新車で車を買おうとすると、軽自動車でも100万円以上しますよね。普通車になるとコンパクトカーでも200万円ぐらいします。ですが本音を言えば 100万円以内で良い車が欲しい! これではないでしょうか。そうなれば中古車を選択するのが賢明な選択です。 新車価格:362万2500円 ウルナラ , SUVやミニバンを新車で買うには300万円程必要です。しかし、これではかなりの出費になるので, そこでこの記事では、総額150万円以下で買えるSUVやミニバンを中心におすすめ中古車を紹介したいと思います。また安いだけではなく、燃費が良くて運転もしやすい車種をピックアップしました。, おすすめ車種の価格(*1)と、気になる実燃費(*2)についてはデータを掲載していますので、ぜひ車選びの参考にしてください。, *1:カーセンサー等の中古車検索サイト調べ 100万円で購入できる中古車を紹介。高年式で低走行のsuvやスライドドア装備のプチバン、燃費性能の高いハイブリッドカーや、2ドアスポーツカーまで、中古車市場で狙い目のおすすめ車種を厳選して新車価格と比較してコスパの高い車を集めました。 あ〜どうしよう。長期で借りるって言っちゃった【女性編集... えっ、欧州が一番乗り? N BOXしかないやろ .

【2020年版】総額100万円以下で狙えるオススメ輸入車10選|恋も遊びもエンジョイしたいオシャレ大学生へ/特選車 <<新型フィアット 500Xが欲しいけど予算オーバーなアナタに「フォルクスワーゲン クロスポロ」という救世主 | 中古ならなんと3000万円落ちも! ロジャムが放つ新型RAV4 50系用最新エアロ|ROJAM【Vol... カーセキュリティの正しい知識を身に着けて愛車を盗難から守ろう|ミラージュ【Vol... ハイゼット・カーゴとハイゼット・デッキバンをアゲ系カスタムで楽しむコンプリートカ... ハイエースベースの「釣りエースII」は釣り好きで車中泊好きな人のベストパートナー... 4×4オフロードの老舗「JAOS(ジャオス)」が放つJK&JL型ラングラー専用カ... 特徴的なフロントビューや乗り味など、新型デリカD:5ユーザーの気になるポイントを... 傷ついたエンジンの内壁を再生してくれるオイル添加剤「スーパーゾイルエコ」はファミ... ホイールの汚れやブレーキ鳴きに悩むVW(フォルクスワーゲン)オーナーにオススメの... 3ナンバーで5人乗り。日常使いもできるハイエースベースのキャンピングカー「リトリ... オトナの足元を演出するボルクレーシングGシリーズの2020限定モデルから目が話せ... オンロードでもオフロードでも使えるデザイン性と機能性を兼ね備えたロングセラーホイ... BMW M2 コンペティション用車検対応マフラー「VVV」(ヴィダブリュ)|FU... 扱いやすくて快適! ハイエース標準ボディがベースの8ナンバー登録キャンピングカー... 夏の暑さと日焼け対策の考え方を根本から変えるUVカット100%ウインドウフィルム... クルマアソビの可能性を無限に広げてくれる軽量で錆びないルーフラック「A-X(エー... 軽自動車からハイエース、SUVまで幅広くマッチングするカスタムホイール「DEAN... 楽しさ無限大! 軽トラカスタムのハードカーゴで遊びまくる!|ハードカーゴ【Vol... トヨタディーラーで買える安心感。日常にもキャンプにも大活躍のハイエースキャンピン... 【2020年最新版】軽自動車最新人気ランキングTOP30|人気の軽自動車を徹底比較, 日産、小型車ノート8年ぶりのフルモデルチェンジでe-POWER専用車に|価格205万円から, 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!. 春と言えば出会いと別れの季節、なんてことも言いますが、みなさんの中にも就職や転職、異動などで住み慣れた街を離れる人もいるのではないでしょうか?, 今回は、「引っ越しに伴ってクルマが必要になったけど、初めての愛車をどんな選び方で決めたらいいのかよく分からない」という人のために、独断と偏見でコスパがよくてお得に買えそうな中古車をジャンル別、予算別にご紹介します。, 2011年にハイブリッド車でも電気自動車でもない「第3のエコカー」というコピーで登場したダイハツ ミライース。特別な新技術を投入するのではなく、既存の技術を徹底的に見直し、車両の軽量化やトランスミッションの改良、エンジンの改良などで、従来比40%燃費性能を改善した「e:Sテクノロジー」を採用。JC08モード燃費で30km/L(2WD車のデビュー時。最終的に35.2km/Lまで向上)という低燃費を実現しつつ、70万円台からという低価格も実現していました。, 2013年には衝突回避支援システムの「スマアシ」を装着したグレードを追加設定。低燃費だけではなく、安全装備もおろそかにしていないという点も初めての愛車には重要なファクターと言えるでしょう。, 初代ミライースは、元々の車両価格が安かったこともあり中古車価格も安め。運が良ければ10万円台から探すことができます。100万円の予算があれば、登録しただけの登録済未使用車(いわゆる「新古車」)もグレードによっては狙うことも可能です。, 2004年デビューのデミオをベースに上質なコンパクトハッチバックとして仕立てたマツダ ベリーサ。2004年ということで、ベースとなったデミオは2代目(現行は4代目)とやや古いものの、2015年まで生産が続けられていたマツダの隠れたロングセラー車です。ドライブトレインは全車1500ccと4速ATの、やや古めかしい組み合わせ。そのため、燃費もそれほど良いものではありませんが、それを補って余りある魅力がベリーサにはあります。, 「シックで上質な個性」をコンセプトに作られたベリーサは、このクラスでは珍しい本革シート仕様車を用意したほか、ドア周りのウェザーストリップが二重構造となっていたり、ウインドウガラスに高級車に使われるのと同じ厚いものを採用していたりと、高い静粛性にこだわっているのもポイント。