Copyright (C) 2009 Otokuukan Design Uno.

All Rights Reserved.

あれも調べるとちゃんと『東京ブギウギ』のカバー曲ということがわかりました! しかしすごいですね~音楽って。記憶を呼び戻すのに一番なのは匂い、嗅覚といわれていますが、音、聴覚も相当なものだと思います。だからなんだって話ですが(笑)。 ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。, 今回はちょっと変わった成り立ちをもつジャズ、「ブギウギ」のエピソードについて、油井正一さんの著書『生きているジャズ史』より、紹介したいと思います。, 1920年に施行された禁酒法により、表立って流通しなくなったアルコールは裏に流れ、ギャングたちの収入源となりました。アル・カポネがシカゴを牛耳り、トム・ペンターガストは行政と手を結んで、カンザスシティの政治や経済を支配しました。, しかし、そのおかげでジャズミュージシャンたちは、ギャングが集うナイトクラブや酒場での演奏という職を見つけることができたのです。とくにカンザスシティではギャングたちの庇護の下、1930年からの大恐慌をものともせず、ジャズミュージシャン達は失業知らずでした。, ブギウギは、シカゴやカンザスシティのクラブのステージで演奏されたものではありませんでした。もっと街の片隅の、高級クラブなんてまったく縁のない人々の中から生まれたものです。, ギャングの横行は街の発展にも貢献し、南部の黒人たちは仕事を求めて移住してきました。しかし住めるのは黒人地区。限りあるアパートメントに人が殺到したため家賃は高騰し、昼の稼ぎだけでは賄いきれなくなりました。, そこで彼らは自宅を使い、料理持ち込みの「ハウスレント(家賃)パーティー」を頻繁に開きました。入場料の50セントをかき集め、家賃をひねり出そうとしたのです。, ジミー・ヤンシーは、行く先々のハウスレントパーティーで歓迎されました。彼の弾くピアノは、左手で同じフレーズを繰り返す不思議なブルースを奏でました。, ジミー・ヤンシーは芸で食べていく一家に生まれ、自身も子供の頃から歌や楽器の演奏で稼いでいたそうですが、ピアノは独学。自宅には練習用のピアノさえなかったという逸話も残っています。ハウスレントパーティーでの演奏も副業として行っていたので、生涯一度もコンサートステージに上がることはありませんでした。, ヤンシーはいち労働者として、1951年に59歳でその生涯に幕を下ろすまで「シカゴ ホワイト・ソックス」の球場のグランドキーパーとして勤めあげました。しかし彼の演奏スタイルは、世界中で様々な楽器によって演奏されるほど、愛されるようになったのです。, ヤンシーの不思議なピアノの演奏スタイルは、当初名前がついていませんでした。しかしハウスレントパーティーで主流となり、演奏するミュージシャンも増えていきました。「ブギウギの名付け親」とも言える、25歳の若きミュージシャン、パイン・トップ・スミスもそのひとり。, ブギウギの名前は、パイン・トップ・スミスが1929年のレコードに録音した歌の題名、「ブギウギ」に由来しています。不幸なことに、パイン・トップ・スミスはレコードを録音して間もなく、事故により亡くなりました。このレコードが日の目を浴びるのは、彼の死後8年近くも経ったあとのことでした。, ハウスレントパーティーのブギウギに熱狂するあまり、仕事がおろそかになってしまう人もたくさんいたようです。シカゴのタクシー会社では、黒人の運転手たちがブギウギに夢中になっているのに困り果て、とうとう運転手のためのクラブを作り、そこから仕事の呼び出しを受けられるようにしたという逸話まで残っています。, しかし世界的に見ると、ブギウギはジャズとして認知されていませんでした。演奏者の多くが、専業ではなく副業としてピアノを弾いていたからです。そのため、後にブギウギのレコードを作ろうとしたとき、曲の作曲者の大半が見つからなかった、ということもありました。, そんな“マイナーメジャー”と言えるブギウギでしたが、一夜にして世界の脚光を浴びるようになったのです。1938年のクリスマスイブ、カーネギー・ホールで「フロム・スピリチュアルズ・トゥ・スイング」というコンサートが開催されました。, 当時、ジャズの表舞台は、白人にも受け入れられていたスイングが全盛でした。そこで、黒人の持つ音楽性に深く傾倒していた白人の敏腕音楽プロデューサー、ジョン・ハモンドは、スイングを通して黒人の他の音楽ジャンルも社会的に認知させようと一大イベントを企画したのです。, ブルース、ジャズ、ゴスペルなど様々な黒人音楽を集めた巨大なコンサートを、音楽の殿堂、カーネギー・ホールで開くことで、全世界に紹介にしたのです。