前回の投資総額:6,000円 B, 2016”N‚̃ŒƒCƒfƒIƒ‚Æ2018”N‚̃T[ƒgƒDƒ‹ƒi[ƒŠƒA‚́A‚±‚̃Œ[ƒX‚Å1”Ԑl‹C‚ɉž‚¦‚ăfƒrƒ…[3˜AŸ‚ðƒ}[ƒNA—‚t‚̃Nƒ‰ƒVƒbƒN§”e‚ւƂ‚Ȃ°‚½BƒRƒ“ƒgƒŒƒCƒ‹‚É‚à“¯—l‚ÌŠˆ–ô‚ðŠú‘Ò‚µ‚Ä‚¢‚¢‚Í‚¸B“¯‚¶‚­’PŸ2.0”{‚Å’©“ú”tƒtƒ…[ƒ`ƒ…ƒŠƒeƒBS‚𐧂µ‚½ƒTƒŠƒIƒX‚Ƃ́g“ñ‹­‘ÎŒˆh‚à‘Ò‚¿‰“‚µ‚¢B‚»‚¤Š´‚¶‚³‚¹‚éGⅠŠ®ŸŒ€‚Å‚ ‚Á‚½B. Copyright© 繰り返しの謎解き競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 2014年 ホープフルステークスのページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届 … íÑEŠl“¾Ü‹à‚Í2019”Nƒz[ƒvƒtƒ‹ƒXƒe[ƒNƒXiGⅠjI—¹Žž“_, 12.6 - 11.5 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.5. トランス・ステーション2020 夏に決める予定でしたが、このままにします・・・ 年が経過すると年数を変更します。2019年最後のGⅠのホープフルステークス(中山競馬場 芝:2000M GⅠ)の結果 … 先週までの収入:3,300円 今回の投資総額:0円 ホープフルステークス 2019 結果【デビュー3連勝でG1制覇】 ホープフルステークス 2019 こんばんは!しんがりブーマーです。みなさん、2019年最後の中央競馬、結果はどうでしたか?的中された方もダメだった方も まずは本日のホープフルステークスの結果を見てみましょう。 2019年のホープフルステークス。今年もやって参ります。競馬予想の参考データに、過去のホープフルステークスのレース映像分析はいかがでしょうか。2019年も傾向に近い馬はいるのか? 荒れるか荒れないか、ホープフルステークス。, 1着賞金7000万円。2歳馬によるレース。元々はラジオたんぱ2歳ステークス、ラジオNIKKEI2歳ステークスと呼ばれ、阪神競馬場で行われてた。, メガスターダム・ザッツザプレンティ・コスモバルク・ヴァーミリアン・サクラメガワンダー・フサイチホウオー・サブジェクト・ロジユニヴァース・ヴィクトワールピサ・ダノンバラード・アダムスピーク・エピファネイア・ワンアンドオンリー・シャイニングレイ・ハートレーなど。, ホープフルステークスの競馬予想、参考データと言っても、過去のホープフルステークスのレース映像分析ではありません。, 過去の函館2歳ステークスの結果、1着〜3着になった馬たちの「前走」レース映像分析です。, 前走のレース分析から傾向を見ていこうという競馬予想記事。過去のホープフルステークスのデータを見るならば、レース映像も見ましょう。馬柱、出走表に書かれていない買いデータをまとめます。, ホープフルステークスで馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? レイデオロ・タイムフライヤー・サートゥルナーリア。, どのような競馬を前走でしていた馬が過去のホープフルステークスで馬券になったのか。アドマイヤジャスタ・ジャンダルム・マイネルスフェーン。, ホープフルステークスのデータを消去法で競馬予想される方の参考にもなるはず。過去のレース映像データを使った消去法予想2019みたいなものです。競馬予想に使うデータ。, 過去にホープフルステークスが行われた結果、データになったレース内容そのものを「細かすぎるくらい」見ていこうという企みです。, ホープフルステークスの競馬予想をする際、本命視した方がいい走りを前走していたのか、ヒモに残した方がいい走りを前走していたのか、それともホープフルステークスの予想では消した方がいいのか、過去のレース映像をスタートからゴールまで見まくります。プレゼンター、ゲストは誰か想像しつつ分析します。, JRA競馬場の特徴、馬場状態、天候、レースラップ、テン3ハロン・上がり3ハロン・個々のラップタイム、脚質、枠順、位置取り、騎手の動作、他馬との関連性・影響、直線の追いっぷり、などなど、他のレースに応用可能なネタ満載。, 例えるならば、過去のホープフルステークスで馬券になった馬の前走レース映像を見まくって「走りを文字起こし」する形でまとめて行く記事です。, 毎週のように登場する競馬予想データ、JRAの重賞データで「前走、○○を走った馬の成績は近5年でどうのこうの」と言う数字の一走、一走を細かく見て、再構築したものと言えばいいでしょう。, レースラップ・12.8-12.0-13.0/12.5/12.2-11.8-11.8/12.2-11.5-11.8, 2018年ホープフルステークス1着、サートゥルナーリア(オッズ・1番人気。血統・ロードカナロア産駒)の前走は、萩ステークス(京都競馬場・芝1800m)でした。, レースラップ・13.0-11.8-11.8/12.2-12.8-12.5/12.4-11.4-11.7, サートゥルナーリアは、1枠1番からスタート。発馬決めて、抑えつつ外目を伺って行く。