コース調教馬 4勝2着4回3着4回 JRA角居調教師「死刑判決を待っているような心境」武豊の祈りがもたらした「強運」再び……最後の天皇賞で“奇跡”を起こす!? JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイ“忖度”の裏に、ノーザンファームにもう一つの「思惑」!? 今年、最終追い切りが坂路だったのはカデナ、キセキ、ダイワキャグニーです。 ブラストワンピース, 元JRA調教師として2冠馬・サクラスターオーを育て上げた名伯楽。 そもそも、, 前走がGⅠ、GⅡ以外からの臨戦で好走した例は皆無。ジナンボー、スカーレットカラーにとっては厳しいデータと言えます。 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … 3連単5万7860円、3連複1万0750円、馬連2990円の◎◯大本線1点的中となった有馬記念. 天皇賞・秋(G1)ウインブライト想い続ける「姉」の存在。「乗らなくちゃいけない」という責任感に続く「夢」. ジナンボー 栗東CW   2勝2着2回3着2回 去年の天皇賞では、人気を二分していたサートゥルナーリアのオフレコの危険情報を入手して難なく的中を掴んだが、今年の天皇賞でも世間一般には出回らないオフレコ情報が間違いなく存在する。 JRAオーソリティの「割引材料」は骨折明けだけじゃない!? 天皇賞の情報は週始めから公開していくが、メンバー限定でレース当日公開の【最終結論】には必ず注目していただきたい。, アーモンドアイ 7歳以上では全く好走がなく、4、5歳馬が好走の中心となっていることから、スピードで勝る若い馬が有利ということ。 そういった情報も入手できるのが、業界最高峰の情報力を持ち、長年、確かな関係者情報を会員様にお伝えし続けてきた我々シンクタンクだ。 JRA【天皇賞・秋(G1)展望】アーモンドアイ前人未到の8冠へ、女傑クロノジェネシス初対決! ウオッカVSダイワスカーレット以来「牝馬ワンツー」なるか. 美浦南W  3勝2着1回3着2回 助手騎乗 2勝着外3回 開催お知らせ; 出馬表; レーシングカレンダー; オッズ; 払戻金; レース結果; 特別レース登録馬; 競走馬検索 スカーレットカラー シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ、キタサンブラックと、芝GⅠ7勝馬はそうそうたるメンバーが名を連ねるだけに、これらを超える偉業を達成すれば、将来的な殿堂入りは約束されたようなもの。 ただし、1、2番人気のワンツー決着は2017年のみですから、何らかの伏兵が連絡みしています。 騎手騎乗 4勝着外2回 ココでは過去の好走馬の調教パターンを調べ、そのレースに合致する馬を導き出しています。, 今週は4回東京の最終週、今開催の雨の影響が大きく、先週までで一日を通して良馬場の芝コースで行われたのは先週の日曜日(10/25)のみ。 そうなると、5歳馬のアーモンドアイより4歳馬のクロノジェネシスを上とジャッジするのが妥当でしょう。 秋華賞ではデアリングタクト、菊花賞ではコントレイルが“無敗の三冠”を成し遂げた。そして天皇賞(秋)(gⅠ)でも大記録が誕生することになる。 快挙の主役は、アーモンドアイだ。 昨年の2着馬ダノンプレミアムの逃げでレースはスタート。 今年も中心は4、5歳馬から選択するのがベターと言えます。, 過去10年では、ウインブライトの中山記念、スカーレットカラーのクイーンSからは出走がありません。また、有力ステップの1つである札幌記念からの参戦もなし。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が天皇賞・秋(G1)2020年11月1日東京の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届 … クロノジェネシス と、騎手が騎乗した時により多くの勝利を挙げています。 【天皇賞・秋】武豊「一瞬奇跡が起こるかもと…」レース後ジョッキーコメント 11月1日(日)21時5分 競馬のおはなし 1日、東京競馬場で行われた第162回・天皇賞秋は、断然の1番人気に支持されたC.ルメール騎乗、アーモンドアイが人気に応えて勝利。 ◎◯大本線1点目で2万5340円的中となった2018年有馬記念を勝利した時も池添騎手が騎乗していました。 ダノンプレミアム ´ç¿’する猫, 新型コロナウイルス感染症対策分科会. アルゼンチン共和国杯(G2)「激アツ情報」で極太「◎」から人気馬の不安が丸裸か, JRAアルゼンチン共和国杯(G2)森且行SG優勝の「極上サイン」!? 今週の天皇賞の『調教診断』も私が担当致します。 全部で6レース組まれていましたが、好走馬の最終追い切りコースを見ると、 フィエールマン 今年の3戦を見ても、川田騎手が最終追い切りに乗ったアメリカJCCは勝利し、凡走しているこの2戦は助手が騎乗と、ハッキリ差が出ています。 史上初は容易でない……。