JERAセ・リーグ巨人3―3ヤクルト(30日・東京ドーム)巨人が2年連続リーグ優勝を果たした。戸郷翔征投手(20)は高卒2年目の今季、開幕から先発ローテに定着。…(2020年10月30日 … 巨人 | 選手一覧 | 打者成績 | 投手成績 | スタメン | 先発投手 | 打者成績(ファーム) | 投手成績( … ドミニカ出... 巨人、読売ジャイアンツが、中日ドラゴンズのジョエリー・ロドリゲス投手(27)の獲得に動いているという情報が流れているが、中日ドラゴンズ関係者... 読売ジャイアンツの阿部慎之助選手が札幌市で開催されたトークライブに参加し、ギリギリトークを連発した。 先発ローテーション(せんぱつローテーション)とは、野球、特にプロ野球においてリーグ戦を行う際、複数の投手を先発投手として起用する順番のことである。 「先発ローテ」または単に「ローテ」と呼ばれることもある。 【読売ジャイアンツまとめ(投手編)】巨人2020先発ローテーション&リリーフ情報。投手陣データ、開幕データ、今季終盤ローテーション、ベンチ入りメンバー(中継ぎ・抑え)、勝利の方程式(必勝リレー・継投パターン)、外国人枠予想などを厳選 斎藤佑 来季もハムで現役続行へ 2020年、日本シリーズにおける巨人・パシフィックリーグ王者の先発ローテ、スタメンの予想を行いたいと思います!今年はコロナ禍によりセ・リーグ覇者である巨人はcsを介さず日本シリーズへ進出となりましたがパ・リーグは1位、2位チームがcsで激突 中日ドラゴンズの試合日程・結果の一覧。プロ野球のニュース、選手ブログの更新情報、選手のTwitter情報など、プロ野球を愛する全てのファンのためのサイトです ライバルチームの先発ローテーションも盤石とはいえない . 先発ローテーション(せんぱつローテーション)とは、野球、特にプロ野球においてリーグ戦を行う際、複数の投手を先発投手として起用する順番のことである。 「先発ローテ」または単に「ローテ」と呼ばれることもある。 戸郷翔征投手(20)は高卒2年目の今季、開幕から先発ローテに定着。ここまで8勝を挙げてチームに大きく貢献した。, 昨年はリーグ優勝を決めた試合でプロ初先発。今年は1軍の戦力として歓喜の輪に加わった。, 「2年連続で優勝の場に入れてうれしいです。初めて先発ローテーションに入った優勝なので喜びが倍増しています」とコメントした。. 読売ジャイアンツの試合日程・結果の一覧。プロ野球のニュース、選手ブログの更新情報、選手のTwitter情報など、プロ野球を愛する全てのファンのためのサイトです また、球団別... また、今季の巨人の先発ローテは6枚で行くことを原監督示唆しており、先発5枚までは3月20日開幕時の当初の5名を基本としていることも明かしたが、6月から始まる練習試合で選手の調子次第では入れ替えの可能性もありそうだ。. 先発ローテーション(せんぱつローテーション)とは、野球、特にプロ野球においてリーグ戦を行う際、複数の投手を先発投手として起用する順番のことである。「先発ローテ」または単に「ローテ」と呼ばれることもある。, 人間にとって、体の構造を考えると物を投げるという行為は全く合理的でないと言われている。投手の肩や腕は必要以上に捻りが加わり、そのため肩には肩板に負担がかかり肘には内側の靭帯が伸びやすくなり尺骨神経にも悪影響を及ぼし、さらに遠心力によって指先の毛細血管もダメージを受けるためである。プロ野球のリーグ戦は、約半年間の長期にわたり100試合以上が行われるため、これだけの数の全ての試合に登板することは、実質的に不可能である。そのため、各球団では数人の投手を先発投手として用意しておき、この投手たちを順番に起用する。これが先発ローテーションである。, 一定以上のレベルの投手は、先発時の投球による負荷によって肘周辺を中心に毛細血管が切れる。これが再生するには4日以上かかるとされるため[要出典]、1人の投手の登板間隔を4日以上開ける必要がある。