バドミントンのダブルスではサーブを打つ方が不利とされ、サーブの打ち方は大切になってきます。コツをしっかりつかんでまずはサーブを打てるようにならない、ラリーが始まりません。, サーブの練習は1人でもできる練習となので、しっかりとポイントを押さえて練習をすることが大切。目的意識を持たず練習をしても上達するまで時間がかかるので、ポイントを意識しましょう。, 今回はダブルスでのバックハンドでのサーブについて解説していきますね。フォアハンドでのサーブについてはバドミントンのフォアサーブの打ち方!ロングサーブは高く奥までの記事を読んでください。, 本記事参考教材:有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~, バドミントンのダブルスのサーブの打ち方とコツを覚える前にサーブにはまず2種類あることを知っておきましょう。サーブには、フォアハンドサーブとバックハンドサーブがある。, それぞれショートサービス、ロングサービスがあるので試合の流れで打ち分けを行います。, バドミントンではシングルスとダブルスがありますが、ダブルスのサーブで主に使われているようのは、バックハンドのショートサービス。, 現在は、シングルスでもダブルスでもバックハンドサーブが主流になっているのですが、これはラケット性能向上の影響と言えるでしょう。, シングルスでもバックハンドサーブが利用されるようになったのは、従来のフォアハンドでのロングハイサービスを打ってコートの奥(バックバウンダリーライン付近)までしっかり打っても、スマッシュショットやカットショットでラリーが決まってしまう可能性があるため。, サーブはショートサーブとロングサーブに分類することができますが、ショートサーブ(バックハンド)の打ち方は次のようになります。, 右利きの場合ならば、身体の左横、前方辺りで、インパクトの瞬間(ラケットがシャトルにあたる瞬間)はヘソ辺り(お腹)よりも少し高めを意識しましょう。, ショートサーブは、基本的にはネットすれすれを通って相手選手の前であるショートサービスラインに落とすイメージすること。, このサーブはダブルスだけではなく、シングルスでも正確性が非常に求められるシーンでも使われますし、通常時でもこの方法が基本です。, 安定した状態から打つためには背伸びをせず、つま先を浮かせず、テイクバックは最小限として、インパクトの瞬間はシャトルをラケットで押し出す感覚です。, シャトルの軌道について理想のコースは、相手のネットを越えてシャトルのコルクが下を向くのが一番良いコース。こうなると相手はただシャトルを返す(上に上げる)だけしかできなくなる。, バックハンドでは、サーブ時にシャトルの羽根部分だけを軽く持つようにすること。ここでシャトルを握ったりする人がいますが、こうすると打つ直前に回転がかかってしまうので、打ちにくくなってしまいますので注意しましょう。, また、インパクトの瞬間には、ラケットをシャトルに向かっていくように意識し、ショートサーブでは前途したように押し出すイメージを持つことが大事。, シャトルを手から離して落として打つと考えている人が稀にいますが、バックハンドのサーブの際には変化を少なくするということが非常に大切です。したがって、できるだけ直前までシャトルを持つというようなイメージを持ちましょう。, またショートサーブでは左右のコースどちらへ打つのかが大切ですが、ここで一番大切なことはネットから浮かないこと。すなわち、シャトルの高さをコントロールをするということです。, 高さのコントロールをすることができれば、相手選手から一方的に攻められて不利になるということが少なくなる。, サーブの高さ調節を、ラケットワークで行うと考えている人がいますが、この場合細かい調整をラケットワークでしようとすると難しくなるのでミスを引き起こしやすくなります。したがって、シャトルの位置を体の正面や左横にずらすなどして、高さを調整することが可能となる。.

