スズキラパンが7年ぶりのフルモデルチェンジをしました。そんな新型ラパンの口コミ、評判、評価を調べました!人気色や納期、値引き、乗り心地、広さなど徹底的に調査したので参考にしてくださいね! 新型アルトラパンは、同じく改良された「アルト」とあわせ2020年10月14日に発売。 価格は1,210,000円~1,520,200円となっています。 スズキ・アルト ラパンのマイナーチェンジに関する情報。2019年一部改良をした新型モデルについて紹介します。次期ラパンに搭載予定のマイルドハイブリッドシステムやデュアルセンサーブレーキサポートなど、「可愛い」以外の魅力も追求する見込み。2018年12月6日に誕生した特別仕様車「MODE」の特徴についても紹介します。, 2002年1月に初代モデルが誕生したラパンは、特に女性からの人気が高いスズキの軽自動車です。, 現行型は2015年6月に販売を開始したHE33S型で、2018年12月に特別仕様車「モード」を発売、2019年6月には一部改良が行われています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あなたは今まで、車を買い換えるときディーラー下取りに出してきましたが、それは確実に損しています。, 僕のの愛車であるワゴンR(5年落ち4.5万キロ)を査定したところ、78万円の値段がつきました。. 2019年6月に行われた一部改良の内容、2018年12月6日に発売された特別仕様車「MODE」の情報もまとめています。, ラパンがベースグレードLと上級グレードX、モードグレードに一部仕様変更を行いました。販売価格はベースグレードのG以外が値上がりしています。, Lとモードのグレードにはリモート格納付の電動格納式リモコンドアミラーを追加、LとXにはステアリングオーディオスイッチを追加、Lにはフルオートエアコンも追加しています。 ラパンのマイナーチェンジは、発売から5年が経過する2020年に実施される見込みです。, マイナーチェンジによって誕生する新型ラパンの特徴を予想も交えつつ紹介。 スズキラパンが7年ぶりのフルモデルチェンジをしました。そんな新型ラパンの口コミ、評判、評価を調べました!人気色や納期、値引き、乗り心地、広さなど徹底的に調査したので参考にしてくださいね! 改良により魅力をアップしたスズキ新型アルトラパンについて、燃費や価格などを最新情報からご紹介します。, スズキ・アルトラパンは、スズキの軽自動車ラインナップの中でエントリーラインとして設定されている「アルト」をベースにデザイン性をアップしたモデルとして設定され、その軽快さと選びやすい価格が人気になっています。, 改良された新型アルトラパンでは安全装備が強化され、より安心して運転を楽しむことができるようになっています。, 【スズキ新型アルト最新情報】2019年フルモデルチェンジ!アルトワークスのスペックやハイブリッド燃費、価格、発売日は?, スズキ新型アルトラパンの外装は、「ぬくもりのあるカタチ」をコンセプトに、「四角いカタチ」「レトロな雰囲気」「シンプルな造形」が追求されています。, フロントグリルはシルバーのボリュームあるラインを中心に、格子状の細いラインで支えることでモダンなスタイルになっています。, ルーフカラーには、ボディを上下に色分けするホワイトの2トーンが設定され、淡い色合いのボディカラーの魅力をより楽しむことができるようになっています。, 新型ラパンモードは「S」グレードをベースに制作され、「もっと違うラパンが欲しい」「かわいいだけじゃなくて大人っぽさが欲しい」といったユーザーの声を踏まえ、シックでクールな印象の中にも女性らしいかわいさを感じられる「大人かわいいラパン」をコンセプトに採用。, エクステリアには、専用のメッキフロントグリルやウサギのマークをブルーに着色したフロントのラパンエンブレム、シルバーとホワイトの14インチ2トーンフルホイールキャップ、文字部をブルーに着色したバックドアのMODEエンブレムを採用。, 2トーンのフルホイールキャップに映えるブルーメタリックのラパンマークをあしらったデカールも新たに設定されています。, ボディカラーは、落ち着いた色合いの「ノクターンブルー」をはじめとしたモノトーン5色のほか、ホワイト2トーンルーフを3色設定して、計8パターンをラインアップ。, インテリアには、ブラックパールのインパネガーニッシュとブラックのエアコンルーバーを特別装備するとともに、インパネオーナメントを専用のヘリンボーン木目調に変更。, さらに、シートファブリック、シートパイピング、ドアトリムクロス、フロアマットを専用のネイビーで統一し、ベージュ内装との“鉄板コーディネート”として、落ち着きと上質感のある特別な空間を演出。, その他、ナノイー搭載のフルオートエアコンやステアリングオーディオスイッチ、インパネシフトガーニッシュ(一部シルバー塗装)、助手席シートヒーターといった特別装備を採用して快適装備も充実しています。, ルーフをホワイトとした2トーンカラーも設定され、好みにあわせて選択できるようになっています。