美脚になれる!?バドミントンダイエット

生活や運動の消費カロリーの計算(ke!san) バドミントンのダブルスってどう動いていいか分からない?バドミントンのダブルスって難しい。シングルスと違ってペアを考えて動かなきゃいけないし。考えると足が止まっちゃって全然動けない。そんなダブルス初心者に向けて、ダブルスの基本の動きとローテー バドミントン仲間をお探しの方 バドミントンで引き締めが期待できるのは、主に下半身です。

YouTubeチャンネル『株式会社リアルスタイル』, バドミントンは、引き締めと脂肪燃焼に効果的なダイエットスポーツです。具体的な内容を知り、ダイエットに生かしましょう! (メッツ値についてはこちらをご参照下さい) 年齢25歳:身長172.1 cm:体重67.3kg:249キロカロリー https://chouseisan.com/l/post-60135/ 一緒にプレイする仲間がいるときは、有酸素運動を目的としたバドミントンダイエット方法がお勧めです。 試合中はシャトルが床に着地するか、ネットにかかるまでは常に次がある(リターンがくる)と思って構えておくことを意識しましょう。, 今のあなたもしくは、ペアで必要な力がなんであるかを考えて練習に臨むと良いでしょう。, スピード勝負が得意な人は、自分がシャトルを打った後に必ず、次のショットがあると考えて動いています。, 最後の1球を打った後にセンターポジションに戻らなかったり、打ったあとそのままコート外にでてしまったりするので練習効率が悪化してしまう, ダブルスの練習でパターン練習をメインにするべきなのは、ローテーションをしっかりと行ってふたりいる状況を上手に利用するため, 崩れた相手の隙(守備の穴)にドライブショットやプッシュショット、ヘアピンショットを打つ。, トップ&バックのフォーメーションがとれたなら一気に攻め込んで、そのラリーを制することを考えましょう。, 相手ペアのコートで誰もいないスペースが見えたら、そこが守備の穴と言えるので、当然そこを攻めるのが妥当。, ダブルスの練習はパターン練習を重視し、試合形式に近い状況で二人のコンビネーションを向上させる必要がある, ダブルスのローテーションの基本の動き(前衛は前、後衛は後ろのポジション、シャトルが上がってきても前衛は下がってはならない)だけでは対応できないシーンが出てきます。, 日本代表選手のコーチに教えてもらえたら、あなたも試合で勝てるようになると思いませんか。, 今すぐタップして内容をアナタ自身の目で確かめてください。いつ非公開になるか分かりません。, バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組, 【オススメ紹介5選】バドミントンのラケットバックは人気より自分の使い方に合ったモノを!. 重心を前へ移動させると同時に、足を前につき下から上に振りぬく 女性 最初は前後左右に規則的に打ってもらいフットワークを使ってリターンをします。リターンはストレート、クロスを前や奥の決められたコースを狙いましょう。 ひるがえって、バドミントンのダブルスの場合、サーブには若干攻撃性があるものの、目まぐるしく変わる攻守の入れ替えやロングラリーが試合のアクセントとなって人気を博しています。ここでは、そんなダブルスを楽しむためのフォーメーションや戦術を踏まえ、効果的な攻め方を見て行きましょう。, ダブルスの攻め方の基本は後衛がスマッシュを打って、前衛が甘くなった球をプッシュで決める形です。かつてはスマッシュの強い比較的大柄なパートナーがバズーカ砲一撃でスマッシュを放ち、比較的小柄な前衛パートナーがプッシュやスマッシュで決めるパターンが多かったですね。ミックスダブルスの男性と女性の関係がまさにこれです。しかし、トッププロの世界では徐々にこの関係性が崩れ、2人ともにポジションを上げ気味にして速いタッチで高速ラリーを繰り返すようになって来ました。結果的に100回を超えるロングラリーも多くなって来ましたね。しかし一般プレイヤーでは、まずは基本のローテーションを身に付けることから始めましょう。, バドミントンのダブルスは常に前衛と後衛が入れ替わりながら攻撃とレシーブを繰り返します。自分たちの得意なフォーメーションの時にポイントゲット出来れば言うことは無いですが、相手もそれを阻止しようと必死です。配球の変化に合わせて、常にレシーブの穴を塞ぎ攻撃のパターンに持って行くローテーションを身に付けましょう。条件反射で動けるようになるまでは、お互い声をかけながらパートナー同士で意識してローテーションチェンジを行うことが重要です。, ダブルスの効果的な攻め方と言っても、スマッシュやプッシュをバンバン打ち続けられる展開は稀です。むしろ相手の攻撃を凌ぎながら攻撃のチャンスを作り出すことが肝要ですね。