ラリーポイント制となったことにより、サーブミスが相手の得点になることによって、サーブはサービスポイント制時代よりさらに大切なものとなりました。, バックハンドサーブのメリットは、まず相手選手から目を離すことなく打てますし、可動範囲が狭いためフォアサーブに比べて安定すること。, 従来のフォアハンドでのロングハイサービスを打ってコートの奥(バックバウンダリーライン付近)までしっかり打っても、スマッシュショットやカットショットでラリーが決まってしまう可能性があるため。, シャトルを握ったりする人がいますが、こうすると打つ直前に回転がかかってしまうので、打ちにくくなってしまいますので注意しましょう。, ショートサーブでは左右のコースどちらへ打つのかが大切ですが、ここで一番大切なことはネットから浮かないこと。, 初心者の時期はまずシャトルがラケットに当たらないという問題を解決することを優先して練習しましょう。, 打ち方については、ショートもロングも同様のフォームから打ち分けができないと意味がありません。, 回外筋を使うことで、テイクバックも小さくなり、ショートサーブと同じフォームで打つことが可能になるので、相手にどっちがくるか見破られることが少なくなります。, サーブ練習を繰り返し行いサーブで失点するということはないように練習でサーブに対する不安はなくしておきましょう。, 日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、あなたも試合で勝てるようになると思いませんか。, 今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください。いつ非公開になるか分かりません。, 有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~. 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。.

サーブの練習は1人でもできる練習となので、しっかりとポイントを押さえて練習をすることが大切。

バドミントンのダブルスではサーブを打つ方が不利とされ、サーブの打ち方は大切になってきます。コツをしっかりつかんでまずは サーブを打てるようにならない、ラリーが始まりません。. バドミントンのダブルスにおけるローテーションの基本や、動き方のコツをお伝えします。初心者の方向けの考え方や、前衛と後衛の役割などもご紹介します。バドミントンダブルスのローテーションの動きが気になる方はぜひチェックしてみてください。ローテーションの動きが理解できると、バドミントンダブルスの見え方が変わるでしょう。, バドミントンのダブルスにおけるローテーションとは、前衛と後衛が切り替わり、相手の球を打ちやすい陣営を流動的に作ることを指します。ダブルスのローテーションの動きは、バドミントンダブルスの攻め方に直結します。ダブルスで勝つためには、前衛と後衛の動きをスムーズにすることが必要です。, ローテーションと言うと、前衛と後衛がぐるぐる回るイメージがありますね。実際にバドミントンダブルスの戦いで行われている動きは、そこまで回っていません。, バドミントンのダブルスにおいて、ローテーションの動きは常に次の一手のために行います。, 攻撃の場合は、トップアンドバックと呼ばれる「前後」に前衛と後衛がいる布陣が一般的です。理由は、後衛からスマッシュを打ちやすいことと、相手からの返球に対するプッシュなど前衛からの攻撃につなげやすいことです。, 攻撃手は基本的に後衛がスマッシュを打ちます。相手から前方に入ってきた球は前衛がカバーし、守る動きの相手の体勢を崩します。この流れの中で、相手からの球筋を見て穴を埋めていった際に、前後が入れ替わることがあります。, 守備の時は、基本的にサイドバイサイドと呼ばれる横並びの陣営になります。横並びで2人が布陣を敷くことで、幅広いエリアをカバーすることができ、前後に対しての反応も、サイドバイサイドであればどちらが下がるのかが認識しやすいです。, サイドバイサイドの場合、センターライン寄りの攻撃手が来た時の動きの判断がコツです。左からの攻撃は右、右からの攻撃は左のプレイヤーがとると、動きがスムーズです。対角線上でクロスして守備するイメージですね。, 上記でご紹介した通り、バドミントンダブルスだからと言って常にローテーションの動きをしていなければならないわけではありません。