中東和平問題は、中東地域においても最も長く続く紛争であり、国連をはじめとする国際社会が取り組み続けてきた国際紛争の一つです。この問題を巡って、ひとたび地域で緊張が高まれば、世界の平和と安定にも大きな影響を及ぼしかねません。 2019年12月時点で起こっている世界の紛争や地域をまとめました。 (出典:外務省「アフガニスタンの現状と問題」) (出典:外務省「シリア・アラブ共和国 基礎データ」,2018) (出典:日本貿易振興機構JETRO「IDEスクエア 世界を見る目」,2019) (出典:外務省「地球儀を俯瞰する外交-中東と北アフリカ-」,2019) (出典:外務省「日本と国連-日本の外交政策と国連の重要性」,2019) 今、中東はのニュース一覧ページです。 産経ニュース ... ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、動画でプロパガンダ流布 10.29 06:00

シリアの内戦は後述するアラブの春を契機とし、独裁政権から脱し民主化を訴える運動を起こしたことがそもそもの始まりだとされています。 シリアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていました。国民の不満は既にかなり溜まっており、中東に広がっていたアラブの春の動きを受け、民主化運動への契機が高まっていきます。 を経ていったん壊れかけた中東の秩序は、今後、再構築される段階に向かうとみられます。秩序をいかに自分たちに有利になるように形づくるか。それぞれのプレーヤーの思惑が交錯するとき、そこには常に新たな衝突のリスクが付きまとっています。, 「アラブの春」で秩序は崩れた, アサド政権はなぜ踏みとどまった, 「責任者不在」の中東 向かう先は. これは 中東の現代の紛争一覧 であり、中東として知られている地理的および政治的地域の国で起きた紛争を掲載している。 「中東」は伝統的に肥沃な三日月地帯(メソポタミア)、レバント、ナイル川デルタ、アラビア半島、アナトリア半島、イランの近隣地域と定義されている。 中東紛争「今も厳しい」 現地取材の玉本さん報告 2018/11/23 中東の紛争地域で取材を続けるジャーナリスト玉本英子さんが18日、佐賀市で講演した。 現在でも紛争が起こっている国は決して少なくありません。 そして、何年も何十年も解決せずに紛争状態が長引いている地域では多くの死亡者が出ています。 2019年10月時点で解決していない紛争(内戦)について解説します。 なぜなら、中東情勢って、パレスチナ問題、クルド人問題、石油や宗教などなど多くの問 中東戦争をわかりやすく説明します! 今も紛争が絶えないのはなぜ? 20世紀中葉から1978年まで長く続き、今なお火種のくすぶる〈中東戦争〉。イスラエル・パレスチナをめぐるこのゴタゴタについて、今回はできるかぎりわかりやすくご紹介します。一般に〈第一次… 今の混乱に陥る前、中東は比較的安定していました。その安定をもたらしていたのは、独裁的な政権です。 ... 紛争が拡大する懸念も出ています