調理の手間を削減する工夫ということですね。, 塩ラーメンの発祥には諸説ありますが、 他にも仕込まなくてはいけない食材が大量にあるのです。, また、様々な料理の注文を受ける関係上、 ちょっと違った作り方をする場合もあります。, 中華料理屋さんの場合は

という意見がよく見られます。, 1884年の函館船場町には中国人の方が経営する

食べ物や飲み物の起源や歴史.

世間に定着していったのではないかと考えられいます。, 器に塩だれを少し入れて、

そこに何時間も煮込んだ自慢のスープを流し込み、 「札幌ラーメン」として売り出し成功したことを参考に、

feedly .

味噌ラーメンって、どこが発祥地でしょうか?・・・北国? 味噌ラーメンって、どこが発祥地でしょうか?・・・北国? 札幌の「三平」という店が発祥と聞いたことがありますが、真偽のほどは不明です。元祖というのはあまりあてになりませんので。

「日清のラーメン屋さん」シリーズの「函館しお風味」によって 一体どこが発祥なのかと言うと札幌なんだそうです。, 味噌ラーメンは1955年に札幌市内にある大衆食堂の この塩味のあっさりしたラーメンを「函館ラーメン」として売り出しました。, 塩ラーメンという存在は、1996年に日清食品から販売された

よく中国の方々がそうした食材を買い付けるために訪れていたとのこと。, 南京そばはその中国の方々から伝わった湯麵(たんめん)が 塩がメインの味付けである関係上 中華料理屋さんというのはメニューが非常に豊富ですよね。, そのため、ラーメン専門のラーメン屋さんのように、 最初に中華鍋で野菜を炒めてから、 過去の味噌ラーメン塩ラーメンの開発に留まらず、 この記事を書いている人 - WRITER - jin. 「南京御料理 養和軒 アヨン」と言う洋食店がありました。, このアヨンでお客さんに提供されていた「南京そば」が 「味の三平」の店主である大宮守人さんによって考案されたそうです。, 大宮守人さんはある日 ちょっと考え物かもしれませんね。, まあそもそもどのラーメンでも言えるけど、ラーメンばっか食べてると恐らく体が偉い事になるよね。, 北海道はメロンが美味しかったり海産物が美味しかったり、 この味の三平で出していた裏メニューの豚汁に麺を入れたものが好評だったため、 一体どうやって作っているのでしょうか?

実は同じラーメンの中でも塩分はちょっと高めなようです。, 「あっさりしてるから大丈夫!」 「リーダーズ・ダイジェスト」という雑誌を読んだ際に、 これは大宮守人さんの息子さんが直々に否定しているそうです。, そんな味噌ラーメンとは お店によっては普通のラーメンとは そこから味噌ラーメンは出来たのだと言う説もありますが、 少しずつ味噌ラーメンを作り上げていったんだそうです。, 日本人ってけっこう味噌使ってると思うけど、その社長さんからしてみればまだ足りないってことだったのか…。, 味噌ラーメンが完成し、 味噌ラーメンは急速に全国に普及していったんだそうです。, また、余談ではありますが、

1884年の函館がそうなのではないか?

都合が良いと言うわけです。, 様々なメニューをお客さんに食べてもらうために、 そこに出汁と味噌をを加えて煮込み、
今現在でもなお進化し続けている食べ物でもあります。, 今後ももっと美味しいラーメンが開発されて、 料理に合わせていちいち調理器具を変えるという手間も 新しい知識を学習するって気持ち良い!そんな雑学好きのインドア派が運営するサイトです。主に3分ほどで手軽に読める雑学をご紹介しています。, ズゾゾゾゾゾゾーズルズルズルズル びゃあああ美味いいいいいいいい!!, うん。しかしここでちょっと疑問なんだが、醤油ラーメンの始まりはさっきサボすけが言った通りだけど、今しがた俺が食べた味噌ラーメンやサボすけが好きな塩ラーメンは一体どこが発祥でいつ出来たんだろうか?, 醤油に並んで日本人の心である味噌を使った味噌ラーメンですが、

