ブラジルのサッカー選手は本名ではなく、ニックネームで選手登録を行う風習がある。日本で有名な選手にしても、認知されている名前はほぼニックネームだ。 たとえばJリーグ創成期の鹿島アントラーズで活躍し、日本代表の監督を務めたジーコもそう。 歴史 ブラジル全国選手権 元は、1960年に創設されたコパ・リベルタドーレスに出場するためのブラジル国内のクラブ王者を決めるために全国規模のカップ戦が1959年から始まったことに端を発する。Campeonato Brasileiro(ブラジル全国選手権)としての起源は1971年。 Goal.com上の情報は本サイトの許可なしに発信、発行、放送、転用はできません, ワールドカップ優勝5回を誇るセレソンは多くの偉大な選手を輩出している。もしも歴代トップ20の選手を選ぶなら、果たしてどの時代の名手になるのか。. ブラジルのサッカー選手一覧(ブラジルのサッカーせんしゅいちらん)は、ブラジル出身のサッカー選手の一覧である。 Category:ブラジルのサッカー選手も参照。. ブラジル代表のシンボルといえばペレであり、ストライカーといえばジャイルジーニョとトスタンだった。そんな中、ジェルソンは彼らに多くの決定機をもたらしたMFで、1970年のワールドカップではブラジル3度目の優勝に貢献した選手である。, ジェルソンは、サッカー史上最高のパサーの一人と見なされており、偉大なるジジの後継者としても躍動した。1966年のワールドカップではグループリーグ敗退というまさかの屈辱を喫したが、続く1970年のメキシコ大会ではセレソンを立て直し、大舞台で世界を震撼させた。, 攻撃的な選手が数多くいるブラジルサッカー界において、いかに優れた選手だったとしても脚光を浴びる機会が少ないのが、GKというポジションだ。そんな中、クラウディオ・タファレルは、セレソンが4度目のワールドカップを制覇した際の英雄として、ブラジルサッカー史にその名が刻まれている。, 敬けんなキリスト教徒であるタファレルは、1994年ワールドカップの決勝、イタリア戦でPK戦に決死の覚悟で挑み、大会後はカリスマ的な存在となった。タファレルがダニエレ・マッサーロのPKを見事に止め、最後のキッカーとなったロベルト・バッジョのシュートがクロスバーを大きく越えた瞬間、ブラジルがトロフィーを手にしたのである。, タファレルは代表として3度ワールドカップの正GKを務め、1998年のフランス大会でもチームを準優勝に導いた。クラブレベルとしては、母国ブラジルの主要なタイトルを複数獲得し、イタリアのパルマとトルコの強豪ガラタサライで、数々の栄冠を手にした。, ロベルト・カルロスが代表からの引退を表明した2006年、ブラジルのサッカーファンは、「彼に比肩する選手は二度と現れないのではないか」と思っていたが、その後継者はすぐ後ろに控えていた。, マルセロは06-07シーズンの途中、ロベルト・カルロスがいるレアル・マドリーに若くして加わった。それから10年以上にわたってレアル・マドリーでは主軸を担い続け、エル・ブランコでは数々のタイトル獲得に貢献し、押しも押されもせぬスターとなった。この左サイドバックなしでは、レアル・マドリーが直近5年間で4度チャンピオンズリーグを制する偉業は、実現できなかったであろう。, サイドバックながら攻撃意識の高いマルセロは、時に守勢よりも得点することに関心があるように見えるかもしれない。だが、左サイドにおける攻守のバランス感覚やリスクを負わない的確なポジショニングは、他の選手にはない安定感を備えている。それだけに、マルセロに匹敵する優秀な左サイドバックは、まずいないと言っていいだろう。, 世紀の変わり目に現れた、セレソンのスターたちには、Rで始まるキャッチーなニックネームがついている。ロマーリオ、ロナウド、ロナウジーニョ、ロベルト・カルロスがその筆頭だが、2002年の日韓ワールドカップで攻撃的な主軸を担ったロナウド、ロナウジーニョ、リバウドで形成する攻撃ユニットは“3R”の愛称で親しまれた。, パルメイラスで評価を高めたリバウドは1996年にスペインへ渡り、デポルティーボで1シーズンを過ごした後、バルセロナへと引き抜かれた。