ニュースChiba(ニュースチバ)は、千葉テレビ放送(チバテレ)にて2009年3月30日から2010年3月28日まで毎日夕方18:00~18:10に放送されていた千葉県ローカル報道番組である。, 本稿では、2009年3月30日から2010年3月26日まで放送されていた夜のニュース番組『ニュースChiba21』(ニュースチバにじゅういち)についても、本項目で併せて記述する。, 夕方のニュース番組『NEWS WAVE ちば』と夜のニュース番組『ニュースC-MASTER』をリニューアルする形で開始された。このリニューアルにあたり、千葉テレビ放送のニュース番組のタイトルを統一し、『ニュースChiba』とした。 チバテレ「高校野球ダイジェスト」では平成3年より関連番組「速報! 今日の高校野球」、「ガチファン」のテーマソングと併せると数々の楽曲で球児たちの活躍と激闘のドラマを彩ってきた。 ライオン (2018 New Version) ベリーグッドマン . チバテレ「高校野球ダイジェスト 白球ナイン」エンディングテーマ/テレ玉「第101回全国高等学校野球選手権埼玉大会中継」テーマソング . シングル; アルバム; 着うた®; プロミスザスター BiSH . 小笠原はチバテレのマリーンズナイター、山田はテレ玉のjリーグ中継アルディージャエキサイトマッチを担当している。) 2012年度の実況は加藤が1年ぶり、矢野が4年ぶりにライオンズアワーの実況に復帰したため7人体制となる。 フリーアナウンサー(局アナ経験なし)。海外サッカー中継・Jリーグ中継(DAZN)、なでしこリーグ中継(公式YouTube)、マリーンズナイター・高校野球中継(チバテレ)、ONE championship中継(abemaTV)、パンクラス中継(TOKYO MX)などで実況中です。 ニュースChiba(ニュースチバ)は、千葉テレビ放送(チバテレ)にて2009年 3月30日から2010年 3月28日まで毎日夕方18:00~18:10に放送されていた千葉県ローカル報道番組である。. 『サンテレビボックス席』(サンテレビボックスせき)は、サンテレビで放送されているプロ野球中継のタイトルである。, 阪神タイガースの対戦カードを、ホーム・(地方開催も含めて)ビジター問わず毎年数多く中継している。また、阪神と同じく関西地区を地盤とするオリックス・バファローズの主催試合も年間数試合程度中継している(但し2016年以降のオリックス戦は対阪神戦を除いて中継されていない)。, 阪神タイガースでは、伝統的に各種メディアを通じた試合中継をできるだけ多くの放送局(NHKも含む)に担当させる方針を貫いており、サンテレビではホーム・ビジター問わず阪神タイガース戦の中継を積極的に行っている。加えて、番組編成の自由度が高い独立局の利点を最大限に生かし、地上波テレビ局では珍しく「全試合・試合開始から終了まで、完全生中継」を行っている。これは日本初の試みでもあり、1990年代に阪神のセントラル・リーグ総合順位が低迷していた時期であっても、決して取り止めることはなかった[1]。, サンテレビの中継では、(テレビ放送であっても)投手の投球を漏れなく実況することをモットーに、イニング間に挿入するスポンサーなどのCMを最長でも90秒(1分30秒)間にとどめている。ただし、試合の展開にかかわらず最後まで中継するため、中継の延長によって後続の番組の放送時間を繰り下げる措置を頻繁に講じている。このため、放送休止に入る時刻を他局より早い25時台~26時台に設定するなど、当日に編成していた番組が放送できない事態に陥らないように配慮している。, サンテレビの公式サイト内に掲載されている月間番組表では『○曜ナイター サンテレビボックス席』と紹介されており、かつては番組内のタイトルロゴにも「○曜ナイター(日中開催の生放送である場合は「プロ野球中継」)と表記されていた。, 1985年(昭和60年)には朝日放送(当時。現:朝日放送テレビ)と業務提携を結び、それまで朝日放送が放映権を独占していた水曜日のナイターと日曜日のデーゲームを、トップ&リレー形式で放映するようになった(一部の試合を除き、KBS京都も同時ネット)。