特に食事においてはあんまり妥協したくないというよう考えがあり、チョコレートで太るのも、もちろん嫌だという場合には、脚のトレーニングをおすすめします。スクワットやランジなどを行いましょう。脚を動かすというのは、想像以上にカロリーを消費します。フィットネスが日本より盛んな海外ではお腹をへこませたければ、腹筋ではなくスクワットというのは言うまでもない常識になっております。, ・毎日食べても太らない方法もある ここでは、チョコレートダイエットのやり方を解説しますので、ぜひ参考にしてください。あわせて、ダイエット向けのおすすめの高カカオチョコレートもご紹介したいと思います。, チョコレートは、子供から大人まで、誰もが好きなお菓子のひとつですよね。持ち運びやすいサイズであることから、小腹が空いたときなどに気軽に食べることができます。, でも、チョコレートを食べていると「虫歯になるよ」「太るよ」といわれることが多くないでしょうか。たしかにチョコレートは甘いですし、カロリーも高いものが多いかもしれません。あまり健康的ではなく、ダイエット向けとは言い難かったでしょう。, しかし今は、そんなイメージが覆されつつあるのを知っていますか?じつはチョコレートは、適切な量を食べ、食べるチョコレートの種類に気を付ければ、ダイエット効果を発揮することがわかっています。, また、健康効果も発揮されることから、テレビ番組や雑誌などのメディアを中心に、チョコレート効果が特集される機会も増えているのです。, では実際、チョコレートにはどのような効用があるのでしょうか。そこには「体に良くない」、「太る」といったイメージとは真逆な効果があり、全てチョコレートの原料である「カカオ」の栄養価に秘密がありました。, チョコレートの原料であるカカオには、「リグニン」という食物繊維が含まれています。食物繊維は、便通を良くする作用がある栄養素として知られています。, また、このカカオに含まれる「カカオプロテイン」という成分にも、便秘解消効果があることが分かっています。食物繊維とカカオプロテインの2つの栄養素により、便秘が改善され、お腹をすっきりさせることが可能になるのです。, カカオには「テオブロミン」というカフェインの仲間が含まれており、血行促進効果があることが分かっています。血行が促進されれば、体内にある余分な老廃物や水分が排出され、むくみ解消につながります。, チョコレートに含まれる栄養素で、特に注目が集まっているのが「カカオポリフェノール」です。ポリフェノールは、コレステロール値を下げる効果も期待できます。, 体内の悪玉コレステロール値を低下させて血液の詰まりを改善するため、動脈硬化の予防や改善が期待できるのです。, このため、ストレスが解消されてリラックス効果が働くといわれています。また、前述したテオブロミンの血行促進効果によっても、ストレスが和らぐことが分かっています。, 抗酸化作用が強いカカオポリフェノールは、体とお肌のアンチエイジングをサポートしてくれます。お肌の老いの原因である活性酸素を抑制する作用があるため、お肌トラブルを改善して若々しくい続けることも期待できます。, 日本チョコレート・ココア協会のサイトでは、チョコレートが脂肪の蓄積を抑えるという効果が紹介されています。, チョコレートの成分であるカカオポリフェノールには、肥満すなわち脂肪蓄積を抑える効果が報告されていますから、チョコレートは、同量の油脂を含む他の食品に比べると太りにくいと考えられます。, とあるように、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールに脂肪の蓄積を抑える効果が期待できるというのです。, チョコレートには嬉しい効果がたくさんあることをおわかりいただけたかと思います。でも、ただ何気なくチョコレートを食べるだけでは、ダイエット効果は表れにくいのです。, また、「チョコレートはいつも食べているから、それで良し!」と安心していても、正しい食べ方をしなければダイエットとは程遠くなってしまう可能性もあります。, そこでここからは、ダイエット効果を引き出すチョコレートの食べ方をご紹介したいと思います。