ブラジルといえば、誰もが知っているサッカー大国ですね。ブラジル代表チームはオリンピックやワールドカップなどでも常に上位に君臨し、優勝経験も豊富な強豪チームです。サッカー好きの人には憧れの存在ではないでしょうか。 Pres. リオデジャネイロを本拠地とする4つのサッカーチームをご紹介。本田選手の移籍で話題になったボタフォゴや、ジーコの在籍したフラメンゴなど、名門が勢ぞろい!熾烈なライバル関係や互いの「ヤジ合戦」まで、ブラジル在住歴のある筆者が解説します。 ブラジルの酸いも甘いも知り尽くしている在住歴17年の女性。日本で知り合った日系ブラジル人の主人と子供3人で、ブラジルライフを満喫中です!特にトロピカルフルーツや自由な感じがお気に入り。どんなかな?とちょっとでも気になったらぜひ覗いてみてください。面白い発見があるかもしれませんよ?. ブラジル社会の特徴 ~多様性と親日国~ 日本は先進国でブラジルは発展途上国。 いまだに日本ほど便利でない点もたくさんあり、経済面・インフラ面・治安面など問題点もたくさんあります。 でもブラジル社会を知ると日本とは違った面での良さも見えてきます。 ブラジルはカカオさいばいに向いている場所が多く、 質 しつ の高いカカオ豆が作られ、世界各地に 輸出 ゆしゅつ されているんです。

ブラジルのサッカー選手は、ポジションを問わず足技が得意なことが特徴です。1 1対1で勝負をしかける場面や、DFからの華麗なフィードも魅力のひとつでしょう。� まず、南米サッカー(特にブラジル)の特徴として、サッカーではよく言われる「個の力」のように個人技で相手を翻弄する技術が磨かれた選手がたくさん揃っています。 ブラジル人の性格や特徴14:皆がサッカーが上手いわけではない. ブラジルに行ったことありますか?? 丸い地球の中で、日本の真裏に位置するところで生きている人たちの生活って、ちょっと気になりますよね。 子供のころに、自分の立っているこの地面のず~っと下には、ブラジルの人たちがいるのかぁ 日本は先進国でブラジルは発展途上国。 いまだに日本ほど便利でない点もたくさんあり、経済面・インフラ面・治安面など問題点もたくさんあります。 でもブラジル社会を知ると日本とは違った面での良さも見えてきます。 ここではそんな「ブラジルの社会」について在住歴17年の著者が紹介していきます。 ブラジルといえば、誰もが知っているサッカー大国ですね。ブラジル代表チームはオリンピックやワールドカップなどでも常に上位に君臨し、優勝経験も豊富な強豪チームです。日本でも人気のある有名サッカー選手も多数輩出するなど、サッカー好きの人には憧れの存在ではないでしょうか。こちらの記事では、ブラジルサッカーの歴史やブラジルチーム、サッカー観戦の見所などをご紹介します!, ブラジルが今のようにサッカー強豪国となるまでには、一体どんな道のりを歩んできたのでしょうか?, 時は1894年、イギリスに長期留学をしていた学生がサッカーと出会い、ブラジルへ帰国する際にサッカーボールを持ち帰ったのがブラジルサッカーの始まりだといわれています。それまで、ブラジルの人はサッカーそのものを知らず、国内にはサッカースタジアムももちろんありませんでした。そこで、サッカーの魅力にとりつかれたその学生は、サンパウロにブラジル初となるサッカーグランドを作ったのです。その後1901年にブラジル初のプロサッカーリーグが誕生しました。, サッカーは、ボールさえあればいつでもどこでも楽しむことができる娯楽の一つです。ブラジルには日本では考えられないような貧困状況にある家庭も多く、靴さえ買えない子どもたちが裸足でサッカーに興じる姿を見ることも。サッカー選手になれば裕福な生活ができると夢見て、サッカー選手を目指す子どもも少なくありません。, サッカーは人生に夢や希望を与えてくれるスポーツなのです。また、国民みんなが熱狂的にそれぞれの好きなチームを応援し、お祭り騒ぎになるスポーツでもあります。試合がある日には朝から花火が打ち上げられ、試合後の大騒ぎも日常茶飯事!ブラジルでの試合観戦は、日本では経験できない体験となるでしょう。, 4年に一度開催されるサッカーのワールドカップ。ブラジル代表チームは過去の大会で何度も優勝を経験しています。まず、1958年のスウェーデン大会、1962年のチリ大会では2大会連続の優勝となりました。その8年後、1970年のメキシコ大会、1994年アメリカ大会、2002年の日本・韓国大会と、これまでに計5回の優勝を果たしています。