恐ろしいまでにクリエイティブかつ攻撃的なプレーにより、バルサでは5シーズンにわたってカンプ・ノウのアイドルであり続けた。当時、バルサではリーグ2連覇に大きく貢献し、リバウドは2002年の日韓ワールドカップでも10番を背負い、ブラジルに5度目の戴冠をもたらした。, このサイドバックを語る上で欠かせないのがやはりあのFKだろう。彼をカリスマ的存在に押し上げたワンプレーとして、世界中のサッカーファンの間でいまだ語り草となっている。それは1997年に行われた、フランスとの親善試合でのことだった。ゴール前35メートル付近、小刻みなステップで助走し、大きく踏み込んで左足を強振。アウトに掛かったそのボールはゴール外右側に大きく逸れたと思いきや、その弾道は大きな弧を描いてゴール右ポストをかすめるようにネットへと吸い込まれた。このFKを阻むはずだったGKファビアン・バルテズは一歩も動くことができなかった。, ロベルト・カルロスはFK専門の選手だったわけではない。同世代の中でも特に攻撃的なマインドを持った最高のDFの一人であり、セレソンにおいてもレアル・マドリーでも、欠かせない存在として長らく活躍した。, 彼が獲得した数多くの勲章のなかで特筆すべきは、2002年日韓ワールドカップ優勝メダルと、1990年代後半から2000年代前半にかけて「ガラクティコス」の一員として達成した、3度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇である。, ワールドカップで最も有名なゴールの一つを挙げた選手。1970年メキシコ大会決勝のイタリア戦、3-1で迎えた86分のことだ。相手の守備が緩いと見るや、右サイドを大きくオーバーラップ。ペレからのラストパスを受けると、そのままペナルティエリア内で右足を振り抜き、ファー側のネットを揺らす豪快なグラウンダー弾を決めた。これはイタリア代表にとどめを刺す一撃となった。, カルロス・アウベルトは最高の能力を持ったフルバックであり、敵陣深くまで攻めこんでゴールチャンスに絡むことのできる、卓越した技能を持ったDFであった。, “カピトン”の愛称で親しまれたように、ブラジルチームの中心選手であり、不可欠なキャプテンとして多くの尊敬を受けた。彼は人格者としても知られ、ペレとともに長年にわたってサントスFCで活躍した経験豊かな選手であった。, 2016年、心臓発作により72歳で死去。ペレをはじめとする元チームメイトたちが、偉大なクラックであるカルロス・アウベルトに哀悼の意を捧げた。, 1970年、ワールドカップ優勝メンバーの一人であるリベリーノは、弾丸シュートで恐れられたレフティーである。サッカー史上最もパワフルなキック力の持ち主の一人として知られるが、現代サッカーで使用されているボールはリベリーノの現役時代に用いられたボールよりも重いため、現代の名手との安易な比較はできない。, 攻撃的MFとしての才能に加え、左足を駆使した卓越した足技でも有名であり、後にロナウジーニョもピッチ上で披露した「エラシコ」のパイオニアでもある。, トスタンについて広く知られている活躍は、1970年ワールドカップでのものだ。メキシコで開催されたこの大会の準々決勝で、トスタンは南米のライバル、ペルー相手に2ゴールをマーク。4-2でセレソンはペルーを退けている。, トスタンの現役生活は早すぎる閉幕を迎えた。ボールが目に当たるという不運な事故を複数回経験したことにより、網膜剥離となってしまう。それにより26歳というプロとしての絶頂期にスパイクを脱ぐこととなってしまった。, だが短い期間ではあっても、ブラジルサッカーに素晴らしいインパクトを残したレジェンドとして、トスタンは長らく愛される存在となっている。, 1928年生まれであるジジは年齢的に数年の開きがあるものの、セレソンとしてはペレやガリンシャと同時期に脚光を浴びた。1954年ではワールドカップのメンバーとしてピッチに立つも当時世界最強と謳われた“マジック・マジャール”ハンガリーを前に準々決勝で敗れた。続く1958年、1962年ではワールドカップ連覇を果たしている。, ジジは1959年にボタフォゴからレアル・マドリーに移籍し、サンティアゴ・ベルナベウで輝いた最初のブラジル人スターとなった。