5連戦以上の試合が組まれるプロ野球リーグの場合、ローテーションは5人前後で構成されることが一般的で、チーム内の優秀な投手から順にローテーション起用されることが多い。先発投手の登板間隔は「中○日」という形で表され、例えば月曜日の登板後、同じ週の土曜日に再び登板すれば火・水・木・金の4日間を挟んだため、「中4日」となる。, ローテーション投手の先発登板試合が雨天等で中止になった場合、中止試合の先発投手をローテーションを崩して翌日などの直近試合へ先発登板させることを「スライド登板」と言い、一方で試合中止などが絡んでも、次回の登板予定試合までローテーションを崩さず出場させないことは「飛ばし」と呼ばれる。この他、ローテーションを崩して先発投手を前倒しで先発・リリーフ登板させることを「スクランブル登板」と表現し、これは特にシーズン終盤、自チームと順位が近いチームとの直接対決を迎えた場合、当初先発予定だった投手にアクシデントが発生した場合、または主力級の先発投手が各種成績のタイトル争いに絡んでいる場面などで見られる。, また、近年MLBでは、先発ローテに属する投手の休養や先発投手の不足を補う目的で、救援投手を先発で使うオープナーとよばれる戦術が普及し始めてきた。先発の救援投手は1,2回と短いイニングを投げることがほとんどで、2番手はロングリリーフの投手を入れることが多い。, かつて日本プロ野球(NPB)では、リリーフ登板も含めて中0日での連投や中1日などで多投する投手が見られたが、近年は中5日ないし中6日が主流である。投手が少ない場合や、強豪チーム相手に好投手を登板させたい場合などでは中4日、ポストシーズンでは中3日もたまに見られる。, NPBの場合は後述のアメリカ・メジャーリーグ(MLB)と違い、1週間の日程が火曜 - 日曜の6試合と定まっている日程がほとんどを占め、特に7月頃までは週6試合となるケースも多くなく、2014年までのセ・パ交流戦などの例外的な日程でも週5試合であるために長期連戦となることがほぼなく、固定された登板間隔を保ちやすい。またNPBのルール上、出場選手登録された29人の中から25人がベンチ入りすることが定められているため、登板予定のない先発投手を出場選手登録したままベンチから外すことが一般的である(ベンチからはずれた選手は、俗に「あがり」と呼ばれる)。このため、各球団は先発ローテーションとして6名を用意し、週の6戦に6名の投手をそれぞれ当てることが一般的である。, しかし、チーム編成で5名前後の優れた先発投手を確保するのは容易ではないため、5名でローテーションを組むことも良く見られる。この場合はエース級の投手を中4日・5日で登板させ、他の投手を中5日・6日で登板させていく。そのような組み合わせの中で、連戦などが重なるとローテーションのどの投手も中4日以上の間隔を持って登板させることの出来ない試合が発生し、その試合ではローテーション入りしていない投手を登板させることが多い。その状況を指して「ローテーションの谷間」、先発投手は「谷間の投手」と呼ばれる。また、満足な力量の投手を6人以上用意することができなくても、一部投手への皺寄せを避けるために能力に劣る投手をローテーションの下位に加えて、6人編成のローテーションを組んでいる場合もある。また、2010年代後半には、ブルペン投手だけで乗り切る「ブルペンデー」を設けたり、「オープナー」「ショートスターター」などと呼ばれる短いイニングしか投げないことを想定した投手を登板させるケースもある。, 極端なところでは、出場選手登録抹消・再登録までの最低10日というインターバルを活かし、中10日ローテを組むことも可能である。福岡ソフトバンクホークスは2014年のオールスター明けから、主戦級の3人のみ中6日で回し、残り3枠は先発登板日に登録し翌日抹消というパターンで中10日以上空けて複数の投手を先発させた。これには、25人のベンチ入り選手をフルに活用できる、相性などにより登板日を調整できるなどのメリットがある[1]。