2008年に発生したリーマンショックによって、多くの会社が倒産を余儀なくされ、多くのサラリーマンが職を失うこととなったのです。, 何の備えもしていなかった人たちは、会社に言われるがままにリストラに遭い、新しい職を見つけることもできず、生活を送ることすら危機的な状況であったことでしょう。, しかし、なぜアメリカで発生したリーマンショックの影響が日本にまで飛び火したのでしょうか?, 今回の記事では、何故リーマンショックはあれほど大きな影響を日本に及ぼしたのかについて整理します。そして、再び経済危機が発生したとき、あなたが生き残るにはどうすればよいのか、一緒に考えていきましょう。, 日本はリーマンショックの原因となった「サブプライムローン」にあまり関わっていなかったため、直接的なダメージはそれほど大きくないだろうという見通しがありました。, というのも、日本人は1990年代に日本国内の不動産や株のバブルとその崩壊を体験しています。この教訓から、アメリカの加熱しすぎている不動産バブルには慎重な見方の人が多かったのです。, そのため、はじめは対岸の火事のようにあまり影響しないだろうと考えられていましたが、経済危機が深刻になるにつれて、結局は日本もその渦に巻き込まれてしまいました。, 具体的に数字で見てみると、日本の株価や景気の指標ともいえる日経平均株価がリーマンショックによって約13500円から約7000円まで下げています。, つまり、日本の大企業の株価がほとんど半分になってしまった、もっと簡単な言い方をすれば、日本のほとんどの会社の価値が半分になってしまったということになります。, 冷静に考えて大変恐ろしい事態、これが「リーマンショック」の日本における影響だったのです。では、なぜサブプライムローンに直接関わっていない日本の景気まで悪くなってしまったのでしょうか?, 世界には日本円の他にドルやユーロといった様々な通貨がありますが、日本の円はその中でも「安全資産」と呼ばれています。そして、安全資産はこのような大規模な経済危機や戦争、テロなどの非常事態の場合に買われる傾向があるのです。, 例えるなら、ユーロやドルは家の外で、円はあなたの自宅です。普段は外に出て活動しますが、突然の大雨が起きたらとりあえず安全な自宅に帰ると思います。, これと同じように、リーマンショックでも、持っている資産をとりあえず比較的安全な日本円に両替しておこうという人が多かった。, それによって、円が買われていき、どんどん円の価値が上がる、つまり「円高」へと変化したのです。1ドル110円だった円はリーマンショック後に1ドル80円台まで下がっております。, 日本の貿易を全体で見てみると、自動車や鉄鋼などを輸出して収益を上げています。そのため、円高の状況は輸出企業には圧倒的に不利なのです。, わかりやすくするために自動車の例で考えてみましょう。アメリカで、1台1万ドルの価格で売られていた日本車は、リーマンショック前は日本円にすると110万円で売られていたることになります。, しかし、この状況が1ドルが80円になると、1台当たりの値段は80万円まで下がってしまい、結果的に同じものを作っているのに30万円分利益が減っています。, そして、このような利益が出にくい状況が発生すると、輸出で成り立つ製造業の業績は悪くなります。, すると、これらの製造業を営む会社の経営者は「原材料や人件費などが円高で高くなってしまう日本で作って輸出するのではなく、実際に売る場所やコストがかからない地域で作ろう」という考えになります。, このように製造業が海外生産の方針に転換すると、大企業の工場がそろって海外に移転するという「産業の空洞化」が発生し、その大企業の下請けなどの形で生計を立てていた中小の企業は仕事がなくなり、結果として倒産してしまいます。, さらに、この影響は製造業だけにとどまらず、日本全体の経済に飛び火していきました。このことについて、【続きの記事】で説明させていただきます。(⑥に続く), カネスタってどう?話題のオンラインマネースクールの無料コースを受けた感想とデメリット. 今回の記事では、何故リーマンショックはあれほど大きな影響を日本に及ぼしたのかについて整理します。 そして、再び経済危機が発生したとき、あなたが生き残るにはどうすればよいのか、一緒に考えて … リーマンショックとは大手証券会社のリーマン・ブラザーズがサブプライムローンの巨額の損失によって経営破たんし、世界に大きな影響をもたらした金融危機です。その原因と一連の出来事について深く掘り下げます。 リーマンショックの影響で日本経済はどう変わったのか? 日本の金融機関はあまりサブプライムローンに着手していなかったため、 外国為替市場において円買いの流れが起こりました。 