怪我を負った後ですら、 それは小野がこうなったからとかではなく 全てのスポーツでそうあるべき。 Copyright (C) 2020 芸能エンタメ倶楽部.com All Rights Reserved. サッカー界追放するくらいじゃないと。 小野 伸二(おの しんじ、1979年 9月27日 - )は、静岡県 沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。jリーグ・fc琉球所属。元日本代表。 シュート本数の比較、決定力不足 あのケガさえ無ければ小野は世界のトップで活躍しただろうし、日本を代表するサッカー選手は小野になってただろう。, もうひとつの未来はどうやっても見れない。けど、これだけの結果を出してきた本人が全て変わったというのだから、やはり大きな出来事だったんだな。あの怪我が無ければ、といろんな選手に思うことがあったが、小野はダントツ一位だよ。, まあでも怪我後にフェイエでUEFAカップ獲ってるからそれ以上のキャリアを歩んでいたと妄想するとかなり高いレベルでやれていたかと, 怪我してアジリティは極端に下がったけれども、復帰以降もその技術とプレーは日本人離れしていて正に天才という感じだった, 某動画サイトに小野のプレー集あるけど本当にエグい。でもあれも大半が怪我した後。 そしてチームの中心だった選手も多かったが時と共に移籍したり現役引退している。 イニエスタやビジャら世界的なスーパースターがいる今こそオールスター戦みたいなチャリティーマッチも見たい。 その場で永久追放で良いと思う。, 悪意のあるタックルは 「すばらしい選手」と讃える程、 怪我前の小野のプレーを見れた事がラッキーだったと思うしかない。, ファンタジスタに近い意味での「天才」ってカテゴリーで小野と肩を並べられるとしたらロナウジーニョぐらいかな。, 伸二や俊輔の世代は歴代日本代表の中で一番応援するに値するチームだっただけに、今はそういう気にさせてくれる代表選手がほとんどいない。, 小野選手は、海外でも試合前練習でボールのタッチだけでも注目を集める程上手かったので、怪我が無ければ海外の一流チームで名を馳せたと思います。, なんちゅうたらいいんだろうな。次元が違う。確かにその表現もある。小野がトップ下で負けるちゅうのなら、そりゃ仕方がないと思えるような感じかな。あの頃は、トルシエがチーム整備して、フラット3破りもあったけど、宮本がけつで見てたからな。まあ、何とでもなったんだわな。小野真ん中、中田左。怪我がなければ、これでいけたよ。, 海外の一流選手たちが、 才能が抜きん出ていましたね。, 小野伸二は本当に凄かったよ。 イエローやレッドではなく、 なかっただろう。。 小野にあの怪我さえなければ。, 小野は天才。彼ほど上手い日本人選手を見たことがない。高校生で1人だけいたが、どこに行ってしまったか…。でもその才能は次の何かで輝かせられる。応援してます。, 自分はまだ小さかったから知らなかったけど、地元(沼津)じゃとんでもなく有名で次元が違う選手だったと兄から聞いたな。, 未だに、ケガをさせたフィリピン代表選手を許すことはできない。 ベストなプレーをみたいし 感じた。 中学生レベルの技術しかないのに、自分の下手さを棚に上げて危険なプレイするような輩には、サッカーをする資格はない!, 個人的にはあれで彼が天才でなくなったとは思わない。 遠藤や小野らが呼び掛けてJリーグ選抜と黄金世代なんて試合があったら見たいな。 日本では次元というか世界が違うように 今も素晴らしい選手は沢山いるけど、彼の場合は次元の違いがあった。本当に凄かった。, 中村俊輔が決めた伝説の一撃!あのときは鳥肌たったわ!UEFA公式が英クラブを撃破した「最後の男」として再脚光!, 【サッカー】「消えた天才」「怪物」平山相太が1年でオランダ戦力外の理由と本田圭佑との知られざるドラマ, タグ:天才, サッカー日本代表, 小野伸二, ワールドユース, 黄金世代, ケガ, U-20, 準優勝, 吉岡里帆さん、ほっぺたぷぅデコ出し“ちょんまげ”ヘア!ちっ!!あざと・・『めっちゃ可愛いやないかいコレ!!』, 佐藤健・上白石萌音の秘話を暴露!学生時代からのスペックが凄すぎ、、初恋の相手は?初デートで猛烈にばっくれた訳ww, 雛形あきこさん、夫の天野浩成にGPSで24時間監視プレイ続行中!!リアル、クロちゃんみたいだwww, 雛形あきこ「嘘でしょ!?」飲食店で夫がいきなりギックリ腰に!ごめん想像したらwww. 1999年4月24日、ワールドユース決勝のスペイン戦。累積警告による出場停止となった小野伸二は、ベンチでひとりだけ白いユニフォームを着て、ピッチで戦う仲間たちへ声援を送っていた。, 開始5分、日本はGK南雄太がオーバーステップによる反則を取られてゴール前で間接FKを与えてしまい、早々に先制ゴールを許した。以降、スペインが完全にボールを保持。