引き継ぎ. ありがとうございます。 luz「えぇ…いいなぁ…」 そらるさんが僕に それよりはよ行こう皆!遅刻しちゃうよ!」 パッケージメディアでは通常のスタッフにより再度第14話を作り直したものを収録している。 その後どうなったか聞いていませんが孫も今年やっと希望の大学に入りましたが、そろそろ「どうなってるの?」と聞いてみようかなと思ったり、いや余計なことを聞いて嫌われるのが怖くて・・・・・・。 【mfmf】僕の奥さんを紹介します。_2, 作品は全て携帯でも見れます 小生は小学3年の敗戦の年の10月中頃、6歳に満たない弟が突然いなくなりました。後で判ったことですが近くの海に転落して行方不明になったのです。もう肌寒い季節に父が海に入り泳いで船の底などを探しましたが見つかりませんでした。利発で美童と言ってよい少年で兄の小生よりも遥かに確りした弟でした。敗戦時のこととて食べ物も不自由な時代でした。美味い物を食することなく恋も知らずに短い人生を駆け抜けて行ってしまったこの弟のことをよく思い出します。, オイロッパスキー様、コメントありがとうございます。文が拙かったです。私は現在65才です。そして彼女が日本脳炎で亡くなったのは62年前のことになります。親しい人、好きな人を失うと生涯悲しいですね。いつも思います、もう一度あいたいなぁ。, 友人が急死した。 実際それは理由の一つではあったが、庵野監督の方法論・作業がスケジュールを圧迫する最大要因となっていた為、この作業を無くし普通のアニメ制作方法にすることでスケジュールを巻き戻すのが最大の理由であったという。スケジュールとスタッフの自主性や自由度を守る為に、怒って自ら辞める形にしたとのこと[6]。, ただし、監督を降板したとは言っても毎日制作現場に来てチェックや指示を出しており、普通の監督としての作業は行っていた。その為、実際は監督を降板したとは言わない状況であった。また第26話に関してはスケジュールがきつかった為、積極的にスタッフのコントロールを行い、第14話以前に戻ったような積極的な監督作業を行っている[8]。, 『ACT14.0 - 14.6』および『ACT24.25 - 24.75』は総集編となっている。, キング・アミューズメント・クリエイティブ(旧・スターチャイルド)からリリースが行われ、今までVHS/LD/DVD/BDで発売されている。, 本作において庵野秀明のクレジット表記は上記「スタッフ」のとおり、"庵野秀明"単独で「監督」名義になっていたのは第1話~第15話までであり、第16話は「あんのひであき」、第17話以降は「アンノヒデアキ」という表記に変わり、かつ佐藤裕紀との連名で監督表記がされている。, #外部リンクにある、本作制作会社の作品情報ページや、2019年に発売されるBlu-ray(BD)BOXサイトにおけるスタッフ情報においては、監督は"庵野秀明"名義のみが記載されている(BDの製品情報は下記に詳述)。, テレビ放送では第1話にオープニングは付いていなかったが、パッケージメディアで販売するに辺りオープニングが追加された。しかしBlu-ray BOXにおいては放送時のオープニングなしの状態で収録されるように変更されている。, 始めてオープニングが放送されるのは第6話となる。元々楽曲の製作が遅れていた為オープニングの製作が遅れていた。それに加え第1話から第5話にオープニングを入れると話の内容を削る必要がある為に第6話に入れることになった。また、第6話は主役の2人が彼氏・彼女の関係になる話の為、この回で入れるのが良いという監督判断になったともある。 なんで2人も知ってるんだよ俺の事情(?) 歌にまつわる物語や思い出など。曲はmp3で配信しています。2000年2月にホームページ形式でスタート。, 《蛇足》 石川啄木の第1歌集『一握の砂』(明治43年東雲堂刊)中の1首に曲をつけたもの。