, クライマックスシリーズは、2戦先勝方式のファーストステージ(最大3試合)と、次のファイナルステージ(1位チームのアドバンテージ1勝含む4戦先勝、最大6試合)の間の予備日は、2011年以降原則1日しか設けていない。これは、1stステージ第1戦で先発したエース投手が最終ステージ第1戦(中3日)への先発登板を困難にして日程的なアドバンテージを持たせる意味合いもある。ただし、1st・最終ステージ間の予備日が2日あった年もあり、そのケースでは中4日で登板した事例もある。2010年のパ・リーグCSでは、当時千葉ロッテマリーンズのエースであった成瀬善久が、1stステージ第1戦に先発(7.0回、2失点)した後、中4日で最終ステージ第1戦、更に中4日で第6戦にも先発、この2試合でいずれも完投勝利を記録(第1戦は1失点完投、第6戦は完封)し、最終ステージのMVPを受賞した[2]。, 投手と野手の二刀流として活躍している大谷翔平は北海道日本ハムファイターズ時代、中6日で先発ローテーションに組み込まれていた。先発の前日と翌日は、野手・DHとしても試合に出場しない。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムでは、中6 - 10日の間隔で10試合に先発したが、2018年6月半ばに怪我により離脱したのを機に、野手起用に一本化されている。, 第二次世界大戦前のNPBはシーズンの試合数が少なく、投手優位の試合が多かったため、各チームで2、3人の投手が交代で先発する方法が採用され、原則的に勝ち試合の先発投手は完投していた。そのため、シーズンの投球回は非常に多く、500回を超えることもあった。, 終戦後、試合数が増加すると比例して先発投手の人数も増加したが、エース級の投手は状況により救援登板もしていたため、シーズンの投球回は多いままであった。特に、1961年のリーグ最優秀防御率であった稲尾和久と権藤博は共に400回以上の登板(2018年現在も両リーグの最多投球回記録)を記録し、権藤については「権藤、権藤、雨、権藤、雨、雨、権藤、雨、権藤」という流行語も生まれるほど登板スケジュールが過密であった。, しかし、稲尾・権藤をはじめ、酷使の影響で故障して選手生命を縮めた選手が多数出たことを教訓に、1960年代後半から救援専門投手が整備され始め、1975年、広島東洋カープ監督ジョー・ルーツが外木場義郎、池谷公二郎、佐伯和司を柱とした先発ローテーションを投入したのを皮切りに、1980年頃には各球団で先発ローテーションが確立していった。1980年代は中5日のローテーションを組むチームが多く、先発投手が好調と判断した場合、先発投手に長い回を投げさせることも行われていたが、シーズンの投球回が300回を超えるような投手起用はなくなった。, そのような中、中6日のローテーションは故障を抱えた村田兆治や郭泰源が採用したのをきっかけに、1990年代に入り急速に普及していく。その一方で、先発投手の次回登板時の疲労に配慮し、投球数の多い先発投手を中継ぎ投手へ交代させることも増えたため、シーズンの投球回はさらに減少した。中6日ローテーションの調整としては、郭の例で挙げると、登板翌日は軽く汗を流し2日目もランニング程度、3日目はキャッチボールで4、5日目に80%程度の力で60-70球を投げ、6日目は汗を流す程度で翌日の登板に備える、という調整を行なっていた。また、村田はトミー・ジョン手術を受けた右肘の状態を考慮して、日曜日限定のローテーションで先発登板していた。, 4月1日から9月30日まで中5日で投げ続けると単純計算した場合、登板回数は30 - 31、中4日で36 - 37である。シーズン最多勝利のプロ野球記録はヴィクトル・スタルヒンと稲尾がそれぞれ記録した42勝であるが、中4日以上開けるのが不可欠とされる現代において、記録更新は不可能であると言ってもいい。