攻撃は最大の防御とも言われますが、それはテニスでパッシングショットのようなウィナーがある場合です。バドミントンのコートの広さは簡単にウィナーを許しません。従って、リターンで相手の読みの裏をかき甘い球を引き出すことが攻撃につながります。, エンドライン奥まで上がったクリアを後衛が一生懸命叩いても中々決まりませんね。また、ネット際に上がった小飛球を無理にプッシュしてもミスにつながってしまいます。実力差が明確な試合は別として、決め急ぐことでミスを犯して相手に得点を許すゲーム展開は避けたいところです。多彩なショットを組み立てゲームメイクを心がけ、ここぞで攻撃に転じて決めましょう。, 試合の序盤で相手パートナーの弱点を見抜きましょう。スマッシュは得意だがレシーブがイマイチという人は必ずいます。その弱い相手を徹底的にマークしてゲームのイニシアチブを掴みます。ドリブンで体を仰け反らせて、ドロップやカットスマッシュでネット前に誘き出します。そうすることで相手のフォーメーションを崩すことにつながり、結果的に甘い球を引き出せます。, 自分のパートナーがMr.スマッシュマンならば、相手のショートサーブをネット前にリターンして上げさせます。とにかく攻撃権を奪うような配球を心がけてパートナーに決めてもらいます。, シングルスならばフォーメーションは必要ありません。自分がホームポジションに戻れば済みます。しかしダブルスではパートナーとの動きの決め事が必要です。それがフォーメーションです。, 攻撃のフォーメーションです。前衛と後衛に分かれて上がって来たシャトルを後衛がスマッシュやドロップで攻め、前衛はプッシュやロブで相手の裏を取ります。, 守備のフォーメーションです。平行陣を取り相手の攻めに対してオープンコートを作らないようにします。相手のスマッシュが甘ければドライブで切り返し、すぐにトップアンドバックの攻撃の形にします。, 試合前に相手の強み弱みを把握して、戦う戦術をあらかじめ話し合っておきましょう。積極的に打っていくのか、守りを固めて敢えて相手に打たせるのか決めましょう。, レシーブ力の弱い方を徹底的に攻めます。相手はフォーメーションを崩してでもカバーに回って来ます。その隙にオープンコート目指して打ち込むことでポイントゲット出来ますね。或いはハイバックが弱いと見たら徹底的に相手のバックにクリアを集中させます。, スマッシュは体力を消耗するもろ刃の剣です。Mr.スマッシュマンと言えどもゲームの終盤ともなると決定力が落ちて来ます。序盤戦で敢えて打たせることでスタミナを奪ってミスを引き出すのも賢い戦術ですね。, バドミントンの醍醐味は心理戦です。高校生騎士の藤井7段のように次の一手を読みながらショットを繰り出します。スマッシュやプッシュで1発で決められれば良いのですが、無理するとミスにつながったり相手の切り返しに合います。配球の組み立てで甘い球を引き出しましょう。, パートナーが上級者ならばリードして貰えるので安心ですが、同レベルの場合や即席ダブルスの時には特にコミュニケーションが大切です。声をお互いに掛け合ってローテーションを行いましょう。, 自分のパートナーが次のショットをどう期待しているのか考えてみましょう。スマッシュと思って前に出てしまい、甘いクリアを打ってしまうとサイドバイサイドの守備陣形になる前に打ち込まれてしまいます。自分の一打を打ったら次に相手のリターンがどう来るか予測が重要ですね。, イージーミスは厳禁です。ポイントのみならずパートナーの信頼も失ってしまいます。粘って相手のミスを引き出すのが肝要です。もちろんチャンスと見たら積極果敢に攻撃しましょう。, 攻守が目まぐるしく入れ替わるダブルスはパートナーとのコンビネーションが命です。お互いの強み弱みを共有して、配球の戦術を事前に打ち合わせしておきましょう。コミュニケーションの良し悪しがローテーションに現れます。また同時に、次の一打の読みが攻撃の糸口となります。, SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバドミントンサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう!, SPOTAS+の『サークル』では、多くのバドミントンサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。, バドミントンのダブルスで強くなるコツや前縁・後衛のローテーションを徹底解説(spot.town), https://www.spot.town/news/badminton_doubles/, バドミントンのレシーブはいくつか種類があります。今回レシーブの打ち方のコツと練習方法について紹介しています。