Copyright© I-tsu-tsu Co. Ltd. All Rights Reserved. 昨日の大会では、優勝者~勝ち越し賞~参加賞が、ポイントでもらえます。当然、優勝者のポイントは高く、次第に、低くなっていきます。賞品には、トイレットぺーパーとか、洗剤などの日用品が並び、好きなものを選びます。弟くんは、なぜか、鍋と洗剤とタオルだったかな? 将棋をはじめて習ってみたい!とお考えの方にオススメの、プロ女流棋士中倉彰子監修の「入門セット」も販売中ですよ〜! 将棋大会の景品にもお薦めの手軽な和風アクセサリー 鈴付きの山形県天童製の将棋駒ストラップ 飛車とさくらんぼ ※書き駒師による黄楊材の手書き駒 693円 「明確な目標を立てること」は、何かを達成するうえで非常に大切なプロセスです。子どもの頃の勉強や習い事はもちろんのこと、大人になって働くようになってからも、ちゃんとした目標を立てているかいないかで仕事の出来が大きく左右されるなんてことも耳にしますよね。, さて、将棋の話に戻りますが、将棋の場合もやはり、「将棋強くなりたい」と漠然とした思いを胸に抱えるよりも、明確な目標を設定した方がモチベーションも高まると思います。, そして、「明確な目標を立てる」ということを目的にしたとき、「1日に詰将棋を10問解く」とか「毎日必ず3人と対局する」といった方法も良いとは思うのですが、私がオススメするのは、子どもを子ども向けの将棋大会に参加させてあげるということです。 2018年3月11日にYouTubeライブで将棋の大会が行われた。 主催者は将棋の動画を投稿している【将棋】嬉野流チャンネルさんで、チャンネル登録者が2千人を突破した記念で開かれた大会だ。(1位~3位には景品がでる), 参加者人数は53名で、中には他の将棋動画を投稿している人気のYouTuberさん方も参加していた。 大会の形式だが、初心者(級)~八段で構成されたトーナメント戦である。, 順調にトーナメントは進んでいったが、ベスト4にはなんと初心者・14級・四段・八段が残り、まさかの展開になった。, ライブのコント欄では「これが級位者か…」「近頃の級位者って強いんですね」などと言ったソフト指しを疑うようなコメントが目立った。, 準決勝で初心者と14級が対局をし、双方級位者とは思えない攻めと受けを連発し大熱戦となった末 初心者の方が勝利をおさめ決勝へ駒進める。, そして決勝 八段(レート2943)vs初心者(レート0)というとんでもない手合い違いに、本来ならば格上である八段の方が6枚落ちなどハンデをつけてやるものなのだが、平手で対局がはじまった。, 結果は初心者の方の圧勝、八段に一度も王手させることなくコテンパンにしてしまった。 準決勝の対14級の方がむしろいい将棋になっていた。。。, もしかしたら優勝した初心者の方がソフト指しではなくて、とんでもない才能の持ち主で自身の力で勝ち上がっていったのなら、その方には大変失礼な記事を書いてしまったなと思いますが, 早指しで時間の短い対局で難解な局面を時間を一切使わず、八段というプロに近いレベルの人を相手に大差で勝利してしまうのは普通に考えてありえないです。, チャンネル登録者が2000人を達成した記念で開かれた大会なのに賞金が欲しいがためにソフトを使用して大会をめちゃくちゃにするのは、主催者の嬉野流チャンネルさんや大会に参加してくれた他の方々にとても失礼だとおもいます…, ソフトは自分が強くなるために使用していくのは賛成ですが、勝ちを目的としたそういう使い方は自分のためにならないですし強くはなれないので、不正をしている人はもう一度考え直して強くなる努力をしてほしいです。, 3・5・7手実戦型詰将棋-基本手筋をマスターし、級から段へ (池田書店 将棋シリーズ). Copyright© I-tsu-tsu Co. Ltd. All Rights Reserved. こんにちは2018年3月11日にYouTubeライブで将棋の大会が行われた。主催者は将棋の動画を投稿している【将棋】嬉野流チャンネルさんで、チャンネル登録者が2千人を突破した記念で開かれた大会だ。(1位~3位には景品がでる)>>>嬉野流チャ 次女が初めて子ども向けの将棋大会に参加したとき、会場の自動ドアがあいた瞬間「絶対勝つ!」なんて宣言して、周りを驚かせました(一番将棋の練習をしていない次女の発言だったもので^^;)。結果は・・・なのですが、根拠の無い自信を持っていくほうが楽しいかなと思います。, もちろん本来は、普段からしっかり詰将棋をしているとか、たくさん対局をしているということから出てくる自信が一番とは思います。, 頑張って練習をして、その結果大会で負けけてしまっても、それはちっとも悲しいことではありません。