バラク・オバマ著、木内裕也、白倉 三紀子訳『マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝』ダイヤモンド社、2007年12月. Homepage - Welcome to the Barack H. Obama Foundation website. See also: 米山雄介「米経済会議サマーズ氏――ファンドから5億円――政権入り前――政策へ影響懸念も」『. 政治や奴隷などの歴史が嫌いな方はごめんなさい。人類の歴史として流し読みしてください。実はこれトマス・ジェファーソンとサリー・ヘミングス(Sally Hemings)の記事を昨年書いている途中に一緒に書いていたのですが...PC壊れてしまったんですよね。以前のをご紹介したかった... バラク・オバマ大統領の家系 祖父スタンレー・ダナム | Time Tested Beauty Tips * Audrey Hepburn Forever *. ©Copyright2020 今思う、今使いたい名言集.All Rights Reserved. バラク・フセイン・オバマ2世(Barack Hussein Obama II[2] [bəˈrɑːk huːˈseɪn oʊˈbɑːmə] ( 音声ファイル)、1961年8月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。第44代アメリカ合衆国大統領(在任: 2009年1月20日 – 2017年1月20日)。民主党に所属し、アフリカ系アメリカ人・有色人種初の大統領となった。2005年1月3日から2008年11月16日までイリノイ州選出の連邦上院議員、1997年1月8日から2004年11月4日までイリノイ州議会の上院議員を務めた。, 1961年8月4日にハワイ州ホノルルで生まれ、アメリカ合衆国本土生まれでは無い初の大統領となった。1983年にコロンビア大学を卒業後、シカゴでコミュニティ・オーガナイザーとして働く。1988年にはハーバード・ロー・スクールに入学し、黒人として初めてハーバード・ロー・レビューの会長に就任した。卒業後は公民権弁護士となり、1992年から2004年までシカゴ大学ロースクールで憲法学を教えた。オバマは選挙政治に目を向け、1997年から2004年までイリノイ州第13区の代表を務め、上院選挙に出馬した。2004年には3月の上院初当選・7月の民主党全国大会での基調講演・11月の上院選挙での地滑り当選で全国的に注目されるようになった。2008年アメリカ合衆国大統領選挙においてヒラリー・クリントンとの接戦の末に民主党の大統領候補に指名され、共和党のジョン・マケインを抑えて当選し、2009年1月20日にジョー・バイデンと共に就任した。その9ヶ月後には2009年のノーベル平和賞受賞者に選ばれた。, オバマは就任して最初の2年間に多くの画期的な法案に署名して法律を成立させた。可決された主な改革には、医療保険制度改革(一般的に「アフォーダブルケア法」または「オバマケア」と呼ばれる)、ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法、2010年のドント・アスク、ドント・テル廃止法などがある。2009年アメリカ復興・再投資法、2010年の税制救済・失業保険再承認・雇用創出法は、大不況の中で景気刺激策としての役割を果たした。国の債務上限をめぐる長い議論の後、彼は予算管理法とアメリカ納税者救済法に署名した。外交政策では2001年アフガニスタン紛争でのアメリカ軍の増派・アメリカ合衆国及びロシア連邦との間で新START条約による核兵器の削減・イラク戦争への軍事関与の中止などを行った。リビアでは軍事的介入を命じ、ムアンマル・カダフィ政権の打倒に貢献した。また軍事作戦を指揮し、オサマ・ビンラディンやイエメンのアルカイダ活動家アンワル・アウラキの死をもたらした。, 2012年アメリカ合衆国大統領選挙において共和党の大統領候補であるミット・ロムニーを破って再選を勝ち取ったオバマは、2013年1月21日に2期目の大統領に就任した。この任期中に彼はLGBTのアメリカ人のためのインクルージョンを推進した。