, まず、ローテーションが必要になるのは、ダブルスのパートナーの体勢が崩れた時です。お互い2人同士で戦うバドミントンダブルスに置いて、1人が戦力外になる(=体勢が崩れる)ことは大打撃です。, 卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。, ソフトバレーボール上達のコツは、柔らかいボールの扱いに慣れることです。また、ネットの高さが2mと低いため、それに合わせた攻撃・守備の方法があります。スパイクでは叩きつけすぎないこと、ブロックはボールを押さえにいくと反則を取られてしまうので、コースを防ぐことを意識しましょう。, テニスで上手くなるためのコツを5つに分けて紹介します。「テニスを始めたけど何に気を付ければいいか分からない…」「もっと効率よく上手くなる方法が知りたい…」そんな初心者が知っておきたい上手くなるコツ、上達法を動作ごとに紹介するので、ぜひ練習時に意識して上達への近道にしましょう。, ダーツの投げ方のおすすめのコツとして、5つのポイントが挙げられます。そのダーツの投げ方の5つのコツである腕の使い方やスタンスなどについて詳しく解説します。しっかりと投げ方のコツを理解して、上手に投げる方法を習得しましょう。, 初心者や小学生の子供は必見!ドッジボールの投げ方が上手くなるコツを教えます。ドッジボールでなかなか相手に当てる事ができない方や始めたばかりで上手く投げられないという方は投げ方のフォームやボールを速く投げるコツを覚えて、さらにドッジボールを楽しみましょう。, Activeる! どうも、ぺたです。 今は状況も状況なのであれですが、普段は週10時間以上バドをして過ごしています。 バドミントンって楽しいですよね。やればやるほどもっと上手くなりたい!と思い練習三昧の日々です。 た... どうも、ぺたです。 以前紹介したヨネックスのインソールがボロボロになってきました。 ボロボロすぎて最近プレー中に滑る! 1年以上も前に購入してますし、さすがに買い替えどきだと思っ... どうも、ぺたです。 今日はバドミントンのダブルスにおけるサーブレシーブについて書いていこうと思います。 ダブルスにおいて試合の展開を決定するといっても過言ではないサーブレシーブですが、うまくサーブプッシュできない... どうも、ぺたです。 バドミントンのインソールに穴があいて使い物にならなくなったのですが、 まだいける!まだいけるはずだっ! と穴あきインソールを使い続けています。 昔っからケチっぽいというか、... どうも、ぺたです。 みなさんはラリー中にこんなことを思ったことはありませんか? 「相手にばっかりスマッシュやドロップを打たれて決められちゃう」 「なかなか攻撃に移れない」 「全然ロブが上がってこな... 1ゲームのみで試合をおこなって、できるだけ多くみんなが打てるようにしてるんですね。, ラリーを制した方に次のサーブ権が与えられ、サーブ権がある状態で得点すると1点入るというものです。, 試合を重ねていくたびに自然とルールは身に付いていきますので、焦らずゆっくりとバドミントンを楽しんでください。.

ダブルスではシャトルのスピードと動きの速さが要求されます。 フライトのスピードが速ければ、対戦相手のミスを誘う事や動きを封じ込める事が出来ますし、またコート奥に対戦相手チームを押し込むことで前の1人はネット前に詰めていくことができます。 このアイテムについての口コミや評判を下記の記事にまとめてあります。ぜひチェックしてくださいね。. 今やっている練習が実力につながっているか不安なら必見です!下記の画像を今スグにタップしましょう!! バドミントンの技・ショットの一覧と各ショットのコツについて、今回はお話しします。10種類のショットに分類しましたが、これが絶対的な数だとは言えません。   特にカットショットは ... バドミントンクリアが飛ぶ方法は、クリアを飛ばすポイントを押さえなければなりません。   クリアを飛ばすポイントはバドミントンのクリアを遠くに飛ばすポイントは手首・足・打点!で触 ... バドミントンでスマッシュレシーブが飛ばない原因は、多くの場合において手首と肘にあるのは間違いありません。スマッシュレシーブが奥まで飛ばせないと、相手にネット際まで攻め込まれてラリーで負け ... バドミントンでドライブを強く速く返すメリットは、スマッシュへのリターンで攻撃的ショットを打てることにある。   