一生懸命やってきたからこそその分悔しくて、その悔しさがバネとなりさらに努力するからこそ、さらに自信をつけることができます。, 最後は私が実際に子どもの将棋大会に行って感じたものです。 この度、小学校1年生の娘が初めて子ども将棋大会に参加しました。「テーブルマークこども大会」の大阪大会です。, 今回初めて子ども将棋大会に参加してみて、親子共にとても楽しめ、そしていろいろな発見がありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。子ども将棋大会ってどんなことをするんだろう?どんな雰囲気なんだろう?と、興味をお持ちのパパやママにぜひ読んでいただきたいと思います。(現に私も参加する前は、子ども将棋大会がいったいどんなものなんだか想像できませんでした)。題して「子ども将棋大会に参加するとこんなに楽しい5つ!」最後までお付き合いくださいね。, ちなみに将棋大会に持っていくものについて、いつつのブログで書いています。ぜひ合わせてお読みください。, 会場の最寄りの駅を降り、たくさんの親子連れが同じ方向に歩いているのに気づいた時から感じてはいましたが、驚くほど多くのお子さんが将棋大会に参加していました。私達が参加した「テーブルマークこども大会」の大阪大会は、主催者側の発表によると1000人を超えるお子さん、保護者の方含めて2500人以上が参加されたということですが、大阪中央体育館メインアリーナがぎっしり埋まる盛況ぶりでした。こんなにたくさん将棋を指すお友達がいることに、娘は「みんな将棋するの?」というシンプルな疑問…。家族としか指したことがなかったので、将棋をするお友達がとてもたくさんいることに驚き、そしてとても嬉しかったようです。会場に入るやいなや、自分の初戦の対局席を探してきて「ママ、行ってくるね!」と、はやばやと行ってしまいました。楽しみでしょうがないといった、ワクワク感がいっぱいの顔をしていました。, 今回の大会は、ブロック対決といって予選が3試合行われ、全勝の子だけが決勝トーナメントに進める方式でした。 将棋大会に参加すると、景品や将棋道場のパンフレット、次の将棋大会の案内など様々な資料をもらいます。なので手持ちのハンドバッグには収まりきらないということもしばしばあります。, 確かに結構な荷物になるのですが、どれも子どもたちにとっては大切な情報。ちゃんと持ち帰り後から確認できるようにサブバッグを持っていくことをおすすめします。, 将棋大会というと、ある程度強くならないと出場してはいけない、と考えている人も多いようですが、そんなことは全くありません。基本的な将棋のルールを理解し、玉を取るということができれば、初心者であっても参加することは可能です。もし、大会に出たいけど遠慮しているとか、出ようかどうか悩んでいるという人がいれば1度チャレンジしてみてくださいね(^ ^), 無理なく楽しく将棋を身につけることをモットーにした始めての将棋手引帖シリーズの2巻は、子どもたちが初めての子ども将棋大会に参加することを目標にしています( ´∀`), 株式会社いつつではメールマガジンでも、将棋や日本伝統文化を活かした子育てについての情報を発信しております。是非ご登録ください。, 中倉彰子 女流棋士。 (^^), さて、少し飛躍してしまうのですが、今回は子どもが子ども将棋大会に出場することになったと想定して、大会当日に持つべき5つをご紹介したいと思います。, 100%そうとはいいきれませんが、子どもの将棋大会ではよくプロ棋士がゲストとして参加していることがあります。, 子どもたちは日ごろから将棋教室や道場に通っていますが、プロ棋士と直接話せる機会ってなかなかありませんよね。将棋大会に参加して憧れの人と話すだけでも子どもたちにとってはいい思い出になると思うのですが、その思い出をサイン色紙という形で残しておくことで、のちのちになっても、子どもたちが将棋に対するモチベーションを上げるきっかけになります。, また、以前にいつつブログでも紹介したのですが、プロ棋士が色紙や扇子に文字を書くことを揮毫と言います。揮毫の文言はそれぞれの棋士により独自のものがあり、素敵な言葉をもらうこともまた子どもたちのやる気へとつながりますよね。揮毫してもらうのに別にボールペンやマジックでも問題ないのですが、できるなら、きちんと筆ペンを用意すると、棋士は筆ペンのほうが書き慣れていることが多いので、喜ばれると思います。, 以前いつつで購入した第74期名人戦第3局の駒箱にも佐藤名人と羽生さんの揮毫があるのですが、これを見ると、鹿児島対局を思い出しますね。, ※注意 イベントによっては、サインが許可されてない場合もあるので、その時は無理にねだって、棋士をこまらせないようにしてくださいね(^_^;), 各会場もそれなりに季節に合わせて室内の温度を調整していると思うのですが、大会当日の熱気は想像以上です。