, スズキ新型アルトラパンのボディサイズは、全長と全幅が軽自動車規格を一杯につかったサイズとなっています。, 全高はベースになっているアルトから25mm大きくとられ、余裕がある室内空間を確保。, 車体はアルトからくる最新のプラットフォームにより650kgと軽自動車最軽量まで軽くされ、軽快な走りと低燃費が両立されています。, スズキ新型アルトラパンの内装は、外装とイメージをあわせたレトロでシンプルなデザインが特徴になっています。, 無機質なイメージになりやすいインフォテイメントシステムやメーターも専用にデザインとされ、空間との調和を重視。, インパネの中心には家具のような自然な風合いを持つパーツを採用し、落ち着いた空間に仕上げ。, ルーフもキルティングをイメージしたデザインとすることで、親しみやすさがつくられています。, 新型アルトラパンで大きくなった室内空間は、多彩なシートレイアウトにより使い勝手がアップされています。, スズキ新型アルトラパンのパワートレインには、減速時のエネルギーを電装品のほか、アイドリングストップからのエンジン再始動に使用する「エネチャージ」が採用されています。, トランスミッションにはCVTのほか、エントリーグレードに5速マニュアルトランスミッションを自動で変速する「5速オートギヤシフト(5速AGS)」を設定。, オートマチック限定免許で運転でき、マニュアルトランスミッションに近いキビキビとした走りを楽しむことができるようになっています。, スズキ新型アルトラパンの燃費は、軽量な車体や高効率なパワートレインにより、最高35.6km/Lと低燃費になっています。, エントリーグレードのみに使用されている5速AGSトランスミッションは燃費が低下しますが、ベースになっているマニュアルトランスミッションのダイレクトさを活かし、29.6km/Lとダウン幅が抑えられています。, スズキ新型アルトラパンの安全装備には、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」として、最新システム「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などが全車に標準装備されました。, アルトラパンにはこれまで、30km/Lまでの速度で衝突を回避するレーダーブレーキサポートが搭載されていました。, デュアルセンサーブレーキサポートは、車両や歩行者を検知し、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、標識認識機能[車両進入禁止、はみ出し通行禁止、最高速度]など、最新の安全機能が提供されます。, スズキ新型アルトラパンには、現行モデルのアルトが初採用車となった新型プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されています。, 構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状になっています。, 前モデルから曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上しながらも、現行モデルで車重を710kgから650kgまで大幅に軽量化。, 足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。, フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上しています。, アップ幅は3万円ほどとなっており、価格を抑えながら最新システムが全車標準装備されています。, スズキはユーザーの9割以上が女性となっているアルトラパンの安全装備を充実することで、より魅力をアピールしていきたい考えです。, スズキ・アルトラパン(ALTO Lapin)は、初代が2002年に登場した軽自動車です。, モデル名の「Lapin」はフランス語で「うさぎ」を表し、エンブレムにはうさぎのモチーフが使用されています。, 初代はランチボックスをモチーフとした丸みのある箱型の外観デザインとし、低めの車体高で広い室内空間を確保したパッケージングに、家具や雑貨などを連想させるデザインのパーツを採用。, 主力車種のアルトのユーザーが男性や高齢者に移行していたことから、改めて若い女性層にターゲットを当てて開発されました。, 開発コンセプトは「ゆるさ」とされ、静粛性・乗り心地・使い勝手の良さに配慮して「自分の部屋にいるようなくつろぎと心地よさ」がアピールポイントとされました。, また、多彩なモデルが用意されたことも特徴となっており、ターボエンジンを搭載し男性をターゲットとしたスポーツモデル「SS」、キャンバストップを装備した特装車「キャンバストップ」、現行モデルで復活した「モード」などをラインナップ。, 2008年に登場した2代目では、前後の車軸間距離(ホイールベース)を延長することで室内空間を拡大。