, 『一握の砂』には、啄木が明治41年(1908)から同43年(1910)にかけて作った551首がテーマ別に5章に分けて収録されています。現在の感慨を歌った作品から過去を回想する歌へ、再び現在の所感を歌った作品へという順序で並べられており、その循環のなかで作者の自画像を浮かび上がらせるという構成になっています。 「砂山の……」は、その第1章『我を愛する歌』の6首目の作品。, 越谷達之助(こしたに・たつのすけ)は、東京音楽学校(現・東京芸大音楽学部)師範科を卒業、イタリア留学ののち、作曲家・ピアニスト・詩人・俳優として活躍し、戦後は青山学院高等部・短大・大学で音楽を教えました。, 読売新聞文化部編『愛唱歌ものがたり』に、「昭和15年(1940)秋、日比谷公会堂での歌手三浦環のリサイタル。アンコールで越谷達之助という無名の作曲家を引き連れて登場、彼の伴奏で『初恋』を熱唱した」との記述があります。, この曲は昭和13年(1938)発表の歌曲集『啄木によせて歌える』に収録された15曲中の最初の作品です。何人かの作曲家が啄木の短歌に曲をつけていますが、これはそのうちでも最もよく歌われる曲です。 4分の5拍子、4分の4拍子、4分の3拍子、4分の5拍子とめまぐるしく拍子の変わるのが特徴で、それが独特のノスタルジックでみずみずしい印象を与えています。, ところで、初恋はなぜ破れるのでしょうか。初恋を成就させたという話も耳にしないわけではありませんが、たいていの人は初恋を失っているはず。初恋は破れる、遅かれ早かれ破れる、不可避的に破れる、破れるのが初恋だ、と断定してもよいほどです。, これは、ほとんどの場合、若者の初めて恋する対象が相手その人ではなく、相手を素材として心の中に創り上げた幻影だったことに起因しているようです。よく耳にする「恋に恋する」という言葉は、これを表現したものといってよいでしょう。, 恋されているのが自分ではなく、自分の虚像だったことに相手が気づいたとき、あるいは自分が虚像に恋していたことに気づいたとき、初恋は終わりを告げます。, 人間関係の経験を積んで、相手の実像が把握できるようになると、次第に落ち着いた恋、いわゆる「成熟した恋」ができるようになります。 しかし、その味わいは、初恋の甘美さには及ぶべくもありません。たとえ破れても、初恋の記憶は長く心を潤し続けます。, 多くの芸術作品が破れた初恋から生まれました。若者は破れることを恐れずに恋をすべきです。, この「蛇足」を読むのが楽しみです。私の知らなかった世界が開けたり、思い出して懐かしくなり、それぞれの思い出した場面を振り返りながら癒しの時間を過ごしています。惜別の歌の「蛇足」をよんで藤村をもう一度読み直しました。これからも歌もですが、「蛇足」の方も楽しみに待っています。, この歌も名曲ですね。少年の頃、リリックテノールの奥田良三さんのリサイタルでこの歌を聴き、大変感動しました。 NEWS待望のニューアルバム『EPCOTIA』3月21日発売おめでとうございます!!みんなEPCOってる???あ、まっすーは略すのがあまり好きじゃないんだったwww皆様EPCOTIA日々聴き込んでますか?最高に楽しいよね~♡歌割りがとっても心地いいです。シンプルで大人っぽくて洗練されてる。オシャレ♡聴き込めば聴き込むほど、今回のアルバム大好きです♡私、じつは宇宙が大好きなんです。夜な夜な宇宙の動画を見漁ることも。何が好きかって...デカい(語彙力)とてつもなくスケールのデカい話...困ったね...こんなとこで言えない...ちょっと皆様も興味あったら宇宙調べてみて。マジでやばい。そんなヤバい相手に真っ向から挑戦したNEWSも相当ヤバい♡シゲちゃん曰く、マジ卍のやばみ~笑。それはそうと、まっすーと宇宙について語りたいな~。唐突に妄想始まりました。私が目を輝かせて『宇宙ってさ~宇宙人って~』って他愛もない話しても、きっとまっすーは...『宇宙人と交流するなんて多分僕らが生きている間はまだ実現できないんだろうな...』