, ブラジルサッカーの国内大会は、全国リーグ、州リーグ、ブラジルカップの3つに分けられます。それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。, 1971年に発足したサッカーの全国リーグ「カンピオナート・ブラジレイロ」は、日本では「ブラジル選手権」とも呼ばれています。2003年のシーズン以降は他国と同様に、完全ホームアンドアウェー方式が採用されています。2005年のシーズンには、全クラブ2回総当たりで順位を決定後、決勝トーナメントを行わずに勝ち点の多いクラブが優勝となりました。また同時に、下位の2クラブが2部リーグに陥落することになります。, 2003年・2004年はクラブ数24、2005年は22、2006年以降は20へと減少しました。現在は、原則上位4クラブが南米チャンピオンを決定する「リベルタドーレス杯」に出場することができ、下位4クラブが2部に降格する仕組みとなっています。1部リーグの「セリエA」から、2部リーグ「セリエB」、3部リーグ「セリエC」、4部リーグ「セリエD」まであります。, ブラジルには各27州すべてにサッカー州リーグが存在し、ブラジルでは古くから試合が開催されいる伝統ある大会です。特に、強豪チームが集まるサンパウロ州とリオデジャネイロ州の州リーグはブラジル人に人気!中でも、サンパウロ州のサンパウロFCとコリンチャンス、リオデジャネイロ州のフラメンゴとフルミネンセの試合は、「ナショナルダービー」とも呼ばれるほどの注目試合です。, 全国リーグと州リーグは関連あるように思われがちですが、まったく別の大会となっているため、全国リーグでは2部落ちなのに州リーグでは優勝ということも起こり得るのです。また、周辺の州をまたいで開催される地域カップ戦もあるなど、ブラジルのサッカー界は日本に比べて複雑な仕組みとなっています。, 州リーグの予選終了後に開催されている大会が「コッパ・ド・ブラジル(ブラジルカップ)」です。こちらは、前年度の州リーグ上位32クラブが、ホームアンドアウェー方式で優勝を競う大会となっています。しかし、実質は強豪チームが南米クラブ選手権に出場して不参加のため、リーグ戦ほど盛り上がらないという問題を抱えています。, ワールドカップやオリンピックに出場するブラジルナショナルチームは、世界を牽引する強豪チーム!しかし、南米にはサッカー強豪国が多いにもかかわらず、南米の出場枠は2つしかないため、ブラジルチームは1992年のバルセロナ大会や2004年のアテネ大会の出場を逃すという過去も。。, 男子だけでなく、実は女子サッカーブラジル代表も世界上位の実力を誇っています。2019年4月現在、ブラジル代表はFIFAランキング第3位、女子ブラジル代表は第8位となっています。, せっかくブラジルを訪れたら、ぜひ現地のスタジアムでサッカー観戦をしてみませんか?ブラジルでおすすめのサッカースタジアムを5つご紹介します。, サッカー好きな人で知らない人はいないくらい有名な「エスタジオ・ド・マラカナン(通称マラナカンスタジアム)」は、リオデジャネイロにある世界最大規模のスタジアムです。1950年開催のワールドカップや、2016年開催のリオデジャネイロオリンピックの開会式が開催された場所としても知られています。, 1950年開催のワールドカップでは、決勝でブラジル代表とウルグアイ代表が戦い、ブラジルが逆転負けをして優勝を逃したという痛い思い出がある場所でもあります。これは「マラナカナンの悲劇」と呼ばれています。スタジアムの正面入り口には、歴代ブラジル代表選手の足型が飾られていて、スタジアムを訪れた人は誰でも見ることができます。, また、約40分のスタジアム見学ツアーに参加すれば、選手の控え室やロッカールーム、ジャグジー、会見ルームなどを見て回ることができるんです!サッカーファンにはたまりませんね!, 「アレーナ・デ・サンパウロ(別名アレーナ・コリンチャンス) 」は、サンパウロにあるスタジアムです。ブラジルの名門クラブチーム・コリンチャスのホームスタジアムとしても知られています。2014年開催のワールドカップ開会式や、2016年リオデジャネイロオリンピックのサッカー競技場の一つとしても使用されました。, サンパウロの高級住宅地に位置するスタジアムが「エスタジオ・ド・モルンビー(正式名称エスタジオ・シーセロ・ポンペウ・ヂ・トレド)」です。