表には出ない「裏情報」が攻略のヒント, JRA菊花賞(G1)西山茂行オーナーが語った「異端の逃亡者」誕生秘話。グレード制導入以降「唯一」逃げ切ったセイウンスカイの伝説【特別インタビュー】, JRA天皇賞・秋(G1)アーモンドアイに立ちはだかる「高い壁」。女傑ウオッカ・ブエナビスタも越えられず……。芝G1・8勝以外に思わぬジンクスが, JRA松岡正海「歩くのはまだつらい」!? JRA【エリザベス女王杯(G1)展望】C.ルメール“強奪”ラッキーライラックVS M.デムーロ&ラヴズオンリーユー!「女王不在」3歳勢はノーチャンス!? 天皇賞・秋 馬券攻略法 ①アーモンドアイ連覇の可能性は? 今年の 天皇賞・秋(G1、東京芝2000m) は、昨年の覇者 アーモンドアイ の断然人気が予想されます。 しかし、3走前の有馬記念では単勝1.5倍で9着 … ちなみに天皇賞が11月に行われるのは2015年以来となります。その年はラブリーデイが勝利し、当社お馴染みの情報馬ステファノスが2着、3連単は10万9310円の高配当決着となりました。 騎手・調教師として46年に渡る現役生活で築き上げた太い人脈は、現役で活躍する調教師・騎手はもちろんのこと、馬主関係者や生産者など多岐に渡り、その人望の厚さは絶大。 今週は週中から降雨がなく、週末の予報を見ると雨の心配が少ないため、良馬場で行われる確率が高いでしょう。 リスグラシューから3連単5万7860円、3連複1万0750円、馬連2990円の◎◯大本線1点的中となった有馬記念では9着と大きく崩れてしまい、安田記念では2着確保もグランアレグリアに完敗を喫してしまった。 3歳世代から無敗の3冠馬デアリングタクトも出てきて、世代交代の足音も聞こえてくる時期となりましたが、果たしてこのレースでも行われるのか?データからは十分に可能性アリと言えます。, 今年は史上初となる無敗の三冠牝馬が誕生し、菊花賞ではコントレイルが親子二代で無敗の3冠馬となったが、天皇賞で「達成なるか?」と注目される偉業が、三冠牝馬の先輩でもあるアーモンドアイの芝GⅠ8勝の新記録だ。 ダイワキャグニー 今年該当するのはアーモンドアイ、クロノジェネシス、牝馬が2勝2着2回3着1回と大いに活躍しているレースで、データ的にはどちらにもプラス材料と言えます。 キセキ 直線が長く瞬発力が求められるレースが多くなる東京競馬場だけに、やはり坂路調教はある程度必要となると思われます。, 過去5年、天皇賞(秋)好走馬の最終追い切りコースは以下の通り。 ブラストワンピース, ブラストワンピース(牡5) 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第162回: 2020年: アーモンドアイ: 成績: レース映像: 第160回: … [5F]69.9-53.3-39.0-12.4 馬なり, 去年の好走パターンを踏襲しているダノンプレミアム、これまでとほぼ同様のパターンで臨むクロノジェネシス、ジナンボー、フィエールマンも良いのですが、今回は最終追い切りに変化を感じたブラストワンピースを特注馬として取り上げることにしました。 先週の菊花賞(G1)でコントレイルに騎乗し、クラシック3冠を達成した福永祐一騎手。, 11月1日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)には、フィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗する予定だ。, いまや水色に赤のバッテンがお似合いな福永騎手だが、今週は黒地に赤のバッテン。泣く子も黙るサンデーレーシングの所有馬であるが、天皇賞・秋で福永騎手となるとあまりいいイメージは沸いてこない。, いまから15年前。思い出されるのは、2005年の天皇賞・秋に福永騎手で挑んだキングストレイルだ。, レースでは、スタート直後に躓いて最後方からの競馬。道中は最内の後方2番手を進んだ。1000m通過が62.4秒のスローペース。馬群は一団となり直線に向く。, このペースで後方2番手。一か八かの内強襲かと思われたが、外に回した福永騎手。結果、キングストレイルはメンバー中2位の上がりを使いながらも、勝ち馬から1秒差の16着に惨敗した。, 勝利したのは最内を突いたヘヴンリーロマンス。14番人気で1着と松永幹夫騎手(現・調教師)の好騎乗が際立ったレースであった。, 断然の1番人気を背負ったゼンノロブロイが唯一馬群を割って馬券圏内の2着に飛び込んだが、3着は最内から早め先頭に立ったダンスインザムード。こちらが13番人気で、三連単122万6130円の波乱となった。, 後半1000m57.7秒であった事からも、明らかなスローペース。距離ロスが大きく響く流れとなってしまった。, 「この天皇賞・秋は天皇陛下が観覧されたレースで、松永騎手が馬上からお辞儀したのが印象的でしたよね。福永騎手に関しては28歳とまだ若かったですし、ペース判断や走らせる位置に不満が残るレースだったかもしれません。