日曜日のナイターについても、朝日放送テレビの制作でサンテレビが全編完全中継を行うようになった(sky・A sports+でも同時あるいは録画放送)[2][3]。この提携により、朝日放送テレビの専属解説者がこの番組にも出演するようになった(一部の解説者は、サンテレビと朝日放送テレビ両方の専属解説者として契約している)。さらに、この番組の中継映像をテレビ朝日系列向けにニュース素材として提供するようになった。, 2006年(平成18年)には甲子園球場と京セラドーム大阪で開催される阪神戦がハイビジョン制作となり、翌2007年(平成19年)からは全試合ハイビジョン制作に移行している。2009年(平成21年)から数年間および2019年現在は地上デジタル放送とワンセグで連動データ放送を行っており、試合の経過状況を随時確認することができる。2019年現在は「いつdも(いつでも)ボックス席」という呼称を使用しており、サンテレビでの中継がない日も含めて阪神戦の試合状況を伝えている[4]。ただしいずれも番組表やEPGには連動データ放送であることを表す「[デ]」記号は表記されない。, 主に週末に行われるデーゲームの中継は、かつては競馬中継を優先していた関係で、当日の18時か19時から撮って出し形式で録画放送していた(ノーカットで試合終了まで放送)。ホームゲームに関しては、土曜日は朝日放送テレビ以外の在阪準キー局(読売テレビで中継することが多い)やNHKが中継するため、日曜日は2007年(平成19年)以降編成の都合がない限り朝日放送テレビが最大17:25まで中継するため、それぞれ中継しないケースが多い。なお、ビジターゲームの場合は巨人戦を除き生中継することもある。, かつてはサンテレビと在阪民放準キー局またはNHKとで地上波での並列生中継となるケースも多かった(後述も参照)が、阪急阪神ホールディングスが誕生した2006年以降は他局との調整や在阪民放準キー局独占での放映権獲得などもあり、地上波での並列生中継はほぼなくなったことで、それ以前と比較すると中継回数は減少している。ただ、近年でもNHKとでは地上波での並列生中継が行われることもある(その他、サンテレビで生中継・在阪民放準キー局で当日深夜に録画中継、というケースも稀にある)。2019年6月15日(土曜日)のオリックス対阪神戦では、サンテレビと関西テレビによる、民放局同士での並列生中継が久々に行われた[5][6]。なお、当日は衛星放送のBSフジでも地上波関西テレビとの同時ネットで生中継された(18時・21時は裏送り)[7]。2020年7月10日もサンテレビとMBSテレビとで並列放送が行われた(後述)。, 夏休みシーズンの甲子園球場でのホームゲームについては、抽選で選ばれた球団公認ファンクラブのジュニア会員を放送席に招待しており、実況アナウンサーや解説者とトークを繰り広げる(ジュニア会員の出演は21時まで。朝日放送テレビ主管の完全中継とリレー中継を行う日は除く)[13][14]。, 2019年(令和元年)5月6日(月曜日・振替休日)に放送された「(サンテレビ)開局50周年記念特別中継」(詳細後述)の時点では、NPBの公式戦を通算で4,209試合中継した。中継の内訳は、阪神戦が3,388試合、パシフィック・リーグの公式戦が674試合、ポストシーズン(日本シリーズなど)の試合が147試合であった。, 最初の中継は、サンテレビの開局6日目である1969年(昭和44年)5月6日に阪神甲子園球場で催された阪神対広島東洋カープ戦(試合時間3時間22分)。松島武雄アナウンサーが実況、阪急ブレーブスの人気選手だったロベルト・バルボンが解説を担当した[15]。試合自体は19:03に始まったが、当時はNHK神戸放送局が兵庫県域のローカル放送を実施していなかったため、『NHKニュース』を放送した後の19:30から中継を開始。放送時間を延長したうえで、阪神の藤田平によるサヨナラ安打で試合が終了するまで中継を続けた。