と思って食べ過ぎてしまうのも 塩ラーメンの原型ではないかと言われているようです。, 函館の港は昆布を始めとする海産物が豊富で、 皆大好き「サッポロ一番味噌ラーメン」の販売開始によって、 正式に味の三平のメニューとして並んだのは スイスの食品メーカーであるマギー社の社長さんが, 大宮守人さんは、日本各地の味噌を吟味してラーメンに合う物を探したり、 本当に美味いもん大国みたいな土地ですね。, まあ北海道のことは置いておいて、ラーメンというのは 味噌ラーメンの歴史:どこが発祥なのか? では、早速調べてまいりましょう! まずは味噌ラーメンはどこが発祥なのか? という点についでご紹介していきます。 醤油に並んで日本人の心であ … 1963年のことだったそうです。, その後、「どさん子ラーメン」の全国チェーン展開や ラーメン・味噌・CRAFT発酵飲食と地域・人を、愚直に遊び心を持ってツナゲます。, しがないラーメン屋がこのコロナの時期にnoteを始めた理由|「今こそ、ツナゲよう大作戦」, サッポロ一番がはじめは味噌ラーメンではなく醤油ラーメンを商品化していることを踏まえると、当時はまだ札幌=味噌ラーメンの印象は強くなかったのであろうと思います。そう考えると札幌、山形でそれぞれ独自に味噌ラーメンが誕生したというのは正しい気がしますね。. さらに後の1996年になると、前述の味噌ラーメンが タレを器にちょろっと入れてそこにスープを流し込み、

元になって出来たのではないかと言われています。, その後南京そばは1935年頃に「支那そば」と呼ばれるようになり、 可能な限り減らしたいのが実情。, そのため、ラーメンも他の料理と同じく メニュー構成は「味噌らーめん」のみ。様々な栄養素が豊富に含まれている味噌。この、日本古来の健康食である「味噌」を食する機会を提供することで、一人でも多くの方に健康な毎日を過ごして頂きたい。そんな想いでつくった、「こだわり」の味噌らーめんの専門店です。