真冬の大会でクーラーをかけなくてはならなかったという話もあるほどなんですよね。, 恐らく、子どもたちが汗をかくことを想定して、タオルを持たせているというパパやママはたくさんいると思うのですが、私はここでタオルと一緒に扇子を持たせるとよりいいかと思います(^ ^), ニコニコ動画でプロ棋士の対局シーンがよく配信されてますが、プロ棋士は、暑くて仰ぐ時もありますが、読みのリズムを取るというか、扇子を少しだけ開けたり締めたりして、パチっパチっとします。中にはこの扇子で、頭をパンパンとたたいて「いかんなー」なんてぼやく先生も。私も対局の時や、指導対局のときは、扇子を持ちますが、手に持っていると落ち着く感じがあります。, ちなみにですが、私はこれまで子ども将棋大会で何人か扇子を使う子どもたちを見たことがあるのですが、どういう訳かけっこう強い子が多いです、笑, いつもと違う雰囲気というだけでもかなり緊張するのですが、それが「初めて出場する大会」となるとなおさらですよね。, 普段の将棋教室や道場でもそうなのですが、将棋大会においても「友だち」という存在が大きな役割を果たしてくれます。緊張を解きほぐすのはもちろん、「あの子よりも1つでも多くの白星を」と良きライバルにもなります。さらにお互いに勝ったとき、負けたときの喜びや悔しさを共感し合うこともできます。. 将棋をはじめて習ってみたい!とお考えの方にオススメの、プロ女流棋士中倉彰子監修の「入門セット」も販売中ですよ〜! 6歳の頃に父に将棋を教わり始める。女流アマ名人戦連覇後、堀口弘治七段門下へ入門。高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。2年後妹の中倉宏美も女流棋士になり初の姉妹女流棋士となる。NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベントなどでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、東京新聞中日新聞にて「子育て日記」リレーエッセイを2018年まで執筆。2015年10月株式会社いつつを設立。子ども将棋教室のプロデュース・親子向け将棋イベントの開催、各地で講演活動など幅広く活動する。将棋入門ドリル「はじめての将棋手引帖5巻シリーズ」を制作。将棋の絵本「しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)」や「脳がぐんぐん成長する将棋パズル(総合法令出版)」「はじめての将棋ナビ(講談社)」(2019年5月発売予定)を出版。, いつつへのお仕事の依頼やご相談、お問合せなどにつきましては、こちらからお問い合わせください。. 日本将棋連盟の将棋大会のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 (もちろんこういったことを習慣化していくことは重要ですよ(^ ^)詳しくはこちらの記事もご覧ください。), 例えば、「将棋大会に出て1勝する」とか「将棋大会に出て最後まで諦めずに指す」といった感じでしょうか。はじめて大会の場合は、「将棋大会に参加する!」だけでも子どもにとって大きな目標になりますね(^ ^), では、私がなぜ子ども向けの将棋大会をおすすめするのかというと、子どものモチベーションを長く維持することができるからです。以前いつつブログでも掲載したのですが、私の子どもが初めて将棋大会に出た時、参加登録の申し込み用紙を記入している段階からもうやる気を出していました。旅行のプランを考えている時から旅行気分♪にも似ているかな? 今回初めて子ども将棋大会に参加してみて、予想していた以上に子どもにとっても親にとっても良い刺激がたくさんあり、とても楽しい1日が過ごせました。将棋始めたばかりで、負けてばかりだとつまらないんじゃないか、という心配は…多分大丈夫だと思いました。負けてしまって大泣きしている子もいましたが、それでも何度も対局をしていました。こうやって心も強くなるんですね。どの子も応援したくなる子ども将棋大会、皆さんも機会があればぜひ参加してみてくださいね。, 株式会社いつつ取締役、株式会社ホジョセンアナリスト兼 共創デザイナー。P&Gにて東海エリアを中心にコンサルティング営業、立命館大学での産官学連携事業の企画、マネジメント等を経て現職。2児の母親でもあり、時短勤務を導入することによってワークライフバランスを実践している。同志社大学文学部卒。, いつつへのお仕事の依頼やご相談、お問合せなどにつきましては、こちらからお問い合わせください。.