(月刊songsより)って涼しい顔で遠い目をしそう。その顔がまた爆イケなんだろうなぁ。ねぇ...宇宙の話さ、まだ続くの?(半笑い)そんなことより...ちょっと...こっち...来て...(まだ半笑い)(耳元に近づき...小声で)宇宙の話より興奮すること...しない?(急に真顔)はい。ここでEROTICA流れる~だーかーらーやばいって~EROTICAの増田ラップの甘いこと甘いこと...毎回、聴くたびに背骨がふにゃふにゃ~ってなるの。生で聴いたらどうなっちゃうのかな…とろけて宇宙の塵になっちゃうのかな...発売前に実際、アルバムを手にしたらどっから聞くかをずーっと考えていて、宇宙旅行というコンセプトにはめちゃめちゃ興味あったんだけど、己の欲望に立ち向かえるかという不安が課題であり...己の欲望...そう...それは...自担の誘惑。どうやったって打ち勝てるわけないじゃん?そしたらナイスタイミングでやっぱり来たよね…彼からのメール。『まず1曲目からつるっと全部聴いて、その後、僕のソロをいっぱいリピートしてね』...うん♡わかった♡←素直だけが取り柄。まっすーがそうゆうならそうする!!季節外れの大雪が降った3月21日。悪路の中、やっと手にしたアルバム。意を決して…最初の1曲目からつるっと聴きましたぁぁぁぁ!!はあはあはあはあ...(息も絶え絶え)大好きなやつだったぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!まっすーがまっすーが...まっすーが...大好きなまっすーが随所に...(涙)こんな状態にさせてからの...自担ソロは...超破壊力ハンパないっす…だってThunderだもの。倒れるわ。落雷の嵐でさ。撃たれまくりでさ。これに関しては、もう少しじっくり噛み砕いてまた書きます。とにかくとにかく…...増田さんて何なの?ここんとこのテレビ&雑誌祭りでやられっぱなしなんだけど、なんでオス感とボス感と天使っぷりをこんな短期間でごちゃまぜにして来るんだろう。感情がぐちゃぐちゃだよ。最終的には年相応の好青年(おたすけJAPAN)出してきたりさ。ほんと困るぅぅぅぅぅ。まっすー...4月からPONの月曜日レギュラー、装苑の新連載、おめでとうございます!!憧れだったお昼の情報番組、大好きなお洋服関係のお仕事、本当に良かったね。まっすー今、幸せかな?きっときっと幸せだよね。これからもたくさんたくさん見たい。たくさん見せてね。まっすーの夢が叶う瞬間を。一緒に...幸せありがと。いよいよ来週末から始まるEPCOTIAツアー!!素敵な旅になりますように...みんな無事に地球に帰って来てね♡. 歌詞太郎さんともシ てたよね」ボソッ そらる「へ?」 天月にもバレてる!? なんで2人も知ってるんだよ俺の事情(?) 天月「まぁ誰にも言わないですよ 次あのクソ教師に抱 かれたりなんかしたら 許さねぇから…そしたらそらるさんの事 養と思ったが、所在を知ることは出来なかった。

天月「まぁ誰にも言わないですよ 天月の目は本気だった また俺抱 かれるの? て悲しみを、思ってみる。それで良かったのかと問いか 次歌詞太郎に抱 かれたら俺を監 禁する、と 初恋を思い出にできずに逝った男の、純情と不器用とそし え、、なに…うらたくん言っちゃったの? 身を徹した。 !暑くなるし、くれぐれも身体に気をつけて。心から楽しみにしてます。ずっとずっとずっと...ずーっとずーーーっと大好き。NEWS ニューシングル『BLUE』日テレ系 W杯テーマソング6月27日発売!!初回盤A初回盤B通常盤ジャケ写のかっこいいことかっこいいこと!!!!早くMV観たい!!カップリング聴きたい!!売れてくれぇぇぇぇぇ!!!!!!お願い...売れて...・゚・(。>д<。)・゚・明後日が怖い。. 枯れた喉で一人旋律を追うけど、ついて行けないもどかしさが、何んとも情けない。 出してくれるなら、懐かしんでくれるなら、なによりの供

