チョコレートダイエットのやり方②:食べるタイミングは朝、昼、夜. 効果 やり方 食べるタイミング 甘いものはダイエットの妨げになるため控えなければならないイメージですよね。 でもこのダイエットはチョコレートを食べることによってダイエット効果を得ることができるというものです。チョコレートを食べながら痩せ チョコレートダイエットのやり方. 【管理栄養士監修】チョコレートを食べると太るのかどうか知っていますか?種類と食べ方によっては太りにくいようです。今回は、チョコレートの太りにくい理由やダイエット効果などを紹介します。チョコレートのダイエット向きの食べ方も紹介するので、参考にしてみてくださいね。 前述したように、チョコレートを3つに分けて朝、昼、夜のタイミングで食べる場合は、それぞれの食事の20分前に食べると効果的です。 チョコレートダイエット方法で痩せたと評判です。ダイエット中でもチョコレートを食べ過ぎなかったら成功する人も多いようです。, カカオ効果と食べる方法とタイミングさえ間違わなければチョコレートはダイエットの味方になるそうです。, とてもおいしそうですが、チョコレートと言えば、食べると太るし、ダイエットには敵というイメージがあります。, 女性なら誰もが大好きな「チョコレート」。思いっきり食べたいけど、体重が気になる、そんな人も多い, カカオ含有量70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコ半分)なら、太らないそうです。, カカオマス70%以上のダークチョコもカロリーは普通にありますが比較的太りにくくて肌への影響も少ないです。, 食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながります。, 食欲のある人は食前に、食事の量を減らしたいときは食べ終わったあとに食べる。チョコレートを食べたいからと言って、食事を抜くことはNGです。, 三食きちんとバランスのとれた食事をすることが大前提です。その上で、デザート感覚として、カカオ含有量70%以上のチョコレートを1日50g食べましょう。, カカオには、タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛やその他ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。, 病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があります。, ポリフェノールとは、植物の葉や花、茎などで光合成によってできた苦味・渋味成分のことで、主要なものだけでも300種類以上あると言われています。, そのうちの一種がチョコレートの主成分であるカカオに含まれているカカオポリフェノールなのです。, ポリフェノールと言えば、赤ワインが注目されていましたが、チョコレートにはそれをはるかにしのぐ量のポリフェノールが含まれています。, エピカテキンが筋肉を増やし、体重を減らす効果があるという実験結果があり、適度に摂取することでダイエットにも効果があります。, 「エピカテキン」とは、チョコレートに含まれているポリフェノールの一種であり、血管に作用し、高血圧の予防・改善にも効果があります。, 確かに脂肪分が多いのですが、その脂肪の質が良質なので(ステアリン酸やオレイン酸)、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらない。, 脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなります。, 確かにチョコレートそのものは高カロリーなのですが、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなります。, また、チョコレートに含まれるカカオバターは脂肪の吸収率がよいため、同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくいと言われています。, カカオポリフェノールには、動脈硬化を引き起こす原因である血中の悪玉コレステロールを除去したり、活性酸素による動脈硬化の進行を防ぐ作用があります。, また、動脈硬化は生活習慣病に直結する病気でもあるので、広い意味で生活習慣病の予防にも役立ちます。, カカオポリフェノールの抗酸化作用が、細胞がガンになるのを防いだり、ガン細胞の増加を防いだり、免疫力を強化します。, 身体的ストレスにうまく適応したり、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強めることができます。, ストレスホルモンを減らす作用があり、お肌の大敵である心のストレスを緩和してくれる。ストレスホルモンが減れば、コラーゲンも破壊されずに済み、故にシワもできにくくなる。, カカオポリフェノールには、アレルギー症状を引き起こす活性酸素の過剰な発生を抑えたり、抗体や炎症を起こす物質を作らないような作用があります。花粉症対策にも最適です。, チョコレートは、カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・食物繊維などをバランスよく含んでいます。これが、美肌へと繋がります。, また大腸菌や赤痢菌、O-157やサルモネラ菌、胃ガンや胃炎の原因であるピロリ菌や歯周病などに対する殺菌作用も認められています。, 特に「甘いものを食べると虫歯になる」と言われているのに、実はチョコレートには歯周病予防効果があるなんて驚きですね。, ほかにも、チョコレートには集中力や記憶力を高める作用や、疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用があり、栄養バランスの取れた総合食品とも言われています。