UEFAチャンピオンズカップ(現リーグ)で優勝した後、名手アルフレッド・ディ・ステファノとの個人的な確執により、わずか1年でチームを去った。, 今は亡きスターは、セットプレーからの才能に優れレジェンドとなった。ビッチでの優雅なプレーはもちろんのこと、その左足から繰り出すFKは不思議な軌道を描くことから、“フォーリャ・セッカ”(枯れ葉)と呼ばれ、伝説的な逸話となっている。また、ブラジルではその才能に敬意をこめて「エチオピアのプリンス」という愛称で親しまれた。, カフーはブラジル代表として、歴代最多の142試合出場を誇り、サッカー史上最高のサイドバックの一人と見なされている。, ブラジル代表がタイトルを奪取した時期をひとくくりにすると、1958年~1970年までのペレやガリンシャがいた最初の黄金期と言える。もう一つの隆盛がそれより30年ほど後の、カフーがチームをけん引した時期となるだろう。, カフーは4度のワールドカップに出場し、そのうちセレソンは3度も決勝に進出している。1994年と2002年の2度、ビッグタイトルを獲得した。, ピッチでのカフーは、右サイドを縦横無尽にアップダウンする、伝統的なブラジルのフルバックの典型であった。相手に先んじて攻撃することに集中し、同時に相手の動きを察知することに秀でていた。, ブラジル代表としてだけでなく、ローマとミランの双方で活躍したこともあり、イタリアでも絶大な人気を集めた。00-01シーズンにはローマに18年ぶりとなるスクデットをもたらし、2003年に加わったミランでは、06-07シーズンに自身初となるUEFAチャンピオンズリーグ制覇を果たしている。, ダイナミックでパワフルなフォワード、ジャイルジーニョは19歳でセレソンデビュー。ブラジル代表として、1966年からワールドカップに3度出場した。ジャイルジーニョが真にその実力を示し、世界に名を轟かせたのは1970年のメキシコ・ワールドカップだった。, ジャイルジーニョは、ペレ、トスタンともに最高の破壊力をもつ前線を構成し、メキシコ大会で7得点をあげた。同大会ではグループリーグ初戦のチェコスロバキア戦から、決勝のイタリア戦まで全6試合でゴールを決めるという偉業も達成している。, 彼が活躍したのはセレソンだけに留まらず、ボタフォゴでも数々の栄光を勝ち取った。1976年にはベロオリゾンテを本拠地とするクルゼイロでプレーし、コパ・リベルタドーレスを制覇している。ブラジル国外へと飛び出て、ベネズエラのポルトゥゲサ、ボリビアのウィルステルマンでも国内タイトルを複数獲得した。, 2017年夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約292億円)という破格の金額でパリ・サンジェルマンに加わったスーパースター。すでに「史上最高額の選手」という肩書きを手にしてはいるが、このリストの輝かしい面々と比較するにはまだ早計であり、まだキャリア半ばである。, それでも、これまでのキャリアを見ると、いつか歴代の偉大なブラジル人選手の一人と見なされることは間違いない。, 10代当時、サントスでコパ・リベルタドーレスの覇者となったネイマールは、21歳でバルセロナに加わり、14-15シーズンにはチャンピオンズリーグを制覇。選ばれし者の仲間入りを果たした。, ブラジル代表の現キャプテンでもあるネイマールは、これまでのところ国際大会でのビッグタイトルには縁がない状態が続いている状態だ。だが2019年夏には、母国開催のコパ・アメリカでカップを掲げる可能性が高いと見られる。, ブラジルが生んだ天性の点取り屋であるロマーリオのイメージと言えば、さらりと相手DFをかわし、ゴールへ華麗に流し込む姿が思い出される。これは1994年のアメリカ・ワールドカップにおける印象的なシーンの一つである。この大会は、新たなファン拡大に成功したワールドカップの転機になったとされる大会で、商業的にも一気にグローバル化する先駆けとなった大会としても知られる。, PSVやバルセロナ、ブラジル代表でも、ロマーリオの驚異的な得点力を止める方法を知る者は誰もいなかったと言っていい。