, 1980年以降のMLBでは、先発投手5人を100球前後で降板させ、中4日の日程で運営するローテーションが定着している。また、非常時には中3日の先発も行われている。, 初期の野球ではチームのシーズンにおける全ての試合を通じ、1人の投手だけが登板することが普通であり、ローテーションや継投という概念はなかった。その後、ルールの変更などより1人の投手がすべての試合に登板することが非現実的となったため、1920年代から4人の投手が交代で先発する方法が定着した。しかし、この頃は先発投手が救援登板する回数も多く、厳密な先発ローテーションは組まれていなかった。第二次世界大戦後に救援専門の投手が増加すると、先発投手が救援登板する回数は減少していったが、先発投手の登板には相手チームとの相性や順位争いの状況も考慮されたため、必ずしも先発投手の登板間隔は一定ではなかった。, 1960年代から4人の投手が中3日で先発する方法が一般的になり、ローテーションの原型が始まった。ここから1970年代にかけては、投手優位の試合が比較的多かったこともあり、エース級の投手は勝ち試合のほとんどを完投していたため、先発投手のシーズン投球回は300回以上となることも多かった。1970年代の中頃から5人の投手が中4日で先発する方法が採用され始め、1980年代以降は中継ぎ投手も一定間隔で登板する方法が採用され始めたため、先発投手が完投する回数は減少し、その結果、先発投手のシーズンの投球回は大幅に減少している。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=先発ローテーション&oldid=79467621. 2020プロ野球!12球団戦力分析, 読売ジャイアンツ, 2020年、巨人・読売ジャイアンツの開幕スタメンオーダー、打順、先発ローテーション、開幕投手の予想!, 2019年の巨人は、高橋由伸監督の退任により後任として就任した原監督が就任1年目でセ・リーグ優勝を果たしましたが、, ドラフトでは巨人が1位でNo1左腕と評価して獲得した高橋優貴投手が、巨人の近年のドラ1では久しぶりの当たり選手で優勝に欠かせない投手として活躍した。, また、FAでは広島の丸選手と西武の炭谷捕手の2枚取りに成功したが、丸選手は何もかもが中途半端だったと自己を評価した2019年は高いレベルの自己分析で丸選手の活躍と、投手陣を支え巧みなリードを見せた炭谷捕手の活躍は巨人の5年連続のV逸を阻止した要因だったが、, 贅沢を言えば、サードビヤヌエバが当たっていればもう少し楽な展開も増えていたかもしれず2020年の巨人が満を期して獲得した新助っ人のヘラルド・パーラ野手は楽しみな選手で、先発サンチェス、中継ぎのビエイラ投手と共に巨人のセ・リーグ連覇のキーマンになってきそうだ。, 投のポイントは山口俊の抜けた穴を埋めることが出来るのかがキーポイントに上がるが、コロナウイルスの影響で3月20日の開幕日が6月19日に変更、, 約3ヶ月近く開幕日が延びたことで故障で出遅れていた畠、高橋、メルセデス投手らが開幕に間に合いそうで、, 3月20日の開幕前に故障離脱した畠や高橋優に変わる投手として好投した鍬原投手や今村投手、そして下克上を狙う宮国らを含めるとジャイアンツの先発投手の駒は揃ってきており巨人の投手達は開幕が延びた恩恵を受け整い初めてきた格好だ。, また、今季の巨人の先発ローテは6枚で行くことを原監督示唆しており、先発5枚までは3月20日開幕時の当初の5名を基本としていることも明かしたが、6月から始まる練習試合で選手の調子次第では入れ替えの可能性もありそうだ。(5月29日現在), 打のポイントについては1番と5番を重要視している原監督だが、当初の予定では6月19日の開幕スタメン1番にはセカンド吉川尚輝、そして5番はパーラが有力だったが、, パーラの不調で1番パーラや7番パーラの可能性、そして1番にパーラが入れば7番吉川尚の可能性も出てきたが、開幕からは、しばらくは固定しないで見極めていくことを明言した原監督は開幕スタメンの打順に誰を選ぶのかに、注目したい。