要は、監督の苗字も岡田だったので、 紛らわしいということで. 昨日32歳になりました!たくさんのお祝いメッセージありがとうございます!我武者羅に頑張ります!#この日2回目#顔面ケーキ#チームメイト#仲間#皆で優勝したい安達がInstagram始めたみたいなので、フォローお願いします⚾️, T-岡田(岡田 貴弘):

t-岡田(ティーおかだ、本名・旧登録名:岡田 貴弘〈おかだ たかひろ〉、1988年 2月9日 - )は、大阪府 吹田市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。 左投左打。オリックス・バファローズ所属。 オフには漆原大晟、鈴木優とともにプエルトリコのウインターリーグにアテニエンセス・デ・マナティ(スペイン語版)の一員として参加し[43]。従来、ウィンターリーグへの派遣は飛躍のきっかけを模索する若手や中堅選手が中心だったが、ゼネラルマネージャーの福良淳一から提案され、岡田自身も参加を希望したため、31歳のベテランに位置される岡田も参加することになった[44]。プエルトリコでも長打を期待され、23試合に出場して4本塁打を放ったものの、57打数11安打で打率.193という低打率に終わり[44]、年内の12月25日に帰国した[45]。, 2020年、9月9日対西武戦で5球団目となる球団通算8500号ホームランを放った。また、2017年シーズンから約3年ぶりに4番打者として先発出場している試合があるものの、調子の波が激しく、6,7,8番での下位打線でのスタメンも多い。[46], 最速156km/hを記録するスイングスピードと広角に豪快な打球を放つ技術を誇る。2010年5月ごろから一時期、ノーステップ打法を取り入れていた。目線や重心のブレを減らして確実性を上げる一方で、前足を踏み込む普通のフォームよりも体重移動の力を減少させるため打球の飛距離は低下しやすいが、日本人選手としては体格に恵まれていることもあり、岡田の場合は本塁打を放つのに十分な飛距離を出すことができる[47]。本人曰く、「体重を右足(前足)に乗せてボールに力を伝えるイメージ」を意識しているという[48]。しかし2012年からは統一球への対策として長打力の落ちやすいノーステップ打法はやめており、標準的な「すり足打法」に変更している[49]。その後もほぼ毎年のように打撃フォームの改良を続けているが、これは「現状に満足しない姿勢」からであるという[50]。, 2010年に本塁打王を獲得するなど、長打力や飛距離が魅力と評価されることが多い一方で、シーズン毎の好不調も見られる[51][52]。2014年からは飛距離より打点を意識した打撃を心掛けており[51]、長打力を示す指標であるIsoPは、2014年以後の3シーズン(2014年~2016年)では、「0.212→0.144→0.187」と、長距離打者としては比較的抑えられた数値になっていた。なお、2017年は7年ぶりに30本塁打に到達したことから、IsoPは「0.222」という高い数値を記録している[53]。, 打球方向の「引っ張り打球割合」[注 3]が、2015年~2017年の3シーズンにおいて、「42%→42%→45%」と高い数値で推移しており、日本人打者の中でも、プルヒッターの傾向の強い打者であることが示されている[54][55][53]。, 2017年2月のインタビューでは、「不調のときでも犠牲フライ、進塁打、四球でいかに打点や出塁を積み重ねるかが大事」と述べている[25]。かつてはフリースインガーの傾向が強いことを課題としていて、特にボール球スイング率が高く、2015年~2016年の2シーズンでは「36.6%(リーグワースト3位相当)→34.7%(リーグワースト4位)」であった。しかし先述のように、2017年に出塁意識を高める打撃を心掛けたことで、同年は四球率が14.0%(リーグ2位。前年の四球率は9.2%)、ボール球スイング率が29.3%と大きく改善させたことで、自己最高の出塁率(.374)を記録することへと結び付けている[55][53]。その一方で三振の多い打者でもあり、2015年~2017年の3シーズンにおける三振率は、「19.2%→20.5%→23.8%(リーグワースト3位)」と、リーグ平均値よりも望ましくない数値で推移しており、特に2017年はリーグワースト1位の141三振を喫した[54][55][53]。, 現時点で、「規定打席での打率3割以上」を一度も達成できていない[26]。2020年の9月26日京セラドームで行われた日本ハム戦で3番スタメンに入り2本の本塁打を放ち、全打順本塁打を記録した。[56], 体重100kgと大柄だが積極的なランニングを見せ[57]、左打者ということもあり一塁到達4.11秒を記録する[58]。守備面は前述のように一塁守備で失策の多さが目立つものの、2014年にはゴールデングラブ賞を受賞するなど、改善も見せている。左翼守備では捕球から送球までの時間は水準以上を誇り、滑りこみながらの捕球を得意としている[59]。