A Position Paper, Effects of Low Habitual Cocoa Intake on Blood Pressure and Bioactive Nitric Oxide: A Randomized Controlled Trial, Effects of Chocolate, Cocoa, and flavan-3-ols on Cardiovascular Health: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Trials, Flavanol-rich Cocoa Induces Nitric-Oxide-Dependent Vasodilation in Healthy Humans, Effects on Peripheral and Central Blood Pressure of Cocoa With Natural or High-Dose Theobromine: A Randomized, Double-Blind Crossover Trial, Plasma LDL and HDL Cholesterol and Oxidized LDL Concentrations Are Altered in Normo- And Hypercholesterolemic Humans After Intake of Different Levels of Cocoa Powder, Effects of Cocoa Powder and Dark Chocolate on LDL Oxidative Susceptibility and Prostaglandin Concentrations in Humans, Daily Cocoa Intake Reduces the Susceptibility of Low-Density Lipoprotein to Oxidation as Demonstrated in Healthy Human Volunteers, Continuous Intake of Polyphenolic Compounds Containing Cocoa Powder Reduces LDL Oxidative Susceptibility and Has Beneficial Effects on Plasma HDL-cholesterol Concentrations in Humans, Blood Pressure Is Reduced and Insulin Sensitivity Increased in Glucose-Intolerant, Hypertensive Subjects After 15 Days of Consuming High-Polyphenol Dark Chocolate, Cocoa Reduces Blood Pressure and Insulin Resistance and Improves Endothelium-Dependent Vasodilation in Hypertensives, Cocoa Intake, Blood Pressure, and Cardiovascular Mortality: The Zutphen Elderly Study, Chocolate Consumption Is Inversely Associated With Calcified Atherosclerotic Plaque in the Coronary Arteries: The NHLBI Family Heart Study, Chocolate Consumption Is Inversely Associated With Prevalent Coronary Heart Disease: The National Heart, Lung, and Blood Institute Family Heart Study, Eating Chocolate Can Significantly Protect the Skin From UV Light, Long-term Ingestion of High Flavanol Cocoa Provides Photoprotection Against UV-induced Erythema and Improves Skin Condition in Women, The Effect of Flavanol-Rich Cocoa on the fMRI Response to a Cognitive Task in Healthy Young People, Benefits in Cognitive Function, Blood Pressure, and Insulin Resistance Through Cocoa Flavanol Consumption in Elderly Subjects With Mild Cognitive Impairment: The Cocoa, Cognition, and Aging (CoCoA) Study, Methylxanthines Are the Psycho-Pharmacologically Active Constituents of Chocolate, Habitual Chocolate Consumption May Increase Body Weight in a Dose-Response Manner, 玉ねぎケルセチンの全てがわかる【保存版】量・増やし方・効能・玉ねぎ皮茶の作り方まで, ニチガのホエイプロテインの違いを徹底比較&レビュー【12種類】評判、安全性、どの商品がいい?. カカオの学名は「テオブロマ・カカオ」と呼ばれます。, このダークチョコレートには多くの健康上の利点があります。 1 【メリット】ハイカカオチョコレートで痩せる! 【健康ダイエット】 1.1 【分類】ダイエットにオススメなチョコレートの種類!. カフェインの過剰摂取は、利尿作用、不眠症、興奮作用などがあげられます。, 妊娠中、授乳中の方は大量に食べない限りは安全だと考えられています。