次あのクソ教師に抱 かれたりなんかしたら 夢小説 | 俺達は慌てて時計を見る人と 「感動」の言葉は、友人の人生に向けられたものと、受け止めさせていただきます。, 「私に人生と言えるものがあるなら」(アメリカ民謡、笠木透詞)という歌をたまたま聞くことがあり、MAEDAさまの文章が強烈に思い出されました。昨日は船員だった兄の命日でした。生涯独身だった彼は恋をしたことがあったか、そういえば若いころ横文字の手紙が届いていたことがあったな、と思い出されました。こんな詩がありましたね。「あの人船乗り素晴らしかったわ 海を我がもの 惚れぼれしたわ …」初恋の思い出を綺麗に持っている人は幸せだろうなと思ったりします。, 皆さまは人は幾つぐらいから人を恋するとお思いでしょうか。私の孫娘が幼稚園の年少組ですから3歳の時の話ですが・・・・・。

そらる「あ…あのそれは」



            後期高齢者の独り言, 私は『二木紘三のうた物語』の大大大ファン!です。それぞれの音楽に添えられた仁木先生の解説にはいつも大感動させられています。・・・そこでお願いです。解説のタイトルが『蛇足』とありますが、あまりにも勿体無く感じます。せめて『補足』とか、又は『解説』とかの表現に変えて戴きたく存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。, この歌はやはりテノールが歌ったほうがよいでしょうね。 そう言いついてきた坂田



バリトンも良いかも知れませんが、美しいテノールで誰かに歌ってもらいたいと、このごろ良く思います。 自担てきっと太陽みたいな存在だよね...そしたら私達は太陽に向かって咲くヒマワリ?ヒマワリは1日のうちでも太陽の動きに合わせてくるくる花の向きを変えるんだって。太陽から成長に必要な栄養素を取り入れるためなんだよね。今は嵐のさなかでみんなダメージくらって倒れそうになってるヒマワリ達。お隣と支えあったりして必死で立ってる嵐が過ぎ去って雲の狭間から太陽が顔を出した時、太陽に向けて真っ直ぐに咲けるかな...そんなヒマワリの花言葉は、『私はあなただけを見つめる』『愛慕』『崇拝』ずっとずっとずーっとモヤモヤしていた暗くて重い気持ちがスっと取れた気がした…少しだけ胸のつかえが楽になった増田さんがウェブを更新してくれたRINGと○○...貪るように読んで...泣いた…やっぱこの人ハンパないわただものじゃないわ絶妙なタイミングで心にスっと入り込んで来て言葉の魔法で幸せにしてくれんのみんなを笑顔にしてくれるやっぱただものじゃなかった増田貴久って。NEVERLAND展のストリーミング配信も見たよ途中、せっかくの衣装が涙で曇って見えなくなったけどね...ありがとう。増田さんのNEWSに対する想いに完敗した切れかけてた糸だったけどNEWSを守りたいって心から思った守りたいって偉そうなんだけどね。こんなさなかでも『次は』って未来を話してくれるんだもん私たちに一生懸命の言葉をくれる増田さんのために...増田さんとメンバーで大切に育んできたはずのNEWSのために...毎日、何ができるか考えてる。太陽からたくさんの栄養をもらって咲くヒマワリだからね。いつでも私の歩く道の先にはあなたがいて欲しいです。太陽のように輝き続けるあなたのために私たちは何ができる?時にはゆっくり休めるような月明かりになりたいかなぁ…もう下は向かないヒマワリみたいに太陽に向かって咲きたい強くなりたい…もっと強くなって4人のNEWSを待つよヒマワリが成長できるのは太陽のおかげだから... 一晩明けたら青い空が広がっていた...昨日も確か青空だったな。でも私の目には映らなかった…今朝はこんなに眩しく映るのに。青い空だけじゃなくて、木々のきれいな緑や鳥のさえずる声...気持ちよく通り過ぎる風の温度...子供たちの遊ぶ声...今朝はとっても眩しいな。NEWSは私にとってどんな存在なんだろう。毎日の元気の素。凹んだ時に助けてもらえるお薬。