2011年3月には史上最高値となる1ドル76円まで円高が進みました。 ※リーマンショックについてアニメで学びたいという方は「【リーマンショック解説①】サブプライムローンが悲劇の始まりだった」をご覧ください。, リーマンショックとは2008年9月、大手投資会社リーマン・ブラザーズが経営破たんしたことで起きた、世界的な経済危機のことです。アメリカ市場のみならず世界の市場が混乱に陥り、株価が急落しました。, しかしリーマンショックは突然起きたわけではありません。リーマン・ブラザーズが破たんするより早く兆候が表れていました。, リーマンショックで一切の財産を失った人もいますが、その兆候に早く気付いていればリスクを回避できたかもしれません。, この記事では、日本経済まで大きな影響を及ぼした、リーマンショックの本当の原因は何だったのかを掘り下げます。, リーマン・ブラザーズはドイツからの移民だったリーマン兄弟によって創業され、数々の大手企業と買収や合併を繰り返し、アメリカの投資銀行の最大手になった会社です。, リーマンショックの引き金を引いたリーマン・ブラザーズの破たんより前に、アメリカや世界にどんな兆候があったのでしょうか。, 2007年4月、サブプライムローン※を提供する、アメリカでトップクラスの大手銀行ニューセンチュリー・ファイナンシャルが破たんしたのです。, 2001年ごろから始まった、アメリカの低所得者(サブプライム層)向け住宅ローンのこと。, サブプライムローンはもともと返済能力が低い人が利用していたため、債券が回収できなくなり資金繰りが悪化していました。, 2007年2月に、アメリカ市場ではサブプライム融資関連株が急落。さらに影響は拡大し、NYダウは前日比100ドルを超える下げ幅を記録するなど、関連銘柄も大きな影響を受けました。, 次は2007年7月アメリカの大投資会社「ベアー・スターンズ」が実質的に破たんしました。, 危機に瀕する直前まで、ベアースターンズは黒字見通しを発表していたにもかかわらず、わずか数日で資金繰りが悪化。, 170億円あったはずの資金はあっという間に底をつき、破たんは急転直下の勢いででやってきました。, 原因は徐々に表面化してきたサブプライム損失を危うく思った顧客や貸し手がベアー・スターンズから資金を撤収し、さらに金融機関が一斉に返済を迫る「取り付け騒ぎ」が起きたためです。, しかしベアー・スターンズは危機に瀕した直後、アメリカの銀行最大手、JPモルガン・チェースにタダ同然の破格値で買収され、なんとか一命をとりとめました。, 2007年8月、BNPバリパ(フランスに本拠のある金融グループ)がサブプライム問題を深刻に受け止め、パリバ傘下のミューチュアル・ファンドが投資家からの解約凍結を発表したことで、大混乱になりました。, かねてから懸念材料のあったサブプライム関連商品が含まれた投資信託を、解約したくても解約できない事態に陥ったのです。, 2007年8月9日に解約の凍結が発表されたことで為替相場は急変、欧米株は急落、14日の日経平均は一時、600円安と深刻な事態に陥りました。, リーマンショックはアメリカのサブプライムローン問題が元凶。ここではどのようなメカニズムでこの問題が深刻化していったのか解説します。, 好景気に沸いていたアメリカは2000年ごろから住宅ブームが起きていました。建てた家が売れ残らないよう低所得者でもローンで家が買えるようにしたことで、ますますブームは過熱しました。, ローンの金利が高くなっても、この時期アメリカの地価や住宅価格がどんどん上昇しているので、利用者が損をすることはないだろうと楽観的に考えられていました。, このようにサブプライムローンは「おいしい話」で塗り固められていたので、誰もが一斉に飛びついたとしても無理はありません。, 一方で、ローン会社は債券を銀行に売り、銀行は債券を証券化して投資家が買えるようにしました。MBS(モーゲージ債)と呼ばれた金融商品です。, さらにMBSやほかのローン商品とごちゃまぜにしたCDO(債務担保証券)という怪しげな金融商品も発売され、リスクが低くリターンの高いデリバティブ(金融派生商品)として大人気になりました。, ローンをただ転がしただけなのに、大きなお金を生み出すことに成功したのです。しかしここで注目すべきはローン会社の怠慢です。, ローン会社は結局債券自体をほかの会社に売り飛ばしてしまうので、ローンを組む人がどんな支払い能力が低くても気にしませんでした。, 当時ムーディーズやスタンダード・アンド&プアーズ、フィッチなどの格付け会社は、サブプライムローンの中身が空っぽなのにもかかわらず、この債券に「AAA」という最高ランクを付けていました。