小柄で小太りのゴールゲッターは、バルサでも、ヨハン・クライフ元監督の「ドリーム・チーム」において、フリスト・ストイチコフとともに驚異的な得点力のユニットを形成し、たちまち人気となった。, ロマーリオは、ブラジル代表として70試合に出場し55もの輝かしいゴールをマークした。1990年代半ばから盟友ロナウドと“Ro-Roコンビ”と呼ばれたが、1998年のフランス大会は直前の負傷でW杯のメンバー入りを逃す結果に。2002年はルイス・フェリペ・スコラーリの構想から漏れ、セレソンにロマーリオが選ばれなかったことは、ブラジルで大きなセンセーショナルを巻き起こした。, 現役中に特定のチームで“象徴”となり、レジェンドとして愛されるような選手はほとんどいない。ところが、創造性豊かな司令塔であったファルカンは、少なくとも3つのチームで愛される存在となった。母国のインテルナシオナルで、イタリアではローマで。そしてブラジル代表でも一時代を築いたプレーメーカーとして賛辞を集めた。, ブラジル代表でファルカンが最も脚光を浴びたのは、1982年のワールドカップ・スペイン大会だ。ただ、この大会でブラジルは“史上最強”とも称されながら、後に優勝するイタリアの前に2-3で敗れ、2次リーグで姿を消した。, ジーコ、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾと形成した中盤は“黄金のカルテット”と呼ばれ、歴代ブラジル代表の中でも最も完成度の高かった中盤としていまだ語り草となっている。守備的なポジションだったが、司令塔としてこのユニットを操っていたのは、紛れもなくファルカンだったのである。, ピッチ上で何をやってのけるか分からない、創造性溢れるプレーを見せたフィールドの魔術師。様々なチームでプレーしたが、その度に華麗な魔法を見せ、どのチームでもファンから熱烈に愛された。だがキャリア終盤は規律違反や不摂生からキレを失うなど、やや尻つぼみした印象は否めない。, ロナウジーニョは、ロナウド、リバウドとともに“3R”として2002年日韓ワールドカップでブラジル代表を優勝に導き、バルセロナの歴史においてもカンプ・ノウのピッチでプレーした選手の中でも、最高のプレーヤーの一人と見なされている。, 全盛期のロナウジーニョは所属チームのファンのみならず、中立の立場であるサッカーフリーク、そして時には激しいライバル関係にある対戦相手のファンからも、惜しみない拍手が贈られたことがある。, 特筆すべきはブラウ・グラーナの選手ながら、レアル・マドリーのファンからスタンディング・オベーションを受けたエピソードだろう。05-06シーズン、サンティアゴ・ベルナベウでのクラシコでは、ロナウジーニョが独力で敵陣を切り裂くなど、圧巻のプレーを披露。2ゴールを奪ったことで、マドリディスタから盛大な拍手が贈られた(試合は3-0でバルセロナが勝利)。通常では考えられない歴史的なワンシーンとして、その輝きがさん然と際立っていることは間違いない。, ビッグタイトルこそ獲得できなかったが、ブラジルサッカーが“美しい”と形容された1982年と1986年のワールドカップにおいて、その顔を担ったのがジーコだった。サッカーというスポーツが生んだ非凡な司令塔の一人として、ジーコの名は世界的に知られている。, かつて“王様”ペレは、フラメンゴのレジェンドであるジーコについて「このスポーツにおけるすべてのスターの中で、最も自身に匹敵する才能の持ち主だ」と語ったことがある。, ジーコはフラメンゴで長らくプレーし、1981年のコパ・リベルタドーレスとインターコンチネンタルカップの優勝を含む、合計12個の主要タイトルを獲得した。後にJリーグ黎明期の日本においてもプレーし、鹿島アントラーズでの成功から日本でもレジェンドとなった。現在も同チームのテクニカル・ディレクターを務めている。, 冷静沈着ながら、チェーンスモーカーとしても知られたソクラテスは、医師免許を保持することから“ドトール”という愛称で親しまれた。ブラジルの神話的なジョガ・ボニート(美しくプレーする)という哲学においても、カリスマ的存在だった。