育成ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから4位指名を受けた 佐藤 奨真さん 専修大学野球部 22歳 掲載号:2020年11月6日号 負けず嫌いの技巧派 All Rights Reserved.当サイト内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁止します。. > ウエア この年からパ・リーグは前後期制度を導入。成績は前後期ともに2位で総合では3位に終わる。, 金田監督の下で有藤通世、山崎裕之、弘田澄男、投手では成田文男、村田兆治、木樽正明らが活躍して後期優勝。プレーオフでは前期優勝の阪急ブレーブスを3連勝で破りリーグ優勝。中日との日本シリーズでは4勝2敗で日本一になった。このときの日本シリーズの主催3試合は施設上の問題から仙台ではなく後楽園で行われた(この年と1977年度のパシフィック・リーグのプレーオフは宮城で開催されたが、1977年の日本シリーズにロッテが進出していた場合も、ロッテ主催試合は後楽園で行われることになっていた)。また、日本一を決定した後の凱旋パレードも東京・銀座から新宿にかけて行われたのみで仙台では行われず、これらの行為は仙台市民や一部のスポーツ新聞から「地元無視」と批判されたこともあった。なお、この年を最後に、パシフィック・リーグ年間勝率1位に一度もなっておらず、2019年現在存在する12球団で最も長く勝率1位から遠ざかっており[13]、45年間勝率1位になっていないのは横浜DeNAベイスターズの37年間[14]をぬいてプロ野球史上最長である。, 前期は5位に終わるも後期は優勝。プレーオフでは前期優勝の阪急と対戦。最終戦までもつれ込んだが3勝2敗で敗退。総合3位に終わる。, 神奈川県横浜市で横浜スタジアムの建設が始まったのに伴い、すでに横浜への移転が内定していた大洋と共に本拠地として使えるよう折衝を行ったものの、横浜使用については折衝に失敗。その後川崎市から誘致を受け、翌シーズンから川崎球場への本拠地移転が決定。10月4日に保護地域を神奈川県に移転することが承認された。, この年から正式に川崎球場を本拠地として使用(なお宮城球場でも引き続き年間10試合前後の主催公式戦を開催)している。移転1年目は、総合4位に終わる。シーズン終盤金田の解任が一部マスコミに報道され、金田はその後辞任した[15]。前年オフに将来的な監督候補と見込んで獲得していた野村克也に選手兼任監督として後任を打診するも金田の後任は荷が重いと固辞しそのまま退団。, 山内一弘が監督に就任。就任1年目は、総合4位に終わる。ルーキーの落合博満を山内が積極的に指導するも、落合に山内の打撃理論は習得出来なかった。, 山内の下、レロン・リー、レオン・リーのリー兄弟、投手陣では仁科時成、水谷則博、倉持明が活躍し前期優勝したが、プレーオフで後期優勝の近鉄に3連敗で敗退した。, エース村田の大活躍もあり2年連続前期優勝。プレーオフで後期優勝の日本ハムと対戦、1勝3敗1分で2年連続プレーオフ敗退。10月19日に山内が1年の契約期間を残して退団、ロッテ本社はフロントを急がせ「10人の候補者リスト」を作り、片っ端から交渉を開始したが野村克也、土橋正幸、豊田泰光と次々に断られ、有藤の監督兼任案も出たが、重光武雄オーナーが「あと3年、プレーヤーで専任させよう」とストップをかけ鶴岡一人に相談し次期監督に山本一義を推薦し、山本が監督に就任した[16]。なお、金田の再任も候補に挙がっていたが、見送られた。, 落合博満が日本プロ野球史上4人目(5度目)の打者三冠王となる。順位は5位に終わる。, 稲尾和久が監督就任。なお、稲尾は「埼玉県所沢市に移転したライオンズに替わり、ロッテを数年以内に福岡県に移転させる」という条件で監督要請を受諾したが、(結果的に)福岡への移転は実現しなかった。石川賢が最高勝率。, 落合、西村徳文、レロン・リー、新人の横田真之が打率3割をマークしてチーム打率1位になったものの、投手陣は肘の手術から復帰した村田が活躍したのみにとどまった。落合が2度目の三冠王を達成。この年はセ・リーグでもランディ・バース(阪神)が打者三冠王となり、セ・パ両リーグ同時に打者三冠王が出た。マスコミからは広岡率いる西武の管理野球に対し稲尾の「無手勝流野球」と賞賛され、前年から2年連続で勝率2位を確保したものの、リーグ優勝した西武から15ゲームも離された。, 落合は3度目、前年に続き2年連続で三冠王を達成。バースも前年に続き三冠王となり2年連続でセ・パ両リーグ同時に打者三冠王が出た。西村がこの年から4年連続で盗塁王。リーは打率331、横田は2年連続3割、後半良く打った野手転向3年目の愛甲猛とバラエティに富んだ打線は昨年に引き続きリーグ1位のチーム打率、投手陣は仁科時成は3年連続2桁勝利、6月から抑えに転向した荘勝雄は18セーブを達成したものの、村田が8勝で終わり[18]、チーム防御率5位に終わった。