3冠ジョッキーになり今となってはいい経験だったと言えますが、当時は本人にとっても苦い記憶となってしまったのではないでしょうか」(競馬記者), セントライト記念(G2)を勝利して、3歳馬ながら天皇賞・秋に挑んだキングストレイル。, 藤沢厩舎の天皇賞・秋といえば、3歳馬の挑戦だけでも1996年のバブルガムフェロー、2002年のシンボリクリスエスが勝利。この前年である2004年のダンスインザムードも2着と健闘していたため、ファンの期待も大きかったのかもしれない。, その後、2013年にはジャスタウェイで、2着ジェンティルドンナを0.7秒突き放す圧勝を経験している福永騎手。, JRA天皇賞・秋(G1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。 15年前の「苦い記憶」払拭なるかのページです。GJは、競馬、福永祐一, 天皇賞・秋, キングストレイルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!. よくよく考えてみれば5歳牝馬、早期育成のノーザンF出身ということも考えれば、これ以上の伸び代は……とも思えるのだ。 しかし、中間がコース調教のみだった馬は1勝2着1回3着1回と少数派。坂路のみだった馬も同様に1勝2着1回3着1回となっており、好走馬の大半が併用馬となっています。 坂路だった馬の1着はなく、好走の大半は栗東CWか美浦南Wに占められています。 ご紹介が遅れましたが、今週も三崎がお伝えします。, 1番人気は連対7頭、着外は僅かに2頭と高い信頼度を誇っており、2番人気は2018年レイデオロのみの勝利ですが、2着3回3着2回と多数馬券に絡んでいます。 【天皇賞・秋】ジョッキーに聞きました! 「アーモンドアイとサートゥルナーリア、どっちに乗ってみたい? 2019年10月20日(日) 18時05分 なお、コースのみの調整で勝利したのは2017年キタサンブラックでした。この年は歴史的な不良馬場で、瞬発力が全く求められないレースでした。あくまで推測にはなりますが、馬場の影響が大きく左右したと思います。, 過去の好走パターンと、先週のレースの好走パターンを考慮すると、やはり最終追い切りがCWかWで、坂路調教併用馬が望ましいと言えるでしょう。 池添謙一騎手・大竹正博厩舎 カデナ 今後は香港も視野に入ってくるだろうが、国内ではベストと言えるこの舞台で、決めておきたいのはまず間違いないだろう。, だが、アーモンドアイが、かつてのような圧倒的な実力が健在かと言えば、少々疑問符が付く。 函館競馬場に入っていた札幌記念を除き、これまでデビューから一貫して最終追い切りは美浦南Wという点は変わりませんが、これまで何度か騎乗者が変わっています。 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … 陣営に色々と意図があってのことでしょうが、馬にとっては直前に騎手が乗った方が気が入るのかもしれません。 携わるホースマンにしてみれば、生涯に一度あるかないかのチャンス。何としても手にしたい勲章であることは間違いない。 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第162回: 2020年: アーモンドアイ: 成績: レース映像: 第160回: 2019年: アーモンドアイ: 成績: レース映像 ダノンキングリー その成績を比較すると、 © 1994-2020 THINKTANK, Inc. All rights reserved. もう1つ、前走着順別成績も見てみましょう。, 前走3着内に好走していた馬が順当に好成績。ただ、5着以下からの巻き返しもあります。さすがに二桁着順からは勝ち馬が出ていませんが、2着2回と連対はしています。 ただし、牝馬の成績を掘り下げて調べてみると、ハッキリとした傾向が出てきます。, 連対馬4頭中3頭が4歳馬で、5歳馬は2014年2着馬ジェンティルドンナのみ。3着は2019年アエロリット、2011年ブエナビスタは1番人気で4着と敗れ、2018年ヴィブロスは8着と、全てGⅠ馬ながら勝ち切れていません。 日曜日からは11月に突入、今年は色々ありましたから、余計に月日が経つのも早く感じています。まあ、この業界に身を置いていると、毎年早く感じるんですけどね(笑) ダノンプレミアム ただし、シルクレーシングの規定により、現役生活は長くて来年春まで。ノーザンFサイドからは「この秋一杯で引退になるかも」との話も聞こえて来ており、残された時間は多くない。 フィエールマン 坂路併用  4勝2着1回4着2回 との成績となりました。 3番人気が2着1回3着1回と不振、4番人気は2着2回ありますが、5番人気が3勝とやや突出した勝率を誇っていることは注目。 秋の天皇賞は現在3年連続的中していますが、4年連続を果たせるように、私達は様々な角度から調教を分析しています。 この2頭は、2019年ダノンプレミアム(16着)、2016年リアルスティール(11着)なのですが、どちらも安田記念から直行でした。 