, チョコレートと言えば、「甘い」とか「お菓子」とか、ジャンクフードのようなイメージがありましたが、実は全然違ってたくさんの効果がある食品なんですね。, チョコレートの原料はカカオ豆。豆類には健康効果がたくさんあるのですから、チョコレートも健康食だというのも納得できますよね。, チョコレートダイエット成功するには、ダイエット効果を発揮するカカオ含有量が70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。, 70%以上カカオが含有されているチョコレートは甘みが少ないので、普通のチョコレートとはちょっと違うように感じるかも知れませんね。, 健康効果があるチョコレート、でも決して低カロリーな食品ではないので、食べすぎには注意してくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ハイカロリーなチョコレートでダイエットできるの!?と思いますよね。 実はハイカロリーなチョコレートでもダイエットできるんです! チョコレートは大好きだけど、ダイエットのために我慢しているという方も多いかもしれません。 し タンパク質、アミノ酸、脂質、糖分、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛, 病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用, カカオバターは脂肪の吸収率がよいため、同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくい, 動脈硬化を引き起こす原因である血中の悪玉コレステロールを除去したり、活性酸素による動脈硬化の進行を防ぐ作用があります。, 抗酸化作用が、細胞がガンになるのを防いだり、ガン細胞の増加を防いだり、免疫力を強化します。, ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑えたり、精神的なストレスに対する抵抗力を強める, アレルギー症状を引き起こす活性酸素の過剰な発生を抑えたり、抗体や炎症を起こす物質を作らないような作用, カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・食物繊維などをバランスよく含んでいます。これが、美肌へと繋がります。, 1ヶ月10キロ痩せた!1週間の糖質制限ダイエットレシピが凄い!専門医師監修食事メニュー公開!. 仕事疲れについつい夜、飲み会や晩酌でお酒やビールを飲み過ぎてしまいます。 ビール腹の解消法、ビールと一緒に食べても太りにくいおつまみがあります。 メタボになる前にカロリーを把握して、“飲んでも太らない方法”飲み方を覚えておきまし... アイスクリームは太るイメージがあり、カロリーが多く、ダイエットの大敵で太るのでは? 実は、高脂肪バニラアイスクリームを適度に食べると太らないどころか痩せると言われています。 アイスクリームダイエットに効果的な理由と、アイスクリー... 飲み会で食べすぎ、飲みすぎでまた太るとあきらめることありませんか? 食べ過ぎた次の日に体重計に乗ると、体重が増えていてびっくりすることってありますよね。 ダイエット中にお菓子食べ過ぎたりしても同様ですが、翌日の食事を気をつけるこ... ダイエットサプリメントを服用しても痩せないのは何故でしょう?実は、現代女性は栄養が不足して痩せない人が多いことがわかりました! 栄養バランスの悪い食事を続けると、健康に良くないだけでなく、ダイエットサプリメントを飲んでも痩せなくなりま... なかなかダイエットが成功しない。失敗ばかりのダイエットですが、何故ダイエットは失敗してしまうのでしょうか? そこには、ダイエットの落とし穴があったり、私達人間の「心理」が深く関わっていると言われています。 そんな、最新・ダイエッ... おなじみの簡単スピードメニュー!「あさりとトマトのクリームパスタ」レシピ。今日は小池浩司 先生名が作るあさりとトマトのクリームパスタの作り方とポイントを紹介します。 2019年12月20日(金)13時40分~13時55分 (テレ... 痩せたい。でも胸は痩せたくない。女性にとって、胸を残して痩せるとは永遠のテーマですよね。 胸が残して痩せるためには食事と摂り方や運動やマッサージ方法などがあります。また、胸を大きくする食べ物なども摂りたい所です。 今回は、こんな... ぽっこり出てしまった下腹を引き締めるにはどうすれば良い?特に下っ腹が出やすく一度出てしまうとなかなか引き締められない。 毎日忙しい女性の下腹ポッコリの食事とストレッチでの解消する方法を紹介します。. 楠田枝里子さんのチョコレートダイエットは、栄養バランスのとれた食事を摂りながら、チョコレートを食べる簡単な方法。楠田枝里子流ダイエットを成功させるためには、チョコレートの成分やその効果を知り、ダイエット効果を高める食べ方やタイミングを実践することが大切です。 Copyright © 2014-2020 まとログ All Rights Reserved. チョコレートは大好きだけど、ダイエットのために我慢しているという方も多いかもしれません。, チョコレートダイエットとは、ダイエットの天敵としても知られるチョコレートを摂取しながら行うダイエット法のことです。, しかし、チョコレートと言っても、普段おやつなどで食べているチョコレートではありません。, ダイエット効果を期待するのであれば、食べるのは、通常のチョコレートよりもカカオが多く含まれた『高カカオチョコレート』であることが大切です。, このカカオ豆を発酵・乾燥させローストし、すりつぶしてペースト状にしたものを『カカオマス』と言い、このカカオマスと、カカオマスから搾った『カカオバター』によってチョコレートはできています。, この成分のうち、注目すべきは『カカオポリフェノール』です。