, また、ファースト候補には一時期、山下航汰選手の開幕スタメンの可能性が高まってきたが故障離脱によりオープン戦絶好調だった中島選手の元サヤに収まりそうだ。, 今季の巨人はパーラの加入に北村や湯浅に山下らの若手の台頭で攻撃陣は厚みを増したが(山下選手は故障離脱)投手力は未知数、総合力で1年を乗り切りたい。. 巨人は2020年はリーグ優勝を果たしましたが、惜しくも日本シリーズでソフトバンクに敗れました。 雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう? 気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。 【読売ジャイアンツまとめ(投手編)】巨人2020先発ローテーション&リリーフ情報。投手陣データ、開幕データ、今季終盤ローテーション、ベンチ入りメンバー(中継ぎ・抑え)、勝利の方程式(必勝リレー・継投パターン)、外国人枠予想などを厳選, ※△は左投げ ※サンチェスは20年新加入 ※投球回5.2 = 5回2/3 ※情報は8/17 終了時のもの, 2020年読売ジャイアンツ 勝利の方程式(必勝リレー、リードしている時の継投パターン), ネットなどで賛否両論がある「野手増田のリリーフ登板」について 原監督は『最善の策である』とコメントした, 『常に前向きにというか肯定的に物事をみるとか。 いろんな情報がYouTubeでこういう作戦が、 アメリカがこんなことやったとか まぁいろんな出るじゃないですかそのネットワークというものはね。広げておく必要があると思いますよね』, 『ペナントレースを勝つという部分において あそこの(増田)投入というのは最善の策であると』, 『増田を送り出すときに、前に言ってたことが現実にに今日なったなと。 準備はさせましたから。』, 『監督というのは限界がないわけですね。 その中で自分が決めて作戦も用兵ようへいもするわけですから。 そこにリスクはつきものですよ。リスクはつきもの』, 【増田大輝】 増田は高校時代投手経験あり。 2019年から原監督は増田に投手の起用の可能性がある事を伝え、準備をさせていた。, 『いつでも準備はしてましたし、 今年に入っても「今年も準備しといて」 といわれてたので、甲子園で投げられるんやという気持ち。 監督も(肩や肘を)壊さないように投げてこいっていう風にいってもらえたので 気楽に投げられました』, 【大量ビハインドでの野手登板のメリット】 ・リリーフ陣の負担軽減(リリーフ陣を休ませる), 20年 菅野智之  3 – 2 神 ◯ 19年 菅野智之  0 – 5 広 ● 18年 菅野智之  1 – 5 神 ● 17年 マイコラス 6 – 2 中 ○ 16年 菅野智之  3 – 1 ヤ ○ 15年 菅野智之  3 – 2 De ○ 14年 菅野智之  12- 4 神 ○, ※数字は背番号 ※( )内の数字は19年満年齢 ※△は左投げ ※クックは19年の新加入, 【CS(対阪神)先発】 第1戦:山口俊 第2戦:メルセデス△ 第3戦:戸郷 第4戦:髙橋優△, 【日本シリーズ(対ソフトバンク)先発】 第1戦:山口俊 第2戦:メルセデス△ 第3戦:髙橋優△ 第4戦:菅野, 【投手8名】 田口麗斗 △ 桜井俊貴 中川皓太 △ 鍵谷陽平 デラロサ 高木京介 △ 澤村拓一 大竹寛, 【菅野智之すがの ともゆきプロフィール】 1989年10月11日生まれ 神奈川県相模原市出身 186cm 95kg 右投右打 投手, 東海大学付属相模高校 東海大学 12年ドラフト1位 初出場:13年3月30日 母方の祖父:原貢みつぐ(元東海大相模高校野球部監督) 母方の伯父:原辰徳(巨人監督), 2019年シーズンからは、菅野と同じ1989年生まれのナンバーワン野手・丸佳浩が加入し、 89世代コンビで巨人を支える。