もちろんそこにはブギウギも含まれていて、保守的なこのホールで黒人がメインで演奏する、というのは史上初の出来事でした。, イベントは大成功に終わり、とくにブギウギはアンコールの拍手が鳴りやまないほどの反響だったそうです。翌日の新聞はこぞって「アメリカの隠れた民族芸術」としてブギウギを取り上げました。, この日を境に、ブギウギは黒人地区だけの音楽ではなく、世界のメジャー音楽となりました。またこのコンサートは、アメリカに定住していたドイツ人のアルフレッド・ライオンを感動させ、ジャズレーベルの「ブルーノート・レーベル」を設立するきっかけにもなりました。その後、ブギウギはピアノ演奏だけでなく、ギターなどでも演奏されるようになり、スイングやロックなどにも取り入れられていったのです。, 1950年代中頃、ミュージック・ライフ誌に連載され、その後1冊にまとめられた名著が、装丁も新たに復活。発売当時「鋭い視点でジャズをとらえ、わかりやすく歴史をつづった名著」と絶賛され、それぞれの時代の視点からアップ・トゥ・デイトなジャズを語り続けた本書は、まさに「生きているジャズ史」。ジャズ初心者も、名うてのマニアも、まずはこれからジャズを読もう。.
様々な音楽に精通した店主がよりすぐった世界のブギ・ウギ音楽をお届けします。, 当社のメールマガジンです。是非ご登録下さい。下記にメールアドレスを入力して下さい。, メールマガジンを受けとりたくない場合は、下記にメールアドレスを入力して解除を押してください。, [THE ROLLING STONES Some Girls-Live In Texas JAPAN LIMITED BOX], AXELとブギウギ仲間達の共演シリーズ AXEL AND THE FRIENDS OF THE BOOGIE WOOGIE, 【中古】ピアノ・ハーツ ヴェントリクル 2 / Piano Hearts ventricle 2, The Joy of Boogie and Blues [CD付きにリニューアル!]Les Joies du Boogie et du Blues, AXEL ZWINGENBERGER / Boogie Woogie Piano Solo, THE ABC&D of BOOGIE WOOGIE-Live in Paris ABC&D・オブ・ブギウギ ライヴ・イン・パリ, 斎藤圭土&アクセル・ツヴィンゲンベルガー Keito Saito&Axel Zwingenberger/「THE JOY OF BOOGIE WOOGIE / LIVE, The Magic of Boogie Woogie w/CHARLIE WATTS, キース・エマーソン KEITH EMERSON ホンキー・トンク・トレイン・ブルース HONKY TONK TRAIN BLUES, Boogies für Jung und Alt - Band1-4  特典CD付き4巻セット 連弾用あり!, BOOGIE & BLUES PIANO Licks, Begleitpattern und Improvisation[CD付き輸入楽譜], 【限定特価! 日本で唯一! ブギ・ウギの専門ショップです。 ビギナーからマニアまできっと満足いただけます。 様々な音楽に精通した店主がよりすぐった世界のブギ・ウギ音楽をお届けします。 「ブギウギ」という言葉は「東京ブギウギ」などの日本の代表的な楽曲名に使われているが、意味はあまり知られていない。 「ブギウギ」は音楽用語であり「1920年代後期にシカゴで流行したピアノによるジャズのブルース演奏スタイルの一種」である。

5月、ブラジル音楽界の巨匠、エルメート・パスコアールが来日する! それって誰? というあなたには、これを機会に彼のことを知ってもらえたら嬉しい。もし気に入... 「ハーマンインターナショナル株式会社」が、全国の10~60代計2,000名を対象におこなった調査では、半数以上の人が「音楽のない世界では生きていけない」と... ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!, 【ジャズを知る】上野樹里がサックスを吹いた名曲「シング・シング・シング」はこうして生まれた, 誰もが聞いたことのある「だみ声」。ルイ・アームストロングとは、いったい何者だったのか, 「伝説的プロデューサー」の手掛けるブラックミュージック専門映像サービスが日本上陸!, マイルスにこの星で最も重要な音楽家と評された「Hermeto pascoal」の話, 「ぼくのヒーローはレス・バクスターと冨田勲」――髙城晶平(cero)とブルーノ・ペルナーダスの往復書簡#2, 「あなたのレコメンドは、どれも最高!」――髙城晶平(cero)とブルーノ・ペルナーダスの往復書簡#3, 「この曲をレコメンドさせてください!」