メジロドーベルのオークスについて 牝馬にとってオークスの舞台である東京2400mは長い距離ということもあり、桜花賞馬が勝利をするには少々難しいと言われているレースでした。 レディパステル オークス1着 クロックワーク ラジオたんぱ3着 エアデジャヴー オークス2着 メジロドーベル オークス1着 . アニメイトバイオ メジロドーベルは、父メジロライアン母メジロビューティー(父パーソロン)という血統です・・・ 1996年の阪神3歳ステークス(馬齢旧表記、現在の2歳)、1997年のオークスと秋華賞、1998年・1999年のエリザベス女王杯を制しています・・・ ココは毎週要チェックです! ◎今一番激熱無料情報 ニシノナースコール なし メジロドーベル; ... 3歳時の桜花賞こそキョウエイマーチの2着に敗れたものの、オークス、秋華賞を優勝し、最優秀4歳牝馬と最優秀父内国産馬にも輝く。4歳時にはエリザベス女王杯と府中牝馬s、5歳時にはエリザベス女王杯を連覇。 まず13頭中8頭がオークス好走馬、そして面白いことにオークス好走できなかった馬は牡馬混合重賞で好走していました。 出自. ──────────────────── 【秋華賞】最終決断 過去24年で好走した関東馬の共通点とデアリングタクトは歴史的快挙なるか, 【菊花賞】第一弾 前走条件戦から好走した馬は過去20年で8頭!その意外な共通点とは, 【府中牝馬S】予想 今年は少頭数でも人気馬をバッサリ切って注目したい1頭+2頭とは. 15,000円→18,650円獲得 メジロドーベルは、父メジロライアン母メジロビューティー(父パーソロン)という血統です・・・ 1996年の阪神3歳ステークス(馬齢旧表記、現在の2歳)、1997年のオークスと秋華賞、1998年・1999年のエリザベス女王杯を制しています・・・ メジロドーベル, サンクテュエール オークス出走組は直行馬は全馬全滅(全馬必ず1戦以上消化していた), カレンブーケドール オークス2着 ドーベルのオークスから20年か . ヴィルシーナ オークス2着 これで買い目受け取り完了です。 ローズバド オークス2着 先週は・・・11/08 東京05R ■最高値:2652% 一撃2652%もあり ならすと・・1レース11万獲得 実は負けにくいBOX買い! ■レース数:24レース レディパステル オークス1着 ■集計期間:9月26日~ ドーベルのオークスから20年か . 時に10月24日新潟最終みたく メジロドーベルの競走成績の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 サクラヴィクトリア アニメイトバイオ 京王杯2着 でも回収いい感じなので メジロドーベル オークス1着, まず13頭中8頭がオークス好走馬、そして面白いことにオークス好走できなかった馬は牡馬混合重賞で好走していました。, サクラヴィクトリアは前走上がり最速でローズSを連対し当日も3番人気に支持されています。, サンクテュエールは唯一混合実績があるのに今まで1頭も好走例のないオークスから直行関東馬, パラスアテナはオークス未出走なので混合実績がほしいが実績なしも前走紫苑S連対と困りもの, ウインマリリンは唯一のオークス実績馬も同様に今まで1頭も好走例のないオークスから直行関東馬, どのパターンも過去に揃って共通していた点がありません。走れば初の出来事が多すぎる。, まずは◎デアリングタクトで問題ないでしょう、前日の雨はこの馬の勝利を確信させるような援護でした。, これら全てオークス3番人気以内とデアリングタクトは相当な確率で歴史的快挙を達成すると思われます。, 今年は人気馬にこの直行パターンが多く、このデアリングタクトが勝つと想定するならば、相手はやはり1度使った馬を優先したいです。, 正直前日の雨はプラスにはならないと思いますが過去の好走馬に一番合っているリアアメリアがその一番手, マルターズディオサも1戦使ったグループで過去20年を信頼するならば直行組よりは何百倍も好走できます。, その他も基本的には1戦消化したグループでクラヴァシュドール、パラスアテナ、ウインマイティー, 今週もそれと同じことがおきています、昨日の雨から本日は晴れ、これから回復していって稍重でしょう。, 2000mでも2100mくらい走っているんじゃないかと思うほど全馬外をまわっています。, そんな中でローテ的にも脚質的にも人気的にも面白いんじゃないかと思う1頭をブログランキングに掲載させていただきました。, 下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓ ■収支:+856900円 東京競馬場の天気 今日5月6日はウマ娘メジロドーベル ... 主な勝ち鞍は1996年阪神3歳牝馬ステークス、1997年オークスと秋華賞、1998年・1999年のエリザベス女王杯。それぞれの年にjra賞最優秀3歳牝馬、最優秀4歳牝馬、最 … メール登録後、週末フリースピン情報クリックへ。 