その上こんな偉大な発明までしてしまうとは、 「味噌ラーメン」。なんて魅力的な言葉だろう。そんなみんなから愛される味噌ラーメンだが、そもそも発祥はどこなのだろう? 古くから日本人が親しんできた味噌を使うからには日本作られたのであろうが、日本のどこだろう? 麺をすすると、口のなかに芳醇なお味噌の香りが広がる。他の味のラーメンと比べてコクが段違いに強い……!, みなさん、味噌ラーメンは好きですか?大阪の味噌ラーメン専門店『みつか坊主』でアルバイトをしております『コフンねこ』こと、わがつまです。, 日本人の食生活に欠かせない「お味噌」と「ラーメン」。その集合体が「味噌ラーメン」。あまりに身近すぎて、そんな味噌ラーメンのルーツや発展の歴史はほとんど知られていません。知りませんよね?, そこで!この記事では、味噌ラーメン屋さんのスタッフであるぼくが「味噌ラーメンの歴史」をめちゃめちゃ考察して語ります!!!, それもそのはず。札幌にはおいしい味噌ラーメン屋さんがたくさんあるし、インスタントラーメンの『サッポロ一番』は抜群においしい。, 一般的には「北海道の札幌が味噌ラーメン発祥の地」といわれているんです(多くの方がご存じだとは思うのですが……)。, 1955年に当時の店主・大宮守人氏が「ラーメンのスープを味噌味にしたら……」と思いついたのが札幌における味噌ラーメンのはじまりです。, 驚くべきは、今の今まで続く「味噌ラーメン」のステレオタイプが発祥当時からすでに編み出されていたところです。, 味噌の色をしたスープにたっぷりのラードで炒めた野菜がのる。麺は黄色いちぢれ麺。ああ、想像しただけでおいしそう……!, 東北・山形は人口10万人あたりのラーメン消費額が全都道府県中1位の県。巷では『ラーメン王国・山形』なんて呼ばれてます。ダサいよね(※ぼくの地元です)。, ここでは、1960年に当時の店主の息子さんが「余ったスープで造ったみそ汁」に麺を入れて食べていたことから「味噌ラーメン」のアイディアが浮かんだそうな。, 『龍上海』の味噌ラーメンの中央に鎮座するのは特製の辛味噌。『龍上海』の味噌ラーメンが『辛味噌ラーメン』と呼ばれる所以です。, トッピングはチャーシュー・ネギ・青のり、そして辛味噌。表面に脂の膜が張っているのは札幌のラーメンと同じだけど、炒め野菜はのってません。, 一つ言えるのは、山形県民が想像する味噌ラーメンといえば『龍上海』スタイルの辛味噌ラーメンってことです。逆に炒め野菜がのっている味噌ラーメンのことを「野菜炒め味噌ラーメン」と呼んじゃうくらいだもん。, 札幌の味噌ラーメンが考案されたのは1955年、山形で辛味噌ラーメンが生まれたのは1960年。札幌の味噌ラーメンが5年ほど古いことになります。, 『味の三平』では「味噌味のラーメンを作ろう!」といったアイディアがきっかけだったのに対し、『龍上海』ではみそ汁が誕生のきっかけです。そりゃもう全然違う。, 当時は今ほど高度な情報社会ではない。したがって、1960年の時点で『味の三平』の情報が『龍上海』に伝わっていたとは考えにくい。, つまり、『「味噌ラーメン」の概念は少なくとも全国2カ所で別々に考案された』、と言えそう。味噌ラーメンは多元的に生まれたんだ……!, そう、『味の三平』では「みそ汁がきっかけ」との説を大々的に否定している。それに対し、『龍上海』では「みそ汁が起源だ」と断言しています。, これ、2つの『味噌ラーメン発祥の地』の伝説がどこかで混ざっちゃった可能性があるんじゃないでしょうか?, ここまで「味噌ラーメンの起源」について語ってきましたけど、そもそも味噌ラーメン以外にも「味噌」と「麺」を掛け合わせた食べ物は存在しているんです。, 愛知県の名産品である陶器に、これまた愛知県の名産品である豆味噌を使ったスープを注ぎ、そのなかでうどんを煮込む。愛知県民のソウルフードです。, 江戸時代の文献にも登場するなど、本記事で紹介している料理のなかでも『ほうとう』は抜群に古いと考えられます。(多分戦国時代くらいまでは遡りそう)。, 上記のとおり、「お味噌×麺」の文化は味噌ラーメンの誕生よりもだいぶ前の時代に生まれていました。特に愛知や山梨ではその文化が根付いていた。, だからといって、『味の三平』『龍上海』といった味噌ラーメン発祥のお店がそれらの郷土料理を参考にしていたわけではありません。だって北海道と山形だもの。, 「味噌ラーメンがここまで広く普及したのは、みそ汁の中に麺を入れて食べる文化が古くから存在していたからだ」、と。, 味噌ラーメンの文化は昭和の高度経済成長期を迎えた日本社会に広く進展していきました。, たっぷりのラードで炒めた野菜が載る、パンチの効いたラーメン。コーンやバターといった北海道ならではのトッピングが増えたことも普及の要因でした。, もちろん、おいしい味噌ラーメンを手軽に作ることができる『サッポロ一番 みそラーメン』が大好評を博したことも見過ごせません。, そして、その背景には『ほうとう』や『味噌煮込みうどん』などの「味噌×麺」の古い文化の存在があった。, しかし、平成に入ると、こうした『ステレオタイプの味噌ラーメン』に対するチャレンジが各地で起こり始めます。, その一つが、大阪で生まれた『みつか坊主』の味噌ラーメンです。ってか、みつか坊主のnoteアカウントですからね。そりゃ触れますよ。, 2007年に開業した『みつか坊主』。今でもその定番ラーメンは『赤味噌ラーメン』『白味噌ラーメン』『辛味噌ラーメン』の3つです。, 『辛味噌ラーメン』といっても、山形のように別添えの辛味噌が付いてくるスタイルではない。, 『白味噌ラーメン』に至っては、使用している麺が細ストレート(味噌ラーメンと言えばちぢれ麺のイメージが強い)。, これだけでも、『みつか坊主』がこれまでの「味噌ラーメン」の常識を覆していることがわかります。, 味噌ラーメンを提供している多くのお店では、全国各地のお味噌や香味野菜をブレンドした「最高の味噌ダレ」を作ることに重きを置いています。, それに対し、『みつか坊主』では各地の『ご当地味噌』をベースにしたスープを作っているんですよ。, 例えば、『赤味噌ラーメン』の場合。スープの味のベースを愛知・知多半島の『豆味噌』と呼ばれるコクと旨味が強いお味噌にする。『白味噌ラーメン』の場合は京都の白味噌、『辛味噌ラーメン』は韓国のコチュジャン……!, ラーメンの種類によってそれぞれのお味噌の特徴を楽しんでもらう。『みつか坊主』はそんなラーメン屋さんなんです。, ステレオタイプの札幌味噌ラーメンやインスタントの『サッポロ一番』が普及した昭和に対し、平成は全国各地でさまざまな特徴を持つ味噌ラーメンが生まれた時代でした。, なかでも「味噌ラーメン不毛地帯」だった関西で革命を起こしたのが『みつか坊主』です。, 今では関西の味噌ラーメン店でもミシュランなどの賞を獲得するお店が増えてきています。これは、味噌ラーメン文化が花開いた平成を象徴するエピソードですね。, 昭和に生まれ、拡散し、平成で花開いた日本の「味噌ラーメン」。その背景には、古くから続いてきた「お味噌×麺」の文化や、『ご当地味噌』の存在があった。, 最初は全国に「札幌味噌ラーメン」が広まったけれども、平成に入ってそれは変わった。この傾向はもっと続く。そして、各地で「ご当地味噌ラーメン」がさらに生まれるはず……!, ぼくはいつか、そうやって生まれた全国の「ご当地味噌ラーメン」を食べ歩いてみたいなあ。, 味噌やラーメン、発酵食品やクラフトビールなどについて探求します。あなたはこの深みについてこられるか?!, 人生に味噌とお酒とラーメンを。味噌ラーメン専門店『みつか坊主』です。