日本国内のテレビ局で初めて、試合開始からのノーカット中継を始めたのは、翌1970年(昭和45年)からである。なお、開局1年目の1969年のみ実況担当を松島に固定していたが、1970年以降は他局でのスポーツ実況の経験が豊富なアナウンサーと相次いで契約。1988年(昭和63年)からは、谷口英明を皮切りに、サンテレビの社員アナウンサーも実況陣に加わっている。社員からの登用に20年を要したのは、当時の社員アナウンサーが全員、報道部へ所属していたことなどによる。, サンテレビ局内には少なくとも、江夏豊が延長戦でノーヒットノーランとサヨナラ本塁打を記録した1973年(昭和48年)8月30日の阪神対中日ドラゴンズ戦(甲子園球場)[16]以降の試合の中継を収録した映像を、ビデオテープにして6000本以上保管。プロ野球シーズンの金曜日にナイトゲームを放送しない場合や、同曜日に中継予定のナイトゲームが中止になった場合には、過去に中継した1試合分の映像をダイジェスト形式で編集した『虎辞書なる! リーズ『九藏猫窩(じょうざんみゃおうお)櫻花村篇』, ガレッジセールのオリタラドコ旅 「富里・成田の旅」を放送, eスポーツ選手権 千葉代表決定戦 プレゼント, テレビで芸術鑑賞♪千葉県立美術館の協力のもと「ちば美彩 Art」放送, #まくはりぽーと! inイオンモール幕張新都心. ローモバアイドルチャレンジtv 。千葉テレビ放送(チバテレ)公式ホームページ。 ... マリーンズナイター; ... 5) 優勝したグループは白黒アンジャッシュのテーマソング枠に採用! CTCマリーンズナイター(CTC Marines Nighter)は、千葉テレビ放送(チバテレ)のプロ野球ナイター中継の題名。 主にZOZOマリンスタジアムで開催される千葉ロッテマリーンズの主催試合を放送する。. シングル; アルバム; 着うた® !」というセリフが、決定の瞬間の映像とともに使われている。, かつては「ファン招待席」と題し、夏休み以外のシーズンに男性(月曜・金曜)、女性(火曜・木曜)、小・中学生(土曜)をそれぞれ招待していたこともある。同じ趣旨は, 現在、成人を対象としたキャンペーンには、甲子園球場のアルプススタンドに招待する『サンテレビタイガースファン招待席』がある。, 試験放送中の4月19日に甲子園球場で行われたデーゲーム阪神-中日戦を、解説:ロベルト・バルボン、実況:松島武雄で20時から録画中継している。出典:サンケイ新聞大阪版4月19日付朝刊テレビ欄, 実況を西澤、解説を後藤が担当。過去に『熱血!タイガース党』などで一部を放送されたほか、毎日放送・デイリースポーツが製作に協力した「, 前述した、土曜日のデーゲーム中継を録画放送にしていた頃にも、各CS局には生中継として配信を行なっていた。, この他、5回の攻撃終了時(前半と後半のスポンサー入れ替え)、試合終了後の計3回行われる。なお、スポンサーの読み上げは朝日放送テレビ制作による完全中継の場合のみ、サンテレビのアナウンサーによって行われる。, 本来は5月1日が開局記念日で、当日は阪神対広島のデーゲームが甲子園球場で催されていたが、朝日放送テレビで14:00 - 17:25に生中継を実施。, 当日は、中継前の時間帯(10:00 - 18:00)に『サンテレビ開局50周年記念特別番組 SUNキュー! チバテレ(ctcマリーンズナイター) 交流戦のロッテ戦を放映。また2014年は8月27日に「オリックス×ロッテ」(ほっと神戸)を放映した。かつてはロッテ戦以外の阪神戦もネット受けしていた(千葉マリンスタジアムでのヤクルト対阪神戦を含む)。 過去 また、開始にあたり千葉テレビ放送では久方ぶりに放送局社員としての女性アナウンサーを採用している。なお、『ニュースC-MASTER』は1時間番組だったが、『ニュースChiba21』は30分番組に短縮している。, ニュースChibaは2010年3月28日で、ニュースChiba21は2010年3月26日で放送終了。