競走馬の気持ち、ストレスを、自らのマラソン経験になぞらえて考えるのが楽しい。. 【プロフィール】 ムイトオブリガードの全成績と掲示板 【ニュース】 【次走】モズアスコットに来年のダート挑戦と豪州遠征プラン 【ニュース】 【次走】アルアインの有馬記念鞍上は松山弘平騎手に 2017年皐月賞制覇のコンビ ムイトオブリガードの次走. ムイトオブリガード(牡5、角田)、鞍上はC・ルメール騎手に決まった。横山典さんが乗れないのは痛いけど、ルメールなら楽しみ。もうワンチャンあるかも」と西原助手はニヤリと話した。 (馬三郎より) 次走報のTwitter

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
ムイトオブリガードの次走 次走は阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「阪神大賞典(G2)」。 「阪神大賞典」は、2018年に1000万条件からの格上挑戦がある。 Copyright(c) 2020 Net Dreamers Co., Ltd. All rights reserved. new! 次走は阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「阪神大賞典(G2)」。 「阪神大賞典」は、2018年に1000万条件からの格上挑戦がある。 4角を回って先頭に立ち、残り200mまでしっかり粘った。 2019年11月24日【ジャパンカップ】終了時点までのデータをもとに、ムイトオブリガードの好走パターンを分析。(※ダート競争は除く), ムイトオブリガードはこれまでに、芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。, 芝2000m前後は出走機会も少なく、出走しているレースもベストの条件(後述)があまりないので、これまでの成績をもって一概に「適正なし」とすることは早計だが、あとに書く芝2500m前後の方がより適性があるということは間違いないだろう。, それを2番手追走で直線では一旦先頭に立ち、残り200mまでは食い下がる競馬を見せた。, 500万条件戦では逃げ切り勝ちを収めたこともあるが、上のクラスではハナを切ったことはない。, 前目につけて粘り込む競馬もできるし、中団馬群から直線で抜け出しての末脚勝負も可能。, しかし、右回りコースでは若干不安な要素もあり、直線急坂コースでも良績がなく、道悪競馬もイマイチなだけに、勝ち負けできるレースが限られてくるのが残念なところ。, 陣営も「緩い馬場は苦手」というような表現を使っている他、2019年の日経新春杯(G2)に騎乗した川田騎手も「今の京都の重たい馬場が合わなかった」というコメントを出している。, もう一列前での競馬を期待していたが、1月から約5ヵ月、G1を含む重賞4連戦の疲れが出たのかもしれない。, 道中はかなり緩いペースで推移したため、3番手追走のムイトオブリガードには絶好の展開。, 大阪府在住の男子。 ムイトオブリガード(2014年04月13日生まれ、牡馬、父ルーラーシップ、母ピサノグラフ)5代血統表、次走報、予想に役立つ条件別データが無料でみられます!

ムイトオブリガードの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 【アルゼンチン共和国杯】売上は66億9551万4800円で昨年から増加 3歳オーソリティがV, 【アルゼンチン共和国杯】9番人気の伏兵サンアップルトンが3着健闘 柴田善「重賞でも通用する」, 【アルゼンチン共和国杯】4番人気メイショウテンゲンは17着に沈む 池添「全然ついていけなかった」, 【アルゼンチン共和国杯】1番人気ユーキャンスマイルは4着どまり 友道師「JCで変わり身を期待」, 【アルゼンチン共和国杯】オーソリティが半年ぶりの実戦で完勝 青葉賞以来の重賞2勝目, 【アルゼンチン共和国杯 枠順データ分析】大外8枠は不振、突出した好成績を残す馬番にも注目, 【アルゼンチン共和国杯 想定騎手】ユーキャンスマイルは岩田康誠騎手、オーソリティはルメール騎手. 趣味は競馬、酒、ランニング。フルマラソンの持ち時計は3時間30分。 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 データとレース映像を用いた競走馬分析を中心に、競馬をさまざまな角度から好き勝手に分析。 デイリースポーツとnetkeiba.comがおくる究極のインターネット競馬新聞。全レース対応の馬柱・調教タイムを毎日速報などの予想情報から、便利なIPAT連動機能と収支分析まで競馬ファンをサポート。レース映像も見放題。 3日に東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(GII・芝2500m)で重賞初制覇を果たしたムイトオブリガード(牡5、栗東・角田晃一厩舎)は、24日に東京競馬場で行われるジャパンC(GI・芝2400m)に向かう。鞍上はC.ルメール騎手の予定。 ムイトオブリガードは父ルーラーシップ、母ピサノグラフ、その父サンデーサイレンスという血統。通算成績は21戦6勝。アルゼンチン共和国杯では、前年2着の雪辱を果たした。, 【ニュース】 【次走】アドマイヤマーズが香港マイルの招待受諾 シャティンで3つ目のビッグタイトルを狙う, 【ニュース】 【次走】JBCクラシック勝利のチュウワウィザードはチャンピオンズCへ. 【次走】ムイトオブリガードはジャパンcへ ルメール騎手とのコンビを予定 2019/11/08 10:30 アルゼンチン共和国杯を制したムイトオブリガード(撮影:下野雄規) ムイトオブリガードの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。