/D.C.20:元横綱・輪島大士氏の逝去に際し。 - デーモン閣下の地獄のWEB ROCK”, https://blogs.yahoo.co.jp/demon_kakka_blog/15699638.html, https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100901068&g=spo, “輪島さん同世代ライバルが惜別…元横綱三重ノ海・石山五郎氏、生き様が「番外だった」”, https://www.sanspo.com/sports/news/20181010/sum18101005030005-n1.html, https://www.asahi.com/articles/ASLB953YPLB9UTQP01K.html, 北の富士氏、輪島さん追悼「早すぎる-もういっぺん飲みたかった」/デイリースポーツ online, “輪島さん葬儀 北の富士氏「華があった横綱だった」/デイリースポーツ online”, https://www.daily.co.jp/general/2018/10/15/0011733428.shtml, 輪島さん通夜 田淵氏ら500人参列、土俵模した祭壇で天国へ - スポニチ Sponichi Annex スポーツ, https://www.sankei.com/sports/news/181015/spo1810150013-n1.html, https://mainichi.jp/articles/20181015/k00/00m/040/052000c, 輪島さん遠縁の輝 三役昇進で恩返しを、下の名は同じ「大士」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ, https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201810140000775.html, “【大相撲】輪島氏が亡きライバル北の湖についてつづる 「本当に感謝」…筆談で対応”, https://www.sankei.com/sports/news/160214/spo1602140017-n1.html, 輪島さん通夜に500人が参列 五木ひろし「僕の親友。ありがとう」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能, “輪島「白鵬と親子みたいなもん」/夏場所 - 大相撲ニュース : nikkansports.com”, https://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20100522-632488.html, https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201810090000502.html, 第54代横綱輪島大士さんの葬儀告別式。青山葬儀所の空に673個の金の風船を飛ばしてお別れ - はじめての葬儀ガイド | いい葬儀, “輪島さん記念館を故郷七尾市に計画 元後援会長が明かす「足跡伝えられたら」/デイリースポーツ online”, https://www.daily.co.jp/general/2018/10/15/0011733705.shtml, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=輪島大士&oldid=80322356, 十両を4場所で通過したが、この時期には負け越したり、番付運の悪さに泣かされたりした。後者については1970年9月場所、西十両6枚目で13勝2敗・十両優勝を決めたにもかかわらず、翌場所東十両筆頭に据え置かれるという不運も経験した。十両の定員が28人となった1967年5月場所以降、十両で13勝を挙げた力士が翌場所も十両に据え置かれたケースは12回発生したが、同場所の輪島のケースは最も高い地位で「13勝据え置き」となった記録である。, 1974年7月場所前、稽古を終えた輪島は記者から質問をされた。同年5月場所前の靖国神社奉納相撲の時に北の湖が「輪島の力は落ちた。大受は大関からも落ちるぜ」と怪童らしくこだわりも遠慮もない言葉を口にしたが、これがある週刊誌に掲載され、それを見た輪島が怒っているのでは?という内容の質問であった。ところが輪島は「オレ、知らないよ。新聞も雑誌も読まないからな」と答えた。その一方で「だけど、北の湖だってもうじき糖尿病でガクッだぜ」と肩を落とす真似をして見せ、北の湖が放ったとされる言葉に対して反撃を加えた, 大関昇進伝達式では「謹んでお受け致します」と言ったところで口上を度忘れしてそれ以上言えなくなるというハプニングを引き起こしている。, 現役時代を通してスタミナ面が課題であり、そのため1974年7月場所前には精を付けようと, 1973年11月場所、12日目の貴ノ花戦では手のひらを負傷(右手人差指中指間裂傷)したものの勝利した。しかし、この傷のため満足な相撲が取れず、13日目は, 日大相撲部に入学する時に上京してきて、ある食堂の会計をツケですませようとしたが断られたため、「石川県では有名人やお役人は、初めてでもツケが利くんですよ」と言いながら渋々金を払った。, 子供の頃から自分の名前をサインで練習していた。このことから、輪島が本名に愛着を持っていて四股名を付けたくなかったとする資料もある, 地方巡業の時、ホテルに泊まる時は、ベッドを使わず、畳を持ち込んで寝ていた。「腰のことを考えたら」という理由だった, 1973年5月場所、大関時代の輪島は途中から縁起をかついで14日目までひげを剃らずに土俵へ上がった。場所後に横綱昇進を果たしたが、無精ひげについては, 元妻は「輪島の金銭感覚や職業倫理は相撲社会の来し方とはまったく関係ありません。もちろん山田会長からの薫陶などでもありません」「生まれながら大きくズレていたようにしか思えない」とまで述べている。しかし11代花籠に可愛がられて育ち、両親が大変な苦労をして大きくしてきた部屋を中島家以外の者に継がせるのは嫌だろうと察していたという, 不祥事での退職に関わる師匠夫人の悲劇もあり、死去に際し相撲協会から正式のコメントは出なかった。しかし、共に現役時代を過ごしたり親交のあった元親方たちが取材に応じている。同時期に横綱を張り引退後も食事をする仲であった第57代横綱, 葬儀委員長は、子どもの頃から50年以上の付き合いがあり輪島の現役時代の後援会長であった, 1972年(63勝27敗)、1973年(71勝18敗1休)、1976年(77勝13敗), 幕内連続2桁勝利記録:15場所(当時4位タイ・現在歴代8位、1975年9月場所〜1978年1月場所)、13場所(現在歴代10位タイ、1972年9月場所〜1974年9月場所), 幕内連続12勝以上勝利:8場所(当時大鵬に次いで2位・現在歴代5位、1976年1月場所〜1977年3月場所). Copyright (C) 2020 J STATS All Rights Reserved. 対戦成績(公式戦)vs.DeNA ... 2月. ®ã‚’算出し、, 2.ホームランが出れば同点、勝ち越し、逆転となる場面ならVDUCP(UC)打数としてカウントします。, 3.あとは通常通り安打数/打数で打率、被打率を計算します。, 補足:リードしている(投手ならリードされている)場面ではいくら打っても(打たれても)勝敗要素は変動しないため、VDUCP(UC)にはカウントされません。. 輪島 大士(わじま ひろし、1948年(昭和23年)1月11日 - 2018年(平成30年)10月8日 )は、石川県 七尾市出身で花籠部屋所属の元大相撲力士、第54代横綱、全日本プロレス所属の元プロレスラー、元タレント。 本名は輪島 博(わじま ひろし)。血液型はA型。 大相撲時代は身長185cm、体重132kg。