1998年の千葉ロッテマリーンズ(1998ねんのちばロッテマリーンズ)では、1998年の千葉ロッテマリーンズにおける動向をまとめる。 千葉ロッテマリーンズの90年代を語る時に避けては通れないのが98年の18連敗となる。6月13日のオリックス戦(当時千葉マリン)から始まり、7月8日のオリックス戦(当時gs神戸)まで続いた。ちなにこの期… ロッテはこの18連敗の間、シーズン通算23勝43敗1分、勝率.358まで戦績を落として最下位へ転落し、借金は一気に20まで膨れ上がった。全18敗のうち逆転敗戦は9、サヨナラ敗戦は4であった。 ロッテはこの18連敗の間、シーズン通算23勝43敗1分、勝率.358まで戦績を落として最下位へ転落し、借金は一気に20まで膨れ上がった。全18敗のうち逆転敗戦は9、サヨナラ敗戦は4であった。 ヤクルトは、本日(5/30)の広島戦(神宮)に0-13で敗れ、これで広島に3タテを食らい、, 思い出すのは、何と言っても、1998(平成10)年の千葉ロッテマリーンズの18連敗である。, あの時のロッテは、突如、地獄のような泥沼にハマリ、プロ野球ワースト記録となる、18連敗を喫してしまった。, 今回は、そのロッテ18連敗の軌跡を振り返り、如何にして、ロッテが泥沼を脱したのか、, <1998(平成10)年の千葉ロッテマリーンズ…近藤昭仁監督体制2年目、前年(1997年)最下位からの脱出と、上位進出を目指す>, 1993(平成5)~1995(平成7)年の3年間、横浜ベイスターズの監督を務めていた近藤昭仁が、新たにロッテの監督に就任したものの、, 残念ながら57勝76敗2分 勝率.429で、優勝した西武ライオンズに19.5ゲーム差を付けられる最下位に終わっていた。, 翌1998(平成10)年、近藤昭仁監督体制の2年目のロッテは、最下位からの脱出、そして、上位進出を目指していた。, 当時のロッテの中心メンバーは、Wエースの小宮山悟と、「ジョニー」こと黒木知宏で、2人が投手陣を引っ張り、リリーフエースの河本育之も、後ろに控えていた。, 打線では、3年振りにロッテに復帰した、フリオ・フランコが中心となり、他には小坂誠、堀幸一、初芝清、諸積兼司、立川隆史らが、脇を固めていた。, <ロッテ、エース・黒木知宏の快投で、序盤は好調をキープ!!「ビッグバン打線」の日本ハムを追い掛ける>, 特に、「ジョニー」こと黒木知宏は、開幕から絶好調で、エースとしてロッテ投手陣を引っ張った。, なお、この年(1998年)のパ・リーグは、上田利治監督率いる日本ハムファイターズが、, 前年(1997年)まで、首位争いの常連だった西武やオリックスが低迷する中、日本ハムは快調に首位を走っていたが、, 6月12日、ロッテのエース・黒木は、完投勝利を挙げ、パ・リーグのトップタイに並ぶ6勝目を挙げた。, 黒木は、ストレートの急速は140km台後半を連発する、絶好調のピッチングだったが、, しかし、この時の勝利を最後に、ロッテが長い連敗の泥沼に入り込んでしまうとは、一体、誰が予想したであろうか?, 翌6/13以降、ロッテは、突如として、長い長い連敗のトンネルに入り込んでしまった。, 【ヤクルト14連敗】今、振り返る…1998年のロッテ18連敗【頑張れ!!スワローズ】 | 頑張れ!法政野球部 ~法政大学野球部と東京六大学野球について語るブログ~, ちょっとした綻びが、どんどん大きくなり、気が付けば負け続けてしまった、という状況であった。, そして、徒(いたずら)に連敗を重ねるロッテに対し、ファンの苛立ちもどんどん大きくなって行き、, しかし、これはプロ野球の体制が整っていない、黎明期のお話であり、長期1シーズン制が行われたわけではなく、, 法政大学野球部を中心として、東京六大学野球についての様々な事柄について、思いつくままに書いて行くブログです。, 6/30 ▲ ロ5-5西 7回まで2点リードも八回に薮田がつかまりドロー。中村投手コーチが更迭される。, <1997(平成9)年以前のプロ野球連敗記録は、大東京軍(1936年)とヤクルト(1970年)の「16連敗」>, 結局、ヤクルトは長期1シーズン制ではワースト記録となる「16連敗」で、シーズン通算でも33勝92敗5分 勝率.264、優勝した巨人との差は45.5ゲーム差という、記録的な大惨敗に終わった。, <連敗地獄に苦しむ1998(平成10)年ロッテに、ファンが一致団結して大声援!!