球団の福岡移転を熱望していたが実現しなかったことにより、稲尾が監督退任。, 有藤道世が監督就任。落合博満が11月4日に「稲尾さんのいないロッテに自分はいる必要がない。来年はどこと契約しているのかわからない。」と述べ、11月7日に「配慮に欠いた」と球団に謝罪し、契約については「それは別の話」と述べた[19]。落合は牛島和彦・上川誠二・平沼定晴・桑田茂の4選手との1対4トレードで中日に移籍した[20]。落合の著書によると有藤が「監督を引き受ける条件の一つに私(落合)をトレードで出すのが条件」と記している[21]。有藤と不仲だったレロン・リーも冷遇され、不調に陥り同年解雇。また、同年には女性向けのフリーペーパー「URE・P(ウレピー)」を発行、URE・Pはロッテリアなどで入手でき、本拠地を千葉に移転するまで5年間発行され、これにより女性客も増えて観客動員数は10万人ほど増えたという[22]。なおこの年は、落合が抜け、リーが不振で、4番は若手の古川慎一や高沢秀昭らが務めたが力不足は顕著で、打線は決定的に迫力に欠け、トレードで獲得した牛島が最優秀救援投手に輝くも、首位の西武と20ゲーム差の5位に終わる。, この年は最下位だったが、10月19日の近鉄とのダブルヘッダーがパ・リーグの優勝のかかった大一番となり注目を浴びた(詳細は10.19参照)。この日の川崎球場に観客がかつて無い程大量に押し寄せたため、同時にトイレなどの設備の老朽化が激しく露呈し、3年後の大幅改修のきっかけとなる。, 高沢秀昭が首位打者・小川博が奪三振王に輝く。小川、村田兆治、荘勝雄、園川一美の4人が二桁勝利を挙げた。, 二軍の本拠地が東京都青梅市の青梅球場から埼玉県浦和市(現:さいたま市南区)のロッテ浦和球場に移転[注 8]。, 村田兆治が5月13日の山形県野球場での対日本ハム戦に勝利し通算200勝を達成。防御率1位に輝く。, 最下位で球団初の2年連続最下位に終わり、有藤が監督を退任。後任には、金田正一が2度目の監督就任。, チーム成績は1990年は5位。西村が首位打者になる。村田が現役引退。ドラフト1位指名の小池秀郎が入団拒否。, 首位の西武と33.5ゲーム差の最下位。内外野全面への人工芝敷設、スコアボードの電光化など川崎球場の改修工事を実施。「テレビじゃ見れない川崎劇場」をうたい文句にファン拡大作戦を実施した(同年の新語・流行語大賞表現部門で「川崎劇場」が金賞に選ばれた)。観客動員は102万1千人で、球団史上初めて100万人を突破、当時の既存12球団では最後の達成となった[23]。平井光親が首位打者を獲得。金田が辞任。, 9月4日、翌年から保護地域を川崎から千葉県、専用球場を同県千葉市美浜区の千葉マリンスタジアムに移転することがオーナー会議によって承認、発表された。移転に伴う新しい球団名は一般公募により改称されることになり、同年11月21日、新しい球団名は千葉ロッテマリーンズ(英語で海兵隊)に決定した。, この年のオフ、金田が監督を解任された[24]。後任に球団OBの八木沢荘六が就任。奇しくも1978年に八木沢に引退勧告を行ったことがきっかけで監督を解任された金田が、再び八木沢に追い出された形となった。本拠地移転や球団名変更に伴い、ユニフォーム・球団旗・ペットマーク・マスコットを一新。, 本来開幕権はオリックス・ブルーウェーブが持っていたが、オリックスから開幕権を譲渡され、新生千葉ロッテは本拠地で開幕を迎えた。4月は首位で終えたが、その後は失速、千葉移転初年度は昨年続き最下位に沈んだ。それでも移転景気に恵まれ、観客動員が130万人を記録するなど順調な滑り出しを思わせた。しかし翌年もメル・ホールや宇野勝を獲得し補強を行ったがチームの地力は上がらず5位に終わると移転景気も潰え、観客動員も93万人に激減。千葉県民の目も徐々に冷ややかになっていった。こうして、川崎時代から続く「12球団最低レベルの観客動員数」という大きな問題点には千葉移転後も苛まれることとなる。この年のオフ、当時パ・リーグ会長だった原野和夫はロッテのチーム力の低下と観客動員数の低迷を強く懸念。重光オーナー代行に対し「もっと努力してほしい」と注意を行った。, 開幕当初よりチームは低迷し、八木沢は8月1日をもって休養。その後は、中西太が代理監督を務め、5位に終わる。オーナーの重光武雄が中西に監督就任要請をするも中西は断り退団[25]。, 日本球界初のGM(ゼネラルマネージャー)として広岡達朗が就任すると、広岡はメジャーリーグでの監督経験のあるボビー・バレンタイン監督を招聘。バレンタインの提案で、川崎から移転後3年間採用していたピンク色を主体としたユニフォームを、ピンストライプのデザインにリニューアル。