コツをつかめば、チョコレートの効果を実感できる日も近いかもしれません!, チョコレートは、1日50gを目安に摂るようにしましょう。一度に50gを食べきるのではなく、数回に分けて食べるのがおすすめです。, 一番分かりやすい食べ方は、朝、昼、夜と3回に分けて食べることを想定し、あらかじめ17gずつに分けておくことです。板チョコであれば、区切りがあるので分けやすいかと思います。, この食べ方は決まった時間に食べるという習慣がつくので、食べるのを忘れたり、余計な量を食べてしまったりという心配もなくなるでしょう。, 前述したように、チョコレートを3つに分けて朝、昼、夜のタイミングで食べる場合は、それぞれの食事の20分前に食べると効果的です。, 人は食べ物を体に摂りこむと、お腹が満たされるのに20分時間を要するといわれているためです。少しお腹がいっぱいの状態になれば、メインの食事摂取量が減り、1日の摂取カロリーを減らせることにもなります。, また、チョコレートは小腹が空いたときや間食として食べても良いでしょう。ライフスタイルに合わせて、チョコレートを食べる良いタイミングを見つけてみてくださいね。, チョコレートは、摂取量と食べるタイミングに気を付ければダイエット効果を引き出せますが、注意したいこともいくつかあります。, 食べるチョコレートは、何でも良いというわけではありません。ダイエット目的で食べるのであれば、カカオ配合量が多い「高カカオチョコレート」を選ぶようにしましょう。高カカオチョコレートであるという基準は、カカオが70%以上入っているかどうかです。, 今は、高カカオチョコレートブームであることから、たくさんの商品が発売され、パッケージにも表記してあることがほとんどなので、必ずチェックするようにしましょう。, ちなみに、一般的に馴染みのあるチョコレートは「ミルクチョコレート」と呼ばれるもので、カカオ配合量が20〜40%、あとは砂糖と乳原料で構成されているものになります。「ビターチョコレート」と「ブラックチョコレート」と呼ばれるものは、カカオ配合量が40〜60%のチョコレートです。特にミルクチョコレートは、糖分を多く摂ることになるので注意が必要です。, 高カカオチョコレートは、カカオ配合量が70〜90%とカカオ配合量が高くなるほど、カカオポリフェノールの配合量も多くなり、健康やダイエット効果も高くなります。そして、それに伴い苦みも増していきます。, 始めから無理してカカオ配合量がより高いチョコレートを選んで、美味しく感じられず、途中で止めてしまうなんてことがないように、まずは70%のチョコレートから食べ始めることをおすすめします。, 70%のチョコレートであれば甘さも感じられて、高カカオチョコレート初心者にぴったりです。慣れてきたら、80%以上のチョコレートにチャレンジしても良いでしょう。, 1日50gという摂取量を守るようにしましょう。いくらチョコレートにダイエット効果があるとはいえ、カロリーは高めなので食べ過ぎは太る原因にもなります。, チョコレートは、カカオの豆を砕いて皮などを取り除いた「カカオニブ」というものから作られます。カカオニブには、「カカオバター」という脂質が含まれており、それをすりつぶすことでドロドロとした「カカオマス」になります。カカオマスに、砂糖やミルク、カカオバターを加えてチョコレートができあがります。, 実際に日本国内で売られているチョコレートは、1枚もしくは1個あたり、糖質と脂質が80%以上を占めています。カカオの含有量が高いほど、カカオのダイエット効果はより多く得られるのですが、その分カロリーも高くなります。, また、糖質も多ければ多いほどカロリーが高くなりますから、糖質に関しては、できるだけ少ない物を選ぶようにしてください。食前に食べたチョコレートのカロリーも考えて、1日に食べ物から摂取するトータルカロリーを調節しましょう。, 前述したように、板チョコであれば、あらかじめ食べる分だけ測って小分けにしておくのが良いでしょう。また、1欠片ずつ小包になって発売されているチョコレートは、1袋の量が記載されていることがあるので、参考にして摂るようにしましょう。, カフェインといえば、コーヒーやお茶などにも含まれる成分で、中枢神経に働きかけ脳を興奮状態にする作用があるとされています。