オバマ政権はブリーフィングを提出し、最高裁判所に同性婚禁止令を違憲として破棄するよう求めた(United States v. Windsor and Obergefell v. Hodges)が、2015年にはObergefellで同性婚が法制化された。サンディフック小学校銃乱射事件を受けて銃規制を提唱し、アサルト武器の禁止を支持した他、地球温暖化や移民に関する広範な行政措置を行った。外交政策では2011年のイラク撤退後のISILの増長に対応してイラクへの軍事介入を命じ、2016年のアフガニスタンでのアメリカ軍の戦闘活動を終了させるプロセスを継続し、2015年の地球温暖化に関するパリ協定につながる議論を推進し、ロシアのウクライナ侵攻と2016年アメリカ合衆国大統領選挙でのロシア連邦の干渉後に再びロシアへの経済制裁を開始し、イランの核開発問題を仲介し、アメリカ合衆国とキューバの関係を正常化し、キューバ・広島平和記念公園・アフリカ連合本部を訪問した初の大統領に就任した。オバマ大統領は最高裁判所に3人の判事を指名した。ソニア・ソトマヨールとエレナ・ケイガンが確定し、メリック・ガーランドは党派的な妨害に遭い、確定しなかった。, オバマ大統領の任期中にアメリカ合衆国の海外での評価は大幅に向上した[3]。彼の大統領職は一般的に好意的に評価されており、歴史家・政治学者・一般市民の間での彼の大統領職に対する評価は、アメリカ合衆国大統領の中で上位に位置している。オバマは2017年1月20日に退任し、現在もワシントンD.C.に居住している[4] [5]。, 1961年8月4日にハワイ州ホノルルにある女性と子供のためのカピオラニ医療センター(英語版)で生まれる。 バラク・オバマの父シニアはムスリム(イスラム教徒)だったので、この名前が使われたのではないでしょうか。 バラク・オバマが広島訪問!次期大統領に望むのは? バラク・オバマの広島訪問が、世論をさまざまに賑わせています。 実父の バラク・オバマ・シニア ( 1936年 から 1982年 )は、 ケニア の ニャンゴマ・コゲロ 出身(生まれは ニャンザ州 ラチュオニョ県Kanyadhiang村 )の ルオ族 、母親は カンザス州 ウィチタ 出身 の 白人 、 アン・ダナム である。 バラク・オバマ大統領は航行の自由作戦と称し、アメリカ海軍の駆逐艦を埋め立て軍事基地化したミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)に派遣すること … 1965年に父はケニアへ帰国した後、政府のエコノミストとなる。父はハワイ大学からハーバード大学を卒業したため、将来を嘱望されていた。 DeYoung, Karen (24 October 2012). イギリスからもたくさんの人々がアメリカに新天地を求めて渡っていきました。最初のイギリス 人がアメリカに移り住んだのは1609年と言われています。コロンブスがアメリカ大陸を発見してから117年後のことでした。そして1619年に最初の黒人がアメリカに連れてこられました。 obama-grandparents-madelyn-and-stanley-dunham, マヤ・ストロ(異父妹) - イングランド、アイルランド、チェロキー族、インドネシア人, 1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見。それ以降色々な探検家が アメリカに。スペイン人の探検家も多く行ったので彼らは中南米、メキシコあるいはアメリカのフロリダとかカルフォルニア を植民地としました。 その後アンはハワイ大学で親交を得たインドネシア人留学生で、後に地質学者となったロロ・ストロ(Lolo Soetoro1987年没)と再婚する。, 1967年、ストロの母国であるインドネシアにて、軍事指導者のスハルトによる軍事クーデター(9月30日事件)が勃発すると、留学していた全てのインドネシア人が国に呼び戻されたことで、一家はジャカルタに移住した[22]。オバマ・ジュニアは6歳から10歳までジャカルタの公立のメンテン第1小学校に通った[注 1]。1970年には、母と継父のあいだに異父妹のマヤ・ストロが誕生する。, 1971年、オバマ・ジュニアは母方の祖父母であるスタンレー・ダナム(英語版)(1992年没)とマデリン・ダナム(英語版)(2008年没)夫妻と暮らすためにホノルルへ戻り、地元の有名私立小中高一貫のプレパラトリー・スクールであるプナホウ・スクールに転入し、1979年に卒業するまで5年生教育を受けた[24]。