そもそもドライブとは地面と平行に打つショットで、主にダブルスの試 ... バドミントンで空振りするのはなぜでしょうか?結論から言うと主な原因は、ラケットと腕の長さを足した距離を掴むことができていないから。   もしくは、シャトルとの距離感が掴めていな ... Copyright© バドミントンのルールから教えます! , 2020 All Rights Reserved. 最近ではオグシオペアの人気に始まり、タカマツペアのリオ五輪金メダル、同ペアやフクヒロペアが女子ダブルスが世界ランキングの1位に輝くなど、とても注目を浴びている種目です。 2対2で戦う種目で、シングルスと比べて非常に早い展開と長いラリーが見ものですね。 そんなダブルスはいざプレイしてみると意外と複雑で細かな動きなども多くあります。 その動きの中の一つにトップアンドバックというものがあり、その名の通りに前と後ろにプレイヤーがいる状態です。 この時に前衛と後衛という風 … サイドバイサイドの時は、バドミントンダブルスのプレイヤー同士がお互いの距離と守備範囲をしっかり認識するのがコツです。初心者の方は難しいかもしれませんが、「私が行く」という動きをできる限りパートナーにわかりやすく伝え、お互いが理解できるよう努めましょう。 | Activeる! 今回の記事では、バドミントンのダブルスで強くなるコツや前衛・後衛のローテーションを解説しました。 バドミントンのダブルスの必勝法は、 ・攻守で変わる動きを把握する ・前衛と後衛の違いを把握する ・あえて相手に打たせる そして、バドミントンで強いダブルスになるにはローテーションが重要です。 最近バドミントンを始めたそこのあなた! みなさん最初にやるのはダブルスだと思いますが、ダブルスのルールってなんか難しいって感じてる方も多いんじゃないですか?, このような方に向けて、なるべく分かりやすくバドミントンのルールを解説していこうと思います。, バドミントンのダブルスのルールがいまいち分からないという方にとって、少しでも手助けになれば幸いです。 それではいってみましょう。, バドミントンは1ゲームを21点マッチのラリーポイント制でおこない、先に2ゲーム取った方が勝ちとなるスポーツです。※ラリーポイント制については後述します。, またお互い1ゲームずつ取り合った場合には3ゲーム目をおこない、このゲームを取った方が勝者となります。, 下記の図のように、シングルスでは両サイドのグレーの部分は使いません。グレーの部分にシャトルが落ちた場合アウトになります。一方、ダブルスではコート全面を使ってよいことになっています。, バドミントンは基本的に、先に21点目を取った方がそのゲームの勝者となります。 ここではAさんとBさんが試合をすることになったと仮定してみていきましょう。, セカンドゲームをBさんに取られましたが、ファイナルゲームを取り返しましたのでAさんの勝利となります。, これは余談ですが、地域のクラブチームやサークルの練習では、ファイナルゲームはおろかセカンドゲームすらやることはほぼありません。21点1ゲームだけのところがほとんどです。, よって試合形式もシングルスではなく、コートに4人入れるダブルス形式でおこなうことが多いです。, ラリーポイント制とは、そのラリーを制した方に得点が入り次のサーブをおこなえるというもの。また、お互いに得点を重ねていき、20-20となった場合には、先に2点連取するか、30点目を取った方がそのゲームの勝者となります。, 実は、バドミントンは以前サイドアウト制というものが採用されており、サーブ権というものが存在していました。ラリーを制した方に次のサーブ権が与えられ、サーブ権がある状態で得点すると1点入るというものです。, サーブ権だけが移動し、サーブ権がある状態で連続で得点することで、初めて点が入る仕組みになっていたんです。 こんなルールだったため、お互いのサーブ権のみが移動し、両者まったく得点が入らず試合がクソ長くなるということが多々ありました。, バドミントンでは、サーブをする人の点数が偶数の場合(0,2,4,6,8,10,12…)、コートの右側から対角にある相手コートへとサーブをします。反対にサーブをする人の点数が奇数の場合(1,3,5,7,9,11,13…)、コートの左側から対角にある相手コートへとサーブをします。