チョコレートは、その独特の構造と風味で、おやつなどの嗜好品として、長らく愛されてきた食品です。, その働きによって、変性疾患リスクを低減してくれる可能性があることが、複数の研究で明らかになっています。, カカオ豆を外皮と胚乳(カカオニブ)に分離し、カカオニブをペーストにして固めたものです。, カカオ豆をカカオマスにして、そこからペースト、圧縮してココアバターが抽出されます。. 10分で遺伝子組み換えについて理解できます!. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 原材料に粉乳(ミルク)をしており、これはカカオ特有の苦味を緩和し、口当たり・口溶けをよくするために用いられます。, なお、日本の基準では、『チョコレートのうちチョコレート生地の乳固形分が14%以上のもの』をミルクチョコレートと呼ぶようです。, 前述のように、カカオバターを作るためには手間もコストも必要になるため、これを解消するために予め加工された安価な植物油脂で代用しています。, これらは、GMO植物を原料とし水素を添加され精製されたトランス脂肪酸で、人体に危険な油とされています。, 特にキャノーラ油は市場に最も出回り、2017年末に『アルツハイマーを誘発する油』と発表された非常に危険かつ身近なものです。, なお、ダークチョコレートの基準は、国や業界、販売元や市場によって大きく異なります。, たとえば、FDA(アメリカ食品医薬品局)ではダークチョコレートは最低15%のカカオバターを含み、乳成分は12%未満のものと定めています。, これに対し日本では複数の基準が存在し、日本チョコレート・ココア協会によれば以下3つの基準があるようです。, このように、国や業界、販売元、市場などにより大きく基準の別れるダークチョコレート。, 共通して言えるのは、カカオとカカオバターの含有量が多く、乳製品は少ない、そして苦味の強いチョコレートであることです。, SELFNutritionDataによれば、カカオ含有量70~85%程度のダークチョコレートに含まれる栄養素とその含有量は次の通りです。, 上記のように、糖質・脂質・タンパク質をはじめ、ビタミンB群とミネラル類が豊富に含まれていますが、ここで注目したいのが『カカオポリフェノール』。, カカオポリフェノールは、病気や老化の原因、活性酸素を除去するはたらきに優れた『ファイトケミカル』の一種です。, ポリフェノールは、赤ワインやリンゴ、コーヒー等に含まれることで知られますが、中でも最も含有量が多いのがカカオ。, そのため、これを主原料としたダークチョコレートはカカオポリフェノールの宝庫。その含有量は100g中、840mgとされ、これは赤ワインの5倍近い数値です。, ポリフェノール以外にも、カカオには300種類以上の抗酸化物質(ファイトケミカル)が含まれていると言われます。, フェネチルアミン、カテキン、クロロゲン酸等がその例で、特にフェネチルアミンが豊富。, それ故、一般的なダークチョコレートの抗酸化力はブルーベリーの約20倍とも言われています。, “第7の栄養素”とも呼ばれる話題の抗酸化成分『ファイトケミカル』については、以下の記事に詳しくまとめています。, 種類・効果・効率よく摂取する方法・サプリメント等、ファイトケミカルの基礎知識をはこちらをご覧ください。, ※上記の栄養素や、大学・研究機関の臨床試験などを中心に、科学的な根拠に基づいた効果・効能です。, ダークチョコレート中に含まれる成分は、コレステロールの酸化を防ぐ作用に優れているとされ、これを示す複数の研究例があります。, たとえば、2006年ヴァーヘニンゲン大学が高齢男性に対して15年間に渡って行った追跡調査によれば、ココアの摂取量が多いほど心臓の血圧を下げ、心疾患による死亡率を低下させることが判っています。, 他にも、2011年・マサチューセッツ州で25~93歳まで・4970人に対して行われた研究では、週に5回チョコレートを食べると、心疾患のリスクが57%低下するとの結果も出ています。, この作用が、ダークチョコレートを定期的に食べることで心臓の病気のリスクを下げられることを示唆しています。, たとえば、イギリスのハル大学による研究では、2型糖尿病の患者の善玉コレステロールを上昇させ、血糖値を低下させたことが示されています。, この研究では、高ポリフェノールチョコレートを16週間に渡って摂りましたが、体重の増加や血糖値の上昇は一切確認されなかったとのことで、安全に糖尿病の治療に利用可能であることがわかります。, また別の2005年のイタリアでの研究でも、ダークチョコレートがインスリン感受性を増加させることがわかっています。, 本試験では7日間、500mgのカカオポリフェノールが含まれるダークチョコレートが用いられましたが、この短期間においても、有効な作用が確認されたとのことです。, なお、本試験ではホワイトチョコレートの効果についても同時に試験されましたが、こちらでは目立った効果がありませんでした。, このように、カカオポリフェノールは血糖値の低下作用が高く、糖尿病の改善・予防に有効であることがわかります。, これらの作用はガンの発症リスクを抑えることがわかっており、豊富なポリフェノールを持つダークチョコレートは抗ガン効果の高い食品とも考えられます。, たとえば、2011年にスペインのマドリードで行われた研究では、マウスに高カカオの食事を与えたところ、以下の作用が確認されたと発表しています。, これにより、初期段階のガンの進行抑制や予防に有効であると考えられるとされています。, 同様の研究は2002年にフランスでも行われ、ここでも「結腸ガンの細胞増殖を抑制する」という結果が出ています。, また、2009年ベルギーの研究では、ポリフェノールが腸壁に作用して炎症を抑えることが明らかになっています。