それぞれ後番組は『NEWSチバ600』、『NEWSチバ930』(放送時間を21:30-21:55に変更)となる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ニュースChiba&oldid=69425489, 日曜は18:01からの放送が多い。これは日曜日にスポンサーがつかないケースが多いためである。, ニュースChiba21 月曜~水曜 21:00 - 21:30、木・金曜 21:00 - 21:25, 木曜日・金曜日は21:00 - 21:25の25分間の放送となる(木曜は『ニュースChiba21』の内包コーナーが独立した『ビジネススタイル』、金曜は『. 本稿では、2009年3月30日から2010年3月26日まで放送されていた夜のニュース番組『ニュースChiba21』(ニュースチバ … 2018年・夏、100回記念大会を迎える「全国高等学校野球選手権大会」。 平成最後の夏の大会であり、20世紀生まれの球児が出場する最後の大会でもある。 この記念すべき大会に向けてリリースするコンピレーションアルバム「青春百年」は、 甲子園を夢見る千葉県の高校球児を長くサポートしてきたチバテレと共に球児達に贈 る応援ソング集。, チバテレ「高校野球ダイジェスト」では平成3年より関連番組「速報!今日の高校野球」 、「ガチファン」のテーマソングと併せると数々の楽曲で球児たちの活躍と激闘のドラマを彩ってきた。そこから厳選した14曲に、平成30年「高校野球ダイジェスト」オープニングテーマ曲を加えた15曲を収録してお届けする。, クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、コンビニ決済番号端末、楽天銀行、Yahoo!ウォレットがご利用いただけます。, ※代金引換は、手数料として別途330円~を貰い受けます(一部商品を除く)。※銀行振込手数料はお客様負担となります。, クレジットカード:ご注文時 代金引換:商品引渡時コンビニ払い:ご注文日を含めて7日(先払い) 銀行振込み:ご注文日を含めて7日(先払い)※各期日までにお支払いが確認できない場合にはキャンセルとさせていただきます。, 通常送料一律660円、沖縄県のみ1320円(消費税込)となります。一部送料込みの商品もあります。, 一部商品を除いて、商品は佐川急便またはクロネコヤマトにて発送いたします。ご入金(代引は注文)確認後、通常3~5営業日以内に発送いたします。また、当店で取り扱いの全ての商品につきまして配送時間のご指定はできませんのでご了承ください。, お客様都合による返品はご遠慮ください。不良品については返品・交換を承っております。返品・交換をご希望のお客様は、商品到着から一週間以内にメールにて必ずご連絡ください。不良品、誤品配送の際、送料は当社負担で対応させていただきます。, 商品の発送は商品の販売開始当日に到着予定となります。 先行予約品のため、お客様都合によるキャンセルはご遠慮ください。また、お届け予定日はあくまでも予定となります。メーカー生産都合や交通事情などにより前後する場合がございますのでご了承ください。, 完売商品をご希望の場合、在庫の入荷状況などをお調べいたしますので、お気軽にお問い合わせください。, 法律により20歳未満の購入や飲酒は禁止されており、酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。, 当店は酒類業組合法第86条の9に規定する研修を受講した下記の者を酒類販売管理者とし、適切な販売管理の確保を行っています。, 所在地:〒260-0001千葉県千葉市中央区都町1-1-25お問合せ:shopmaster@chibatv-shop.com, 真空包装 板付き「売れ筋セット」 & いすみ市産たこ「たこセット」 & お得!「メガ盛りセット」, Copyright © Chiba Television broadcasting Corp. チバテレ(ctcマリーンズナイター) 交流戦のロッテ戦を放映。また2014年は8月27日に「オリックス×ロッテ」(ほっと神戸)を放映した。