JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, ダーツのカウントアップは、だいたい何点以上くらいですごく上手、まあまあうまいとか、ありますか?, ゲーム・14,188閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25, Apex あーさー?っていう配信者が過去に代行してたと聞いたのですが、 ブログを報告する. 個人の独断とかき集めた知識でブログを書いております ダーツ、ビリヤード で役立つ情報をお届けしてます!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 参考になるかどうかはあなた次第… 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス.

が1カウントアップのゲーム(8ラウンド)中1,2回ぐらいの割合ででるようになる。マイダーツを購入することで、ダーツの重さに意識を向けることが非常にしやすくなった。, 1セット(3投)なげて一度もブルがでないと焦りを覚えるようになる。ブルの中でもInner BULLを狙うようになる。集中力の大切さを痛感し始める。Outer BULLより1穴分だけ外れてブルにならないことが頻繁に起こるようになる。だんだんと集中力とエイムの限界を感じ始める。スタンスや投げ始めの位置は毎回ほぼ同じスタートで投げれている気はしていたが、ダーツのリリースポイントが不安定になってしまう事が悩みだった。肩の位置や足の位置など、しっかり固定しやすいものと違い、タイミングというのは安定化がしずらい。リリース時の肘の位置や手首の位置、投げ終わった後の手の形が毎回同じになるように意識し始めることで、スコアの上がり下がりはあるものの、アベレージを少しずつあげていく。ごくたまにハットトリック(Hat Trick : 3投すべてがブル)を決めるようになる。サイドにぶれることより、上下にぶれることの方が多かった。自分は4フィンガーで投げ続けていたが、投げた後にバレルと自分の右手人差し指の側面(バレルが当たっていたところ)に感覚が残るぐらいは投げこんだ。, カウントアップのスコアが800超えるまでの間に起きるスランプ状態というのは、小さいものを含めるとかなりの回数起きる。そしてそのたびに気分も落ちる。とにかく投げまくり、投げている時の自分の状態を敏感に感じて修正し続けることで、ベースのエイムが修正されていくように思う。自分の中ではリリースポイントとリリース時の肘の位置、フォロースルーの安定化が困難を極めた。フォロースルーを意識するようになったのは、投げた後のダーツにかかっている回転と、ダーツの軌道が不安定であることに気が付いてから。フォロースルーを意識し始めると、投げる前と後の手首の返し具合にも意識が届くようになってくる。投げる前に手首がどれだけそり返り、どう送りダーツを送り出すかというプロセスをトータルで感じ(ダーツの重さを感じ)ながら投げるというところが、一段階フォームをより安定したものに導くための意識として必要だった。安定したフォームは、投げた後も同じフォームで同じように脱力しているもの。, 800点を目標にすると、単純計算で1セットで平均100以上取らないといけないことになる。これを狙いに行くときのスキルだと、まぐれでダブルやトリプルにはまずあたらない(中心のブルから距離が離れすぎており、bullを狙ってそこまで外れることがまず起きない)ので、50が取れるかミスかしか基本的に無い。1投目でブルがとれると、リズミカルに2投目3投目もブルをとれることが多い反面、1投目がミスると引きずられて2投目で修正できないことも多かった。全24投のスコアをみてみると、ブルが取れた時と取れなかったときはランダムに分散するというより、ブルの連続とミスの連続で成り立つ事が多い印象だった。初めて800点取れた時は8投連続ブルで、3,4,5セット目でハットトリックの2連続にロウトンという流れだった。この時の感覚だと、基本的に1セットで「Low ton(100以上)を取れなければまずい」感覚。