, 同成分の持つ優れた抗酸化・抗炎症作用の高さと、それに由来するガンへの有効性が見て取れます。, 2009年に岡山大学が行った研究によれば、歯周炎をはじめとした歯周病の予防効果もあると発表されています。, マウスはカカオを多く含むエサを4週間に渡って与えられ、時間経過とともに抗酸化力が増し、歯周炎の抑制に効果があったとのこと。, また、2010年に明治製菓と鶴見大学が共同で行った研究でも、カカオの持つ高い抗菌作用が示されています。, 同研究では、この抗菌効果はカカオポリフェノールによるものであるとされ、歯周病原菌に対して強い耐性を示したと記述されています。, このように、カカオ、及びカカオポリフェノールには優れた抗菌作用があり、これが歯周病の予防に適しているものと考えられます。, 歯周病の予防作用に優れた成分としては、青パパイヤに特異的に含まれる酵素『パパイン』が挙げられます。, たとえば、2008年にフランスの研究機関『ETAP-Lab』が行った研究では、カカオポリフェノールは脳神経を保護する作用に優れていることがわかっています。, 特に加齢による認知機能の低下を遅らせる作用に優れ、これにより認知症や認知機能の低下を防ぐ効果が期待されるようです。, また、アメリカのハーバード大学医学大学院等がカカオポリフェノールの脳血管に対する作用を示した研究(2006年)もあります。, この研究では、カカオポリフェノールが脳内の末梢血管を拡げ血流を改善することで、認知症の予防や改善に有益と考えられるとしています。, この研究では、成人30人に720mgのカカオフラバノールを含むダークチョコレートを食べてもらい、認知機能を測定しました。, その結果、『ダークチョコレートは脳の血流を改善し、認知機能と視力の改善に劇的な効果がある』という結果が出ています。, 以上のように、ダークチョコレートは脳神経の保護と血流の改善という両面から、脳機能の改善を行ってくれるのです。, 脳機能の改善や脳疲労の回復効果など、『脳にいい』と証明された食べ物は他にもいくつかあります。, 老化の原因とされる活性酸素の除去と、紫外線を予防する作用を備えるため、特に肌のアンチエイジングに優れた効果を発揮すると考えられます。, 前述のように、ダークチョコレートには、カカオポリフェノールの他にも、フェネチルアミン、カテキン等、約300種類ものファイトケミカルが含まれます。, これらは、肌細胞の老化を招く『活性酸素』を除去するのに有効であると、リモージュ大学をはじめ複数の研究結果で示されています。, また、ドイツのヴィッテン・ヘァデッケ大学が行った研究(2006年)では、カカオを長期に渡って摂取することで肌の状態が改善されることがわかっています。, 本研究では、女性に12週間に渡ってカカオパウダーを摂取してもらい、皮膚状態を調査しました。, その結果、カカオに含まれるフラバノールが以下の効果を備えていることが判明しました。, アンチエイジングの作用を備えるフルーツとして有名なのが、生命の果実とも呼ばれる『シーバックソーン(サジー)』です。, これは2005年に森永製菓等が行ったマウスを用いた研究によって明らかになっています。, この結果、前者の高脂肪のエサとカカオを同時に与えられたマウスは、肝臓内において内蔵脂肪を作るはたらきのある酵素が作られるのを抑えていたことがわかったのです。, 研究者らは上記結果を以て、カカオは脂質の代謝を高め、肥満を予防すると結論づけています。, 肥満は今や世界的な問題。イギリスなど欧米では『砂糖税』と呼ばれる税金を課すことで、この対策に乗り出しています。, このように多彩な健康・美容効果を備えるダークチョコレートですが、選び方を間違えれば全くの逆効果になってしまいます。, ダークチョコレートの効果はカカオに由来するもの。そのため、カカオの含有量が多くなればそれだけ効果が高まります。, また、カカオが含まれる割合が多いということは、砂糖などの材料が少なくなることも意味しますので、より体に優しいものになります。, オーガニック栽培である理由は言わずもがな、人体に有害な農薬を避け、原材料そのものに含まれる栄養素が高くなるから。(カカオ以外の現在も同様), フェアトレードである理由は、持続可能な生産と生活に必要な価格を維持することで、今後も安定して優れた品質のダークチョコレートを供給することが目的です。, 市販のチョコレートにはキャノーラ油やパーム油などの『植物油脂』が使われますが、これは先程も書いたように『トランス脂肪酸』の一種です。, カカオ自体にいくら栄養があったところで、植物油脂を同時に摂ってしまっては本末転倒です。原材料名にカカオバターの名前があることは必ず確認しましょう。, ALTER ECO(アルテル エコ)はフランスのフェアトレードチョコレートのメーカー。上記の3つの条件を満たしたおすすめのダークチョコレートです。, 原材料は非常にシンプルで3つのみ。有機カカオマス、有機カカオバター、有機さとうきび糖です。, これはカカオの含有量が85%と高いため、一粒でもダークチョコレートの風味が十分に味わえ、かつ価格もお手頃です。, このように様々な副作用が確認されており、一見すればダークチョコレートは体に害悪のあるようにも思えますが、過剰摂取をしなければ上記の症状は十分に回避可能とされます。, 一般的にお菓子のひとつとして認識され、体に悪いイメージのあるチョコレートですが、ダークチョコレートは健康・美容効果に優れた食品です。, ただし、本当に体に良いものを選ぶことが前提です。今回ご紹介した選び方を参考に、ぜひより良いものを選んでください。, こだわって選んだチョコレートは、心臓病やガンなどの予防や血圧低下、美容や脳機能アップまで、様々なメリットをもたらしてくれるでしょう。, >> おすすめのダークチョコレート『ALTER ECO ノワール アブソリュ』をamazonで購入する, アメリカのハーバード大学医学大学院等がカカオポリフェノールの脳血管に対する作用を示した研究(2006年), Amazonブラックフライデー2019の目玉!おすすめオーガニック商品+お得な使い方.