子ども将棋大会景品. 将棋大会に参加すると、景品や将棋道場のパンフレット、次の将棋大会の案内など様々な資料をもらいます。なので手持ちのハンドバッグには収まりきらないということもしばしばあります。 確かに結構な荷物になるのですが、どれも子どもたちにとっては大切な情報。ちゃんと持ち帰り後か� いつつブログを読んでくださっている皆さんにご報告です! 2戦目も負けてしまい、そして3戦目はチェスクロックが登場(15分を超えても勝負がつかなかった場合に使用)するほど粘りましたが惜敗…。ブロック対決は3敗して終了してしまったわけですが、ここからまだまだ子どもにとってお楽しみの時間は続きます。負けてしまった子同士で、自由対局ができるのです。娘はこの自由対局コーナーでさらに8回対局をさせてもらいましたが、年齢も性別も経験も指し方も本当にいろんなお友達と何度も指せることは、それぞれに発見があったようです。遠くから様子を伺っている限りでも、毎回全く違う展開になっていて、本人なりに試行錯誤しているようで、楽しんでいるのが伝わってきました。, 短い対局時間ではありましたが、挨拶する程度のお友達はできたようです。低学年の部には幼稚園の子も3年生の子もいて、男女でいうと男の子が圧倒的に多いのですが、男女問わずいろんな年齢のお友達と対局させてもらっていました。対局後に一緒に結果を報告するために並ぶのですが、そこで何となくおしゃべりしたりするようで、帰りにバイバイなんて声をかけるくらいになっていました。高学年の子達をみていたら、他の大会でも会っているのか、久しぶり〜なんて声をかけていたり。きっと、将棋を通して新しいお友達が増えたりするんだろうなと感じました。, ブロック対局だけでなく、自由対局コーナーに移ってからも、ひたすら負けまくっていた娘ですが、負けても負けてもママのところに戻ってくることもなく、次の対局相手を探してもらっている姿に、じんわり感動してしまいました。, 一緒に対局を見守っているお母さん達とも何人かとお話させてもらったのですが、「お…手が止まりましたね。」なんて声をかけると「最近、よく考えられるようになったんですよ〜。」とか「去年は全敗だったんですけど、今年は3勝してるんですよ。」とか、皆さん一様に子どもの成長を感じる機会になっているようでした。

1試合目、人生初の大会での対局は、3年生の男の子がお相手でした。母としては、相手の子に迷惑をかけずに駒を並べて振り駒(先手後手を決める方法)ができるのかすら不安…。離れたところからハラハラしながら子どもを見守っていたのですが、本人は全く落ち着いて、ささっと駒を並べ、挨拶もしっかりしていました。その後5分と待たずにあっさり負けてしまったのですが、まずはお作法をきっちりできていたことだけで、頼もしく思えました。とても強かった相手の男の子も所作がとても綺麗で、対局中も落ち着いていて、たった5分足らずの初戦でしたが、見ている私も清々しい気分になりました。本人も「負けちゃった」とだけ言いに来ましたが、満足そうな顔をしていました。. 先日、子どもが将棋を始めた時、親が考えるべき5つのこと【ガチンコ編】として、親御さん向けの心構えをご紹介しました。あちらには【ガチンコ編】というタイトルを付加させていただいたとおり、正統派で真面目な内容を紹介させていただきました。今回は【お気楽編】... 「どうしたら将棋が上達しますか?」という質問をよく受けます。この質問に対する答えを端的に申し上げますと、「毎日将棋の練習をする」ということになるのですが、その練習があまりにハードだと、毎日継続して行うのはちょっと難しいですよね(>_<)そこで、今... 将棋界の頂点が一字にかける思い「心」と「道」。この木板に書かれた二つの文字は、第74期将棋名人戦第3局で共に対局した羽生善治名人と佐藤天彦八段がそれぞれしたためたものです。このように名人戦をはじめとしたタイトル戦では、対局前日に、対局者が盤駒やそれを... 今日は5月5日、いつつの日、ではなく、こどもの日ですね。これをお読みの皆さまも、きっとお子さんと楽しい日を過ごされたことと思います。さて、実は以前のメルマガでもご紹介したのですが、女流棋士になってから最もよく聞かれる質問のひとつに「どうやったら将棋... せっかく子どもが将棋を始めたのに、自分が将棋をしないから「子どもたちをどうサポートすればいいのか分からない」というお母さん、結構多いのではないでしょうか。でも安心してください。将棋のルール知らなくてもちゃんとお子さんのサポートは可能です。今回は、... #mc_embed_signup{background:#fff; clear:left; font:14px Helvetica,Arial,sans-serif; } /* Add your own MailChimp form style overrides in your site stylesheet or in this style block.