敗した。, 国際競走指定前: 第27回(1982年) ヒカリデユール 第64回(2019年) リスグラシュー, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第39回有馬記念&oldid=75421871. 第41回(1996年) サクラローレル

第28回(1983年) リードホーユー 第22回(1977年) テンポイント, 第23回(1978年) カネミノブ 第51回(2006年) ディープインパクト

第45回(2000年) テイエムオペラオー, 第46回(2001年) マンハッタンカフェ 第14回(1969年) スピードシンボリ

第42回(1997年) シルクジャスティス

第09回(1964年) ヤマトキヨウダイ 第18回(1973年) ストロングエイト 第40回(1995年) マヤノトップガン 第44回(1999年) グラスワンダー 第10回(1965年) シンザン 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ 1994年 有馬記念のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。 第39回有馬記念(だい39かいありまきねん)は、1994年12月25日に中山競馬場で施行された競馬競走である。ナリタブライアンが三冠に続き優勝した。年齢は全て旧表記にて表記。

第13回(1968年) リュウズキ 第24回(1979年) グリーングラス 第33回(1988年) オグリキャップ 1994年12月25日 中山 gi 芝2500 晴 良着順枠馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差上り馬体重調教師人気1711ナリタブライアン牡355南井克巳2:32.234.8476(+ 第43回(1998年) グラスワンダー 有馬記念(g1)1994の出馬表です。枠順、人気順やオッズ、騎手、前5走までを掲載。横並び形式の新聞風に再現。懐かしの馬柱と共に当時の記憶が蘇ります。 第57回(2012年) ゴールドシップ 第26回(1981年) アンバーシャダイ 第39回(1994年) ナリタブライアン 第54回(2009年) ドリームジャーニー 第61回(2016年) サトノダイヤモンド 第62回(2017年) キタサンブラック 第60回(2015年) ゴールドアクター 第32回(1987年) メジロデュレン 第12回(1967年) カブトシロー 第49回(2004年) ゼンノロブロイ

有馬記念(g1)1994の出馬表です。枠順、人気順やオッズ、騎手、前5走までを掲載。横並び形式の新聞風に再現。懐かしの馬柱と共に当時の記憶が蘇ります。 第29回(1984年) シンボリルドルフ

第05回(1960年) スターロツチ 第50回(2005年) ハーツクライ 第16回(1971年) トウメイ 第38回(1993年) トウカイテイオー 第63回(2018年) ブラストワンピース 1994年12月25日(日) 5回中山8日 天候 : 晴 馬場状態 : 良【9R】 第39回有馬記念3歳以上・オープン・G1(馬齢) (混) 芝 2500m 14頭立 着 枠 馬 馬名 騎手 タイム 着差 人気 国際競走(G1)指定後: 第19回(1974年) タニノチカラ 第38回有馬記念(だい38かいありまきねん)は、1993年 12月26日に中山競馬場で施行された競馬 競走である。 トウカイテイオーが前年の有馬記念より1年ぶりの出走で優勝を果たした。 年齢は全て旧表記(数え年)にて表記。 第37回(1992年) メジロパーマー 第59回(2014年) ジェンティルドンナ 第34回(1989年) イナリワン 第07回(1962年) オンスロート 第35回(1990年) オグリキャップ 第30回(1985年) シンボリルドルフ 第08回(1963年) リユウフオーレル 第11回(1966年) コレヒデ 第36回(1991年) ダイユウサク 第31回(1986年) ダイナガリバー 第15回(1970年) スピードシンボリ 第04回(1959年) ガーネツト 第01回(1956年) メイヂヒカリ 第47回(2002年) シンボリクリスエス