1セットでブルが一度も出ないのが1ラウンドでもあると、そのときに稼ぐはずだったノルマのリカバリーに3Lowtonないし、2ハットトリックが必要になってくる。スコアが800超える場合、一度もブルを取れないラウンドの数は1回だけ許されるぐらいの感覚である。, ダーツの感覚は他のスポーツの感覚と比べてもかなり繊細な気がする。投げないで時間を大きく開けると、まるで当たらなくなる。ハイスコアの腕を維持し続けたい人は、毎日投げ続けていないといけない。, kindleコミック買うときに知っていると得するコトを何点か。あと人気の無料kindleマンガリストなど(2020/6/1…. カウントアップといえば初心者から上級者まで気軽に遊べるソフトダーツの基本中の基本のゲームであり、カウントアップの点数は己の実力をはかる指標にもなるゲームですよね。, もちろん実際のカウントアップの平均値はその時の調子によって幅が出ると思いますが、自分が目指すべき平均値がコレでわかると思います。, レーティング10の僕の今のカウントアップ平均値が639.88で、ほぼレーティング10の数字通りに打てています。, が、01のスタッツが78.48で少しレーティング10の数字に足りておらず、対戦時の01で少し調子を出せていないのが読み取れますね。, 自分でもまさにそう感じていて、対戦時の01で調子を一度崩すとズルズルと入らなくなる事が課題点になっています。, 例えば逆にカウントアップの平均は足りていないのに01のスタッツは良い、という場合は対戦での勝負強さがあると考えても良いかも知れません。, こんな感じで数字だけを見てもその人の傾向や実力が垣間見えたりしますね。もちろん、合ってない場合もあると思いますけど、自分の課題点を探す手助けになるかも知れません。, 練習としても楽しんでやるゲームとしても素晴らしいカウントアップ、今日はその点数の平均から実力や傾向を読み解く事について書いてきました!, ◆ほーたろ 「カウントアップで中々500点を越えることができない。コツとかがあれば知りたいな。」 ←こういった疑問に答えます。 この記事ではダーツ歴5年の僕が、その経験をもとにカウントアップで500点を越えることが難しい理由や、越えるためのコツについてお伝えしています。 2018.04.20 ダーツ、ビリヤード で役立つ情報をお届けしてます!, DARTSLIVE3で新登場!センターカウントアップ(CENTER COUNT-UP)のルールと感想. ダーツの基本のゲームの一つ「カウントアップ」。今回はカウントアップの基本と、知って得する情報まで。カウントアップの最高得点は?1440点を目指さない理由。現カウントアップ王は誰?何点を目指せばいい?などの疑問に答えていきます! twitterのDMで、依頼者に恐喝していたらしいのですが本当ですか?, ゲオのps5予約抽選の倍率が50倍とニュース記事になってました。自分が予約した時には95万人くらい応募してました。だとするとゲオ1社で2万台も仕入れてることになります。このニュースはサンスポの物ですがガセネタですかね?大手イオンで1500台らしいですし2万台は有り得ないと思います. この記事は私があなたに一瞬でダーツのコツを掴んで上手くなって欲しいと真剣に書いた記事です。, ダーツをやり始めて2ケ月後に私が出したカウントアップ最高得点です。(1051点です), 今ではカウントアップでブル(中心)に一本もミスをする事無く入れ続ける事で達成できる最高得点1200点を4回達成しています。, 今回は手っ取り早くダーツが上手くなりたいって人に向けてその場ですぐに出来るコツをお伝えいたします。, これは私の体験談でもありますが周りのダーツプレイヤーを見ていても本当にそう感じます。, 難しいダーツを上手くなって始めて周りの人から「すごいですね、上手いですね」と言われます。, これらの事一つ一つ目を通し、きちんと理解する事であなたのダーツの成長速度を格段に跳ね上げる事ができます。, 楽な姿勢でダーツを投げると余計な力も抜けやすく、安定したスコアを叩き出す土台となる部分です。, スタンスは主に3パターンに別れます。