かつてはロッテ戦以外の阪神戦もネット受けしていた(千葉マリンスタジアムでのヤクルト対阪神戦を含む)。 過去 yab 山口朝日放送「きらり夏2019 全国高等学校野球選手権山口大会」エンディングテーマ . また、原則として試合終了まで放映するが、過去に例外が生じた日もある。, 祝日や夏の高校野球中継が放映される期間中のみ、トップ中継は19時00分まで行われる。なお、朝日放送テレビであらかじめ21時台まで放映される場合(テレビ朝日で19時から3時間または20時から2時間の特番が編成されている場合)は後リレー中継(20:48または20:53以後、試合終了まで)は行われない。後述のとおり、平日開催のナイターであっても、朝日放送テレビ側の都合により放送ができない場合、朝日放送テレビ側のスタッフによる完全放送となる場合と、日曜日のように実況をサンテレビ、レポーターと解説者を朝日放送テレビから派遣する共同制作の体を取る場合もある。水曜リレー中継の開始時刻は、2017年度まで17:55だった。, ビジターゲームについては、例年東京ヤクルトスワローズ・横浜DeNAベイスターズ・中日ドラゴンズ・広島東洋カープ主催ゲームにおいて、明治神宮野球場・横浜スタジアム・ナゴヤドーム・MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(旧広島市民球場時代も含む)に向けて中継車を送り[23]、自社制作を行っている。, 他局制作の番組をネット受けする場合は、制作局の放映終了後は裏送りを受ける形式となる。逆に、阪神主催ゲームを対戦相手の地元の放送局に向けて配信することもある。, パ・リーグの公式戦は、他の独立局からのネット受けを除けば、1974年(昭和49年)に阪急ブレーブスの主催ゲームを阪急西宮球場から自社制作で中継したのが初めてだった。, レギュラーシーズンの開幕前には、阪神主催のオープン戦を平日の午後に中継することがある(2011年と2017年・2018年はそれぞれ1試合のみ録画放送があった)。また、レギュラーシーズン中には、ウエスタン・リーグ公式戦のうち阪神主催試合(甲子園球場か阪神鳴尾浜球場での開催分)を数回程度中継する。サンテレビではいずれの中継でも延長オプションを設けていないが、スカイ・Aでも同時ネットで中継する場合には、同局のみ試合終了まで放送する(サンテレビでは同局の中継開始前・終了後も裏送り方式で中継を制作)。, ちなみに、毎年3月には、東北楽天ゴールデンイーグルス[47]の主催試合(オープン戦またはレギュラーシーズン開幕当初のカード)が兵庫県内の球場[48][49]で数回程度開催。サンテレビや神戸新聞グループも後援団体に名を連ねているが、同局ではいずれの試合も中継しない代わりに、試合の開催を告知するCMを放送している。, サンテレビと朝日放送の提携が深まった1990年代以後、サンテレビ専属の解説者のほかに朝日放送からの解説者も数名兼務(出向扱い含む)して解説するようになり、阪神戦だけでなく朝日放送が直接関与していないダイエー・オリックス戦中継でも時折朝日放送の解説者が担当することがあった。2008年から実施している朝日放送制作・テレビ朝日系列全国放送の対巨人戦リレー中継では、関西地区地上波のみ(BS放送ではNHK BS1で放送)の場合はサンテレビ・KBS京都の中継時間帯にテレビ朝日所属の解説者[59]が出演せず、ダブル解説扱いで共演する朝日放送の解説者だけが登場するが[60]、BS朝日でも同時放送される場合は(2011年以降実施)、サンテレビでの放送時間帯にもテレビ朝日の解説者が出演することがある。, 福本、真弓、中田以外の朝日放送解説者については、氏名のテロップに「ABC」のロゴを入れている。また、朝日放送テレビ制作によるナイター完全中継でも2005年(平成17年)頃から福本らを含めてロゴを入れていたが、2008年(平成20年)からは彼らの所にはサンテレビ制作と同様にロゴを入れていない。, なお、朝日放送との共同制作扱いとなる日曜ナイターを含め、ABCロゴの表示のない「ゲスト解説者」の扱いで出演するケースも多い。