「マリサポ」に注目が集まる>, 当初、長く続く連敗に苛立っていたロッテファンも、連敗が続くにつれて、各球場で一致団結して、マリーンズに大声援を送るようになった。, <7/7「七夕の悲劇」…エース・黒木が、9回2死、勝利目前で、プリアムにまさかの同点2ランを浴びる…>, <7/9、エース・小宮山の完投勝利で、ロッテが遂に「18連敗」でストップ!!近藤監督の「20連勝宣言」も飛び出す>, 「エースなら、あんな姿を見せてはいけない。試合は終わってないのに、戦いを放棄するな」, その2日後(7/9)の試合で完投勝利を挙げ、遂にロッテの「18連敗」をストップさせてみせた。, <各球団の連敗記録と、2年前(2017年)のヤクルト14連敗…明けない夜は無い!!>, あの時のように、今こそヤクルトファンは一致結束して、スワローズを応援して欲しい、という気持ちからである。. 【ヤクルト14連敗】今、振り返る…1998年のロッテ18連敗【頑張れ!!スワローズ】. 14連敗⇒ロッテファンの友人を試合に誘うが拒否される 15連敗⇒球場の子供の比率が少なくなっているのを実感する ... 18連敗⇒スポーツ新聞を全部買う 19連敗⇒マリーンズファンである自分に感謝する ※先発薮田が6失点でついに18連敗。 この年、ロッテは最下位ながら打率1位、防御率2位。61勝71敗3分だったが18連敗を抜きで見たら61勝53敗3分と決して力のないチームではなかった。 写 … 日本記録の「18連敗」を記録した1998年ロッテは、その比ではなかった。 連敗を16で止めるべく登板したエース・黒木知宏が9回2死2ストライクまでリードしながら、“最後の1球”で同点2ランを被弾―─黒木はマウンド上に崩れ落ち、ナインも呆然とするばかり。 元千葉ロッテのエース“ジョニー”黒木が語る、1998年千葉ロッテ18連敗を踏まえた『パワプロ』e日本シリーズ by 堅田ヒカル 編集部 2019.01.04 12:00 この千葉ロッテマリーンズの18連敗(1引き分け挟む)も 日本中が注目していました。 今こそ18連敗ロッテを振り返ろう! 66 :神様仏様名無し様:05/03/12 21:34:41 ID:ZxJUqiuq >36 その試合で逆転満塁ホームランを打ったのは佐藤幸彦のはず。

プロ野球・千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供します。 以下、まずは ロッテ18連敗の軌跡 について、記しておく事とする。 6/13 ロ4-6オ 先発小宮山、5回途中5失点の大乱調で逆転負け。 6/16 ロ8-12近 二桁18安打も中継ぎ陣が総崩れ、四併殺の拙攻も響いた。 この千葉ロッテマリーンズの18連敗(1引き分け挟む)も 日本中が注目していました。 今こそ18連敗ロッテを振り返ろう! 66 :神様仏様名無し様:05/03/12 21:34:41 ID:ZxJUqiuq >36 その試合で逆転満塁ホームランを打ったのは佐藤幸彦のはず。

――黒木さんは、2018年11月10日の開幕戦から解説をされていました。eBASEBALL パワプロ・プロリーグについて全体的な感想をお願いします。 黒木まず、この大会に向けて選手たちが、しっかりと準備しているということを感じました。野球というものをちゃんとわかったうえで選手をうまく起用して、その選手たちを動かしていく能力の高さというものを、今回すごく感じました。 ――黒木さんご自身は『パワプロ』やテレ … Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. テンプレートは 18連敗 のプロ野球記録を持つ千葉ロッテマリーンズ *2のものだが、内容はその時連敗しているチームによって適宜改変される。 3連敗⇒特に何も思わない 記録には様々なものがあるが、千葉ロッテマリーンズにとっては、あまりにも辛い記録がある。 それは、1998年06月13日から始まった連敗である。 結局、連敗は翌月の8日まで続き、現在の日本プロ野球最多連敗記録18を達成してしまった。 記録には様々なものがあるが、千葉ロッテマリーンズにとっては、あまりにも辛い記録がある。 それは、1998年06月13日から始まった連敗である。 結局、連敗は翌月の8日まで続き、現在の日本プロ野球最多連敗記録18を達成してしまった。