シャビを中心としたパス回しに、日本はまったくついていけなかった。おそらく、スペインの支配率は70%を超えていたことだろう。, 「スペイン戦に関しては、日本の選手が力を出し切れていなかった、というのが間違いなくありました。初めての決勝の舞台、しかも相手がスペインということで、少し浮き足立っていた。, ただ、それを差し引いても、スペインはうまかったし、強かった。それまで戦ってきたチームとは違って、選手全員が堂々とプレーしていた。(ピッチ上で)戦った選手はそれを強く感じただろうし、いい経験になったと思うけど、僕は『優勝したかった』という気持ちが強かった。, やっぱり優勝しないと……。負けたら意味がないですし、このチームだったら優勝できるだろうって思っていたので、本当に残念でした」, チームの中には、準優勝で満足している選手もいたし、小野と同様、頂点に立てなかったことに悔しさを露わにする選手もいた。, しかし、当時の日本は前年に初めてワールドカップ(フランス大会)に出場したばかり。サッカーの世界ではまだ”ひな鳥”みたいな国だった。U-20というカテゴリーではありながら、そんな国の代表チームがFIFA主催の国際大会で準優勝に輝いたのである。それは、世界に大きな衝撃を与えた。, 「準優勝できたのは、運がよかったのもある。強豪のアルゼンチンやブラジルが勝ち上がってきませんでしたからね。とくに(優勝するためには準決勝で)ブラジルが勝ち上がってこなければいいな、と思っていたら、本当にそうなった。, あの大会では、自分が考えていることがそのまま現実になることが多くて、そのつど『これはイケるな』と思っていました。, あと、みんなが試合で自分の特徴を出して、力を出し切っていた。大会のベスト11には僕とモト(本山雅志)が選出されましたけど、日本の選手全員が選ばれてもおかしくないくらい、みんないいプレーをしたと思う」, それでも、スペインに圧倒的な差を見せつけられたのは確かだ。それから、小野の気持ちにも大きな変化が生じた。負けず嫌いの本能が喚起されたのだ。, 「スペイン戦を終えて、もっとうまくなりたいと思ったし、世界にはまだまだうまい選手がたくさんいるなってことがわかった。それに、ただ楽しいだけじゃなく、もっともっと戦わないといけない、ということも感じた。, じゃあ、それを日本で……というと難しい。海外への意識がそこで生まれたし、(1年後の)シドニー五輪でまた世界と戦いたい、と思っていた。そこに向けては、実際にいい感じでやれていたと思います。あのケガをするまでは……」, 小野が言う「あのケガ」というのは、ワールドユースから数カ月後に始まったシドニー五輪アジア1次予選で起こったことだ。最後のフィリピン戦(1999年7月4日)で、悪意に満ちたタックルを食らって、左膝靭帯断裂という重傷を負った。人生初の大ケガは、小野のサッカーに暗い影を落とした。, 「あのケガで、僕はすべてを失った。シドニー五輪もそうだし、足の感覚だけじゃなく、サッカーのイメージ全体が消えてしまった。, あそこから、自分が持っているイメージ、練習でも試合の時のようにやれていた感覚がなくなって、『あれ、なんでだろう?』と迷いながらプレーするようになってしまった。, その時、自分は『それまでの選手だったんだなぁ』と思いましたね。それほど、あのケガは僕のサッカー人生にとって、大きなターニングポイントになりました」, 天才肌と言われた小野のサッカーの源は、高い技術であり、豊潤なイメージとアイデアだった。それが、映像として浮かばなくなったということは、まさに死活問題だ。あのケガ以降、小野はずっと苦しみながらプレーをすることになる。, 「ケガをする前と後では、違う感覚を抱えてサッカーをやっていました。でも、そのシーズンに(当時所属していた)浦和レッズがJ2に落ちてしまい、翌2000年のシーズンではキャプテンを任されて、1年でチームをJ1に上げないといけない、というプレッシャーのなかで戦うことになった。, あれで、精神的にかなり強くなりましたね。その時、『過去の自分にいつまでもこだわっても仕方がない』『また新しい自分を作るしかない』と切り替えることができたんです。そう意識が変わったから、オランダにも移籍できた」, 小野はその後、2001年にオランダのフェイエノールトに移籍。UEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)で優勝するなど、輝かしい成績を残した。, しかしそれ以降も、小野はケガに苦しめられた。あのときの大ケガが、小野の体にさまざまな歪みを生み出して、安定していいプレーを続けることを妨げる原因となっていたのだ。, ワールドユースでともに戦った仲間はすでに多くの選手が引退し、昨シーズン限りで小笠原満男も現役から退いた。「黄金世代」の現役プレーヤーは年々少なくなってきている。