, まずはじめに、シングルスから先ほどと同じようにAさんとBさんの試合でみていきましょう。, まずはBさんからサーブをするとします。 0-0から始まりますので、点数は偶数です。よってサーブは右側からおこないます。(上記左図), このラリーをBさんが得点し0-1となりました。Bさんの点数が0-1と奇数になったので、次のサーブは左側からおこないます。(上記右図), 次のラリーもBさんが得点し0-2となりました。Bさんの点数が0-2と偶数になったので、次のサーブは右側からおこないます。(上記左図), 今度のラリーはAさんが得点し1-2となりました。Aさんの点数が1-2と奇数になったので、Aさんはコートの左側へと移動しサーブをおこないます。(上記右図)※このとき、BさんはAさんの点数に合わせて同じように左側へと移動します。, 逆にサーブを受ける人は、相手の点数に合わせて偶数なら右側、奇数なら左側へとサーブの受ける位置を変える必要があります。, なおここまでのルールは、シングルスもダブルスも基本的に一緒なのですが、ダブルスのゲームの進め方はもう少し複雑になってくるので、下記にて詳しく解説していきます。, まず改めて確認しておきますが、ダブルスにおいても先ほどの4つのポイントは同じです。, ただしダブルスでは、プレイヤーがコートに2人ずついますので少し動きが変わってきます。, ダブルスで1番重要なポイントは、コートを4分割したときの自分の最初の立ち位置によって、次のサーブを打つ人・レシーブをする人が変わってくるということです。, ABチームとCDチームで試合をすることになったとします。 最初の4人の立ち位置は下記のような並びです。, 始めに0-0の状態からCDチームのサーブでゲームがスタートします。 0点(偶数)からのゲームが始まりますので、右側にいるDさんがサーブをおこないます。(上記左図), このラリーをCDチームが得点し0-1となりました。Dさんは点数が0-1と奇数になったので、今度は左側からサーブをおこないます。(上記右図) このときレシーブ側のABチームは、直前のラリーが始まったとき、最初に左側(奇数側)にいたBさんが次のレシーブをおこないます。(上記右図), 続いてのラリーをABチームが得点し1-1の同点となりました。ABチームの点数が奇数となりましたので、サーブは直前のラリーで左側にいたBさんがおこないます。(上記左図) 同じようにCDチームも、直前のラリーで左側にいたDさんがレシーブをします。(上記左図), 次のラリーはCDチームが得点し1-2となりました。CDチームの点数が偶数となったので、サーブは直前のラリーで右側にいたCさんがおこないます。(上記右図) 同様にABチームは右側にいたAさんがレシーブをします。(上記右図), 今度のラリーもCDチームが連続で得点し1-3となりました。 点数は奇数ですので、Cさんがそのまま左側に移動してサーブを行います。(上記左図) レシーブは直前のラリーで左側にいたBさんがおこないます。(上記左図), 次のラリーを今度はABチームが得点し2-3となりました。 点数が偶数ですので、直前のラリーで右側にいたAさんがサーブをおこないます。(上記右図)CDチームも同様に直前のラリーで右側にいたDさんがレシーブをします。(上記右図), いかがでしたでしょうか? ダブルスはコートに2人いる分、動きが少し複雑になります。, 特にダブルスでは、ラリー中にコートの中をペアがぐるぐると入れ替わるので、サーブ時に自分がどちら側に立っていたか覚えていないと、よく分からなくなってしまいますよね。, ただし、要点さえ抑えてしまえば、それほど難しいものではありませんので、ゆっくり覚えていきましょう。 以下にポイントをまとめておきます。, 始めたばかりの頃はシャトルを返すだけでも必死で、点数やサーブレシーブの順番なんて考えてる余裕はないかもしれないですね。それでもまったく問題ありません。全然大丈夫です。, 初めのうちはみんなそうですし、なによりダブルスを組むパートナーや周りの方が点数やサーブレシーブの順番くらい覚えてくれています。, 試合を重ねていくたびに自然とルールは身に付いていきますので、焦らずゆっくりとバドミントンを楽しんでください。みなさんのバドミントンライフが少しでも有意義になることを願っております。, というか、練習なんですし、ちょっとくらいサーブレシーブの順番が入れ替わっちゃってても大して影響はありませんよ。.