こちらはブラジルの名門クラブ・サンパウロFCがホームスタジアムとして使用している場所で、サッカー以外にも陸上競技施設やプール、スポーツジムなども完備しています。, エスタジオ・ド・モルンビーの収容人数は約7万3000人と、エスタシオ・ド・マラナカンに次ぐ規模を誇ります。過去にはマドンナやクイーン、ジャスティン・ビーバーなどのアーティストのコンサートも開催されています。, 「エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア(正式名称エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア・マネ・ガリンシャ)」は、首都ブラジリアにある国立競技場です。2013年に開催されたコンフェデレーションズ杯で、日本とブラジルの試合が行われた会場でもあります。1974年にオープンしたこちらの競技場は、かつてブラジリエンセFCのホームスタジオやブラジル代表の試合会場としても使用されていました。, また、2014年のワールドカップ、2016年のリオオリンピックの会場の一つとしても使用されています。, 「アレーナ・フォンチ・ノヴァ」は、バイーア州サルヴァドールに位置するサッカースタジアムです。2010年まで同地にあったスタジアムの跡地に建設され、2013年のコンフェデレーションズ杯、2014年ワールドカップでは一部の視界が開催されました。スタジアムの中には、サッカー博物館やコンベンションセンター、レストランなども併設されています。, ブラジル代表の中には、引退後も偉大なサッカー選手として名を馳せている人物が多く存在します。中でも有名な選手を見ていきましょう。, 「サッカーの王様」とも呼ばれるペレは、1950~1970年代に大活躍した選手です。1958年、1962年、1970年と3度もワールドカップを制覇したことで、サッカー界の偉大な人物として認められたのです。ブラジル代表における彼の合計得点77は、いまだ破られることのない記録として残っています。, ペレにもっとも近づいた選手として知られるロナウドは、バルセロナやインテル、レアル・マドリードなどでスター選手として輝いた人物です。18歳で初めて参加したワールドカップ・アメリカ大会では出場は叶いませんでしたが、8年後の大会では大会得点王に君臨します。人間離れした才能の持ち主であったロナウドは、代表時代62ゴールを決めています。引退後も、彼を歴代最高のFWだと絶賛するファンは後を絶ちません。, 創造的なプレーで一躍注目を集めたロナウジーニョ。さまざまなチームでプレーをしましたが、どこに行ってもファンから熱烈に愛された選手です。特に、ブラウ・グラーナの選手でありながら、レアル・マドリードのファンからスタンディング・オベーションを受けたエピソードは歴史に残るシーンとして多くのファンの記憶に残っているでしょう。チームのファンだけでなく、ライバルチームのファンや、中立的立場のサッカーフリークなどからも愛された選手なのです。, 若くして素晴らしい選手の称号を手にしたネイマールは、21歳でバルセロナのメンバーに加わりチャンピオンリーグを制覇するという経験を持ちます。2017年には破格の金額でパリ・サンジェルマンに加わり、その契約金額にサッカー界に衝撃を与えました。現ブラジル代表のキャプテンも務める彼は、いずれ歴代の偉大なブラジル選手と肩を並べることは間違いないでしょう。, せっかくのブラジル旅行、本場のサッカー観戦をしてみませんか?ここでは、インターネットでのチケットの入手方法や観戦ポイントなどを解説します。, ポルトガル語がわからないという人は、日本でチケットを手に入れておくことがおすすめです。インターネットであればクレジットカード決済もできるので、忙しい人にもぴったりですね。ここでは「Futebol Card」のサイトでの購入方法を紹介していきます。, まずは、サイトにアクセスして見たい試合を検索しましょう。検索欄にチーム名やスタジアム名、観戦したいエリアなどを入力して試合を絞り込むことができます。ブラジルは広い国なので、同じ州内でも移動が大変なことも。。なるべくエリア名ではなく、スタジアム名で探すことをおすすめします。, 見たい試合が見つかったら、座席の種類とチケット料金が表示されます。チケットは「FULL TICKET(前半後半通し)」「HALF TICKET(前半後半のどちらか)」から選択できます。