, 【高校時代】 甲子園出場なし 高校3年夏の神奈川大会準決勝・横浜高校戦では 打者菅野が「振り逃げ3ラン」を記録(試合は6-4で勝利)。 続く決勝・桐光学園戦で8-10で敗退。(甲子園まであと1勝), ▽高校時代のチームメイト 同学年:田中広輔(広島) 1学年後輩:大田泰示(巨人→日本ハム) ※田中とは大学も同じチームメイト, 【大学時代】 大学3年夏には最速157キロを記録。 (第5回世界大学野球選手権大会・予選リーグ対キューバ戦で打者デスパイネ), 11年のドラフト会議では野村祐輔(明大→広島)、藤岡貴裕(東洋大→ロッテ)とともに「大学ビッグ3」と呼ばれた。, ▽大学時代のチームメイト 同学年:田中広輔 1学年先輩:伊志嶺翔大(ロッテ) 1学年後輩:伏見寅威(オリックス)、坂口真規(元巨人), 【11年ドラフト会議】 2011年ドラフト会議、伯父の原辰徳が監督を務める巨人の単独1位指名が濃厚と噂されたが、 予想を反して日本ハムも参戦。抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。 その後日本ハム入団を拒否する意向を表明。, 社会人野球や国内独立リーグ、海外のプロリーグ等に進んだ場合は2年間指名されることができないため、 プロ・アマのいずれの球団にも属さず、野球浪人をすることを選択。 東海大の卒業延期制度を利用し大学に残った。, 浪人中は大学野球の規定により対外試合に出場できなかったが、 東海大野球部の施設を練習拠点とし、自主練習や投げ込み、チームメイト相手の紅白戦やシート打撃にも登板するなど翌12年の巨人からのドラフト指名を待つこととなった。, 【12年ドラフト会議】 菅野にとって2度目となる、2012年のドラフト会議。 日本ハムGMの山田正雄は『その年の一番力がある選手を指名』という方針から大谷翔平(花巻東高)を1位指名。, 当初はDeNAや楽天も指名の可能性を公言していたが、巨人の単独1位指名となった が、これには裏の情報もあったようだ。 それは「DeNAの調査書受け取り拒否問題」である。, 菅野側が調査書の受け取り拒否した事で、DeNAのGM高田繁や監督の中畑清、楽天監督の星野仙一などから批判され、 結果的に一本釣り(競合なしの単独1位指名)というかたちで幕をおろした, 【年俸6億5千万円は日本人史上最高額】 2018年12月17日 東京大手町の球団事務所で契約交渉に臨み、年俸6億5000万円で契約を更改。, ※推定年俸の単位は万円 ※赤字はリーグ1位の成績 ※通算成績は2019年シーズンまでの七年間の数字 ※通算推定年俸は2020年の年俸(6億5000万円)を含む金額。契約金やボーナス等は含まない, ハマの大魔人・佐々木主浩氏はその日によって 『フォークが悪くてストレートがよいというときがあるが、ストレートが悪くてフォークがよいというときはない』 と語っている。, 実際に菅野は18年ストレートの被打率は「.207」に対し、 19年は「.291」と悪化。 ストレート平均球速も18年148.0キロから19年146.7キロと低下している, 『自分で何か落ちる球ないかと思って探した時に、 1番しっくりくるのが、やっぱりワンシームだから、 じゃあこれで挟んだらどうなるかなっていう発想』, 『やっぱり投げていて、バッターのスライダーマーク相当厳しいですよ。 バッターも目が慣れてくると思いますし、もうちょっと落ち球あったら楽だと思いますし、 自分がやっぱり進化し続けないと、やられてしまう世界だと思うので毎年何かこう変化というか、 そういうものをおそれずに自分はやっていきたいと思っているので』, 『自分で目標達成したって思う時は絶対来ないと思う。だってそう思ったら終わりだもん。 ああ俺もうこれでいいんだって。伸びしろなかったら、もう逃げ道がない訳じゃないですか。 だから、自分の中で伸びしろを感じられなくなったら僕は辞めます』, 19年シーズン セ・リーグ最多勝(15)、 最高勝率(.789)、 最多奪三振(188) のタイトルを獲得した山口俊投手がメジャーポスティングを発表。