当社の重賞メイン特捜部・最高責任者に就任後も、2019年有馬記念の【◎○1点目&5万7860円的中】の伝説的な的中を筆頭に、重賞メインレースで150週連続的中の金字塔を打ち建てるなど、その実力を遺憾なく発揮している。. そのため、1、2番人気が揃って連対を外したことはありません。軸としてはどちらかを信頼するのがベターと言えるでしょうね。 ここでも坂路併用が優勢で、やや偏った数字が出ました。 アーモンドアイとサートゥルナーリアを激突させた去年との違いは明らかだ。, 一見すると、『アーモンドアイで決まり』と思えてしまうだろうが、実は、そう短絡的な話ではない。 果たして今年はどんな決着になるのか?過去10年のレースをから傾向を探って参ります。 ジナンボー そうなると、今年有力なステップレースとなるのは安田記念、宝塚記念、毎日王冠の3つとなります。 秋の天皇賞は 現在3年連続的中 していますが、4年連続を果たせるように、私達は様々な角度から調教を分析しています。 ココでは過去の好走馬の調教パターンを調べ、そのレースに合致する馬を導き出して … 絶対がないのが競馬であり、アーモンドアイが敗れた2レース(有馬記念、安田記念)からしても、いろいろな裏事情や思惑があって起こり得た結果だ。 今年もダノンプレミアムは安田記念13着から直行、変わり身が見られるかもしれませんね。, ここまでのデータを総合すると、4、5歳馬で主要ローテで前走好走馬が有力となります。 栗東坂路  0勝2着2回3着1回 10/28 美浦南W 良 池添 距離短縮組の好走が「幻想」に終わる理由とは, JRA天皇賞・秋(G1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。 15年前の「苦い記憶」払拭なるか. しかも、その2レースには明確は共通点があり、天皇賞でも合致していることは確かだ。 競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!, 有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。, ★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!, 調教班チーフ富田です。 また、6番人気の3着5回、7番人気の1勝2着1回と、穴を狙うなら5~7番人気がホットスポットとなっています。 コースのみ 1勝2着0回3着2回 競馬ナンデ監修による天皇賞秋 2020等重賞出走予定有力馬の詳細情報。予想オッズは集合知に依らず、編集部独自のデータと合議により算出しており、精度が高いと評判。出走馬の次走情報や騎手想定、枠順・過去10年分データなども早期掲載しています。 今週の開催情報. 久々にコンビを組む池添騎手は「いい形の追い切りができた」と好感触でしたし、前走の大敗からの大きく巻き返してきても不思議ありません。, 今週末はいよいよ秋の天皇賞ですね! 馬場の傾向が変われば調教の傾向も変わる可能性はありますが、先週の日曜日に行われた芝のレースの調教傾向を見ていくことにします。 今年該当するのは以下の5頭です。, クロノジェネシス 11月1日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(芝2000メートル)で、フィエールマン(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)が天皇賞の春・秋制覇に挑む。 jra天皇賞・秋(g1)福永祐一「己との闘い」3冠ジョッキーが背負う“赤い十字架”。 15年前の「苦い記憶」払拭なるか 【穴党必見!】JRAアルゼンチン共和国杯、どんなに人気がなくてもこの馬を馬券から外すな、7週連続G1の資金稼ぎはここで獲る!? 坂路調教馬  2勝2着2回3着2回 今年のメンバーは半数以上がGⅠ馬ですから、この辺りの人気でも十分に食い込む可能性があるのではないでしょうか。, 今年は4~6歳の3世代からしか出走がありませんが、4頭(ウインブライト、カデナ、キセキ、ダイワキャグニー)出走している6歳馬は2013年エイシンフラッシュの3着のみと大苦戦しています。なお、エイシンフラッシュは前年の勝ち馬でした。 だからこその“使い分け”か、ノーザンF生産馬はアーモンドアイを含めて5頭、特別登録も12頭に落ち着き、忖度されたようなメンバーにも思える。 キセキに関して言えば、3着だった2018年はCWで追い切っていました。近走は坂路中心に調整を変えてきているので、今はこれが通常ではあるものの、過去の好走パターンと合致していないので、どのような結果になるのかには注目しています。, 続けて、最終追い切りがコースだった馬の中間の調整過程を見ていきます。 ウインブライト 横山典弘「ラストラン」は勝負所から別馬の「悲しい過去」, JRA武豊「G1を4つ損した」……脚にボルト入れ現役続行、“幻の3冠馬”が29年前のアルゼンチン共和国杯で見せた復活劇, JRAファンタジーS(G3)“レシステンシア2世”候補は意外な「穴馬」!?