9. 「千葉ロッテマリーンズ」として新たなスタート、ピンク色を基調とした新しいユニフォームで千葉のファンの熱烈な歓迎を受けての前半戦の快進撃は「ピンク旋風」などど呼ばれました。 : "千葉ロッテマリーンズ" … サヨナラ賞:1回 (2016年9月) ・ファーム日本選手権MVP:1回 (2010年) ・3試合連続三塁打(2016年3月30日 - 4月2日) ※パ・リーグタイ記録、右打者では長嶋茂雄以来56年ぶりの記録, 1989年 佐賀県佐賀市横浜高 → 阪神(2007年ドラ1)→ 千葉ロッテ(2011年)背番号 36 66 00 32, 1985年 奈良県高市郡明日香村郡山高→関学→トヨタ自→千葉ロッテ(2009年ドラ1)愛称 ”タカシ”20メートル直線を走らせたら、日本で一番右打者にもかかわらず一塁への到達タイムは3.57秒とプロ有数のスピードを誇る背番号 0,4タイトル・初回先頭打者ランニング本塁打   2回・初回先頭打者初球ランニング本塁打 1回・オールスターゲーム出場:1回, 1989年 静岡県駿東郡小山町桐蔭学園→東洋大→千葉ロッテ(2011年ドラ3)愛称 ”だいち”背番号 35,7タイトル・ベストナイン:2回 (遊撃手部門:2013年、2016年)・ゴールデングラブ賞:1回 (二塁手部門:2017年)・オールスターゲーム敢闘選手賞:1回 (2017年第2戦)・3試合連続三塁打(2013年4月18日 - 20日) ※パ・リーグタイ記録[44]・3試合連続適時三塁打(同上) 2リーグ制後初[44]・シーズン三塁打:11(2013年) 球団タイ記録・オールスターゲーム出場:4回 (2013年、2014年、2016年、2017年), 1991年 加須市春日部東高 → 上武大 → 千葉ロッテ(2012年ドラ4)背番号 65 10タイトル・スカパー! すぐに失速のまま最下位で閉幕も地元にはキャップ等グッズを大量に無料配布し12球団最下位人気の汚名挽回に努めていた。 僕は子供のころから西鉄ファンで 当初あまりロッテには興味が無かったが、中西太が監督(代行)になってから応援するようになった。その後バレンタイン監督になってから町内を気さくに自転車に乗ってる監督の姿にほれ込みファンにのめり込む。ただMVPほど熱狂的ではありませんが2001年頃から現在まで毎年50試合以上観戦しています。ロッテグッズがそこそこ貯まっていますので、これを機会にちょっと整理を兼ねてお披露目したいと思います。, 1978年 埼玉県草加市春日部共栄高 → 千葉ロッテ(1996年ドラ4)→ 阪神(2011年)→ LAA(2013年)→ 信濃グランセローズ(2014年)→ 西武(2014年)→ 武蔵ヒートベアーズ(2015年)背番号 41 52主なタイトル・月間MVP:1回 (投手部門:2004年8月)・セ・パ交流戦MVP:1回 (2005年)・オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2007年第1戦)・千葉市市民栄誉賞 (2006年)・オールスターゲーム出場:5回 (2002年、2004年、2005年、2007年、2010年)・日米野球出場:2回(2004年、2006年)・開幕投手:1回 (2008年), 1976年 栃木県都賀町国学院栃木高→国学院大→新日鉄君津→千葉ロッテ(2000年ドラ4)→レッドソックス(2013年)→ベネゼエラ(2014年ウィンターリーグ)→ランカスター(2015年)→2016年新日鉄かずさコーチ兼任愛称 ”ミスター サブマリン”背番号 31 (掛布リスペクト)タイトル・最優秀バッテリー賞    1回・日本シリーズMVP      1回・オールスターMVP 1回・報知プロスポーツ大賞   1回・栃木県栄誉賞・千葉市市民栄誉賞, 1975年 静岡県長泉町御殿場西高 → 千葉ロッテ(1993年ドラ6)→ 千葉ロッテ(2014年スカウト)→ 千葉ロッテ(2016年コーチ)愛称 ”サンデー晋呉”背番号 63 29 82主なタイトル・最高勝率:1回(2000年)・月間MVP:1回(2000年6月), 1985年 栃木県小山市横浜高→千葉ロッテ(2003年ドラ6)→東京ヤクルト(2015年FA)背番号 60 → 17タイトル・最優秀防御率      1回・最高勝率        1回・最優秀投手       1回・月間MVP         2回・最優秀バッテリー賞   1回・パリーグCS MVP     1回, 1983年 京都府向日市PL学園→千葉ロッテ(2001年ドラ3)→東北楽天(2015年FA)背番号 8 入団当初 25 愛称 ”ゴリ”, 1984年 大阪府大東市大阪桐蔭高→千葉ロッテ(2002年ドラ1)→ツインズ(2011年)→阪神(2013年)タイトル・首位打者       1回(2010年)・最多安打       1回・盗塁王        2回・ベストナイン     4回・ゴールデングローブ  3回・千葉市市民栄誉賞   (2006年)愛称 ”スピードスター"背番号 7→1→5, 1976年 徳島県鳴門市鳴門工高→帝京大→千葉ロッテ(1998年ドラ2)→2014年引退引退後 芸能事務所に所属 現役時代より稼いでいる。