, 当然サブプライムローン債権を保有する多くの投資家や銀行はリーマンショックで大きな損失を出しました。, なぜアメリカの代表的な格付け会社が、中身のない金融商品に「AAA」という最高ランクを付けたのでしょうか?, それは会社の根底にある「売れればどんな手を使ってもいい」という無責任な考え方と、アメリカを牛耳る大手企業の抜き差しならない利害関係があったのです。, 大手銀行のゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズ、メリル・リンチ、・ベアー・スターンズというサブプライム・ローンの立役者と、JPモルガンなどの金融複合企業、さらにムーディーズなどの格付け会社はサブプライム関連商品を売って大儲けするため、水面下で結託していました。, そのため格付け会社が、サブプライム関連の商品に「AAA」という最高評価を付けていたのです。, この評価を信用した多くの人々がなんの疑問も持たずサブプライム・ローンを組み、多くの投資家がデリバティブの購入に誘導されました。そしてリーマンショックの傷はどんどん深くなっていくのです。, ローン利用者はもともと返済能力の低い人だったのですから、返済が滞るのは当然ですね。, ローンが返済不可能になると債券はたちまち不良債権化し、各地でサブプライム問題が一気に表面化するとともに、世界経済の不安材料となってしまったのです。, 前章で説明したベアー・スターンズの実質的な破たんや、パリバショックが起きたのはちょうどこの頃です。, 投資家が自分の持っている証券にサブプライム関連債券が混じっていることを知り、損失を恐れ慌てて売りに転じたことで市場は大混乱しました。, ローン引き受けの筆頭だったリーマン・ブラザーズは、もろにこの影響を受けました。リーマン・ブラザーズはアメリカで第四位の大手証券会社でしたが、負債総額は6130億ドル(約60兆円)という莫大なものでした。, しかしベアー・スターンズのときと同じようにリーマン・ブラザーズも、アメリカの代表的な銀行や証券会社に買収され、危機を乗り切るかと思われていましたが、結局のところ買収は見送られました。, アメリカ政府が公的資金を投入するなどの救済策を講じないと発表した影響も大きいのですが、何よりリーマン・ブラザーズの抱え込んだ負債が途方もない大きさだったからです。, サブプライムローンで損害を被った金融機関はリスクを恐れず、レバレッジ※を何十倍もかけて金融商品を売っていました。, 取引する金融機関に証拠金を預け、自己資本の数倍から数十倍の金額の取引をすること。例えば100万円の証拠金を預け、10倍のレバレッジをかければ、1,000万円の取引が行えます。, 大きな利益を期待できる反面リスクも大きく、判断を間違えば資本金を大きく損なう危険もあります。, リーマンショック時には、多くの金融機関が30倍~40倍のレバレッジをかけていたといいます。中身のない金融商品で、大きく儲けようとした結果だったのです。, 世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェット氏は、「デリバティブは殺傷力の高い危険な武器である」とかねてより警鐘を鳴らしていました。, アナリストや指標を信じすぎるのではなく、自分なりの分析力を磨くことが事故を未然に防ぐ保険にもなるんだ。, リーマンショックを予知できたとしたら、私たち個人投資家はまず何をしたらよいでしょうか。, ひとまず自分の持っている株の中にサブプライムローン関連の怪しい証券や債券が含まれていないか確認し、自衛策のために早めに売りますね。, しかしこれは防衛のための一手です。未曾有の株価大暴落を目前にした「攻めの一手」に何があるか紹介します。, 先ほど説明したように、リーマンショックの予兆は随所に現れていました。経済新聞やニュースを見てアンテナを張り巡らせていれば、ある程度予測がついたことです。, 金融機関から株を借りて「売り」、予想通り安くなったら「買い」戻して金融機関に返します。売買金額の差額で儲けを出すやり方で、信用取引といいます。, 信用取引についての詳しい解説は「信用買い、空売りとは?株初心者向け信用取引の基礎知識」を参考にしてください。, しかし借りた株は返済期日を過ぎると自動的に決済されていしまうので気を付けましょう。暴落の予兆が表れたといってもあまり早い時期から空売りを入れていると、返済期日6か月を過ぎてもまだ暴落しない、なんてことにもなりかねません。, また信用売りには年率で何%(証券会社によって違いがあります)という貸株料がかかります。