, ソクラテスがいたころのブラジル代表はワールドカップで優勝こそ果たせなかったが、1982年と1986年に見せたファンタジックなプレーは世界中のサッカーファンを魅了した。とりわけ1982年のスペイン大会では、セレソンのキャプテンマークを巻き、その堂々とした振る舞いと、卓越した技術でチームに貢献した。, ソクラテスは、190センチを超える長身でありながら、そのボールタッチとプレービジョンは対戦相手からも称賛されるほどのスキルを備えていた。, 2011年に57歳でこの世を去ったが、その早すぎる死が伝えられると、ブラジル全土が喪に服し、当時のジルマ・ルセフ大統領は彼を「ブラジルで最も愛された息子のひとり」と称した。, バルセロナ、インテル、レアル・マドリー、ミランでスターだったロナウドは、国際舞台におけるペレの偉業の再現に、最も近づいた選手である。, ロナウドは1994年、2002年と2度ワールドカップのトロフィーを掲げた。18歳で迎えた1994年のアメリカ大会では控えに留まって試合には出なかったが、8年後には大会得点王となる活躍を見せ、セレソンに5度目のW杯優勝をもたらした。, その間にあった1998年のフランス大会では、華々しい活躍をしていたにもかかわらず、決勝の数時間前には精神的プレッシャーから胃痙攣に襲われ、優勝はかなわなかった。, リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの時代が訪れるまで、ロナウドは、現代サッカーにおいて最も危険なストライカーの一人と見なされていた。代表では62ゴールを記録し、キャリアトータルでは公式戦400得点以上を決めている。, 人間離れした才能の持ち主でありながら、インテル時代にひざを痛めたことから、キャリア中期から超人的なスピードは失われた。それ以降“嗅覚”で勝負するゴールポーチャーへと変貌を遂げたが、超一流の点取り屋であり続けた。, 引退からしばらく経った今でも、歴代最高のFWにロナウドの名を挙げる選手も多く、「負傷がなければもっと高みに行けたはず」と信じる人も数多くいる。, サイドエリアから敵陣を切り裂くスキルに長け、ウイングとして常軌を逸した天才として知られた不世出の名手。ピッチ内外で数々の伝説的なエピソードを残し、ブラジルサッカー界においては、いまだにヒーローとして崇められている。, ガリンシャは1958年、1962年とワールドカップで2大会続けて中心的な役割を担い、ブラジルに2つの栄冠をもたらした。幼少期の病気により左右の足の長さが違うというハンデを背負いながら、美しいサッカーを体現する天才として、歴史に名を残している。, ガリンシャの身長はわずか5フィート6インチ(約169cm)だった。超人的なドリブルを止めるために悪質なタックルを受けることも多く、長引く負傷や不摂生の影響もあり、プロキャリアとしては比較的短かったかもしれない。それでもブラジルでは多くの人々から愛されるアイドルとなった。, アルコール依存症、2度の結婚、子どもが14人いるという伝説など、波乱万丈な私生活も、ファンの間ではガリンシャの神格化に拍車をかけるエピソードとされており、1983年に49歳でこの世を去った後、ブラジル全土に大きな絶望をもたらした。, 言わずと知れた“サッカーの王様”。ペレのめくるめくプロ人生には数え切れないほどの逸話があり、そのいくつかにはいまだ論争の余地があるかもしれない。それでも1950年代~1970年代までありとあらゆる栄光をつかんだペレが、サッカー界で最も偉大な選手の一人であることは間違いない。, ネイマールのような選手が、いつかペレを超えることはあるかもしれない。だがペレを頂点の座から追いやるような栄光を手にするとなると、格別なタイトルを獲得することが必要となるだろう。, 1958年、1962年、1970年と3度のワールドカップ制覇により、ペレはワールドカップ史上最高に成功した選手と見なされている。セレソンのユニフォームを身にまとって決めた合計77得点は、半世紀経過しても、いまだ破る者のいない記録である。, Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved.