モーツァルト作曲 レクイエム ニ短調 KV 626(レヴィン版) W.A.Mozart / Requiem d-moll KV626 (R.Levin-Fassung) レクイエムとは、本来はカトリック教会で執り行われる儀式「死者のためのミサ」で演奏されることを目的に書かれた典礼用の声楽曲です。 手紙が偽物だったとすると、この伝説はすべてが作り話だったことになります。, 使いの正体は、実は「この人ではないかな?」という人物がいます。 サンクトゥス/聖なるかな ユリア・ハマリ(アルト) 「自分で楽譜を書く体力がなくなってからも、弟子のジュースマイヤーに作曲の支持を出していた」という内容が、コンスタンツェの妹ゾフィーの手紙で残されています。, ちなみに弟子のジュースマイヤーは「皇帝ティートの慈悲」のレチタチーヴォ部分も作曲しています。, レクイエムの依頼者は「死の世界からの使い」だったと語られることがしばしばあります。, これはレクイエムの依頼がきた時のことをモーツァルト自身が「この曲は自分自身のレクイエムだ」と手紙に残していることから作られた伝説です。 死者の安息を神に願うカトリック教会のミサ。 死者のためのミサ (羅: missa pro defunctis )。 聖公会においても行われる。; 上記のミサで用いる聖歌。 [35:46]第11曲:サンクトゥス(Sanctus)/聖なるかな りと語ってもらった。. ウィーン国立歌劇場合唱団 「前金として半額をくれた」というので、生活の苦しかったモーツァルトにとっては嬉しい仕事の依頼だったことでしょう。, この「見知らぬ男」「高額報酬」は今でもしばしば語られる謎めいた話です。 ©2013 by NHK PUBLISHING, INC. & SMILE PUBLISHERS INC. & TENDERBERRY & HARVEST INC. Computer Programming, Electric Guitar, Keyboards. [42:50]第13曲:アニュス・デイ(Agnus Dei)/神の小羊 [27:48]第9曲:ドミネ・イエス(Domine Jesu Christe)/主イエス まででひとつの典礼文であるが作曲の便宜上以下のように細分されることがある。フォーレのものはこれが省略される。, この続唱のテキストには、最終戦争、火による浄化、最終審判など、キリスト教というよりも、むしろゾロアスター教、マヅダ教などイラン起源の二元論宗教の影響が色濃く認められる。 この頃すでにモーツァルトの体調は良くなかったため、そう感じたのでしょう。 仕事が減るだけではなくモーツァルトの浪費癖も激しかったため、借金をしての生活でした。, この時期の作品としては、「レクイエム」の他にはオペラ「魔笛」「皇帝ティートの慈悲」などが作曲されています。, その苦しい時期の1791年に、見知らぬ男が高額の報酬と引き換えにレクイエムの作曲を依頼してきます。 タイトル曲の「光と君へのレクイエム」は、映画『陽だまりの彼女』 の主題歌として書き下ろされた。映画主題歌を担当するのは2010年の『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』 での「希望という名の光」 以来、3年5か月振りとなる 。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 そして12月になるとさらに病は悪化し、ついに帰らぬ人となってしまうのです。 [16:22]第6曲:レコルダーレ(Recordare)/思い出したまえ ヴィエスワフ・オフマン(テノール) et perducant te in civitatem sanctam Jerusalem. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=レクイエム&oldid=79094627, 上記のミサで用いる聖歌。完全ミサ曲のひとつ。狭義にはこれを指し、本稿でもこれを扱う。, 混声合唱とピアノのための組曲『鎮魂の賦』(前述の無宗教レクイエムから5篇を抜粋し、合唱に改作したもの), 『Requiem Pacis』(混声合唱・ソプラノ独唱・オーケストラ) - 全曲ラテン語。「レクイエム」の名を持つキリスト教の流れをくむ楽曲(合唱曲・歌曲)としては日本人の楽曲のうちでも世界で最も演奏されている, 『レクイエム』(2004年日本映画「CASSHERN」の挿入歌。激しい戦闘シーンで流れる。