――髙城晶平(cero)とブルーノ・ペルナーダスの往復書簡#1, 「細野晴臣はたくさん聴いてた!」――髙城晶平(cero)とブルーノ・ペルナーダスの往復書簡#4, 「黒人だから」。理不尽な差別を受けたナターシャのために、300人の生徒が立ち上がった, 映画『パラサイト』に出てきたB級グルメ「チャパグリ」って、どーなんよ?〜Uber Eats Ver.〜, 「フェイクグリーン」ブームの仕掛け人・日下部有香が語る「インテリア雑貨」としての可能性, フライパン1回で済む!六本木「Inazuma Beer」の鶏肉を焼くだけな“お食事”, 超カンタン!新宿「Y.Y.G.Brewery&Beer kitchen」のニンジンフレンチ惣菜, 結婚式のビデオメッセージ「モトリー・クルーのトミー・リーは400ドル」――ベンのトピックス, 2019年のベストディスティネーションに選ばれた「意外な都市」――ベンのトピックス, 2019年ミス・ユニバースの髪型は、とても「ナチュラル」でした――ベンのトピックス, 『ブレイキング・バッド』は最高だけど、真似する人がいるなんて ーー ベンのトピックス, 「#Year3Project」の写真に写っているのはロンドンの魅力です ――ベンのトピックス. ポピュラー音楽のリズムの一種。ブギを参照。; ブギウギ (ダンス) - ダンスの一種。 東京ブギウギ - 1947年に発表されてヒットしたブギのリズムによる日本の歌謡曲。 戦後の日本を象徴する曲として有名。

BLUESやBoogieの奏法解説を見る... 初心者コース「ヘイ ジュードを弾こう」, 楽器演奏と脳の活性化について. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ブギウギの用語解説 - 音楽用語。 1920年代後期にシカゴで流行したピアノによるジャズのブルース演奏スタイルの一種。左手で1小節8拍子で分散和音を繰返しながら,右手でブルースの旋律を弾く。 ブギウギ( boogie-woogie (英語版) ) . jQuery.noConflict(); 日本で唯一! ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつジャズ、「ブギウギ」のエピソードについて、油井正一さんの著書『生きているジャズ史』より、紹介したいと思います。
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが... あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。, ユーモアを交えた会話を歌うことで気持ちをリラックスさせてくれる、「ヤマハ」開発の“うたロボ”を紹介。, レバーを下ろすだけでどこでも簡単に本格的なエスプレッソが楽しめる小型エスプレッソメーカー「レバープレッソ(LEVERPRESSO)」をご紹介。. ビギナーからマニアまできっと満足いただけます。 ジャズ、聴いていますか?現在人気の漫画『BLUE GIANT』を読んでも感じるかもしれませんが、特別に意識してジャズを聴いているという人は決して多くありま... 映画『スウィングガールズ』では、劇中で様々なジャズが流れます。なかでも「シング・シング・シング」は、ベニー・グッドマンの代表曲として有名です。この曲が出来... 「聖者の行進」「バラ色の人生」「セ・シ・ボン」「この素晴らしき世界」など、誰もが一度は聴いたことがある数々の名曲を残し、“キング・オブ・ジャズ”と称される... ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作... サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ... ジャズって、なんだか難しい音楽だと思いませんか?とくにそう感じさせる要因のひとつがアドリブ(即興演奏)。スタンダードナンバーやスイングは分かりやすいのに、... 11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも... 伝説的音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズが監修を務める動画配信サービス「Qwest TV」が日本でのサービスを開始。貴重な映像をライナーノーツ... 2021年の春、アメリカにLGBTQフレンドリーな銀行「Be Money」がオープン予定。店舗はLGBTQ人口の多い街であるロサンゼルスに構えるとのこと。, マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。. 日本で唯一のブギ・ウギ専門店Boogie Woogie Village!