, 2013年の改良時には、丸型のヘッドライトや専用のデザインを採用した「ラパン・ショコラ」が設定され、2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。, 2015年に登場した現行モデルの3代目では、2代目のユーザーの9割は女性であり、うち6割が20代から30代の若い女性であったことから、社内の商品企画や技術企画のスタッフなどで構成される「女性ワーキンググループ」を立ち上げ。, この中で、購買層の中心となる若い女性が「可愛いものは好きだけど、子供っぽいのは好きじゃない」「ナチュラルである。シンプルである」と考えていたことから、マーケティングの方向性が2代目の派生モデルである「ラパンショコラ」とほぼ同じとなり、「ラパンショコラ」は3代目へのフルモデルチェンジに合わせて廃止。, ラパンショコラからくる丸型のヘッドライトや上質さをアップしたデザインなどが、ラパンのベースモデルに採用されました。, 新型スズキ・アルトラパンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 新型ラパンは、最もお手頃なもので約107万円から購入することができます。 ボディにはハーテクトが採用されていますので、車の安定性に優れていることはもちろんのこと、ハーテクトに合わせてサスペンションも改良されていますので、乗り心地も快適です。 Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. 以下からは、マイナーチェンジで誕生する新型ラパンのスペックについて、予想も交えて紹介していきます。, 次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンは、2017年12月にフルモデルチェンジを実施したスペーシアのように、デュアルセンサーブレーキサポート等の先進の予防安全技術を搭載する可能性が高いです(追記:2019年6月の一部改良で搭載済み)。, 2015年に発売された3代目ラパンは、フロントガラスに搭載されたレーザーレーダーによって、対象物と衝突する危険性が高い場合に自動ブレーキをかける「レーダーブレーキサポート」を採用しています。, 一方、「デュアルセンサーブレーキサポート」は、レーザーレーダーだけではなく、単眼カメラもセンサーとして搭載します。レーダーレーサーと単眼カメラ双方の特徴を組み合わせることで、「デュアルセンサーブレーキサポート」はより優れた予防安全性を発揮できるのです。, その他、スペーシアが軽自動車として初搭載した、リヤバンパーに4つの超音波センサーを内蔵させて車両後方部にある障害物を検知、衝突を回避する「後退時ブレーキサポート」の導入も期待されます(追記:一部改良でデュアルセンサーブレーキサポートとともに搭載済み)。, 次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンは、スズキの次世代テクノロジー「マイルドハイブリッドシステム」を搭載する可能性があります。, スズキは、ISGモーター機能付発電機と専用リチウムイオンバッテリーによって、減速時に発生するエネルギーを発電・充電に利用。加速シーンなどでモーターアシストを行って低燃費を実現させる「マイルドハイブリッドシステム」を得意とします。, 軽自動車の中でも車両重量が軽く、ボディサイズも小さいラパン(2WD)はJCO8モードで35.6km/Lと軽自動車トップクラスの燃費の良さを誇ります。, ラパンにマイルドハイブリッドシステムを搭載すれば、カタログ数値で「40km/L」と大きなインパクトを出すことも可能。「軽自動車で最も燃費が良いクルマ」として注目を浴びる革新的なモデルとなるでしょう。, 次期マイナーチェンジで誕生する新型ラパンが、デュアルサポートブレーキサポートやマイルドハイブリッドシステムを搭載したとしても、販売価格は10万円以内の上昇で抑えられる見込みです。, 販売価格の上昇が10万円以上であれば、デュアルセンサーブレーキサポートやマイルドハイブリッドシステムを搭載することのメリットよりも、価格上昇のインパクトの方が勝ってしまいます。, また、デュアルセンサーブレーキサポートなどの最先端の安全装備は、他メーカーも積極的に自社モデルに採用していますが、価格は極端に上昇させないのが通例です。, ラパンSSとは、初代ラパンに追加されたラパンのスポーツモデルです。ターボエンジンを搭載し、足回りを強化。キビキビした走りが特徴的で、現行型で消滅しているラパン唯一のマニュアル車でもありました。, 2008年11月にラパン初のフルモデルチェンジが実施された際に「SS」は廃止されましたが、現在も価格の安い軽自動車スポーツカーとして、中古市場で高い人気を誇っています。, ラパンSSが復活すれば、かつてSSに乗っていたユーザーや価格の安いスポーツモデルを求める若い男性にとっては朗報です。また現在のラパンのメインユーザーである20~30代の女性がスポーツモデルに目覚めるきっかけにもなりえます。