平均1000%弱無料情報 9: ... (東京8r3歳以上500万下・芝2400m)吉田豊騎手、メジロドーベルの子ホウオウドリームで勝ちjra通算1199勝目! レディパステル BOX買いなので点数多め PS:BOX買い穴党になりそうな予感!, ホウオウピースフル、サンクテュエール、アブレイズを買おうと思っている人はこちらの記事↓, 【秋華賞】第一弾 今年は該当馬多数!オークスで10着以下だった馬の超重要な法則について, ミヤマザクラ、ウインマイティー、フィオリキアリを買おうと思っている人はこちらの記事↓, 【秋華賞】第二弾 過去20年で前走掲示板に載れなかった馬はわずか7頭!その共通点とは, 【秋華賞】第三弾 過去20年で前走二桁人気から好走した馬はわずか5頭!その共通点とは, 【秋華賞】第四弾 デアリングタクトの相手は絶対にこのパターン!見逃せない前走ローテとは, マルターズディオサ、ソフトフルート、マジックキャッスルを買おうと思っている人はこちらの記事↓, 【秋華賞】第五弾 過去20年まで遡ると傾向が激変!?前走ローズS以外から好走した馬とは, いないなら問題ありません、しかし多くの方が買おうとしている馬の中に関東馬は入っているのではないでしょうか?, それまでの過去20年の考察は週中の記事で解説してあるので是非そちらもご覧ください。, カレンブーケドール エアデジャヴー オークス2着 中山競馬場の天気 ■回収率:338% アパパネ オークス1着 15000円→397750円 新潟競馬場の天気 (注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります), 札幌競馬場の天気 ──────────────────── アパパネ ──────────────────── メジロドーベルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 アサヒライジング カワカミプリンセスは、牧場ゆかりの血統から、繁殖牝馬としての将来を嘱望され、生産牧場の所有馬として登録され、三石町(現:新ひだか町)川上のプリンセスになって欲しいとの願いから命名された(jraの馬名登録上は冠名+お姫様となっている)。 サクラヴィクトリア なし ウイングレット 新潟2歳S2着 無料予想受け取りはコチラ 続くオークスでも桜花賞馬ということで1番人気に推され、いつものように逃げを打つものの直線で失速、メジロドーベルのオークス制覇を横目に11着と大敗した。 ヴィルシーナ 阪神競馬場の天気 馬連:回収率303%ワイド:回収率70% ──────────────────── クロックワーク ©Copyright2020 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|G1データ.All Rights Reserved. ◎完全集計OK・・戦績コチラ↓↓ ウイングレット 9: ... (東京8r3歳以上500万下・芝2400m)吉田豊騎手、メジロドーベルの子ホウオウドリームで勝ちjra通算1199勝目! 今年一番の無料情報かもしれません。 ローズバド ワイドでガミるも馬連でフォロー 函館競馬場の天気 中京競馬場の天気 ニシノナースコール アサヒライジング オークス3着 京都競馬場の天気 小倉競馬場の天気. クロックワーク ラジオたんぱ3着 福島競馬場の天気 エアデジャヴー キョウエイマーチは、日本の競走馬である。1997年の桜花賞を制したほか、6歳になっても重賞を勝つなど、息の長い活躍を続けた。主戦騎手は松永幹夫→秋山真一郎。なお、馬齢は現在の表記で統一する。, 1994年4月19日、北海道門別町のインターナショナル牧場にてインターシャルマンの2番仔として出生[1]。生誕後骨端症という脚部不安を抱えていることが判明したが、懸命な治療が施され続けて[2][3]、何とかデビューまで漕ぎ着けることができた。, 1996年9月、栗東の野村彰彦厩舎に入厩したキョウエイマーチは、同年11月30日に阪神のダート1200mの新馬戦でデビュー。2着以下を1秒7も引き離す大差で圧勝した。なお、この時の3着は後の菊花賞優勝馬マチカネフクキタルである[4]。続く500万下の千両賞は3着に終わり、この年は2戦1勝に終わっている。, 年が明けると、キョウエイマーチは寒梅賞(500万下)、オープン特別のエルフィンステークスを連勝し、クラシック候補に名乗りを挙げた[5]。3月に入って桜花賞トライアルの報知杯4歳牝馬特別に出走、楽々と先頭を奪うとそのままスピードの違いで2着のシーズプリンセスに7馬身の差を付けるレースレコードで圧勝。桜花賞の最有力候補に挙げられるようになった[6]。, 迎えた桜花賞本番では、2歳女王のメジロドーベルを抑えて1番人気に推された。桜花賞では不利と言われる大外18番からの出走、降り続いていた雨による不良馬場など不安要素も多かったが、レースでは4コーナーですんなりと先頭に立つと、直線でも全く衰えることなくスピードの違いで後続を引き離し、2着のメジロドーベルに4馬身差をつけ快勝、桜花賞のタイトルを獲得した。鞍上の松永幹夫は初の桜花賞制覇[7]、調教師の野村彰彦は初のGI制覇となった[1]。また生産者であるインターナショナル牧場にとっても自家生産馬としては初のGI制覇となった[8]。