ちなみに、料金はレアルで表示されています。希望の座席を選択したら自動的に確認ステップに進むので、日付・料金に間違いがなければ「BUY」ボタンで購入しましょう。, 初めてチケットを購入する場合は、この時点で会員登録を行う必要があります。名前や住所、電話番号、生年月日などの情報を入力して「SAVE」ボタンを押します。, 最後に、支払い手続きを行いましょう。一般的なオンラインショッピングと同様に必要なカード情報の入力が完了したら、登録したメールアドレスへ購入情報が届きます。, 試合当日は、メールで届いた購入手続きの証明書を、現地のチケットカウンターで提示します。プリントアウトする必要はなく、スマホの画面をそのまま見せるだけでOK!確認できたらすぐにチケットを渡してもらえます。, チケットの入手やスタジアムまでの移動が面倒という人は、現地のツアーに参加するのもいいでしょう。ツアー内容は各会社によって異なりますが、チケットの手配はもちろん、スタジアムまでの送迎やガイドが付くプランなども多く見られます。人気の試合であればチケット自体が入手できないことも多いので、うまくツアーを利用してみてはいかがでしょうか?, 世界ランキングでも常に上位に君臨するブラジル代表。ブラジルの国内リーグでも、レベルの高い白熱した試合を観戦することができます。国民を上げての人気スポーツ・サッカーとあり、設備の整ったスタジアムが多いのも特徴です。サッカー好きの人にはたまりませんね!ぜひ本場のサッカースタジアムで、生の試合を観戦しましょう。地元のファンと一緒に熱狂する時間を過ごすことができるでしょう。, 世界最大の日系移民が多い国とされるブラジルは、親日家が多い国ともいわれています。ブラジルの歴史を紐解くことで、日本とのつながりを感じることができるでしょう。こちらの記事では、ブラジルの歴史や宗教、言語、国民性など、遠くて…, 熱狂的なリオのカーニバルや、サッカーでは印象的なカナリアイエローのユニフォームでおなじみのブラジル。実は絶景の宝庫だということ、ご存知でしたか?本記事ではブラジルの魅力を徹底解明!人気のおすすめ観光スポットから、お天気情…, 南米の人気観光地と言えば、マチュビチュやウユニ塩湖が有名ですが、ブラジルとアルゼンチンをまたぐ圧倒的な迫力の「イグアスの滝」も見逃せない絶景です!ここでは、観光前には必読のイグアスの滝について解説。現地で楽しめるアクティ…, アンパワー水上マーケットは、タイ・バンコク郊外のアンパワー運河の両岸にて、週末限定で開催されるナイトマーケット。ボートに乗って蛍の鑑賞なども楽しめる、大人気の観光名所です!そんなアンパワー水上マーケットについて、行き方や…, タイ・バンコクにあるピンクガネーシャとは、ワット・サマーン・ラッタナーラームという寺院に横たわる巨大な像のこと。3倍速で願いを叶えてくれると評判で、大人気のパワースポットです。使いのネズミ像やカラフルな装飾も目に楽しく、イ…, バンコクのチャイナタウンにあるワット・トライミットは、黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院です。とくに中国系の人々に大人気の黄金仏、ぜひ拝んでみませんか?そんなワット・トライミットについて、行き方や入場…, 旅行やグルメを中心とした記事のライターをしています。私自身海外旅行が好きで、今までにたくさんの国を訪れてきました。特にフランスとモロッコ、インドが大好きです。 旅行が好きでよく東南アジアに弾丸旅行に行きます。最近はヨーロッパにも徐々に詳しくなってきました。みなさんが旅に出たくなるようなおもしろい情報をご紹介していきたいと思います。, Av. ブラジルサッカーが強い理由は文化・国民性・輸出大国の3つである。 211の国と地域が参加するFIFAワールドカップにおいて、唯一全大会に参加している代表チームはブラジルだけ。 ブラジルのサッカー、現地の言葉でフチボウ (Futebol) は、ブラジルサッカー連盟によって統括されている。男女の別なく盛んに行われているブラジルで最も人気の高いスポーツであり、国民的なアイデンティティである。またフットサルやビーチサッカーも盛んである。 シザースはボールを体の前にさらす形でフェイントをするのでブラジル人に比べて体格が小さいアルゼンチン人は、そもそもこのスポットにボールを置く選手が少ない。