8、中華民国の宗教団体の招聘状 ... 僕はワーキングホリデーを利用して1年間、台湾に行っていました。台湾にワーキングホリデー滞在するには当然ビザが必要になります。台湾のワーキングホリデービザは比較的取得しやすいのですが、僕は思わぬところで苦労したんです。 日本から近く、親日であることでも有名な台湾。日本企業も数多く進出しており、海外就職先として非常に魅力的です。台湾で暮らしたい!台湾で働きたい!でも、中国語ができないから就職は無理……とあきらめていませんか? ◆停留査証(VISITOR VISA):台湾での滞在期間が180日以内の短期査証◆, ※新型コロナウイルス(COVID-19)中央感染症指揮センターの規定に基づき、台湾に入国する外国籍渡航者(ノンビザまたは停留査証の所持者)は、搭乗前3営業日内の「COVID-19のPCR検査による陰性証明書」(英文版)を提示し、尚且つ入境後に14日間の在宅検疫を行う必要がある。, 1、旅券及びその写し1通:申請時に残存期限が6ヶ月以上 日本の勤務会社の印鑑証明書コピー 【台湾留学】私が使っていた台湾のSIMカードについてご紹介します。【買い方~チャージ方法まで】, 【台南 正興街】わたしが留学中に夢中になった黒糖タピオカ!「哞熹哞熹/もしもし」がおいしすぎる・・・!【日本未上陸】, 【高雄 グルメ】安くて美味しい!高雄でリーズナブルに北京ダックが食べられる「仁武烤鴨」がオススメすぎる!, 台湾でエポスカードの海外保険【キャッシュレス診療】サービスを利用してみた!【問い合わせ~受診までの流れとは?】. 台湾では、日本のパスポートを持っていれば滞在90日まではビザ不要ですが、それ以上滞在する場合はビザ申請が必要になります。, 私は日本にいる時から台湾の大学で教師として働くことが決まっていました。しかし、ビザのことを全く知らなかったため、就労する予定だったのにもかかわらずノービザで台湾入りし、試行錯誤を経て居留ビザを取得しました。, ここでは、ビザなしの状態からどうやって居留ビザを取得したのか、その道のりをご紹介します。, 就労予定だったもののビザを持たずに台湾に入った私の場合、1の停留ビザと2の居留ビザを取る必要がありました。, 冒頭で述べた通り、私は来台前から台湾の大学で教師として働くことが決まっていました。, 本来なら台湾に来る前に労働許可を発行してもらい、それを持って台湾に入り、直接居留ビザを申請するべきだったのですが、ビザに関して無知だったこと、また大学側から何の連絡もなかったことからノービザ状態で台湾入りしてしまいます。, しかし、現地でいったん短期滞在のための停留ビザを申請し、後から長期滞在用の居留ビザを申請することができました。, 台湾で就労するためには、雇用機関・企業から労働局に労働許可(WORK PERMIT)を申請してもらう必要があります。私が大学から提出を求められたものは次のとおりです(あくまでも参考です)。, このうち、学歴証明書は日本にある台北駐日経済文化代表処で認証を受ける必要があります。私は既に台湾にいたため両親に連絡して代わりに手続きに行ってもらい、認証済みの書類を郵送してもらいました。, できるだけ早く長期滞在用の居留ビザを申請したかったので、短期滞在目的の停留ビザは追加費用(800台湾元、日本円で約2,800円)を払って即日発行してもらいました。, 停留ビザ取得後、しばらくして労働許可書が送られてきました。そこで、停留ビザと労働許可書を持って、居留ビザ申請のため再び外交部領事事務局へ行きました。, 私が居留ビザ申請に準備したものは次のとおりです。停留ビザ申請の時とほとんど変わりません。, 私の場合、パスポートの新しいページに新たなビザ(居留ビザ)が貼られるわけではなく、停留ビザに「USED」のスタンプが押され、当日の日付とともに「核准」(審査の上許可する、の意)の文字が記載されました。, このUSED停留ビザを持って、今度は自分が居住する地区の内政部入出国及移民署へ行き、居留証を申請しました。, 居留証はARC(Alien Resident Certificate)のことで、台湾での身分証明書になるプラスチックカードです。日本でいう在留カードになります。, 即日発行はしてもらえないため、後日受け取りに行くか、郵送かを選択します。郵送の場合、封筒を自分で買って(移民署で販売)送料を支払います。, 台湾で働く上でビザ取得は避けて通れない問題です。手続きは煩雑ですが、必要書類さえきちんとそろっていれば拒絶されることはほとんどありません。, 詳細は台北駐日経済文化代表処のホームページに日本語でも記載があるので、こちらも参考になると思います。, ビザ取得にはまず、労働許可を雇用企業に申請してもらう必要があります。渡航前に、手続きについてきちんと確認することをおすすめします。, ※この記事の内容は筆者の体験に基づいています。ビザ取得に必要な書類や金額などは変わることがあるため、最新情報をご確認ください。, ※当サイトのテキスト、画像、データ、その他コンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じます。. Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