, エース(山口俊)と 打の主軸2人(阿部、ゲレーロ) が抜けた20年シーズン… V2は容易ではないという事は言うまでもなく、 2020年のセ・リーグペナントレースは混戦となるのではないだろうか。, そんな中、 予想した先発投手以外にローテ入りが予想されるのが 今村信貴△ 田口麗斗△ 戸郷翔征らだ。, 19年12月3日、最速167キロ右腕チアゴ・ビエイラ投手の獲得(契約合意)を発表。背番号は49, 19年12月6日、今季韓国SKでプレーしたアンヘル・サンチェス投手と基本合意に達したことが明らかとなった。, これにより投手外国人枠を デラロサ、サンチェス メルセデス△ビエイラ らで競う事が予想される。, 以上の他にも 田口△ 宮國 野上 田原ビエイラ 戸根△ 今村△ らがリリーフ候補と予想。, 最速156キロ右腕のサンチェスは今季、 韓国プロ野球SKに所属し17勝5敗、防御率2.62の成績を残した, 1989年11月28日生まれ ドミニカ共和国出身 185cm 88kg 右投右打 ポジション:投手 タイプ:先発, 1993年7月1日生まれ ブラジル出身 188cm 95kg 右投右打 ポジション:投手 タイプ:中継ぎ・抑え, ※メジャーでは主に中継ぎでの出場。最速167キロのフォーシーム(ストレート)とスライダーが武器, 【経歴】 シアトル・マリナーズ (2017年) シカゴ・ホワイトソックス (18~19年), 【今季MLB成績】 登板6、防御率9.00、1勝0敗0H0S 投球回7、奪三振8、失点8(自責点7) 与四球5、与死球0、暴投0、ボーク0, 【MLB通算(3年)】 登板23、防7.36、2勝1敗1H1S 投球回25.2、奪三振24、失点22(自責点21)与四球14、与死球3、暴投6、ボーク1, 今季、投球回7に対し与えたフォアボールは5、 MLB通算では25回2/3で与えたフォアボールは14、デッドボールは3。 さらに暴投6とコントロールに難がある。 与四死球で自滅パターンもありえる。, 一方、三振がとれる強みがある。 今季の奪三振は8。投球回7という事から1イニング1つ以上の三振を奪っている計算だ。(通算では投球回25.2で奪三振24), カープアカデミー出身のドミニカン、 C.C.メルセデス投手の2020年の年俸(1100万円)に疑問の声が挙がっている。, メルセデスの18年の年俸は550万円。 13試合に登板し5勝(4負)、防御率2.05と好投。 だが、翌年の推定年俸は850万円。 ここで疑問を持った人も多いだろう。, 19年は22試合に登板し8勝(8負)、防御率3.52と安定した成績を残した。 が、20年の年俸は1100万円(10万ドル)。, 2年間の活躍で、 ここまでコスパ(コストパフォーマンス)が良い選手は(近年の巨人、いやプロ野球界で)いただろうか。, 今季クローザーを務めたデラロサの20年の推定年俸は 約1億3200万円(120ドル)だった。 ※19年推定年俸約3000万円から約1億アップ 3000→13200, 今後、選手の「年俸」にも注目してみてはいかがだろうか。 (そこから見えてくるものもある事だろう), 8年ぶりの日本球界復帰となった岩隈久志投手の19年の年俸は5000万円。 今季の一軍登板は無く、20年の年俸は2000万円。 (二軍では2試合登板し、投球回2、失点0), この一軍登板ゼロという数字は 19年の年俸5000万円という点から (状態はよくはないと)よみとる事ができたかもしれない。, 日本からメジャーへ移籍し、 日本球界復帰となった選手の年俸は 4億円や1億5000万円が相場というイメージを持つ人もいる事だろう。 実際に城島健司、松坂大輔、和田毅の日本球界復帰1年目の年俸は4億円。, そんな中、岩隈は日米通算170勝の実績がありながらも年俸は5000万円。この数字に少しでも疑問を持つ事はできただろうか.