2010年にはRFで守備イニング500以上の左翼手でトップの1.97を記録し[60]、得点換算でも高い数値を残した[61][62]。, 「自分は気が利いたことを言えるタイプじゃない」と話すが、2016年のオフに3年の延長契約を結んで以後は、チームリーダーの立場としての言動が目立っている[25][32]。, この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。, 1番から7番のうち、3番を除く全打順で起用された。この年はプロ入り後初めて、1番打者(23試合)、2番打者(2試合)での先発起用があった。, T-岡田の場合、左打者であるため、右翼への打球方向が「引っ張り打球」になる。この「引っ張り打球」の割合が40%を上回るシーズンが複数続くと「引っ張り傾向の強い打者(プルヒッター)」とみなされることの目安になる。, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/13/kiji/K20141013009092880.html, http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/p-bb-tp2-20080118-308594.html, https://web.archive.org/web/20091130161913/http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20091129099.html, https://web.archive.org/web/20091202004328/http://www.daily.co.jp/baseball/2009/11/30/0002549370.shtml, http://www.sponichi.co.jp/osaka/spe1/200911/30/spe1225904.html, https://web.archive.org/web/20100304143313/http://www.daily.co.jp/baseball/2010/03/03/0002754429.shtml, http://www.sponichi.co.jp/osaka/spe1/201007/25/spe1221330.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/18/kiji/K20111018001847090.html, https://web.archive.org/web/20120407122045/http://www.daily.co.jp/baseball/2012/04/05/0004946290.shtml, 金子千尋投手、伊藤光選手、T-岡田選手、糸井嘉男選手が三井ゴールデン・グラブ賞受賞!!, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/25/kiji/K20150325010046230.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1597255.html, オリックスの4番T-岡田完全復活。『僕が打つことでチームの雰囲気が変わればいい』【どら増田のオリ熱コラム #75】, 【オリックス】T―岡田、3年契約年俸1億円プラス出来高でサイン「金額に恥じない成績を」 スポーツ報知, 22年ぶりリーグV狙えるオリックスのポイントはT-岡田のさらなる奮起 強力ラインアップの4番は?, “T-岡田の苦悩は解かれたか、それとも。 プロ15年目で参加を決めたプエルトリコWLで聞く”, https://insight.official-pacificleague.com/news/21798, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912260000884.html, https://web.archive.org/web/20100908232928/http://www.asahi.com/sports/column/TKY201009070262.html, 「ブランコは不動の4番ではない」 ファンが寄せる、浪速の大砲・T-岡田への期待【どら増田のオリ熱コラム #7】, https://news.yahoo.co.jp/articles/d025b0f41a3a9dbba1a245a51774a78a90eec2db, 初盗塁:2011年4月13日、対福岡ソフトバンクホークス2回戦(京セラドーム大阪)、6回裏に二盗(投手:, オリックス球団通算8500号本塁打:2020年9月9日、対埼玉西武ライオンズ14回戦(メットライフドーム)、8回表に, 全打順本塁打:2020年9月26日、対北海道日本ハムファイターズ13回戦(京セラドーム大阪)、3番で先発出場、1回裏に有原航平から右越本塁打で達成 ※史上12人目.