逃げたくはないこともあって、外から行きたい馬を強めに抑えて待ち続けるサートゥルナーリア。, 逃げて行ったのは、アカネサス。テン3ハロン36.6秒。かなり遅い逃げ。サートゥルナーリアのテン3ハロンは36.8秒。, 向正面。逃げ馬のペースは遅いままを継続。おおよそドスロー。インを逃げ馬の後でかなり強めに抑えつつ、折り合いつつの追走。, 直線。内目に空いた部分を攻めて行く、サートゥルナーリア。軽く促す程度で上がって行き、ほとんど馬なりで逃げ馬を交わす。内から、かなり追って2着馬・ジャミールフエルテが迫るも、サートゥルナーリアの鞍上の手には余裕しかない。追う動作がないまま、1着でゴール。上がり3ハロン35.1秒。, ※【ホープフルステークス2018・過去結果データメモ】サートゥルナーリアの斤量は萩ステークスと変わらずの55キロ。前走のサートゥルナーリアは、テン3ハロン遅め→中間も遅め継続な流れを走った。, スタートから行きたい馬たちを行かせるのに、抑え込んで待つ余裕のあるテン2ハロン。道中も抑え続けて、折り合って。距離ロスは軽め。直線はどうにか喰らい付こうとする馬がいる中、ほとんど追わずにゴールしている。上がり3ハロン35.1秒で最速ではないものの、追ってない上での結果であり、追ってれば当然最速であり、何馬身もちぎってサートゥルナーリアはゴールしてるでしょう。本命候補。, 2018年ホープフルステークス2着、アドマイヤジャスタ(オッズ・2番人気。血統・ジャスタウェイ産駒)の前走は、紫菊賞(京都競馬場・芝2000m)でした。, レースラップ・13.0-11.5-12.1/12.3/12.0-12.1-12.0/12.0-11.9-11.9, アドマイヤジャスタは、3枠3番からスタート。出遅れ+外のロジャーバローズに入ってこられて後手。後方からの競馬に。抑えつつ、無理に巻き返さない。, 逃げて行ったのは、ブルベアオーロ。テン3ハロン36.6秒。少し遅めの逃げ。アドマイヤジャスタのテン3ハロンは37.5秒。, 1角-2角。アドマイヤジャスタは後方から外目に出して行き、2頭外を強めに抑えつつ回って行く。, 向正面。逃げ馬のペースは「12.0-12.1-12.0」と加速して行く。ハイペースに。それにつられて、アドマイヤジャスタも外目を上昇。, 直線。外目を追走したので、追い出せる位置は確保。追って追って、追う。粘っていた、ロジャーバローズを交わして行く。そのままゴール。アドマイヤジャスタ1着。上がり3ハロン35.6秒。, ※【ホープフルステークス2018・過去結果データメモ】アドマイヤジャスタの斤量は紫菊賞と変わらずの55キロ。前走のアドマイヤジャスタは、テン3ハロン少し遅め→中間ラップはハイペースに振れていくレースを走った。, スタート出遅れて、入ってこられる不利。「レース映像を見て競馬予想するコツ〜馬券の的中率、回収率を上げる5つのポイント+α〜」に書いた話なので、口モゴモゴしつつ書きますが、出遅れたのち外または内から入ってこられるのは、後方に押しやられてしまって何もできない「間」が数完歩生まれたりしやすいので、地味だけど大きな不利。, その不利を受けて、アドマイヤジャスタは後方から競馬はせず、距離ロス抱えつつも上がっていく。その際、ペースがハイペースになって行ったこともあり、その負荷は受けてる。3角-4角も外目を回って、直線競い合いになるも交わしてゴール。上がり3ハロン35.6秒。このくらいの数字であれば、馬券に入れたほうがいい前走内容。, 2018年ホープフルステークス3着、ニシノデイジー(オッズ・3番人気。血統・ハービンジャー産駒)の前走は、東京スポーツ杯2歳ステークス(東京競馬場・芝1800m)でした。, レースラップ・12.7-11.5-12.0/12.3-11.9-11.6/11.6-11.4-11.6, ニシノデイジーは、1枠2番からスタート。出遅れ。軽く促しつつも、前を伺って抑えて行く。中団のインへ。, 逃げて行ったのは、トーラスジェミニ。テン3ハロン36.2秒。少し遅めの逃げ。ニシノデイジーのテン3ハロンは37.0秒。, 向正面。逃げ馬のペースは残り1200mあたりで標準くらいに、続くハロンから急激にペースアップ。ハイペースに振れて行く。ニシノデイジーは中団の内目でペースアップに釣られないように強めに抑え込んで行く。, 直線。追い出したいが、前が壁が続く。追い出し始めたのは、残り300m過ぎから。追って、追って、追って追うニシノデイジー。クビくらいが先頭に出て、ヴァンドギャルドなどと競い合いになるが、ハナ差しのいで勝利。1着でゴール。ニシノデイジーの上がり3ハロンは33.9秒。, ※【ホープフルステークス2018・過去結果データメモ】ニシノデイジーの斤量は東京スポーツ杯2歳ステークスと変わらず55キロ。前走のニシノデイジーは、テン3ハロンは遅めで入るも、中間ラップからハイペースになって行く中のレース。, スタートは出遅れも、中団あたりのインで抑えつつの追走。ニシノデイジー自身はテン3ハロン37.0秒と遅め。向正面半ばからハイペースになって行ったラップに釣られないように折り合って、コーナーはインベタで周り直線。前が壁の状態がしばらく続き、追い出せずスピードに乗せていけなかったものの、前か開いてからは追って追って伸びて、競い合いになったもののどうにかしのぐ競馬。ペース早くなる中、上がり3ハロン33.9秒あれば馬券に組み込みたいところ。.