, スズキはプレスリリースにて、2018年12月6日にアルトラパン・グレードSをベースとする特別仕様車「MODE」を発売したことをアナウンスしました。, ラパンの特別仕様車であるMODEは、初代モデルのHE21S型でも登場しました。内外装のデザインがシックで落ち着いた雰囲気なので、日頃「ラパンは可愛すぎる」と感じている40代以上の女性にもおすすめです。, 特別仕様車として復活した新型「ラパン MODE」の販売価格や専用装備を充実させた内外装の特徴を紹介します。, ラパン特別仕様車「MODE」の販売価格は、2WDで1,353,240円、4WDで1,452,600円。 ほかにもL、X、モードに時間調整付フロント間欠ワイパーを追加しました。, 2019年6月17日、スズキは「アルト・ラパン」の一部改良を発表しました。 GPSアンテナやフロントカメラなどのアイテムが搭載される「全方位モニター用カメラパッケージ」などのメーカーオプションを追加設定することも可能です。, 特別仕様車「MODE」は、その他のメーカーオプションとして、エクステリアをオーナーの好みにアレンジできる「ホワイト2トーンルーフ」と「ピュアホワイトパール塗装」が用意されています。, ラパンの特別仕様車「モード」は、ネイビーカラーを基調とする室内空間に、ヘリンボーン模様の木目柄が印象的なインパネ等の専用アイテムやブラックパネルを配置。シックでモダンな雰囲気で、大人の女性にとって居心地の良い空間を演出しています。, 車内で聴く音楽を瞬時に切り替えられるステアリングオーディオスイッチやナノイーを内蔵するフルオートエアコン等も装備しており、おしゃれかつ機能性の高いインテリアです。, 特別仕様車「MODE」は、フロントの「Lapinエンブレム」のウサギ部分、リヤの「MODEエンブレム」、ともに青色です。メッキドアハンドルを採用し、フロントグリルにもメッキ加飾を施しています。, 足回りには、シルバーとホワイトの2色を組み合わせた14インチ2トーンフルホイールキャップを装備。エクステリアにも複数の専用パーツが用意されています。, ラパンの特別仕様車「MODE」は、フィズブルーパールメタリックなどのモノトーン5色に、フォーンベージュメタリックホワイト2トーンルーフメタリックのツートンカラー3色を合わせた計8色のボディカラーを展開しています。, ラパンは、丸目ヘッドライトの可愛いエクステリアやおしゃれなインテリアが注目されがちですが、魅力はそれだけにとどまりません。, 2019年6月の一部改良では「デュアルセンサーブレーキサポート」などの衝突被害軽減ブレーキを新たに採用。政府が定める安全運転サポート車の中で、もっとも基準の厳しい「サポカーSワイド」の認定を受けました。, 現行型は発売当初からアイドリングストップシステムも採用しており、軽自動車トップクラスの優秀な燃費性能を誇ります。マイナーチェンジやモデルチェンジで「マイルドハイブリッド」システムを搭載すれば、更に燃費は向上するでしょう。, 「可愛い」のは当たり前!プラスアルファの魅力を求めて、ラパンは進化を続けます。かつて人気を誇ったラパンSSなどのモデルが復活することにも期待しましょう。. 今回の一部改良の特徴として、予防安全技術「スズキセーフティサポート」の内容を充実させ、全グレードに標準装備した点が挙げられます。, 新型ラパンは、車や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ、後退する際のブレーキサポートなど、最新の安全装備を多数搭載。全グレードが政府推奨の安全運転サポート車「サポカーSワイド」に該当しています。, マルチインフォメーションディスプレイには、可愛らしいうさぎのキャラクターが映し出され、音声で情報を知らせてくれます。, 記念日や誕生日を設定すれば、当日に音楽を流してくれるなど、エンジンを始動するたびにワクワクする機能が満載です。, 改良モデルは、最上位グレードの「X」に新しい内装デザイン「キャメル」と「スカーレット」が追加されました。シート表皮を自分の好みで選ぶことができます。, 「G」と「L」グレードにはオートライトシステムが標準装備。 新型ラパンのオリジナル評価は90点です!まとめると、エクステリアデザインは「買う理由」になる内装はデザインだけでなく使い勝手も 燃費は軽自動車トップレベル乗り心地も悪くない走行性能は必要十分辛口な口コミはターボの設定がないこと価格は割安感があるといった結果になりました。 新型ラパンの燃費性能を見ていきました。 まとめると・・2WD|JC08モード|35.6km/L4WD|JC08モード|33.2km/L実燃費|20-25km/Lライバル車を圧倒する低燃費といった結果に。 スズキ ラパンの新車・中古車情報をまとめてチェック。ラパン新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるラパンの諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。