(オープンスタンスですが図とはちょっと違い、スタンダードスタンスみたいに利き足ではない方を少し後ろに下げます), 憧れのダーツプレイヤーはクローズドスタンスだからちょっと自分には合っていないけど真似して同じにする。, 憧れで真似したくなる気持ちはよくわかりますが、本当に最速で上手くなりたいなら自分に合ったスタイルで行きましょう。, この3フィンガーと4フィンガーの違いですが、単純にダーツに触れる指が何本か?それだけです。, そして安定する部分がそのダーツの重心部分になりますので基本的にその重心の部分からあまり離れすぎないよう親指と人差し指で持ちます。, そして3フィンガーでダーツを持つのか4フィンガーでダーツを持つのか決まったらここからもちょっとしたコツがあります。, スタンス同様自分が楽に投げれる持ち方・こうやって持てばダーツが真っ直ぐ飛んでくれそうというグリップを探ってみてください。, スタンスとグリップで自分の楽なスタイルを見つけたあなたは自然とできるようになってくるのであせらなくても大丈夫です。, 動画を見て自分に合っていそう、こうやって投げたら狙った所に入りそうって人がいたらそれを参考にするのもかなり効果的です。, 完全に真似するのではなく、あくまで参考にしてそこから投げやすいよう自分流に派生させるのがかなり効きます。, その理由とは、ダーツ上達のコツは個性の中にあるって上位プレイヤーはみんな知っているからなんです。, スタンス・グリップ・投げ方が少し理解できてきたら今度は具体的にどういった練習をすれば効果的か?について記載してきます。, しかしその中でも点数を上げる・狙った所に入りやすくなるコツというのも確かにあります。, まずは普段のカウントアップの練習の際、どういった所に気をつければいいのかをお教えいたします。, ダーツを投げ終わった後、ブル(中心)に対してどこに刺さったのかをきちんと認識します。, ブルに対してかなり下気味に刺さったら次はリリースポイント(ダーツを指から離すタイミング)を少し早めに意識してダーツをもう少し飛ばしてみる。, 逆に飛びすぎるようだったらリリースポイントを遅らせてダーツを直線的に飛ばしてみる。, ブルに対して明らかに横方向にズレている場合は、先ほどお伝えしたまっすぐ投げるという意識をもう少し強く意識して投げてみる。, このように縦横にズレた際の修正方法を理解する事で、より狙った所に近づくようになってきます。, 最短でカウントアップのコツを掴みたいならやはりブルを狙い続けるのが最も効果的なんですね。, 趣味でスポーツなどをしている人はこのイメージトレーニングの重大さはご存知でしょう。, 今回はカウントアップの点数を上げる為の記事ですが、スタンダードクリケットというカウントアップと同じくらい人気のゲームモードもあります。, これは何も考えないで投げている、ダーツのコツも知らない人の典型的な例です。(昔の自分の写真で恥ずかしいです笑), だけどあるコツを教えてもらったら劇的に変わって来るんです。(一つだけではありませんがここでは最も効果的な物一つを教えます), どちらもダーツ一本も真ん中には刺さっていませんが、ミスの質が違うことがわかりますか?, ダーツボードで狙う所、ブルを見つめるよりも自分が投げて刺さったダーツのフライト部分を目印にする方が人間遥かに認識しやすいんです。(最初の一本目は単純にブルを見ます。※フライトとはダーツの羽部分です。), 仮にダーツ一本目がブルに入ったらブルを見るのではなく、一投目刺さったダーツの所にそのまま2投目を送ってあげます。, 確かに難易度は全然違いますが意識的に改善する事で狙った所にポンポン入るようになってくるのは事実なんですよね。, 刺さったダーツのフライトはさらに自分側に近くなるので視覚的に捕らえる面積もブルより大きくなり、そこを狙うとブルよりも「入りやすい」って思えるようになってきます。, 家で投げている時はダーツボードが光るわけじゃないのであまり目立ちませんが、店で投げる時意識してみて見るとすごい目立ちます。, さらにはたった2ケ月でカウントアップ1000点を達成できた秘密のダーツ教材もあります。, 自分が投げて刺さったダーツのフライト部分を目印にする方が人間遥かに認識しやすいんです.