樋口 龍美(ひぐち たつみ、1976年 5月12日 - )は、福岡県 朝倉市出身の元プロ野球選手(投手)。 現在は 中日ドラゴンズ 2軍総務。 目次 樋口新葉、格の違い見せつけsp首位「不安要素が今、ほとんどない」フリーでトリプルアクセル挑戦へ. 樋口 正蔵(ひぐち しょうぞう、1939年 9月26日 - )は、日本の実業家、元プロ野球選手。 現役時代のポジションは 外野手 、 一塁手 。 目次 小倉優子 プロ野球データ情報サイト Baseball LAB(ベースボールラボ)オリジナルの選手分類で、選手のプレイスタイル・特徴を表示。プロフィールや各種成績、打球・投球の傾向を分析したヒートマップなど各種 … 2020年11月6日 19時03分 鬼滅の刃 芸能ニュース. プロ野球、北海道日本ハムファイターズの樋口 龍之介の情報です。プロ野球を楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。 お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 育成からはい上がってきたオールドルーキーに待望の1本が飛び出した。育成ドラフト2位で入団した日本ハム樋口龍之介内野手(26)が7日、楽天20回戦(札幌ドーム)の5回、横浜高の先輩涌井から本拠地初安打をマークした。チームは延長10回を2-2で引き分けたが、地元札幌のファンへ向け、あいさつ代わりのヒットを放った。, 初球を迷わずに振り抜いた。1点を追う5回先頭の第2打席。樋口は集中していた。対するは横浜高の先輩で今季2ケタ10勝挙げている楽天先発の涌井。「先頭だったので、塁に出ようと思って打席に入っていました」。初球141キロ速球を振り抜いた打球は左前へ。本拠地初安打となり「あの打席は思い切りがいい方向にいってくれてよかったなと思う」と喜んだ。, 8学年上の大先輩からの価値ある一打だった。前日に初めて対面し、あいさつした。「ピッチャー涌井さんで、試合前は大先輩とやるんだなと思いましたけど、試合に入ったら全然気にしていなかったです」とがむしゃらに食らい付き、結果を出した。, これまで先発した6試合はすべて三塁で先発。この日は、7番二塁として1日のロッテ戦以来のスタメン出場となった。9月22日に支配下登録され、23日西武戦でプロ初先発初安打を記録。9月26日オリックス戦から5試合連続で先発し、期待されてきた。だが、本拠地で先発した3試合では無安打。本拠地4試合11打席目で飛び出した待望の1本に「やっとという感じですね」と笑った。, 横浜で甲子園出場経験がありながら、副主将を務めていた立正大時代はレギュラーにはなれなかったが、夢は諦めなかった。BC・新潟時代のオフには横浜高の先輩、近藤を慕い、鹿児島・徳之島の自主トレに参加して一流打者の技術を吸収した。, 地元神奈川でタイル業や警備員のアルバイトをして社会経験を積みながら生計を立ててきたこともある苦労人。栗山監督は「樋口がああいう形でつないでくれたのが大きかった」と評した。ここからもっとチームをけん引する。【山崎純一】, (C)2020,Nikkan Sports News. nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. フィギュアスケートの東日本選手権は6日、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は2018年世界選手権2位の樋口新葉(19)=明大=が70・71点で首位に立った。, コロナ禍で直前に中止となった今年の世界選手権代表の樋口は昨季と同じSP「バード・セット・フリー」に乗り、伸びやかで大きな滑りを披露。ほぼノーミスの演技で2位の吉岡に10・48点差をつけ、格の違いを見せた。, 「最初から最後まで余裕を持って滑ることができた。細かい部分を考えながら大きく滑れた」。3つの全スピンで最高のレベル4の評価。それでも「細かいところでプラスが取れず、レベルが足りていない。もうちょっとGOE(出来栄え点)でプラスが取れれば、軽く70点は超えられるんじゃないか」。次戦のNHK杯、年末の全日本選手権に向けて飽くなき向上心をにじませる。, 今季はコロナ禍で練習が2カ月間中断。「取り返そうと思ってやってきた」。試合が次々と中止になる中、練習時間が増えたと前向きな姿勢が奏功。「昨年の自分を超えられた部分がある」。気持ちに余裕を持ってトリプルアクセルや新しい技の習得に取り組み、「少しずつ安定し、少しずつ自信になっている」。, フリーではそのトリプルアクセルに挑む。「失敗しても切り替えて次のジャンプが跳べるように、思いっきりアクセルは跳びたい。不安要素が今、ほとんどない状態」。心の余裕から生まれた自信を試合の舞台でさらに深めたい。. 樋口新葉 トリプルアクセル失敗も落ち着いた演技で優勝「もっと大きく滑ってアピールしたい」, 本田真凜「最近スケート難しいと泣き続けていた」 兄のラスト試合一緒に出たくてギリギリ切符に「ほっ」, プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。, 井上尚弥 カシメロの”度が過ぎる挑発”に激怒「ベルトを持ってなければ無視するんですけど…一回やりたい」, 大竹しのぶ名曲「ファイト!」涙の熱唱にネット感動「圧巻」「まるで舞台」 選曲理由に涙のわけ, 写真・動画 樋口 正蔵(ひぐち しょうぞう、1939年9月26日 - )は、日本の実業家、元プロ野球選手。現役時代のポジションは外野手、一塁手。, 大阪府出身。浪華商業では、2年生の1956年に中堅手として夏の甲子園に出場。準々決勝に進むが、この大会に優勝した平安高に敗れた[1]。, 卒業後は法政大学へ進学。東京六大学野球リーグでは在学中に4度優勝。レギュラー外野手として1960年春季、1961年秋季リーグの2度の優勝に貢献する。1960年の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で同志社大のエース山尾孝雄の好投に苦しむが、延長14回の熱戦の末に優勝を飾る。リーグ通算30試合出場、105打数33安打、打率.314、0本塁打、11打点。大学同期に新山彰忠、小川博、室山皓之助がいた。1962年に南海ホークスに入団。, 1年目から一軍に定着、主に代打として起用されるが、外野手、一塁手もこなす。2年目の1963年には不振の穴吹義雄に替わり、レギュラー右翼手として起用される。同年は400フィート打線の一番打者として135試合に出場し、打率.313(ベストテン3位)の成績を残す。翌1964年は、阪急ブレーブスから戻った杉山光平との併用で昨年と同じく右翼を守り、打率.296の好成績をあげるが、夏場の欠場が響き規定打席には届かなかった。しかし前年に南海コーチのカールトン半田に伝授されたドラッグバントを武器に、内野安打を55本打ち、プロ野球のシーズン記録を達成する。55本の内の25本は得意のバントヒットによるものだった。同年の阪神タイガースとの日本シリーズでは全7試合に先発出場、27打数9安打の好記録でチーム日本一に貢献。1965年は杉山の不振もあり、主に2番打者として110試合に出場する。1965年、1966年のリーグ優勝にも大きな役割を果たした。1967年には2度目の規定打席に到達(19位、打率.256)。1971年に通算1000試合を記録し、同年限りで引退した。, 勝負服は水色、赤一本輪、赤袖。冠名は「バンブトン」(冠名を用いない馬もいる)。父正一も中央競馬馬主協会連合会会長を務めた馬主だった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=樋口正蔵&oldid=74438364. Copyright © The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved. プロ野球 阪神能見と引退試合の広島石原慶幸が真剣勝負で右飛 [11月7日 16:46] プロ野球 阪神大山がトップ巨人岡本と1本差28号、4日以来 [11月7日 16:46]