在学中はバスケットボール部に所属し、高校時代に、飲酒、喫煙、大麻やコカインを使用したと自伝で告白している。また2014年には大麻について問われた際に、「悪い習慣だという点では若い時から大人になるまで長年吸っていたたばこと大差ない。アルコールよりも危険が大きいとは思わない」と述べている[25]。, なお1972年に母のアンがストロと一時的に別居し、実家があるハワイのホノルルへ帰国し、1977年まで滞在する。同年に母はオバマ・ジュニアをハワイの両親に預け、人類学者としてフィールドワーカーの仕事をするためにインドネシアに移住し、1994年まで現地に滞在した。このあいだに、1980年にアンと継父のストロとの離婚が成立した。母のアンはハワイに戻り、1995年に卵巣癌で亡くなった[14]。以上のように青年時代のオバマはハワイにおいて母親と母方の祖父母(ともに白人)によって育てられた。, 1979年に同高校を卒業後、西海岸で最も古いリベラルアーツカレッジの一つであるオクシデンタル大学(カリフォルニア州ロサンゼルス)に入学する[26]。2年後、ニューヨーク州のコロンビア大学に編入し、政治学、とくに国際関係論を専攻する[27]。, 1983年に同大学を卒業後、ニューヨークで出版社やNPO「ビジネスインターナショナル」社(Business International Corporation)に1年間勤務[28][29]し、その後はニューヨーク パブリック・インタレスト・リサーチグループ(New York Public Interest Research Group)で働いた[30][31]。ニューヨークでの4年間のあと、オバマはイリノイ州シカゴに転居した。オバマは1985年6月から1988年5月まで、教会が主導する地域振興事業(DCP)の管理者(コミュニティオーガナイザー)として務めた[30][32]。オバマは同地域の事業所の人員を1名から13名に増員させ、年間予算を当初の7万ドルから40万ドルに拡大させるなどの業績を残した。職業訓練事業の支援、大学予備校の教師の事業、オルトゲルトガーデン(en:Altgeld Gardens, Chicago)の設立と居住者の権限の確立に一役買った[33]。, 1988年にケニアとヨーロッパを旅行し、ケニア滞在中に実父の親類と初めて対面している。同年秋にハーバード・ロー・スクールに入学する。初年の暮れに「ハーバード・ロー・レビュー」の編集委員[34]に、2年目には編集長に選ばれた[35]。, 1991年、法務博士(Juris Doctor。日本の法務博士(専門職)に相当)の学位を取得、同ロースクールをmagna cum laudeで修了[注 2]しシカゴ大学の法学フェローとなる。, ハーバード大学ロー・スクールを修了後、シカゴに戻り有権者登録活動(Voter registration drive)に関わった後、弁護士として法律事務所に勤務。 アゴに遺伝子を感じます。(オバマ大統領、母アン・ダナム、祖父スタンレー・ダナム), バージニア州で使用人として働いていたアフリカ人のジョー・パンチは1640年、メリーランド州へ逃亡。そこで、同じく逃亡した2名の白人のインデンチャー・サーバントとともに捕獲され裁判を受けました。裁判の刑は、白人より厳しい生涯の強制労働。インデンチャー・サーバントとは、殖民地が奴隷制度を合法化する前に米国に存在した、最初の奴隷制度に近い契約労働者のことです。, 殖民地が始まった1600年代初期、殖民地は労働者不足で、ヨーロッパ、特にイギリス、アイルランド、ドイツなどから多くの若い白人男女が殖民地に移住し、その旅費の負債を返済するため、期限付きでインデンチャー・サーバントとして、強制労働に契約。バージニアは、奴隷制度を早く制定したため、ジョン・パンチは、殖民地で最初の奴隷になった人物と推測されています。これは複数の歴史家たちが、ジョー・パンチを米国で公式に記録された最初の黒人奴隷だと考える由縁となり、バージニア州ではこの数年前に奴隷を許可する法が採択されました。, 調査チームは、オバマ氏の母の先祖であるバンチ家がアフリカ系の先祖につながりがあるかどうかを調査するためDNA分析を実施。