テニスのミックスダブルス 試合での勝ち方と戦術とは! テニス、意識するだけで女子ダブルス強くなれたら、最高ですよね・・・?そんな方法を公開します。そして、パターン別や戦略的な勝ち方パターンをピックアップして紹介!!女子ダブルスで試合に勝てるようになりたい方、必見です。ボレー以外のパターンもあります。 ?経験者は見た . スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎてい…, アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…, 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…, 「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見ること. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 相手のストロークをボレーでストレートロブにコースを変えるのは、正直かなり技術はいります。, 相手のストロークが浮いてくる、ただクロスに繋いでくるだけの相手であれば、それほど怖くないはず。, スススッと前に動いて、サービスライン付近でロブボレーをストレートに、トライしてみませんか?, きっと相手は慌てて触ることができない、失敗しても「何かやってくる相手だな・・・」という印象を持ってくれるはずです。, 積極的にストレートに、しかも今回のコツを活かしてロブも上手く活用しながら揺さぶっていきましょう。, きっとシングルスが得意でダブルスはついでに出ている・・・なんて選手には、特に有効かも知れません。, 「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持つ手をチェック!, 「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲームで攻撃的になれます!. ホーム; ダブルス; テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ; ダブルス. 今回は、テニスの女子ダブルスで勝つための戦術について詳しく解説していきたいと思います。ロブを多用して陣形を崩す、ネットプレーで優位に立つ、オールラウンダーなプレーで相手を翻弄するの3つの戦術についてそれぞれ見ていきましょう。 場面別の女子ダブルスでポイントが決まることの多い場面をピックアップして、紹介します。, 技術的な戦略を述べますが、基本的に普段のポ練習の中で「内容を意識をしながら試してみる」で問題ないです。急にプレイスタイルを変える必要は無いです。, 長い長いラリーを短くして、有利に進めることができます。今までの失点が加点に変わる瞬間です!, 強くリターンされても、たまに相手のポイントになるでしょうが、それ以上にミスが多くなりやすいです。, それ以外なら積極的にポーチに出て、リターンに追い打ちのプレッシャーをかけましょう。, 女子ダブルスポーチで決まるのは、ほとんどフォアハンドです。相手のバックを狙いましょう。, 普段の練習の中で、相手の足元にボールを落としやすい、ボレーのポジション、打ち方を覚えておきましょう。, そのパターンは、あなたのボレーポイントの常勝パターンの1つになります。そしてそれは人によって異なります。, ボレーボレーの展開になったら、その得意ポジションにいかに速く足を動かせるかです。動かせたら、あとは練習通りに打つだけで、いけます。, 相手にローボレーを打たせれば、前衛のペアに決めてもらうか、相手の浮き玉を更に厳しく足元を狙い続けます。, 女子ダブルスで、ポイントが決まるパターンで多いのが、相手の前衛の脇を抜き去るストレートショットです。, コツは、ネットよりも高い打点からボールを打つ体勢が出来ているか、で打つかを判断することが大切です。, ただし、無理な体制で無理やり打つことはオススメしないです。相手に読まれやすい上に、ミスの数が増えてしまい、自滅のリスクが高まります。, 試合中、対戦相手のダブルスのレベルを測る上で、スマッシュを敢えて1,2球打たせるのも立派な戦術になります。, 初対戦の相手のレベルを測るために、敢えて打たせる、というのはトッププロも採用している、相手の弱点を分析する大切な考えです。, 2,3球とも綺麗に決められたら、ロブではなく、ローボレーさせたり、ストレートアタックなど、他の選択肢を見せましょう。, 相手のナイスショットが来たら、守りに徹してロブを中央に上げれば、良いのです。その一本で時間を稼いで、また元の展開に戻せます。, 相手がそのまま前に詰めてきたら、前衛の後ろにロブを上げれば、陣形を崩すことができます。一気に有利な展開に持ち込めます。, 中上級以上のレベルに挑戦したい方向けの内容です。他の方はこの項目をスキップされて問題ないです。, 男子のような体格が無い分、打ちにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。そもそも選択肢に無かったかもしれません。, 力を出そうと腕を振るのではなく、手首のプロネーションでコンパクトにコントロールです。これだけでハイボレー並みに強力な攻撃になります。, これだけで、対戦相手はロブを厳しいところに打たなくては、と認識します。精神的プレッシャーをかけられるので、相手の方からミスが増えるのです。, 仮に1,2点、自分たちがスマッシュをミスしたとしても、それ以上のメンタルアタック効果があるのです。, 試合は6ゲーム以上ありますので、効果は本当に絶大です。積極的に、でもコンパクトに、打っていきましょう!, 中々ボールが決まらない。相手がミスしてくれない。もどかしくてついつい焦ってミスしてしまう。そういうもどかしさ、あるとおもいます。, この記事は女子ダブルスをプレイする方が、1%でもポイント率が上がるように、という思いで作成させて頂きました。, 他にも、ダブルスに必要な戦術、ミックスダブルスの女性の役割など、1%でも高くポイントできるための記事がございます。