そのため、クラスを超えた質感の高さが魅力です。, マツダ ベリーサは10年以上販売されていたモデルだけあって、中古車の状態もさまざま。しかし多くの車両が100万円以内で購入できるものとなっています。, 本革シート仕様の「L」グレードも充分射程圏内ですが、本革シートは過去オーナーの使い方や手入れによって状態が大きく異なるので、実車確認は必須です。, 恐らくクルマにそれほど興味がない人でも知っていると思われるのがこのトヨタ アクア。2011年デビューと登場から時間が経っているにも関わらず、現在でも新車販売台数ランキングの上位にランクインし続けている大ヒット車種。その結果、中古車市場にも多くの台数が流れているため、好みの1台を探しやすいという利点もあります。, そんなアクアの魅力は何といってもその燃費。クラストップレベルの低燃費であるJC08モード燃費37.0km/L(最新モデルLグレード)を誇り、ボディサイズも運転しやすい5ナンバーサイズ。さすがに後部座席はやや狭さを感じるものの、前席メインの使い方なら不満が出ることも少ないでしょう。, タマ数は多いものの、人気が高いため圧倒的に安い個体がなかなか見つからないアクア。ボリュームゾーンは90万円からですが、実際には70万円くらいから現実的な個体を探すこともできそうです。なお、モデル途中で追加されたSUV風の“X-URBAN”は100万台前半から、スポーツグレードの“G’s”は150万円前後からといった状態となっています。, 1.4リッターターボを搭載したスイフトスポーツばかりが注目を集めがちなスイフトですが、スイフトスポーツの評価の高さはベースとなったスイフトのポテンシャルが高いからに他なりません。そんなベースとなったスイフトは、1.2リッターNA、1.0リッターターボ、1.2リッターのマイルドハイブリッドとストロングハイブリッドの4種類のパワートレインが搭載されていますが、どれも予算内で選ぶ事が可能。, また、スイフトの1.2リッターNAモデルでは、5速マニュアルが選択できるというのも見逃せないポイント。バリバリのスポーツカーじゃなくてもマニュアルトランスミッション(MT)で操る楽しみを味わいたい、という人にもオススメできます。また、現行モデルということで最新の先進安全装備が選べることも見逃せません。自動ブレーキや誤発進抑制機能のほか、車線逸脱警報機能やふらつき警報機能なども付き、アダプティブクルーズコントロールまでセットで付いてくる充実ぶりです。, 装備充実の上級グレードが全体の相場を持ち上げていますが、1.2リッターNAエンジンのベーシックモデルなら100万円以下から狙うことができます。さすがに先進安全装備付きはやや価格が上がりますが、それでも100万円台前半から。ハイブリッドや1リッターターボも130万円台から探すことができそうです。, 一昔前までは高級車と言えばセダンを指していましたが、いまやそのポジションにはミニバンが割り込みつつあります。現在では会社の役員車や芸能人の送迎車にも選ばれるほどで、その中でも圧倒的なシェアを誇るのがトヨタのアルファード/ヴェルファイアと言っても過言ではありません。2015年には3代目となる現行型がデビューしていますが、エクステリアデザインがかなりアクの強いものとなってしまったため、先代を求めるユーザーがまだまだいるようです。, パワートレインは3.5リッターV6と2.4リッター直4のガソリンエンジンと、2011年9月のマイナーチェンジで追加された2.4リッターハイブリッドの3種類。グレードにもよりますが、セカンドシートがキャプテンシートになる7人乗りとベンチシートの8人乗りが用意されます。後部座席の快適性は7人乗りに分がありますが、使い方にも左右されるところなので、買ってから後悔しないようにしっかり考えて選びましょう。, 20系アルファードはさすがの人気車種といった感じで、旧型ながら未だに高値安定。しかし100万円を切るものもチラホラでてきており、150万円以上の予算があれば選ぶ事も可能といった感じ。ハイブリッドモデルは後期型からということもあって180万円~といった状態ですが、それでも400万円超の車両だったことを考えればお買い得と言えるでしょう。, 現在、世界的な流行となっているクロスオーバーSUV。その勢いはまだまだとどまることを知りません。もちろん日本でもそれは例外ではありませんが、元々狭い道の多い日本ではコンパクトなものが特に人気となっています。, 中でも2013年にデビューしたヴェゼルは、デビューから時間が経過した現在でも販売台数ランキングに名前を連ねる人気車種です。フィットベース、と言われるヴェゼルですが、実はプラットホームやエンジン、センタータンクレイアウトなどの基本部分以外は専用設計であり、乗った印象もフィットとは一線を画すもの(ちなみに本当にフィットベースのSUVは南米市場で販売されているWR-Vとなります)。, ラインナップは1.5リッターのNAとハイブリッドの2種類で、ハイブリッドでも4WDが選べるのもポイント。フルタイム4WDではありませんが、降雪地帯などではアドバンテージがあるはずです。, ホンダ ヴェゼルは2016年2月の一部改良でホンダセンシングを装着したため、高年式車は高値の個体が多いですが、安いものでは140万円を切る個体もチラホラ。ハイブリッドモデルでも160万円台から探すことができます。, 4WDモデルは意外と台数が少なく、2WDの1/5程度ですが、激レアというわけではないので、じっくり探せばよい個体に巡り合えるハズ。, ■マツダ CX-3 vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較(2015年), 車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。