ギター演奏曲). 魔笛の作曲後に、モーツァルトはすぐにレクイエムの作曲を始めますが体調が悪化しはじめます。 「光と君へのレクイエム」(ひかりときみへのレクイエム)は、2013年10月9日に発売された山下達郎通算48作目のシングル。, 前作「愛してるって言えなくたって」[注 1]以来、2年7か月ぶりのシングル。タイトル曲の「光と君へのレクイエム」は、映画『陽だまりの彼女』[2]の主題歌として書き下ろされた。映画主題歌を担当するのは2010年の『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』[3]での「希望という名の光」[注 2]以来、3年5か月振りとなる[4]。山下は「何よりまずとにかく、上野樹里さんと松潤くんのクローズ・アップがたまらなく素敵な映画です。彼らの持つ若さと清廉さを歌にしてみたくてこの曲を作りました」[5]とコメントしている。また、映画のテーマソングには、松本演じる奥田浩介が、上野演じる渡来真緒にビーチ・ボーイズを聴かせる場面に登場する「素敵じゃないか」が使われている。, カップリングには、2013年春にNHK総合で放送されたドラマ10『第二楽章』[6]の主題歌として書き下ろされた「コンポジション」を収録。同曲について山下は「“純粋さ”と“繊細さ”を最重点にした音楽賛歌のラブソング」[5]とコメントしている。, 初回プレス分のみ、オリジナル特典が当たる発売記念キャンペーン応募はがき封入[注 3]。, シングル・リリースに先がけ、『陽だまりの彼女』のスピンオフ作品として映画と同じく三木孝浩が監督を務めたPVが公開され、主役の松本とヒロイン役を務める上野が登場するバージョン、上野をフィーチャーしたバージョン、2人の中学時代を演じる北村匠海と葵わかなを捉えたバージョンの計3パターンが制作された。YouTubeでは北村&葵バージョンが公開されている[7]。, A賞:「光と君へのレクイエム」特製アナログ盤(100名)、B賞:「光と君へのレクイエム」ミュージックビデオDVD(100名), https://web.archive.org/web/20131015080433/http://www.musicman-net.com/artist/27374.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=光と君へのレクイエム&oldid=78372681, ©2013 by SMILE PUBLISHERS INC. & TOHO MUSIC CORPORATION. 第8曲のラストである「ラクリモサ(涙の日)」の8小節を書き終えたのが最後となりました。, モーツァルトは亡くなるギリギリまで作曲を続けたそうです。 [07:55]第3曲:ディエス・イレ(Dies irae)/怒りの日 レクイエム(ラテン語: Requiem、レクィエムとも表記される)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。, 同一のラテン語のテクストに多くの作曲家が曲をつけている。モーツァルト、ヴェルディ、フォーレの3作品は特に名高い。常にすべての典礼文に作曲されるわけではなく、たとえば上記の3作品には共に昇階唱がない。, かつて日本では「鎮魂曲」(ちんこんきょく)と訳されたが、レクイエム自体に本来神道の用語である「鎮魂」の意味はないため不適切な訳語として現在は単に「レクイエム」か、もしくは「死者ミサ曲」、「死者のためのミサ曲」などと訳される。, 下表は、いわゆる「三大レクイエム」についてどの典礼文に作曲がなされているかをしめしたものである。, またカトリック教会における葬儀ミサの式文は第2バチカン公会議以降の典礼の見直しと一連の改革によって内容が大幅に変化した。以下は典礼改革以前のものである。, その日のミサの内容を歌うもの。固有文。死者のためのミサでは歌い出しが"Requiem æternam"(永遠の安息を)であるため、ミサ曲全体が「レクイエム」と呼ばれる。, 「救憐唱」「憐れみの賛歌」とも。憐れみ深い神への賛歌、あるいは罪人が憐れみを乞う歌。唯一、ギリシア語による。通常文。東方教会で用いる「金口イオアンの聖体礼儀」のうち冒頭などで用いられる「大連祷」を簡素化したもの。(キリエ参照。), 固有文。古い時代のレクイエム(例えば、オケゲムのレクイエム)を除くとGradualeと次のTractusは省略されるのが通常だが、著名なものではケルビーニとドヴォルザークに見受けられる。