時折、台湾をノービザ(査証免除)で訪問する際はパスポートの残存期間が90日(または3ヶ月)以上必要、と書いてある書籍やサイトがありますが、実は2017年8月から制度が改正されています。 そこでふと「ノービザで台湾に住んでいるひとたちは、マスクをどうやって調達しているのだろう」と疑問がよぎった。, 90日間のビザ免除期間を利用して出入境を繰り返し、台湾を生活拠点にしている人は少なくない。新型コロナウイルスの影響で世界が国境を閉じた今、「ノービザ」で海外に拠点を置く人たちが不安を抱いているとも聞く。ノービザで国境を行き来して続ける暮らし方を「ビザラン」と呼ぶのだと、初めて知った。, 台湾でそんなヒソヒソ話が回って来ると、大抵のひとは「ふーん…」「ああ、ねぇ」と多くは語らず眼を細め、微妙な表情をする。「えええええっ」と大声で反応するのは、私だけだった。 六、訪問学者(台湾での滞在期間が180日以内), 3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの) 2、一般ビザ申請書1通(本人の旅券と同じ署名が必要) 8、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)

◎専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw→ General Visa Applications)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出してください。, 3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの) 海外就職者にはよくある話だと思いますが、一度海外で働き出すと日本で働くことに抵抗が出てきます。実際のところ、私も友人に「いつ日本に帰ってく... 日本と同様、台湾にも税金というものがあります。海外に住むなら避けては通れない税金問題。 結局、ネット上での「ノービザでも留学して大丈夫」という情報を信じて台湾へ行ったものの、今度は語学センターの入学手続きの際、事務の人にパスポートのビザを見せてと言われてしまい、無いけどどうしよう・・・とすごく焦った覚えがあります(笑)

台湾はノービザでも 出入国を繰り返すことで移住可能と言われることがある。 1回の滞在が90日までならビザは不要なので、 90日以内に出国し、 再び入国すれば理論上住むことは可能。 では、実際はどう … 高らかに口上を述べる。ほとんど喧嘩腰だった。, だから90日ごとに出入境を繰り返し、ステイタスを証明する身分証も持たずに外国で生活し続ける「ビザラン」のリスクと緊張感に驚いてしまう。時代も場所も違うから、「考えすぎっすよー」かもしれない。でも、怖かった記憶は、時代や場所が変わっても、簡単には消えないものなの。, とはいえ、台湾で居留証を葵の御紋のようにかざす機会はない。街中で職質をされることも全くない。台湾から強制退去になった日本人の話は、聞いたことがない。7年だろうが10年だろうが行ったり来たりするのも合法なのだろう。平常時なら、どの国でも特に困ることは無いのかもしれない。, とはいえ、今回の国境封鎖で「ノービザで海外に拠点づくりや長期滞在」の危うさを実感した。 5、5万ドル相当(日本円約500万円)の財力証明書(銀行の残高証明書等)及び厚生年金(共済年金または国民年金も可)を受給している証明とその写し1通(原本の提示後返却します) 8、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照) 7、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照) ※新型コロナウイルス(COVID-19)中央感染症指揮センターの規定に基づき、台湾に入国する外国籍渡航者(ノンビザまたは停留査証の所持者)は、搭乗前3営業日内の「COVID-19のPCR検査による陰性証明書」(英文版)を提示し、尚且つ入境後に14日間の在宅検疫を行う必要がある。 9、所要日数:翌々日発行(休館日を除く)(状況によりそれ以上の日数を要する場合もある), ◎査証申請は本人が直接窓口にて申請すること。 4、渡航目的を証明する書類(例:①台湾人親族訪問の場合:台湾か日本の戸籍謄本。②日本人親族訪問の場合:日本の戸籍謄本+ARCカードのコピー) 一、新型コロナウイルス(COVID-19)中央感染症指揮センターの規定に基づき、台湾に入国する外国籍、香港、マカオからの渡航者は、搭乗前3営業日内の「COVID-19のPCR検査による陰性証明書」(英文版)を提示し、尚且つ入境後に14日間の在宅検疫を行う必要がある。 3月19日から台湾をはじめ、世界中が事実上の鎖国みたいになった。新型コロナウイルスのばかやろう。でも、世界中の澄んだ空やあちこちで咲きみだれる花々を見る機会は増えた。そこんとこだけは許してやる。 台湾と香港に関する現地情報の執筆や、撮影手配などの仕事をしています。, 19年暮らした香港から、2010年に猫を連れて台北に移住しました。台湾と香港でライター&コーディネーターをしています。日本語・廣東話・國語。, 台湾でノービザ、90日ごと出入境を繰り返して生活拠点は作れても、マスクは買えない?「ビザラン」という暮らし方に、香港でオーバーステイした私が思うこと. ◎神学系学校または聖書学校の卒業証明書とその写し