細胞まで染み込んでいる栄養。今、踏ん張らずいつ踏ん張るんだ。6月27日発売のNEWSの新曲『BLUE』。ニッポン、さあ行こうNEWSにまた背中を押してもらった。私たちにできること、しなきゃ。, 気がついたら『装苑』と『TVガイドperson』の増田さんのページを開きっぱなしでぼんやりしていました。だいぶモヤモヤしています。決して楽しいブログじゃないので、皆さんの気持ちを害されるかも知れませんが、自分の気持ちを整理するために書きます。SNSを始めた時、ジャニヲタの先輩に言われた言葉を時々思い出します。『Twitterなんかほとんどが嘘みたいなものだよ』嘘か誠か...真実は誰にもわからない世界だから、自分をしっかり持たないと振り回されると。ほんとにその通りだと思いました。今までTwitterやブログで心をかき乱されたり、傷ついたり嫌ってほど振り回されてるけどその分楽しいことも嬉しいこともたくさんたくさんあったからずっと続けてきました。確かにどっから来た情報なのか分からないガセネタに振り回されることもしばしば。なぜ振り回されるのか。それは、NEWSが大好きで大切だからです。興味もなければ愛情もない(ちょうどいい言葉が浮かばない)グループの情報には振り回されることなんかないもの。知らん顔でスルーできます。NEWSが好きでNEWSに興味があるから振り回されるんだと思ってます。もはや、人生の一部ですから。嫌なら見なきゃいいっていっつも自分に言い聞かせるけど、大好きだから知りたい。信ぴょう性のない話題で一喜一憂するし、良からぬことを考えてやたらと不安になったり苛立ったり。『何があっても彼らなら大丈夫』『信じてついていけばいい』なんてデンと構えている人はすごいですよね。私には無理です。右往左往してしまいます。まず大好きな人のことを知りたい。知りたくないけど知りたい。結果的に見なくていいものをたくさん見てしまう。多かれ少なかれファン心理ってそんなもんじゃないのかな…違う???そんなファンとの気持ちを通わせる場のひとつとして存在するのがジャニーズweb。雑誌やラジオでもメンバーの気持ちを知ることはできるけどwebは有料サイトです。誰かれ構わず目にする場所とは区別されていい場所.....少なくとも私には特別な場所です。ネットにも記事をアップすることは絶対しません。ファンとメンバーとの心を通わせる場所。だから一方的に気持ちを吐き出す場所じゃないはずなんだけど…手越くんのRING。気持ちが弱ってるところに効いたよね 笑こんな状況の中だからね、なにかしらの安心できるような言葉を期待してすがるようにRINGを開いた私が甘かった...苦笑まあ、手越くんはいつもそうか。敢えての普段な感じか。そかそか。感じ方はそれぞれなので10人いれば10通りの感じ方があるはずです。メンタル最弱な私はちょびっとの優しさが欲しかったなと思ってしまったのでした。いい大人が甘ったれるなだよね 笑以下、増田さんの言葉です。『15周年とかの節目って僕らが嬉しいというよりファンの方にありがとうって伝えられることが大事じゃないですか。"NEWS4人でパーティしようぜじゃなくて"(笑)、日頃応援してくださっている方や身近なスタッフさんに"これだけ支えてくれてありがとうございます"っていうことができたらいいよね、とメンバーとも話していたので...。』 TVガイドperson vol.69 より特別なことではなく、飾らないそのままの気持ちを当たり前のように伝えてくれる。ブレない。心から安心してついていけます。これぞ増田貴久だと思ってます。増田さんに甘やかされ過ぎなのかな...笑果たして自分の気持ちに整理はついたのか...新曲『BLUE』は1位の記録を死守したい。体に気をつけて舞台の成功と15周年yearを無事に走り抜けてほしい。大好きな人に喜んでもらいたい。大好きな人の苦しむ所なんて考えたくない。大好きな人の笑顔が見ていたい。ただただ、大好きな人の幸せを願うだけなのです。.