2年間の在籍で中軸として結果を残していたメル・ホールを性格の荒さや素行の悪さを原因に解雇。代わりにフリオ・フランコ、ピート・インカビリアを獲得。序盤は出遅れるが、2年目ながらトップバッターに起用された諸積兼司、リーグ打率2位の堀幸一、打点王を獲得した初芝清[26]、外国人ながら本人のプレイだけではなくチームの精神的支柱も担ったフリオ・フランコ、伊良部秀輝、小宮山悟、エリック・ヒルマンの先発三本柱、河本育之、成本年秀のダブルストッパー等投打のかみ合った1年となり、結果的に貯金10の2位で10年ぶりのAクラス入りを果たす。翌年の優勝を期待するムードが大きく高まったが、バレンタインが広岡との確執から解任される。フランコも広岡との確執で解雇。, バレンタインの後任にはコーチとして入閣していた江尻亮が昇格したものの広岡の大学の後輩ということで「広岡の傀儡政権」と陰口を叩かれる。またチームも投手は伊良部が最優秀防御率・ヒルマンが防御率2位・成本が最優秀救援投手を獲得、河本も前年同様の働きをし二年目の黒木知宏が奮闘したが、開幕投手を努めた園川が0勝7敗、小宮山も大きく負け越し防御率も前年より2点以上悪くそれ以外が計算出来なかった。野手は外国人が活躍出来ずに、初芝もマークが厳しくなり勝負強さが発揮できず、堀が孤軍奮闘するが焼け石に水で結局5位に沈み、広岡は契約を一年残して解任され[27]、江尻もこの年限りで辞任。伊良部が球団と衝突し半ば強引な形で大リーグ・ニューヨーク・ヤンキースに移籍(伊良部メジャーリーグ移籍騒動)。ヒルマンも巨人へ移籍。, 近藤昭仁が新監督に就任。これはロッテのフロントが元巨人監督の藤田元司に「立て直し役に最適な人はいないか」と相談し、89年から3年間巨人・藤田監督の下でヘッドコーチを務めていた近藤を藤田がロッテ側に推薦し、監督就任に至ったものだった[28]。横浜ベイスターズ時代のスクイズの多用に代表される采配のまずさによる成績不振、佐々木主浩らと確執を生みチーム内に不和をもたらすなどの不安要素を押しての起用となった。 BASEBALL 千葉ロッテマリーンズLIVE 2006」とリンクした目玉コンテンツである。, 2006年シーズンは「marines.tv」が開局する直前の4月7日、東北楽天ゴールデンイーグルス戦からGyaOで無料でライブ配信されており、「marines.tv」開局後は「marines.tv」の1chとしてポータルサイトからリンクされるようになった。また、NTT東日本のインターネット接続サービス「フレッツ」利用者専用のサイト「フレッツ・スクウェア」においても「千葉ロッテマリーンズ on フレッツ」と銘打った動画コンテンツの配信を実施しており、複数のコンテンツをNTT東日本地域のフレッツ利用者向けに配信していた。, 2007年シーズンはGyaOからYahoo!動画に移り無料ライブ配信を行っている(専用のビュアーが必要)。フレッツ配信は終了。, 2015年からCS放送の配信先がTBSテレビ運営のTBSニュースバードに変更されたが、TBSは基本的に制作には関与せず、球団主導型の製作は引き続き維持されている(ただし、スコアテロップのフォントについては、TBSテレビ地上波・BSの中継に準拠したものである)。, J:COM 千葉セントラル制作により放送されている千葉ロッテマリーンズの情報番組。千葉県内のJ:COMグループのケーブルテレビ局のJ:COMチャンネル(コミュニティチャンネル)で放送されている。, 千葉へ移転した1992年に番組がスタート。正式な番組名は「ロッテレビ〜マリーンズフリークス〜」。タイトルの由来は、“マリーンズ一筋”“マリーンズ命”などの意味から生まれた「マリーンズ狂」を示す。, 番組のコンセプト・モットーは、マリーンズファンとチーム・選手の架け橋。選手の素顔や人柄を紹介する「ロングインタビュー」や「マークンファミリーの取材」「球団主催行事取材」など、試合中継で見ることができないマリーンズの魅力を紹介している。またゲーム観戦等でスタジアムを訪れるファンから選手へ質問してもらうコーナーなどもある。リポーターは黒木宏子(愛称:クッキー)。, 2010年4月10日からTwellVにて放映されている、少年野球向けテレビ講座。これまでも「プロ野球チームによる野球講座」を映像ソフトとして制作・発売している球団は存在したが、テレビ放送として行なうのは日本球界では初の試み(ただし、同年4月4日からフジテレビジョンにて東京ヤクルトスワローズが制作協力にあたっている「スワローズキッズアカデミー」の放送を開始している)。ロッテ球団が千葉県内の少年野球選手を対象として行なっている野球教室「マリーンズ・アカデミー」で講師を務めている武藤一邦・高沢秀昭・園川一美・平井光親の他、現役のロッテ選手も登場を予定している[154]。司会進行は庄司こなつが担当している。