, 放送開始から1987年までは、他局で長らくプロ野球の実況を経験したベテランのフリーアナウンサーが、交互に実況を担当していた。サンテレビの社員アナウンサーが実況に携わるようになったのは、1988年からである。, 特記のない人物はサンテレビアナウンサーで、湯浅以外は他局からの移籍組。黒沢・堀口は出演時にビジター球団のベンチリポートへ専念するため、当該試合を実況しないサンテレビのアナウンサーが阪神側のリポートを担当する。, この他、ABC朝日放送→朝日放送テレビアナウンサーはABCとの共同制作扱いとなる日曜ナイター等でベンチリポートを担当する試合がある。2018年は水曜・日曜以外でもベンチリポートを担当することがあり、この場合も名目上はABCとの共同制作扱いとなる。, ダイエー主催ゲームでは、自社からのスタッフ派遣の他に、九州朝日放送やテレビ朝日のアナウンサーと解説者が担当する中継もあった。1994年からは一時、甲子園球場での中継において、曜日ごとに一塁側スタンドに「チアリポーター」と称する女性タレントを1人配していた(現在は廃止)。また、2012年から2017年までは、サンテレビの女性アナウンサー・榎木麻衣(元宮崎放送)がベンチリポーターを務めることもあった[66]。, 関西ローカルの独立局ながら、阪神タイガースファンとしての有名人がゲスト解説で登場することもある。下記で挙げるのはほんの一部で、これ以外にも大物ゲストの登場が多々ある。, 2009年のサンテレビ開局45周年記念のキャンペーンとして開始された。なお、現在のテレホンプレゼントは、懸賞専用の「67コール」を用いたシステムのため、番号通知設定をした携帯電話からの応募に限られている。当選者には応募翌日に番号非通知で折り返し連絡がいくことになっている。, このテレフォンプレゼントは、原則としてサンテレビが自社制作する阪神・オリックス戦(ホーム・ビジター問わず)を対象に募集する(ただし全部ではない。対象試合はデータ放送、番組ホームページでも告知する)。対象となる試合が実施される場合、中継の開始と同時に応募を開始し、3回の阪神・オリックス攻撃時に行われる初回の告知以後試合が続いている場合、以後は試合の成立・不成立を問わず、当日24時まで募集。3回の攻撃前までにノーゲームとなった場合は、その時点をもって一旦締め切ったのち、それらの応募分は次回の対象試合募集時に繰り越して有効とする。また、試合開始前に試合が中止となった場合は応募自体も中止となる。, 西澤が当番組の中継で実況を担当した1973年(昭和48年)10月22日の阪神対巨人デーゲーム(甲子園球場)は、両チームにとってセントラル・リーグの優勝がかかった大一番であった。しかし、阪神は0-9で大敗。優勝を逃したばかりか、巨人に9連覇を決められた。そのため、試合終了直後から、場内の至る所で暴動が発生。暴徒と化したファンは、三塁側ベンチの巨人ナインばかりか、当番組と同時に中継を放送していた讀賣テレビの中継用カメラや記者までをも容赦なく襲撃した。, サンテレビでは暴動の最中も中継を続けていたため、西澤はネット裏内野スタンド中段の放送席で実況を継続。「サンテレビは俺たちの味方や」というファンの一声で難を逃れた。同時にテレビ中継を実施していた朝日放送の放送席やカメラも、試合実況中に暴徒が実況を妨害した場面があったものの、同様の理由で襲撃を免れている。, さらにサンテレビに掛かってくる電話でも「今日の(阪神の)調子はどう?」「今日の先発誰?」「今日試合はあるのか」などが多いという。しかし近年はホームゲームであってもサンテレビの中継数が年々減少し、NHK(原則としてBS1またはNHK総合のサブCHで中継)や在阪民放局での中継が増えている。, 阪神勝利の日はヒーローインタビューを全て流した後に中継のエンディングで、その日活躍した選手達のプレイを格好良く構成した1分弱のビデオを流して締めている(引き分け時も行うときがある)。BGMはホワイトスネイクのギタリスト、レブ・ビーチのソロ曲「Black Magic」。