, チョコレートダイエットは食前にチョコレートを食べると言っても、夕飯の時間が遅くなった場合は、寝る時間のことも考慮して食べるようにしましょう。, カカオの含有率が高いチョコレートは、カフェインの含有量も多いので、快眠の妨げになる可能性もあります。気を付けましょう。, 高カカオチョコレートは、スーパーやコンビニなどで気軽に買うことができます。しかし、その種類は多く、どれを選べば良いのか迷ってしまうことも・・・。そこでここでは、おすすめの高カカオチョコレートを6つピックアップしてご紹介します。, CMでもお馴染みの「チョコレート効果」。2013年から2016年までの3年間で、数ある高カカオチョコレートの中で最も多く売れたチョコレートとして、人気の高さが伺えます。, 発売されているチョコレートのカカオ配合量は72%、86%、90%の3種類です。72%のチョコレートに関しては、アーモンドとカカオ豆入りの商品もあります。高カカオチョコレート初心者におすすめです。, 「カレ・ド・ショコラ」は、「食べやすい高カカオチョコレート」として人気があります。苦みを抑え、高カカオチョコレートとは思えない味わいがあります。, 発売されているチョコレートのカカオ配合量は70%と88%の2種類です。70%のチョコレートに関しては、くるみとざくろ入りの商品もあります。おしゃれなパッケージが人気です。, ミルクチョコレートとして人気がある「ルック」の高カカオバージョンです。カカオ配合量は70%です。4種類のカカオ豆を採用しており、美味しい高カカオチョコレートを実現させています。食べやすいサイズにカットされているところも人気です。, 「おいしいハイカカオ」は、まるで生チョコのような高カカオチョコレートです。カカオ配合量は72%です。ドミニカ産とガーナ産のカカオ豆を使用しており、2層のチョコレートを味わうことができます。とろけるような食感が人気を呼んでいます。, スイスのチョコレートブランド「リンツ」が展開しているチョコレート「エクセレンス」は、スーパーで買うことができます。発売されているチョコレートのカカオ配合量は70%、85%、90%、95%の4種類です。ナッツの風味が残るチョコレートで、食べやすく美味しいと人気があります。, 2016年秋の発売開始から、今までにない斬新なパッケージで人気を博しているmeiji THE Chocolate(明治 ザ・チョコレート)シリーズにも「コンフォートビター」「エレガントビター」という高カカオチョコレートがあります。「Bean to Bar」というコンセプトのもと、カカオ豆にこだわり、作られています。エレガントビターは、苦さの中にフルーティーな味わいを感じるチョコレートとなっています。, チョコレートの魅力と効果にいち早く気付き、世間に広めてチョコレート好きを公言しているのが、タレントの楠田枝里子さんです。楠田さんは、チョコレートを活用してダイエットにも成功しており、書籍『チョコレート・ダイエット』を執筆しているほどです。, この『チョコレート・ダイエット』で楠田さんは、かつて体重が理想よりも増加していた時期があり、食事制限をしたり、栄養バランスの取れた食事を摂ったりと、いろいろな食事法を心掛けていたことが綴られています。そして、そのダイエットの一助となったのがチョコレートだったそうです。, 楠田さんが推奨しているのは、カカオ70%のチョコレートを1日50g食べること。それ以上のカカオ配合量だと、苦みが強くて長続きしないことを懸念しています。, そして、チョコレートのおともにドリンクを飲む場合は、砂糖なしの紅茶もしくは薄めのコーヒーが良いと綴っています。いずれも体を冷やさないよう、温かくして飲むことをすすめています。, 楠田さんが、年を重ねても若々しく元気で、スレンダーな体型を維持できているのは、ストレスなく大好きなチョコレートを正しく食べているからかもしれませんね。, チョコレートを食べてダイエットに成功した人は、楠田さんだけではありません。twitterなどのSNSを見ると、チョコレートダイエットに挑戦して減量できたという声や体に変化があったという声が見られます。, 最近学校のひとにいろんなダイエット聞いて実践する!!(笑)