| 上司は、部下とのコミュニケーションをとるだけでなく、部下同士のコミュニケーションにも気を配る必要があります。一方的なトップダウン方式では、モチベーションが下がってしまうため、注意が必要です。, しかし大事なのは、得意も不得意も、どちらをも認め、いかにチームに組み合わせるかを考えること。 いよいよクライマックス間近の第3回abemaTVトーナメント。今回は準決勝の2試合目、チーム永瀬<バナナ>とチーム康光<レジェンド>の対戦です。 勝った方が決勝に進むという大一番になります。 出場チーム チーム永瀬<バナナ>は、永瀬拓矢二冠、藤井聡太棋聖、増田康宏六段の3人。 プロセスの可視化ができれば、誰かが出張や休みで不在になったって、進捗が滞ることはありません。生産性も高まり、急に休みを取らなくてはいけないときでも、誰かにストレスをかけることもありません。そのため各々の私用での自由が許され、働くモチベーションへとつながるでしょう。, つまり、チーム力を高めるためには、誰が今、何をどうやってしているのかを相互把握することが大切なのです。進捗状況なども同時に考慮し、仕事量を割り振ること、そしてどうすれば仕事に高い価値を与えられるかを考えることが重要です。, 上記の仕組みは、一人では作れません。 そうは分かっていても…。過去にチームをまとめるのを失敗した経験がある場合、チーム運営に躊躇してしまうこともあるでしょう。また中には、プロジェクトメンバーに選ばれても、チームで仕事をすることに難色を示す方もいるかもしれません。, 「チーム」で仕事をすることは、不慣れなうちは難しいものです。しかし、相互理解が進み、メンバーの意識が噛み合い始めれば、仕事の価値は今まで以上のスピードで上がっていくでしょう。, 強いチームを目指す。相性や好き嫌いといった「人レベル」の壁にとらわれることなく、相手の強みをリスペクトし、活かしながら各個人の能力を複合的に組み合わせることを考えてみる必要があります。その取り組みは、はじめは大変かも知れません。しかし確実に物事を前に進め、仕事の価値を高めます。, メンバー同士でチームを作る・回す経験を積む。どんなメンバーと組んでも自分と相手の強みを引き出せるようなメンバーが育つ。 具体的な数値や明確な理由を探し、強みと弱みの組み合わせで、プロジェクトの強化をしましょう。, 数字に強い人と営業に強い人がマッチングされたら、新しいプロジェクトそのものを創造される…なんてこともあるかもしれません。弱みは克服しなくても、強みをどんどん伸ばしていければいいのです。, 得意な人の仕事方法をチーム内で見る。それだけでも、メンバー全員の刺激・成長につながるでしょう。, そのチームに共通のビジョンがあること。相性や好き嫌いといった個人レベルの壁を乗り越えることができるだけではなく、相手の強みをリスペクトし、活かしながら物事を前に進められます。 近ごろでは、決まった仕事を決まったメンバーで行うのではなく、期間を決めたチームで仕事をする会社や企業が増えています。プロジェクトごとに人員を入れ替え、部署や所属を越え様々なメンバーを集め、「強いチーム」を作りだすのです。 個人プレイでは、弱みは足かせにしかなりません。その弱みを補ってくれる強みをもつ人がいることで、チームは成り立ちます。, 自分の弱みと、チームの誰かの強み。そしてチームの誰かの弱みと、自分の強みが合致すれば、補完体制ができあがります。プロジェクトリーダーや上司は、主観的ではなく、メンバーの客観的な強みと弱みを判断が必要です。 いよいよクライマックス間近の第3回abemaTVトーナメント。今回は準決勝の2試合目、チーム永瀬<バナナ>とチーム康光<レジェンド>の対戦です。, 予選では苦戦もしましたが、結果としては前評判通りにここまで勝ち上がってきています。, 全員が永世称号を持ち、数々のタイトルを獲得してきた伝説級のベテラン棋士たちによるチームです。, 若手有利と言われる早指し棋戦ながら、好調の森内九段が原動力となり4強まで勝ち上がってきました。, 予想としてはやはりチーム永瀬有利は動かないところですが、チーム康光も森内先生が好調を続けているので、康光先生と谷川先生が力を出せればいい戦いになると思っていました。, 序盤チーム永瀬の3連勝で、「こりゃあ一方的だなあ・・・若いモンは容赦ねえなあ・・・。」とか思ってましたが、そこからのレジェンドの巻き返しが凄かったです。, ここに谷川九段が続くことができていれば、というところでしたが。惜しかったですね。増田六段に流れを止められてしまいました。, 3局目では好調の森内九段に対してじっくりと差を広げて勝ち、谷川戦でもじっくりと相手に対応しながら一瞬の隙で弱点を突いて勝ちと、冷静で落ち着いた差し回しが光りました。, チームバナナ決勝進出できました!個人としても2勝出来て、チームの力になれて良かったです, 藤井棋聖は3連勝した前回ほど調子は良くないようでしたが、それでも2勝1敗。エースはきちんと仕事をします。, 見落としが出て森内九段に敗れるなど苦戦気味でしたが、最後の康光戦は 矢倉からの熱戦を見事に制しました。やはり詰む詰まないの読みが凄いです。, 永瀬二冠は1勝2敗。谷川戦では力戦でポイントを取って押し切りましたが、康光戦と森内戦ではじっくりとリードを取られてしまいました。, ここまで目立った活躍はない永瀬リーダーですが、決勝戦ではチームを助けられるでしょうか。, 増田六段には敗れたものの、藤井棋聖と永瀬二冠の両タイトルホルダーに勝ち、2勝1敗と勝ち越しました。