是非遊びに来てください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, {{#message}}{{{message}}}{{/message}}{{^message}}送信は失敗しました。 サーバーから「{{status_text}}」というレスポンスがありました(コード: {{status_code}})。 このフォーム処理機能の開発者に連絡して、このメッセージを改善してください。 詳細を読む{{/message}}, {{#message}}{{{message}}}{{/message}}{{^message}}送信は成功したようです。 サーバーのレスポンスが OK でも、送信が処理されていない場合があります。 このフォーム処理機能の開発者に連絡して、このメッセージを改善してください。 詳細を読む{{/message}}, テニスでウィナーショットを撃ち放す人を見ると羨ましいと思うこと、ございませんか?次はあなたの番、テニスで強烈なウィナーを打つコツを3選お届けです!豆知識もありますよー!, 四天王って響き・・・かっこいいです。テニス界にも四天王と呼ばれる最強の4人、BIG4と呼ばれる者達がいます。今回はテニス界四天王のヤバさをお伝えします。, テニスラケット、メーカーの特徴を超分かりやすく解説!!!この記事ではヨネックス(yonex)ラケットについてを一覧で紹介しています。YONEXについて詳しく知りたい方は、必見です!!続きは記事をご覧ください。, テニス、ダブルスだけの特殊ルールを5つ+簡単なフォーメーションをお伝えする記事です!意外と気にしたこと無かった!!といったダブルスルールもあるかもしれません。, シングルスでは言わずもがなテニス界の超レジェンド・ラファエルナダル。しかし、彼はダブルスの成績も非常に優秀です!その素晴らしき実績とパートナー紹介します!. 高校生の方や、主婦の方、社会人の方まで、ダブルスの試合をペアの力で勝っていきたい・・・と考えている方は、本当に多いようで嬉しいです。 テニスの試合に勝ちたい、全ての人へ . Copyright © 2019-2020 Tennis Winds All Rights Reserved.   Copyright ©  T-PRESS All rights reserved. きっと、「手を出したくても、出せない・・・」というもどかしい雰囲気を出して、結果触れず後衛も追い付けない・・・という理想の展開にもっていけるかも知れませんね。 テニスの試合に勝ちたい、全ての人へ . テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ. 女子ダブルスに限らず、戦術を立てるうえで大切なのがテニスのセオリーに従っているかどうかです。, もし、セオリーから大きく外れたようなプレーをしていたら、1試合や1トーナメントを勝ち抜く事は難しいでしょう。, ただし、セオリーを理解したうえで、個人の特徴を生かしたフォーメーション・ポジショニング・配球などをすることが重要です。, 女子ダブルスは特に他種目のダブルスとは違う特徴があるので、別物として理解すること必要です。, まず、女子ダブルスでは、基本的なダブルスの戦い方よりも後衛のラリーが重要になります。, つまり、基本的に女子ダブルスはネットプレー中心ではなく、ベースラインプレー中心になることが多いということです。, 後衛は、相手の届かないクロスのショットとストレートロブを使って相手を動かし、陣形を崩してミスを誘うように心がけましょう。, 女子は、男子よりも身体が小さくネットプレーの守備範囲が狭い傾向にあるので、ストレートロブを打つことで相手ペアにポジションチェンジをさせることができ、コートに空きが生まれやすくなります。, どれだけ質の高いペアであってもポジションチェンジが何度も起これば必ず多少のほころびが出ます。, ストレートロブを使って相手陣形を崩す戦術が多用されるのは、女子ダブルスの特徴といえるでしょう。, この陣形で意識すべきことは、相手が雁行陣だった場合には前衛が届かない後衛側にボールを集めることです, なぜなら、相手の前衛にボレーされると時間を失いミスをするもしくはエースを取られるリスクが高まるからです。, そうすることで、相手にミスをさせたり、浮いてきたボールを相手の前衛のボディショットやアングルショットで決めたりすることができるでしょう。, 戦術1でも述べたように、女子ダブルスではロブを使う機会が圧倒的に多いので、2人でネットにつけばロブが来ることは間違いないでしょう。, そのため、スマッシュを決めきることが出来ないと形勢が逆転してしまうので、スマッシュを決めきれる技術を持っておくことが重要です。, ここでのオールラウンドなプレーとは、雁行陣でのベースラインプレーから平行陣でのネットプレーまで、状況に応じて上手く使い分けることを意味します。, 状況に応じて自分で戦術を変更できるようになれば、相手ペアは何をしてくるか分からないという恐怖を感じます。, すると、相手は「次はどこに打とうか…」と悩みながらプレーをすることになり、ミスを誘うことが出来るでしょう。, ダブルスは試合の流れをいかに掴むかが勝ち負けに大きな影響を持っているので、相手ペアに迷いを与えるというのはとても重要なことです。, ただし、オールラウンドなプレーを試合で遂行するには、あらゆるショットをあらゆる状況下で打つことができ、様々な戦術を理解していることが必要です。, そのため、ベースラインプレーかネットプレーかどちらかを極めたうえで、もう一方の練習に取り組むようにしましょう。, 女子ダブルスは、シングルスや男子ダブルスと比べて「ロブ」の使い方が非常に重要です。, また、そのロブを無効化するようなスマッシュの技術を身に付けることも、とても効果的です。, このように、テニスの根本的なセオリーや戦術だけでなく、性別などによる特徴も理解すると、よりテニスが奥深くなるでしょう。. 目次. テニスのダブルスの戦術の雁行陣について特徴やメリット、デメリット、どのような動き方、ポジションを取ったらよいか、どこにボールを打つかなどを紹介します。これらを知ることで自陣のスキが小さくなりポイントを取れる確率が上がります。練習や試合で生かしていきましょう。