, 固有文。最後の審判を歌ったもの。チェラーノのトマス(ラテン語版)の作。トリエント公会議で公認された4つの続唱のうちのひとつ。第2バチカン公会議における典礼の刷新で「死後の恐怖を不必要に強調することはキリスト教本来の思想から外れている」ことと、「葬儀は、キリスト信者の死の復活的性格をより明らかに表現」(『典礼憲章』第81条)するという理由でこの続唱は除かれ、三部に分けられ、教会の祈り(聖務日課)の賛歌となっている。またその歌詞は三行を一単位として脚韻を踏んでおり(aaa, bbb)、典礼文の傑作と言われる。なお「怒りの日」は Dies Iræ ... Amen. たえざる光をかれらの上に照らし給え。 Te decet hymnus,Deus,in Sion, 神よ、主への称讃をふさわしくうたうのは、シオンにおいてである。 カール・リッダーブッシュ(バス) この手紙はダ・ポンテへ送られた手紙の中で書かれています。 デジタル大辞泉プラス - 光と君へのレクイエムの用語解説 - 日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、山下達郎。2013年発売。同年公開の映画「陽だまりの彼女」の主題歌。 関連リンク:『隠された信条』(PDF), 「平和の賛歌」「神羔唱」とも。聖体変化したパンを切り分ける際に歌い、神の小羊であるキリストに世の平安を祈る聖歌。通常文。ただし死者のためのミサでは歌詞の一部が変更される(「我らに平和をお与えください」"dona nobis pacem"→「彼らに永久の安息をお与えください」"dona eis requiem sempiternam")。このため、「平和の賛歌」の意味が薄れていた。第二バチカン公会議による典礼の刷新後は、いずれも、通常の結びのことば、「われらをあわれみたまえ」「われらに平安をあたえたまえ」に改訂されている。, 聖体となったパンとぶどう酒を拝領する際に歌われる。死者が永遠の光に照らされることを神に祈る聖歌。固有文。死者ミサの聖体拝領唱は冒頭を取り Lux æterna とも呼ぶ。, ミサの終了後の赦祷式(Absolutio ad Tumbam)で歌われる。ミサには含まれないが、葬儀に関連するため、曲がつけられることがある(フォーレ、ヴェルディ等)。通常のミサで使われる嘆願(Libera nos)と区別するため Libera meと呼ぶことが多い。, 出棺、埋葬時に歌われる。ミサには含まれないが、葬儀に関連するため、曲がつけられることがある。(この歌での「あなた」は死者を指す), Absolve Domine, animas omnium fidelium defunctorum, libera animas omnium fidelium defunctorum. その楽譜を詐欺師ヴァルゼック伯爵に渡し、妻コンスタンツェは残りの作曲料を全て受け取ったそうです。, その後モーツァルトのパトロンの計らいで、コンスタンツェはその完成した作品を聴くことができたと言われています。, 「モーツァルトを振らせると右に出るものがいない」と言ってもいい指揮者ベームとウィーン・フィルの1971年の録音です。 落ち着いたテンポで重厚感のあるどっしりとした音楽を聴かせてくれます。, また有名な「ディエス・イレ(怒りの日)」の部分では、鬼気迫るまさにタイトル通りの演奏が聴けます。 オーケストラや合唱も素晴らしいですが、ソリストたちの演奏も見事です。, 音楽ファンにとっても、これからクラシックを聴く人にとってもオススメできる名盤に間違いないでしょう。, エディット・マティス(ソプラノ) [24:32]第8曲:ラクリモーサ(Lacrimosa)/涙の日 アニュス・デイ/神の小羊 レクイエム(ラテン語: Requiem 、レクィエムとも表記される)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。. [13:47]第5曲:レックス・トレメンデ(Rex tremendae)/恐るべき御稜威の王 [22:13]第7曲:コンフターティス(Confutatis)/呪われ退けられし者達が 山下達郎の「光と君へのレクイエム」歌詞ページです。作詞:山下達郎,作曲:山下達郎。(歌いだし)いつもとおんなじ昼下がり 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。