, 決勝トーナメントに入って5勝1敗、予選から通算すると9勝2敗。このフィッシャールールで抜群の強さです。流れが完全に来ていました。, 個人的にも今大会で一番印象が変わったのが森内先生です。一言で言うと「強かった人」から「強い人」に、認識を改めさせられましたね。今後の森内先生にも興味がわきます。とりあえず森内チャンネル見ます。, ただ藤井戦の1戦目は途中までリードを奪っていたように見えましたし、2戦目もギリギリの熱戦になったので、惜しい戦いだったと思います。, これでレジェンドことチーム康光は敗退となったわけですが、改めてこの3人がチームを組んで超早指し戦に参戦したこと、そして4強まで勝ち上がったことは、我々将棋ファンを大いに楽しませてくれました。, ドラフトでチームが結成されたとき、康光リーダーは「本気を出せば強い。認知を改めていただきたい。」と言われてましたが、その言葉を実証したのではないかと思います。, 今回を区切りに終わってしまうようで残念ではありますが、ありがとうございましたと言いたいですね。, コロナが落ち着き、イベントなどでファンの皆様とお会いできる平穏な日々が訪れますことを、心より願っております。皆様のご健康とご多幸を祈ります。最後に、ファンの皆様、アベマのスタッフの皆様、佐藤九段、森内九段への気持ちを書いて、締めと致します。有難うございました。谷川浩司 pic.twitter.com/ddUk6UkzCl, 決勝のカードは、チーム渡辺<所司一門>対チーム永瀬<バナナ>ということになります。, 半年間楽しませてくれたこの大会が終わってしまうのは寂しいですが、結末を最後まで見届けましょう。, MILCさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 対局前毎回チーム内で出場する棋士を決定。各棋士は最低1局最大3局、第1局から3局連続で同棋士対局可能。 3連勝さらに第4局も同一チームが勝利した場合、必然的に第5局は3人目の棋士が出場することになります。 近ごろでは、決まった仕事を決まったメンバーで行うのではなく、期間を決めたチームで仕事をする会社や企業が増えています。プロジェクトごとに人員を入れ替え、部署や所属を越え様々なメンバーを集め、「強いチーム」を作りだすのです。, 特定の分野に強い人をただ単に集めただけでは、「強いチーム」にはなりません。チームを動かすとは、そうそう簡単なことではない、みなさん十分にご存知だと思います。では、どうすればプロジェクトを成功に導ける「強いチーム」ができるのでしょうか。, 会社では、さまざまな機能を持った部門が相互に連携し、多くの人が関わって仕事をしています。, しかし、固定化された組織だけでは成り立たなくなってきた、と感じることないでしょうか。 メンバーたちが、お互いの理解や信頼を深め、率直に自身の想いや考えを共有して取り組むことができれば、そのチームからは価値ある仕事が生み出せるでしょう。, メンバーの当事者意識が高まり、自然と新たな創発やアクションを生み出せる組織に進化していく。活力のあるチームづくりが今のビジネスの現場では求められています。, 特殊な技術が必要でない限り、誰にでもできるようなマニュアルを作りましょう。専門性の高いものではなく、ひと目見れば進め方が分かるよう、チャートや図形を使い、できる限り簡単な、理解に経験を必要としない「説明書」を作るのです。 大きな目標に向かって、小さな目標・タスクが消化されていくと、完了したという達成感もありモチベーションが上がります。(チーム内で共有された情報をもとにした修正は必要となります。) ブログを報告する, 【将棋】優勝候補バナナ、やはり決勝へ。レジェンド軍団反撃及ばず敗退。【AbemaTVトーナメント準決勝】, 【将棋】3勝持ってきた誠也、チーム渡辺が決勝進出。三浦ミレニアム敗退。【abemaTVトーナメント準…, 【将棋】藤井棋聖圧巻の3連勝でバナナ4強。天彦激闘もまったり敗退。【AbemaTVトーナメント決勝T…, 【将棋】流れは完全に森内。振り飛車を振り切りレジェンド4強へ。【abemaTVトーナメント決勝T】, 【将棋】瑞々しさを取り戻したバナナ、ドリームはナイトメアに。【第3回abemaTVトーナメントD2】, 【将棋】異例のシリーズついに決着。豊島が連勝で叡王奪取、永瀬は防衛ならず。【叡王戦七番勝負】, 【将棋】羽生善治九段が竜王戦挑戦者に。異次元のタイトル100期を賭け、50で挑む大勝負。【竜王戦挑決】, 【将棋】異例第8局は豊島竜王作戦勝ちでタイに。決着は異例第9局へ。【叡王戦七番勝負】, 【将棋】永瀬王座の先勝。穴熊の堅さと大量の飲み物で四間飛車を破る。【王座戦五番勝負】, 【将棋】大本命バナナが優勝。七冠集う最終決戦は圧巻5連勝決着。【AbemaTVトーナメント決勝】. 真に仕事力の高い自発的な「強いチーム」が、社内にたくさん生まれていることでしょう!, リーダー・人事担当は知っておきたい!これからの時代に必須の パフォーマンスマネジメント, 従業員が勝手にやる気になって、チーム力がUPする仕掛けはこれ。#Let’s Habi*do-アクティビティ, テレワークでも使える!Habi式マネジメントサイクルの実践ヒント集 ♯Let’s Habi*do – まとめ, イキイキとした人と組織づくりのきっかけになるような情報をお届けするべくHabi*do通信のコンテンツを企画執筆編集しています。.