名言 ”史上最大の下克上を見せる!” 2010年 3位から日本一背番号 22タイトル・ベストナイン      2回・ゴールデングラブ賞   2回・最優秀バッテリー賞   2回・パリーグCS MVP 1回・WBCベストナイン     1回・千葉市市民栄誉賞 (2006年)・通算最少捕逸:通算19捕逸(1000試合以上出場捕手) 歴代1位  約53試合に1つの割合でしか捕逸してない。(他の一流捕手が2回~4回捕逸して初めて里崎が1回捕逸する計算になる)   同割合歴代2位の森祇晶が約42試合に1つ、歴代3位の木俣達彦が約30試合に1つ, 1984年 栃木県塩谷郡高根沢町作新学園→日大→全足利クラブ→千葉ロッテ(2008年育成枠ドラ6)→BCリーグ栃木ゴールデンブレーブスのコーチ(2019年)愛称 ”エリア66”背番号 132 → 66タイトル・ゴールデングラブ賞:2回 (外野手部:2011年、2012年)・「ジョージア魂」賞:1回 (2014年度第9回)・パ・リーグ特別表彰 (2011年:パ・リーグ新の359シーズン外野手連続守備機会無失策)・足利市スポーツ特別賞 (2012年)[27]その他記録・プロ初打席からの連続打席無本塁打:2501 ※NPB記録・連続打席無安打:59(2016年 - 2018年)※野手登録選手におけるNPB記録 引退試合で2安打を打ち連続無安打記録59を止めた。走塁 50メートル走5秒6、一塁到達3.97秒を誇る俊足である, 1987年 石川県七尾市日本航空第二高→高知F/Dogs→千葉ロッテ(2006年ドラ7)背番号 61→3(2017年変更)タイトル・首位打者      2回・最多安打      1回・ベストナイン    2回・石川県スポーツ特別賞, 1986年 千葉県鎌ケ谷市市立柏高→東洋大→NTT東→千葉ロッテ(2009年ドラ4)背番号 1, 1985年 新見市報徳学園 → 早稲田大 → トヨタ → 千葉ロッテ(2009年ドラ2)背番号 14, 1986年 千葉県松戸市横浜高→西武(2004年ドラ1)→千葉ロッテ(2013年FA)背番号 16、18タイトル・最多勝利:3回(2007年、2009年、2015年)・月間MVP:3回(投手部門:2006年6月、2009年7月、2016年3・4月)・沢村賞(2009年)・ゴールデングラブ賞:4回(2009年、2010年、2015年-2016年)・最優秀バッテリー賞:1回(2009年、捕手:銀仁朗)・クライマックスシリーズMVP(2008年)・所沢市特別顕彰:1回 (2009年)・松戸市民栄誉賞 (2009年)・1イニング4奪三振:2007年4月3日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(グッドウィルドーム)、6回表に山崎勝己・本間満(振り逃げ)・城所龍磨・多村仁から ※史上12人目(13度目)・開幕投手:9回(2008年 - 2012年、2015年 - 2018年)・全員奪三振:2009年4月24日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(西武ドーム) ※史上4人目(毎回奪三振と合わせての達成は史上初)・10試合連続登板:2013年9月25日 - 10月6日 ※西武球団記録・全球団勝利:2014年4月15日、対埼玉西武ライオンズ3回戦(埼玉県営大宮公園野球場)、7回2失点 ※史上13人目・複数球団での最多勝 ※史上7人目・開幕戦勝利数:5 ※パ・リーグ歴代4位・1試合6被本塁打:2017年5月12日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(東京ドーム) ※パ・リーグ記録・オールスターゲーム出場:6回(2006年、2007年、2009年、2010年、2015年、2016年), 1995年 大阪府大東市尽誠学園→大阪ガス→千葉ロッテ(2016年ドラ4)背番号 34, 1988年 香川県さぬき市高松商高→関西国際大→大阪ガス→パナソニック→千葉ロッテ(2012年ドラ1)背番号 28, 1991年 富山県高岡市新湊高→千葉ロッテ(2008年育5)背番号 