また、オバマ氏の母の祖先を追跡するため、結婚記録や財産記録を捜したところ、ジョン・パンチは、白人女性と複数の子供たちを養っていたことが判明。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. バラク・フセイン・オバマ-シニア(工。. 21 October 2011. [112]、キューバのフィデル・カストロは「(ノーベル)委員会の姿勢にいつも賛同できるわけではないが、今回については前向きな決定だ。今回の決定は、米国の大統領への賞というよりも、かの国の少なからぬ大統領が続けてきた大量虐殺政策への批判だと受け止めたい」と賞賛している[113]。イスラエルは自国への支援の削減を危惧した。, オバマ支持層の民主党系やリベラル派からも批判や当惑が噴出している。リベラル派の女性コラムニスト、ルース・マーカス(英語版)は「この受賞はバカげている、オバマはまだなにも達成していない」と書き、民主党系外交コラムニスト、ジム・ホーグランド(英語版)もオバマが中国の機嫌を損ねないようにダライ・ラマ14世との会談を避けたことも、平和賞にそぐわないと批判し、トーマス・フリードマンは「ノーベル委員会は早まって平和賞を与えることでオバマ大統領に害を及ぼした」と書き、「世界で最も重要な賞が、このように価値を落とすことには落胆した」と述べた[114]。イギリスのニュースサイトであるポリティックス・ホームの調査によると、イギリス人の62%、アメリカ人の52%がオバマは受賞に値しないと答えている[115]。, オバマはこれらの批判にも配慮してか、受賞に対して「歴史を通じて、ノーベル平和賞は特定の業績を顕彰するためだけではなく、一連の目的に弾みを付ける手段として用いられることもあるということも承知している。故に私は、この賞を行動への呼び声として――21世紀の共通課題に対処せよと全国家に求める声として――お受けする所存である」との声明を出した[注 14]。, オバマは現職のアメリカ合衆国大統領として2012年アメリカ合衆国大統領選挙に再選を賭けて出馬。9月の民主党全国大会で候補者に正式指名を受けると、アメリカ共和党候補者のミット・ロムニーと激しい選挙戦を展開し、第1回討論会などの結果を受けて一時は苦戦を伝えられた。, 10月25日に現職のアメリカ合衆国大統領として、初めて期日前投票をした[116]。, 11月6日に選挙が執行され、ロムニーとの激しい接戦の末、大票田のカリフォルニア州・激戦区となったオハイオ州で勝利を収め、残り2州の結果を待たずに大統領選挙人を300人以上獲得して大統領再選を勝ち取った[117]。オバマの再選はハリケーン・サンディの対応が高く評価されて、最終的な後押しになったとの論評がある[118]。, 2013年1月20日にアメリカ合衆国憲法の規定に基づき、ホワイトハウスに於いてジョン・ロバーツ最高裁判所長官、大統領夫人と2人の娘が立ち会う中で就任宣誓式を執り行い、オバマ政権の2期目がスタートした。しかしこの日は日曜日であることから翌日の1月21日に改めてアメリカ連邦議会前にて正式な就任宣誓式を執り行うとされた[119]。, 2013年9月27日にイランのハサン・ロウハーニー大統領と電話で会談した。これはイラン革命後初めてのアメリカ合衆国・イラン両国首脳の接触となった[120]。, 2013年8月21日にかねてから内戦状態であったシリアの首都ダマスカスの郊外で化学兵器サリンが使用されたと報じられた。ジョン・ケリー国務長官はシリア政府が使ったことは「否定できない」と発言するが、化学兵器の使用をシリア政府が行ったものか、反アサド政権組織が行ったものかは特定されなかった[121]。こうした中、オバマは国連安保理の決議無しでもシリアへ軍事介入する姿勢を見せ、化学兵器の使用についてアサド政権によるものだとの結論に達したと述べ、また、イラク戦争と今回の違いを主張した[122]。しかし、イギリスの参戦が見込めなくなり、また国内からのオバマに対する批判の声が多々挙がり、8月31日にオバマはアメリカ合衆国議会の承認を得た上でアサド政権に対する限定的な武力行使に踏み切ると表明した[123]。オバマは議員との夕食会に参加し武力介入の支持を求めている[124]。, 化学兵器の使用は反体制派に拘束されていた記者が反体制派内の会話から「欧米の軍事介入を誘発するために実施したものだ」と聞いている[125]。