株を借りている期間が長いと貸株料も多くかかるので注意しましょう。, むさし証券のインターネット取引「トレジャーネット」は、信用取引にかかる手数料や貸株料が安いメリットがあります。, 実際に株取引をしている人なら、むさし証券の手数料や信用取引金利が格安なのがわかるのではないでしょうか。, コストをかけずに、信用取引にチャレンジしてみたい人は、ぜひこちらからむさし証券に口座開設してみてくださいね。, ただ信用取引口座を開設するには「信用取引についての理解はあるか」「保証金が用意できるか」などの審査基準があるから気を付けよう。, 実際のところ、サブプライムローンにはあまり関係していなかった日本は影響が少ないといわれていました。しかし影響が少ないどころか、リーマンショック後3年半近くもの長い間、日経平均株価が低迷するほど深刻な不況に陥ってしまいました。, サブプライム問題の噴出からリーマン・ブラザーズの破たんが原因で米ドルが極端に売られ、代わりに買われたのが財政が安定していた日本円だったのです。, 1ドル104円で取引されていた為替レートが、2008年12月には87円まで円が買われ、急激な円高にシフトしました。, そのせいで日本の輸出産業は大打撃を受け、リーマンショックに直接関係していないにもかかわらず日本市場も大暴落しました。, 円高が進むと輸出産業が大損するので、日経平均株価も引きずられるように株価を下げてしまうんです。, 日本市場が低迷しているさなか、最もダメージを受けた当事国であるにもかかわらずアメリカは経済危機をうまく脱し、順調に株価を回復しました。, 移民が多く少子化問題のないアメリカは、GDPも順調に推移し経済危機を脱する条件がそろっていました。, またリーマンショック後、アメリカ経済はFRB議長のベン・バーナンキがリーダーシップをとったことで、いつまでも不況が長引くことがありませんでした。, そのせいでベン・バーナンキは「ヘリコプター・ベン」とか「ヘリコプター印刷機」というあだ名が付いたほど。ここからもアメリカ政府の徹底的なデフレ抑制対策が取られていたことが分かります。, 一方日本は、泥沼の株価低迷からなかなか脱することができませんでした。2011年には東日本大震災に続き、福島第一原発事故が起こり、日本経済は大打撃を受けます。, ようやく不況から回復したのは、2013年日銀の金融緩和政策により、円安に傾き始めたことが大きく関係しています。, 国債の値段が急上昇したことで一気に円安と株高がもたらされた。「日銀のじゃぶじゃぶ金融」とも揶揄されたが、カンフル剤的な金融政策に大きな効果があったことは日経平均チャートを見ても明らかだな。, リーマンショックは「不況」ではなく「恐慌」のレベルだといわれています。しかしどんな経済危機でも過ぎてしまえば、いつの間にか危機は脱していたことに気付きますね。, しかし過去のこととして済ませてしまっては、今後必ず起こるといわれている大きな波乱に備えることはできません。, リーマンショックの元凶となったサブプライムローンは、住宅ローンの異常な加熱から始まりました。ここから異常な過熱感は、大きな反動が必ずやってくるという忠告を読み取ることができます。, 自らの資産を守るため、私たち投資家は常に不安材料がないか目を光らせ、市場の過熱感に敏感になることが必要な心構えだということです。, だがこれはまだ悲劇の序章にすぎなかった。この約一年後にもっとひどい金融危機が世界を襲ったんだ。世界を揺るがした混迷と波乱へのカウントダウンが、ついに始まったんだ!, 投資家は債券を信用し、なんの疑いも持たず次々に債券を購入しました。ムーディーズなどの格付け会社の信用度が高く、アナリストや投資家の判断材料となっていたためです。, 住宅供給もすでに飽和状態に達し、買い手がつかない家があふれました。頼みの綱の地価や不動産価格も暴落し、たくさんのローン利用者が家を手離さざるを得ない状況に。, 信用取引は上がるか下がるかわからない株に、「買い」と「売建て」の両方をいれることで、予想に反して株価が下落したときに損をしないよう、保険としての使い方もできるんだぞ。, ベン・バーナンキはデフレ克服のため、「ヘリコプターからお金をばら撒くように」豪快に、あらゆる債券や証券を買いまくりました。またドルの希少価値が薄まってドル安が進むよう、刷れるだけのドルを刷りまくったのです。, 日銀の黒田総裁の打ち出した金融政策では、毎年国債を50兆円ずつ買い上げ、ETF(上場投資信託)を1兆円、リート(不動産投信)を300億円ずつ買い集める量的緩和政策が行われたぞ。, この記事ではリーマンショックが起きた当時のアメリカや日本の情勢について、時系列で説明してきました。.