, 続くオークスでも桜花賞馬ということで1番人気に推され、いつものように逃げを打つものの直線で失速、メジロドーベルのオークス制覇を横目に11着と大敗した。ちなみに、この後もキョウエイマーチは長距離輸送を伴うレースでは勝利したことは無く、キョウエイマーチが現役時代に挙げた勝利は、全て地元の関西圏での競馬場(京都競馬場・阪神競馬場)でのものであった[9]。, 秋初戦、休養明けのローズステークスでは1番人気に推されたシーキングザパールに競り勝ったものの、本番の秋華賞では再びメジロドーベルの前に2着に敗れた。これ以降、短距離路線にほぼ専念したため、メジロドーベルとはライバルと言われていたが[10]、結局これが最後の対決となった。, 秋華賞後、キョウエイマーチは距離適性を考えてエリザベス女王杯ではなく、マイルチャンピオンシップに出走。快速馬サイレンススズカとの逃げ合戦に競り勝ち、前半の1000mが56秒5という驚異的なハイペースで逃げ粘ったが[11]、ゴール手前でタイキシャトルに差し切られ、2着に終わった。次のスプリンターズステークスでは2番人気に推されるものの11着と大敗し、この年を終えた。, 古馬になるとキョウエイマーチはマイラーズカップ3着、シルクロードステークス11着、スワンステークス6着と勝ち星から見放され、騎手育成のため主戦騎手が松永から秋山真一郎に代わった[12]。だが、主戦騎手が秋山に代わっても、マイルチャンピオンシップ6着、阪神牝馬特別4着に終わり、キョウエイマーチはこの年は勝つことができなかった。, 引退の噂もあったが、キョウエイマーチは現役を続行することになり、フェブラリーステークスで寒梅賞以来2年ぶりのダート戦に挑戦した。レースでは直線半ばまで先頭で逃げ粘り、5着になった。次走のマイラーズカップでは2着に逃げ粘り、久々に連対を果たした。そして、阪急杯ではローズステークス以来となる1年7ヶ月ぶりの重賞制覇を挙げた。重賞制覇の勢いそのままに出走した高松宮記念では4着になり、スプリント戦でも戦えることを示したが、安田記念ではスタートで出遅れ、9着に終わり、休養に入った。, 秋はマイルチャンピオンシップ南部杯から復帰、2着になった。マイルチャンピオンシップは5着、スプリンターズステークスでは13着に終わったものの、キョウエイマーチは芝・ダート、中央・地方を問わず短距離の一線級のレースに出走を続け、見せ場を作り続けた。, 6歳になったキョウエイマーチは、この年から1600mに短縮された京都金杯に出走した。57kgという実質的のトップハンデを背負ったものの、2着のアドマイヤカイザーに5馬身の差をつけ快勝した[13]。桜花賞優勝馬で6歳(旧7歳)時に重賞を勝った馬は当馬と中山牝馬ステークスを勝ったキストゥヘヴンのみである[14]。, この後、キョウエイマーチは、フェブラリーステークス11着、黒船賞3着と勝つことができず、マイラーズカップで6着に敗れたのを最後に引退し、繁殖牝馬となった[15]。, 2001年よりノーザンファーム早来牧場で繋養されていたが、2007年5月9日、出産時における大腸変位で死亡した[16]。最後の産駒になった2007年度の産駒インペリアルマーチは父ネオユニヴァースの牡馬である。, 産駒は見栄えは悪くないが、自身も持っていた脚元の不安を受け継ぐものも多く、2番仔のヴィートヴァンクルは2歳を前にして手術を余儀なくされ、中央・地方で計11戦して未勝利で終わり、初仔ヴィートマルシェ、3番仔トライアンフマーチおよび4番仔インペリアルマーチも体質の弱さなどから2歳戦ではデビューできなかったこと[17]など、必ずしも順調に使うことができないケースが多かった。更に牝駒に恵まれず、初仔のヴィートマルシェが唯一キョウエイマーチの牝系を繋いでいる状況である。そのヴィートマルシェから、フェアリーステークス3着のサンブルエミューズ、新潟2歳ステークス2着のアヴニールマルシェ、レディスプレリュード優勝馬マルシュロレーヌという活躍馬が出ている。, 2010年4月11日の阪神競馬場第12競走として施行されたJRAプレミアムレース「阪神スプリングプレミアム」で、当馬が最多得票を獲得したことから『キョウエイマーチメモリアル』の副名称を付与して施行された[18]。, 近親には5代母クインナルビー(本血統表内スズキナルビーの母)の子孫にオグリキャップ、オグリローマン、アンドレアモンがいる。, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, 産経P38-39 生まれてから予防のために朝夕の2回毎日欠かさず血の循環をよくする薬や痛み止めの薬を与えていたり、炎症を起こしている箇所に湿布薬を貼るといった対処をしていたといった記述がある。, また、同項には第1仔である兄も同様の症状を抱えており、3歳まで同様の治療がなされていたがデビューはかなわなかったといった内容の記述もある。, ヴィートマルシェは3歳の8月、トライアンフマーチとインペリアルマーチは3歳の1月にデビュー。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キョウエイマーチ&oldid=79884921, 産業経済新聞社発行 Gallop臨時増刊「週刊100名馬」vol.78号 キョウエイマーチ(略:産経).