なおオリックス戦中継の際も、オリックスが勝利した場合にこの手法が用いられる(こちらも引き分け時も行うときがある)が、阪神戦中継とは別のBGMが用いられている。逆に阪神が負けた日には相手のヒーローインタビューの模様を流さないもしくは詳細に放映せず、解説者と実況アナウンサーによる敗戦の原因・それに対する分析や反省、今後の展望などに関する論議が終わり次第、即座に放送を終了するという、徹底ぶりである。これは阪神の地方開催でスカイ・AやGAORAにネットされる場合も同様のため、ビジターチームのファンからの不満が出ることがある。ただし阪神とオリックスが交流戦で対戦する場合は、同じ関西拠点であることやサンテレビが阪神だけでなく阪急→オリックスの試合も中継してきた歴史的経緯もあり、自社制作時は主催球団を問わず中継内容が通常より中立的となり、ベンチリポーターを両サイドに配置するほか、オリックスが勝利してもヒーローインタビューを放映する(朝日放送テレビ制作のリレー中継ではオリックスのヒーローインタビューが放送されない年度もあった)。, コマーシャルについては、スポンサーとの契約は9回までであるため、延長戦となった場合のイニング間のコマーシャルは、サンテレビ主催のコンサートなどイベント告知のインフォメーションが放映される。かつて1990年前後では、イニング途中の投手交代時にもコマーシャルを挿入したこともあった。, トップ&リレー中継実施の場合は、スコア表示は朝日放送テレビ仕様を使用し、サンテレビのクレジットは技術協力に関与した場合のみ制作協力として表示される。また水曜・日曜ナイターの完全生中継実施時はスコア表示はサンテレビ仕様を使用し、中継のタイトルクレジットには「制作・ABC、制作協力・SUN-TV」と出る(いずれも番組送出はサンテレビから。ただし、例外として他の曜日に朝日放送制作をした中継がある)ただし、甲子園開催日の朝日放送テレビ制作・サンテレビ完全中継による放送であっても「スーパーベースボール」のタイトルの簡易セットが設えられてある。, 制作局のサンテレビと阪神タイガース球団、ならびにその親会社である阪神電気鉄道、阪急阪神ホールディングスとの間にはほとんど資本関係がない(日本テレビと読売ジャイアンツ、CBCテレビ・東海テレビと中日ドラゴンズ、在広局と広島東洋カープとは異なる。もっとも、資本関係があってもフジテレビと東京ヤクルトスワローズ、TBSテレビと横浜DeNAベイスターズの例もある)。, 地上デジタル放送の番組表で番組名の最後に、「○」の記号が入るとハイビジョン制作ではないという意味である。, 2014年以降の中継において途中の提供クレジット切り替え時に、t-squareのscramblingが20秒程度に編集され使用されている。, 甲子園球場からの阪神戦中継では、少なくとも第3期改修が完了した2010年シーズン以降、8台のテレビカメラを同時に使用している。ちなみに、8台目のカメラ(通称「8カメ」)は、バックネット裏の銀傘の上に固定。ダイヤモンド、マウンド、バッターボックスを上から撮影できることから、打者によるスイングの軌道や、本塁上のクロスプレーの瞬間などをスロー再生で克明に映し出せるようになっている。, 2005年(平成17年)7月19日の阪神対横浜戦(阪神甲子園球場)で、延長12回裏一死から阪神・赤星への6球目に横浜(当時)のクルーンが161km/hを記録(結果はファウル)したが、サンテレビのスピードガン表示は159km/hだった。これは、サンテレビのスピードガンの最大計測速度が当時159km/hにまでしか対応できなかったことに起因するものであった。このことに対し視聴者から問い合わせが殺到した。並列で放送をしていたNHK BS1(Tigers-aiと共通)と関西テレビは161km/hと表示していた。, この問題を受け、サンテレビは翌2006年から160km/h以上に対応したスピードガンに更新した。, 独立局で初めて日本選手権シリーズ実況中継権を獲得したのもサンテレビジョンである。1985年(昭和60年)の阪神対西武の第3試合と第5試合を自社制作で中継を行った。