ポリフェノールは、赤ワインに多く含まれる成分としてよく知られていて、血管を丈夫にし、血流を促進する働きがあるとされています。, このポリフェノール、食物から摂取するのは難しい成分としても知られていますが、チョコレートにはなんと、この赤ワインよりも豊富なポリフェノールが含まれているといわれているのです。, チョコレートダイエットと言うからには、普段おやつなどで食べているような甘いミルクチョコレートなどでも良いのかと思われがちですが、決してそうではありません。, チョコレートダイエットで食べるチョコレートは、カカオの含有量が70%以上の高カカオチョコレートにしてください。, カカオの含有量の多いチョコレートは、ミルクチョコレートなどに比べ、ビターで濃い味わいが特徴です。, 人によっては好き嫌いがあるかもしれませんが、チョコレートダイエットで効果を得るためには、この高カカオチョコレートであることが欠かせません。, チョコレートダイエットでは、高カカオチョコレートを朝食、昼食、夕食前に食べるのがポイントです。, そうすることによって、チョコレートの効果の一つである、食欲を抑制する効果が期待できます。, まとめて食べてしまうと、カロリーオーバーになりますし、いざ空腹になったときに食べれませんよね。, 血糖値が下がると頭の中が食べることでいっぱいになり、食事制限をしているにも関わらず、我慢できずに食べてしまうといったことが度々起こります。, チョコレートの主な原料である『カカオマス』『カカオバター』は、主に糖分と脂肪でできているため、摂取すると一気に血糖値が上がります。, 食事の前にチョコレートを摂取し血糖値を上げておくと、脳の満腹中枢が刺激され食欲を抑制する効果があるため、食事制限ダイエットでの食べすぎ、日ごろの食べすぎを防ぐことができるといわれています。, 特に、チョコレートに含まれる『リグニン』という食物繊維は、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便通と腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。, 女性の多くが悩みを抱えている『むくみ』は、血行不良もその原因の一つと言われています。, 特に、デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢を続けるような仕事をしている人は、血流が滞り、むくみを引き起こしてしまいがちです。, むくみは慢性化すると『セルライト』と呼ばれる皮下脂肪がつく原因になってしまうので注意しなければなりません。, チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血行を促進する働きがあるため、むくみを防止してくれる効果が期待できるといわれています。, チョコレートは、カカオポリフェノールにより血流が促進されることで、女性の天敵でもある冷え性を改善する効果が期待できます。, カカオポリフェノールには、血液中のコレステロール値を下げる作用があるといわれています。, 血液中のコレステロール値が下がると血液がサラサラになり、脂肪を燃焼させるための酸素が十分に運ばれるようになることから、基礎代謝アップの効果が期待できるといわれています。, 基礎代謝とは、呼吸をしたり、心臓を動かしたりと、生きていくために必要なエネルギーのことです。, そのため、基礎代謝がアップすれば、エネルギー消費量が増え、自然と痩せやすい体になります。, チョコレートに含まれる必須アミノ酸トリプトファンには、脳内のセロトニンを増やす作用があるといわれています。, 脳内のセロトニンが不足すると、イライラしたり、気分が落ち込んだりといったストレスを感じる原因にもなりかねません。, 「チョコレートを食べると幸せな気持ちになる」という人が多いのは、実はこのメカニズムが関係しているといわれています。, 特に食事制限ダイエットは、肌を作るための栄養が不足することで、肌のツヤが失われ、肌荒れなどが生じる原因となることがあります。, せっかくきれいになるためにダイエットをしているのに、そのダイエットが原因で肌荒れをしてしまうのは残念でなりません。, 高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、抗酸化作用があるとわれ、肌の老化を促進する活性酸素を取り除いてくれる働きがあるとされており、それにより、ダイエット中にも関わらず、シミ・シワ改善、美肌効果が期待できます。, これまでに一般的なチョコレートのみした食べたことのない方にとって、カカオ70%以上のチョコレートは少し苦みを感じやすいです。, また、あまりに食べすぎると逆に高カロリーになってしまう恐れがあるため、適度な量を心がけることが大切です。. チョコレートダイエット方法で痩せたと評判です。ダイエット中でもチョコレートを食べ過ぎなかったら成功する人も多いようです。カカオ効果と食べる方法とタイミングさえ間違わなければチョコレートはダイエットの味方になるそうです。 チョコレートダイエット では、 1日50グラム のチョコレートを 朝昼晩の 食事の 20分前 に食べます。 食前にチョコレートを食べることで、食べ過ぎを防ぎ、1日の総摂取カロリーを無理なく減らすことができるんですよ。 りの甘いチョコレートはおすすめできません。, 一口タイプなら1日4個程度、板チョコの場合は1/2枚程度が目安, チョコレートダイエットの注意点, チョコレートを食べて、1日3食いつも通りの食事をお腹いっぱいになるまで食べるのはNG, いつもの食事量からマイナス300〜500キロカロリーになるように、, 残念ながらその効果は数時間しかもちません。, 1日50グラムのチョコレートを朝・昼・晩3回に分けて食べる, チョコレートでストレスフリーにダイエット!, http://www.afpbb.com/articles/-/2867991?pid=8705158.