131 → 67 → 29, 1981年 北海道北見市駒大岩見沢高→駒大→日通→千葉ロッテ(2005年ドラ5)背番号 27, 1981年 USA カルフォルニア州 投手アスレチック(2002年)→ダイヤモンドバックス(2007年)→千葉ロッテ(2010年)→ブルージェイズ(2012年)→マイナー(2014年カムデンシャークス), 1986年 東京都足立区帝京高→東洋大→千葉ロッテ(2008年ドラ3)→2015年現役引退背番号 15, 1986年 福島県本宮市帝京安積高→横浜商大→千葉ロッテ(2007年ドラ3)→日ハム(2010年トレード)→2014年引退背番号 28 日ハム 32, 1988年 沖縄県宮古島市 沖縄尚学高 → 東海大 → 千葉ロッテ(2010年ドラ1)背番号 5 38タイトル, 1988年 群馬県伊勢崎市 太田市立商業高 → 千葉ロッテ(2005年ドラ4)愛称 ”群馬のゴリラ"生まれた年に解散したBOØWYのファンであり、登録名をHOSØYAにしたいという願望を抱いていた。また、2010年から採用された応援歌はBOØWYのDreamin'が使われている。背番号 59主なタイトル ・スカパー! マリーンズ、そして前身オリオンズの歴史を脈々と受け継ぐピンストライプユニフォーム。1995年から着用を開始し、現在では日本プロ野球の中で最も長く同じデザインを使用するユニフォームとなった。 サヨナラ賞:1回 (2015年6月), 1994年 大阪市大阪狭山市光星学園 → 千葉ロッテ(2012年ドラ3)背番号 45 22タイトル ベストナイン  2016年 月間MVP 2016年6月 最優秀バッテリー賞 2016年(石川歩), 1987年 福井県鯖江市福井商→千葉ロッテ(2005年ドラ2)→阪神(2013年育成)→2014年現役引退背番号 37 117, 1989年 群馬県渋川市桐生第一高→東洋大→千葉ロッテ(2011年ドラ1)→日ハム(2018年)背番号 18,56記録・開幕カードで初登板初勝利を記録したロッテの新人は、ドラフト制以前の50年榎原が開幕戦で完投勝利を挙げて以来、球団史上2人目同期 大学同期 柏原竜二 箱根駅伝(山の神) (東洋大学二人で、学長賞と創立125周年スポーツ報奨制度表彰)プロ野球同期入団 大学ビック3 野村祐輔(広島),菅野(巨人), Visitors 10,000 People Memorial Hole 1992年川崎球場からわが街 幕張にやって来た。当初首位でスタートしたものの オリオンズ1969-1991 歴代監督濃人 渉 監督 69年 69勝 54敗 7分 3位 70年 80勝 47敗 3分 1位 日… 千葉ロッテマリーンズ・ロッテオリオンズ歴代ユニフォーム | 気ままな球場観戦! Museum of hitoki.nishimuraで展示中の 「千葉ロッテマリーンズ」 コレクション。1992年川崎球場からわが街 幕張にやって来た。当初首位でスタートしたものの すぐに失速のまま最下位で閉幕も地元にはキャップ等グッズを大量に無料配布し12球団最下位人気の汚名挽回に努めていた。 千葉ロッテマリーンズ 歴代監督 千葉ロッテマリーンズ(ちばロッテマリーンズ、英語: Chiba Lotte Marines)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。表話編歴千葉ロッテマリーンズ … 各球団 配布・企画 ・新ユニフォーム①パ・リーグ編 ※イベント内容は変更となる場合があります。 公式サイトで確認ください 2020 各球団 配布・企画 … 千葉ロッテマリーンズ ユニフォームの変遷 この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索? サヨナラ賞:1回 (2014年5月)その他記録・初打席・初安打・初本塁打・初打点:史上54人目の初打席初本塁打(初球での達成は史上7人目)・クライマックスシリーズ初打席初本塁打:シーズン公式戦とプレーオフの両方で初打席初本塁打は史上初, 1991年 倉敷市倉敷商高 → 明治大 → 日本ハム(2013年ドラ3) → 千葉ロッテ(2018年藤岡投手とトレード)星野仙一氏と高校・大学が同じ(明大を選んだ理由も星野が明大からプロ入りしたことを挙げている)テニス漫画の『エースをねらえ!』の主人公・岡ひろみと読みが同じで応援歌、登場曲は『エースをねらえ!』のサビをアレンジ背番号 39 31 18 25 (投手以外で背番号”18”は珍しい), 1991年 流山市日大三高 → 立正大 → 千葉ロッテ(2013年ドラ2)背番号 24 39主な表彰・スカパー!