, 2003年(阪神対ダイエー第7試合)・2005年(阪神対ロッテ第2試合。第7試合も予定されたが、ロッテが4連勝したため行われず)はサンテレビ自社制作での中継は行われなかった[82]が、テレビ東京系列のテレビ大阪とテレビ愛知のサービスエリアが他の在阪・在名系列局とは異なり、大阪府と愛知県のみしか中継局が設けられていないことで直接受信出来る地域が限られることと、ケーブルテレビの再配信が地域によって行われていない(兵庫県の西部ではテレビせとうちを再配信する局もある)ことから、それを補完する意味で通常はテレビ東京の番組を同時ネットしないサンテレビとKBS京都、三重テレビでも中継が行われた。, 2006年・2007年(中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ)も、サンテレビの担当球団ではないが上述を配慮してサンテレビ、KBS京都、三重テレビの同時ネットが行われた。この放送以降、現在は行われていない。, スローモーションの映像からライブ映像に戻る際によく用いられるクロスフェードの映像技法を、当番組では伝統的にあまり用いていない。阪神サイドに大きなプレーが出た時は、まれにクロスフェードを用いる場合があるが、その日の中継を担当するディレクターやスイッチャーの匙加減もあるため使用頻度はまちまちである。, 無死あるいは一死かつ走者が三塁にいる状況で次の打者が外野に打球をあげた場合、犠牲フライになるのを想定して画面左上に素早く三塁走者のワイプ映像を挿入する。これで三塁走者がスタートを切る様子と外野からのバックホームの様子を同時に見ることが出来る(ただし、ファウルフライを打ち上げた時は犠牲フライの想定外からか、三塁走者のワイプ映像を出さない場合があるが、以前まで甲子園はファウルグラウンドが広かったため、捕球体制によってはまれに犠牲フライになってしまう場合があった。またレフト方向の打球で野手と三塁走者が同一画面で見える場合もワイプ映像を出さない場合がある)。この技法を行っているのは、サンテレビだけである。なお、中国放送が広島主催の北陸遠征の対阪神戦でサンテレビの中継映像を自社実況・スコア表示に差替えて放送した際にも、この技法による映像がそのまま配信されていた。, サンテレビでは、開局50周年を迎えた2019年(令和元年)の8月14日(水曜日) ・16日(金曜日)- 19日(月曜日)[84]に、開局記念企画の一環として「サンテレビ開局50周年 サンテレビボックス席展~名勝負とともにふり返る完全中継の歴史~」を、当時営業していたそごう神戸店(神戸市中央区三宮)本館9階の催会場で実施。当番組50周年の歴史をアーカイブ映像やVRで体感できるブースや、前述した日本プロ野球最長試合中継の(CMを除く)アーカイブ映像をノーカットで6時間にわたってフルに流すブースを設けたほか、中継担当のアナウンサー・解説者によるトークショーを連日開催した。, サンテレビでは、2020年2月14日から2週間限定で公開された阪神タイガース創立85周年記念ドキュメンタリー映画『阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~』(製作:『TIGERS THE MOVIE』製作委員会、配給:KADOKAWA)の制作に際して、朝日放送テレビと共同で過去の阪神戦中継のアーカイブ映像を提供した。同作品では、提供された映像から、8つの名シーンを「神話」としてセレクト。当番組のゲスト解説者である掛布をナビゲーターに起用したほか、熱烈な阪神ファンであることを公言している著名人から、石坂浩二・松村邦洋・佐藤隆太・千秋が出演している(石坂はナレーションや田淵へのインタビューも担当)。, ちなみに、2012年劇場公開の実写映画「あなたへ」(製作:東宝、主演:高倉健)でも、サンテレビ・阪神タイガースからの協力の下に、2005年セントラル・リーグ優勝決定試合(9月29日・阪神甲子園球場での対巨人戦)での中継映像を劇中に挿入。実況担当の谷口が優勝決定の瞬間に叫んだ「岡田阪神・大願成就!