また、調査報道記者のシーモア・ハーシュは、シリア内戦に参戦している反アサド政権組織アル=ヌスラ戦線がサリンの製造方法を熟知し、大量に製造する能力を持つという報告が既にオバマに対して上げられていたが、オバマは軍事介入への正当化のためその情報を意図的に排除していたと指摘している[126]。9月にシリアの化学兵器を国際的な管理のもとで廃棄していくこと、並びにシリアの化学兵器禁止条約への加盟をロシアは提案した。この提案にアメリカも合意をしたことからシリアへの侵攻は見送られた。, 伊勢志摩サミット出席後の2016年5月27日に安倍晋三内閣総理大臣とともに、現職のアメリカ合衆国大統領として初めて広島平和記念公園を訪問した。広島平和記念資料館を視察後、慰霊碑に献花し、「人類が悪を犯すことを根絶することはできないかもしれない。しかし大量の核兵器を持つアメリカなどの国々は恐怖から脱却し、核兵器のない世界を追求しなければならない」として、「核兵器なき世界」に向けた所感を述べた。また「広島に原爆が投下された、あの運命の日以来私たちは希望を持てるような選択を行ってきた。そしてアメリカと日本は同盟関係を築いただけで無く友情を育んできた」として、日米同盟が世界平和のために果たしてきた役割の重要さを強調した[127][128][129][130]。, 2014年4月24日に日本の安倍晋三首相と会談し、その後の記者会見で、日本の尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用対象であり、アメリカは防衛義務を負うことを表明した[131]。, オバマは2013年春にキューバとの「ハイレベルでの接触」に着手した[132]。アメリカとキューバの1年半にわたる秘密交渉では、カナダ政府とローマ教皇フランシスコが仲介役を担った[133]。2013年12月10日には、南アフリカ共和国で執り行われたネルソン・マンデラの追悼式でオバマはスピーチの前にキューバ国家評議会議長ラウル・カストロに握手を求め、両首脳は双方の歩み寄りを示唆する握手を交わした[134]。, 2014年12月17日にオバマとカストロは国交正常化交渉の開始を電撃発表した。数か月以内に大使館を開設し、銀行や通商関係の正常化を話し合うことでも合意した[135]。『ニュー・リパブリック(英語版)』はこの雪解けを「オバマ政権の最大の外交成果」だと位置づけている[136]。, 2015年7月1日にアメリカとキューバは54年ぶりに国交を回復することで正式合意した。オバマとカストロが親書を交わし、大使館を相互に開設することで一致した[137]。2015年7月20日にワシントンD.C.の「キューバの利益代表部(英語版)」とハバナの「アメリカの利益代表部(英語版)」が大使館に格上げされ、アメリカとキューバ両国は1961年の断交以来54年ぶりに、国交の正常化を実現した[138]。, 2016年3月20日に現職のアメリカ合衆国大統領として1928年以来88年ぶりにキューバを訪れた[139]。, 退任後はワシントンD.C.に残る、ウッドロウ・ウィルソン以来のアメリカ合衆国大統領経験者になる[140]。, アメリカ合衆国大統領退任後の年金額は20万7,800ドルと現職時の報酬の約半分が支給される他、事務所経費や旅費・医療費などの手当も支給される。また、シークレットサービスの身辺警護は生涯続く[141]。, 2009年1月5日に、表にあるような各長官の任命を行い、同年1月21日に前日のオバマの大統領就任を受けて正式な政権として発足した[注 15]。この人事は国務長官に大統領選挙を戦ったヒラリーを起用するなど、オバマのと対立的立場の人材を起用したことから、オバマの敬愛するリンカーンの政権人事「チーム・オブ・ライバルズ」に似ていると評されている[153]。, 世界同時不況への対応としてアメリカ再生・再投資法(ARRA法)を2009年2月に成立させ、積極的な財政政策を行った。同年6月には製造業としては史上最大の倒産をしたゼネラルモーターズ(GM)を国有化することで救済した[154]。連邦準備制度理事会(FRB) 議長に再任したベン・バーナンキによる大規模な金融緩和にも支えられ、2010年から2016年にかけてアメリカは主な先進国の中で最も高い年率2.09パーセントの経済成長を達成し[155]、2009年7月から始まった景気拡大は後任のトランプ政権下の2020年2月まで持続して史上最長の128カ月に達した[156]。