, 毎日時代の当時からの記録が展示保存されている「マリーンズ・ミュージアム」を持つ。千葉マリンスタジアム#設備を参照。, 実際の指揮は総監督の湯浅が執っており、公式記録上も湯浅が監督として扱われている。1952年は7月27日までで辞任。, 球団の経営権利譲渡で、連盟登記の球団名やユニフォームなどを全て従来のままとしたケースはこれが初めてであり、類似のケースとしては, この年のアジアシリーズも初回大会であり、毎日時代のパ・リーグのリーグ戦、日本シリーズ、ロッテ時代のセ・パ交流戦、アジアシリーズと4つの, 開幕2連戦の引き分けはパ・リーグでは1974年のロッテ対阪急戦以来33年ぶり2回目の出来事となった。, シーズンの通期勝率が2位以下で日本一となった例は1975年の阪急、1982年の西武、2005年のロッテがあるが、各当時のルールでは全てリーグ優勝の扱いとなっていた。, ただし平成17年(2005年)では第2位の状態でプレーオフを制してリーグ優勝し、そのまま日本一となっている。, 2018年と2019年にソフトバンクが2年連続でリーグ2位から日本シリーズに進出し、日本一を達成。, 18時半開始はパ・リーグでは過去に西武ライオンズが1985年ごろまで実施。更にオリックスが, 平日のナイターで開始を15分ずれこませているのは、当初の18時開始では仕事終了後だと「試合開始に間に合わない」、18時30分開始では「帰宅時間が遅れる」という苦情が出たことや、駅からやや時間がかかるためでもある。, このときのユニホームデザインは、韓国・ロッテジャイアンツのユニホームにも応用された。, この年はヤクルト、ソフトバンク、西武、広島も交流戦を中心に過去のユニフォームを着用しており、復刻ユニフォームの当たり年である。, このデザインのユニフォームは2016年現在、NPB12球団で最も歴史の長い通常使用のユニフォームとなっており、また2014年で使用20シーズン目となり、1973年から1991年にかけて19シーズン使用されたユニフォームを上回り、球団史上最長使用のユニフォームともなっている。, なお同様例は巨人と西武(ドームを本拠としているため、天然光だけではボールが見えにくいなどにより開催が困難なため、主管開催の会場変更・開催日程の変更などが生じた)を除く他の在関東球団のホームスタジアムにおける主管試合でも行われた。, 日本ハムは現在は週末・休日は札幌ドームでの開催を優先していることもあり、地方開催のうち道内にある, そのため、親会社から毎年「広告宣伝費」名目で赤字を補填してもらっていた。ちなみにこの場合、プロ野球球団が社会の公器でもあることから、球団の赤字を補填する金額分は親会社としては非課税扱いとされている。, 不定期。TVKが担当する大洋(DeNA)、ヤクルトの試合放送がない時に行っていたが、巨人主催試合との重複開催である場合、18時台と21時前からは日本テレビとのリレーナイターをしていたため、ネット局があればその時間は裏送りだった。, 但し、プレーオフ勝者をリーグ優勝としていた2005年に優勝はしており、優勝から最も長く遠ざかっているのは, 【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.2 [1986年編] (週刊ベースボール別冊冬桜号), また小宮山は、最終的な選考結果は選手にもまったく知らされず、知ったのはお披露目記者発表の時が初めてだったと語っている。, なお、文化放送ライオンズナイターでの対千葉ロッテマリーンズ戦中継時のベンチサイドリポーターにマリーンズ熱血応援レポーターかわのをとや起用は継続している。, 【12月23日】1986年(昭61)ロッテ、ついに落合放出 中日と1対4のトレード発表, 【1月4日】1999年(平11) 小宮山悟、ケンカ売る「球団改革しなけりゃ出て行く」, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/19/kiji/K20110519000848440.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/09/kiji/K20110609000984770.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/08/kiji/K20110908001577950.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/29/kiji/K20110929001717620.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/30/kiji/K20110930001732200.