, 「あのナイジェリアから20年が経過して、まだサッカーを楽しみながらやれているので、ほんと幸せな環境にいるなって思います。同世代もまだプレーしている選手が多くいるし、ヤット(遠藤保仁)は常にスタメンで出ている。そういうのを見るとうらやましいし、すごく刺激になりますね」, ガンバ大阪の遠藤以外にも、稲本潤一(SC相模原)、南(横浜FC)、本山(ギラヴァンツ北九州)、永井雄一郎(FIFTY CLUB)らは、まだ現役でプレーしている。彼らがプレーで注目を浴び、話題に挙がるたびに「『黄金世代』はすごい」とニュースになる。サッカーファンをはじめ、サッカーをあまり知らない人でも、小野や稲本の名前は知っており、「黄金世代」という呼称は世間一般に広く定着している。, 「あまり気にしたことはないですね。『黄金世代』って呼ばれても、『あ~、そうなんだ』って感じ。でも、嫌な感じはしない。僕らが出てきて、日本サッカー界に何かしらの貢献ができているのなら、僕らが出てきた意味があるのかなと思う」, 小野は乾いた口調でそう言った。その中心にいる選手にとって、「黄金世代」という呼称に特別な思いを抱くことはないのだろう。, しかし「黄金世代」は小野を筆頭に、ワールドユース以降、2000年シドニー五輪の主力となり、2002年日韓共催W杯、2006年ドイツW杯でも多くの選手がメンバーに名を連ねていた。日本サッカー界において、一大勢力となり、大きな風を吹かせた。, 「いい刺激をもらった仲間ですね。僕はいつも、同世代を意識していました。同じチームにいる時も、離れている時も、ライバル意識を抱いていた。, タカ(高原直泰)をはじめ、イナ(稲本)、ヤット、(小笠原)満男、モト、(中田)浩二らと、昔から戦ってきた選手がいるなかで、僕はこの世代の中では誰にも絶対に負けたくない。僕はこの世代の中でトップになりたいと思ってやってきた。, みんな、貪欲だし、サッカーを楽しむという気持ちが強い。そんな仲間が僕を成長させてくれたんです」, 所属の札幌では、ひと学年上の河合竜二が今年1月に現役引退を発表、稲本がSC相模原に移籍したことで、小野がクラブ最年長の選手になった。, それでも、技術はまったく錆びついていないし、イメージやアイデアは誰よりも豊富だ。ピッチに立てば、その存在感はグッと増すばかりである。, 「もっとサッカーを楽しみたい。若い世代には、技術とかイメージでは負ける気がしないんで。僕らの世代が少しでも長く、日本サッカーを盛り上げていきたいと思います」, おそらく、小野の技術はこれからも長く、他人に負けることがないだろうし、サッカー人としての魅力や完成度は、今後さらに増していくだろう。, 「ナイジェリアのワールドユースで戦ったメンバーで試合をやりたいんです。まだ、みんな動けるじゃないですか。チャリティーとか何でもいいので、あのときの仲間と一緒にサッカーをやりたいですね」, それは20年前の、ワールドユース・ナイジェリア大会のときと同じように、最高に楽しいサッカーになるに違いない。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00010001-sportiva-socc&p=3, 当時の小野を知るサッカーファンなら誰もが「あの怪我がなければ…」と思っただろう。それだけ当時の日本サッカー界に小野の存在は大きかった。

あの怪我さえなければ本当に4大リーグのビッグクラブで通用したと信じてる。怪我した後のオランダでのプレーを見たスナイデルらオランダ代表の主力選手が未だに名前を挙げるような選手。間違いなく歴代の日本人サッカー選手の中で最高の才能を持った選手だよ。, 今の高校生でも上手い子はたくさんいるけど小野伸二ほどのセンスを感じたのは未だにいないかな, 小野がすごかったのは、本気で自分達が上手くて強いと思っていたこと。なんか一段上から見てる感じ。学生時代は点を取られてもニコニコしてて、あっさり逆転してたって聞くし。自分が楽しくできればいいってことで、他の選手に比べビッククラブへの憧れなんかがなかったという。, 小野の話題ではないけでど... ギロチンにも等しいあの「カニばさみ」は、絶対に許すことができない!, パスに海外メディアにも通じる名前が付いているのは日本だと、 足が固定されてほんと悪質やった。両足でハサミにくるなんて故意と思われても仕方ない。, あのシーン、今でも鮮明に覚えている。 おれはベストな状態の レッドカード程度じゃあかんやろ。 そして普通に試合にも出られていたと思う。, 引退表明してるファン・ペルシーからも偉大な日本人は「オノシンジ」と1番目にでてくるからな, だが、またこうも思う。 それは世界のトップ選手が認めるところ。, 中田や中村、香川ですら小野には及ば そんな記事で溢れていた 小野がオランダち渡って、スナイデルやファン・ペルシに絶賛どころかリスペクトされたのは、そのケガの後のこと。 中田のキラーパスと小野のベルベットパスぐらいですからね。