, 金融政策では、2010年7月にドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法を成立させ、大恐慌以来の金融規制改革をもたらした[157][158][159]。, 医療保険制度改革を内政の最重要政策として掲げ、国民皆保険制度の実現を図るために国民の保険加入を義務付けるといった医療保険改革法案を2010年3月に成立させた[160]。, 気候変動に関する協議に積極的に参加すると述べ、主要企業に二酸化炭素排出量の上限(排出枠)を設定する「キャップ・アンド・トレード」方式の排出量取引を開始し、2020年までに温室効果ガスの排出量を大幅に削減する意向をカリフォルニア州の地球温暖化関連の会合に寄せたビデオ演説で表明した。パリ協定採択にも関わった[161]。, 後任の大統領であるドナルド・トランプがパリ協定から離脱を表明した直後、「地球の未来を拒否する一握りの国に加わった」とトランプ大統領を非難するとともに、アメリカの各州や各都市、全ての企業には「国民一人ひとりが政権を頼らずに率先して、今後も地球温暖化対策をしっかり取り組んでくれるだろう」との期待を示している[162]。その期待に応えてワシントン・ニューヨーク・カリフォルニアの3州による、パリ協定順守を目的とした米国気候同盟の結成[163]に繋がった。また、退任後のパリ訪問時においては「パリ協定に米大統領の指導力が一時的にないなんて嘆かわしい」とトランプ大統領を改めて批判している[164]。, イランとは核合意を成し遂げ、キューバとは国交を樹立させるなどアメリカと長らく敵対してきた国と対話する路線に転換した。第41代大統領のジョージ・H・W・ブッシュの湾岸戦争を評価しており、アメリカ主導の国際協調を理想とした。しかし、保守派からはこの路線が「弱腰」と叩かれたかつてのジミー・カーター大統領の姿勢と似通っていると批判されていた[165]。また、アメリカは「世界の警察官」をやめると宣言した初めての大統領でもある[166][167]。, イラク戦争には一貫して反対しており、開戦直前の2003年3月16日にジョージ・W・ブッシュ大統領がサダム・フセインに対して48時間以内のイラク撤退を求める最後通牒を出した際、シカゴでの反戦集会で聴衆に対して「まだ遅くない」と開戦反対を訴えた。就任後は段階的な撤退を目指すとした。, 「イラクに拘ればアフガンで泥沼にはまる」と述べ、治安が悪化しているアフガニスタンやパキスタンのアメリカ軍の増強を検討。州兵に頼らない10万人の正規兵を増派した。, 2012年11月19日には現職のアメリカ合衆国大統領として初めてミャンマーを訪問した[168]。, 尖閣諸島については2014年4月の日米首脳会談後の記者会見で、「日本の施政下にある領土、尖閣諸島を含め、日米安保条約第5条の適用対象になる」と述べ、尖閣諸島は日米安保条約適用範囲内でありアメリカが防衛義務を負うことを表明した[169][170]。オバマはこの会談の前にも、読売新聞によるインタビューの中で同じ趣旨の発言をしているが、現職のアメリカ合衆国大統領が尖閣諸島への安保適用を明言したのはオバマが初めてである[171]。, 「国際的な核兵器禁止を目指す」とも発言しており、ロシアと協力し双方の弾道ミサイルを一触即発の状況から撤去し、兵器製造に転用可能な核分裂性物質の生産を世界的に禁止、更に米ロ間の中距離弾道ミサイル禁止を国際的に拡大することを目指した。, それに関連して2009年4月5日にチェコの首都プラハで行った演説で「アメリカは核兵器を使用した唯一の核保有国として、行動を起こす道義的責任を有する(As the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act.)。」と1945年の広島市、長崎市への原爆投下に対するアメリカの責任に言及した[172]。, これを受け、2009年8月6日の広島市平和記念式典において秋葉忠利広島市長は平和宣言の中で「オバマジョリティ (Obamajority)」という造語でこれに言及し、「Together, we can abolish nuclear weapons.