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/09/kiji/K20111009001789110.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/23/kiji/K20111023001873580.html, http://japanese.joins.com/article/873/143873.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/04/05/kiji/K20120405002981370.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/11/kiji/K20120511003232420.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/19/kiji/K20120719003710600.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/31/kiji/K20120731003802970.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/10/kiji/K20120910004084270.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/04/kiji/K20121004004252780.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/09/kiji/K20121009004297420.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/07/kiji/K20121007004271990.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/09/kiji/K20130509005770810.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/06/kiji/K20130706006162310.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/18/kiji/K20130718006242180.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/26/kiji/K20130926006694700.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/26/kiji/K20130926006690480.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/04/kiji/K20131004006749300.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/08/kiji/K20131008006773370.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/21/kiji/K20131021006854620.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/25/kiji/K20140925008993240.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/28/kiji/K20140928009011330.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/03/kiji/K20150603010469480.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1506626.html, http://full-count.jp/2015/10/04/post19357/, ロッテ、WBCキューバ代表のサントス獲得を正式発表! 林本部長「リードオフマンが絶対ほしいという大きな課題に見合った」, https://www.daily.co.jp/baseball/2020/06/29/0013464995.shtml, 巨人・沢村、ロッテ・香月と電撃トレード!「これまで応援していただきありがとうございました」, http://www.chibanippo.co.jp/sports/lotte/293181.