宗教ニュースサービスの記者、アデル・バンクス氏との2018年4月のインタビューで、カーター氏は未来に関する予測を次のように要約している。これはアメリカにも世界にも当てはまる。 ジミー・カーターウサギ事件(ジミー・カーターウサギじけん)は、1979年4月20日に当時のアメリカ合衆国大統領であったジミー・カーターの乗っていた釣り用ボートに向かってヌマチウサギ(英語版)が泳いで近づいてきたという出来事である。報道機関は想像力を働かせ、これを「殺人ウサギ」による襲撃事件などと称した。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 しかし、カーター氏が大統領職を離れて以来、アメリカは世界のあちこちで絶えず戦争に関与してきた。一方、アメリカ国民は、戦争の経費についてはほとんど知らされず、世界平和の維持という大義には無関心になってしまった。さらに悪いことに、多くのアメリカ人は、選出された指導者と、真理や平等、善意といった絶対不変のものだと教えられてきた原則に対する信頼を失った、と彼は書いている。 「ジミー・カーター」の意味は[1924~ ]米国の政治家のこと。Weblio国語辞典では「ジミー・カーター」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。 イエス・キリストはいつも彼と共にあり、人間の形をとった神として自分の模範になっている、と彼は述べている。カーター氏にとって、信仰は名詞ではなく、動詞である──神への宗教的な信仰であるにせよ、あるいは共通の体験と必要を通した、お互いに対する世俗的な信であるにせよ、人生において前進していくにあたっての基本前提である。彼は聖書のヘブライ人への手紙11-1を引用している。「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。……信仰によって、私たちは、この世界が神の言葉によって創造され、したがって見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです」。私たちがやろうとすることは何であれ達成可能であるという信を持たなければならない──そうでないと、それを達成しようとさえしないだろう。 20世紀西洋人名事典 - ジミー カーターの用語解説 - 1924.10.1 - 米国の政治家。元・アメリカ大統領。ジョージア州プレーンズ生まれ。ジョージア工業大学卒,海軍兵学校(’47年)卒。 (2020米大統領選 分極社会)田舎者の心、NYに分かるまい オハイオの62歳、民主党に反感. 2002年 に ノーベル平和賞 を受賞した。. 元大統領のジミー・カーターは、ドナルド・トランプ大統領の大ファンではありませんでした。 による CNN 、アトランタのカーターセンターでの2019年のスピーチで、前大統領は「トランプがあと4年あるのは惨事になると思う」と述べた。 The Straight Dope: What was the deal with Jimmy Carter and the killer rabbit? 145-6, New American Airlines Means 'Big 4' Control US Skies, http://www.aljazeera.com/focus/2010/04/20104258191144983.html, http://jp.reuters.com/article/JPNKorea/idJPTYE92604U20130307, http://mainichi.jp/select/world/news/20100827dde007030019000c.html, http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/110114/mds1101140053000-n1.htm, http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/27/2017102702069.html, 週刊myfood クローズアップインタビュー 第十七回:ジョージア州ピーナッツ生産地視察ツアー報告!, Jimmy Carter tells Booker: 'I hope you run for president', Jimmy Carter Backs Vegan Senator Cory Booker for President in 2020, Jimmy Carter wants Cory Booker to run in 2020, Democrats find a foil for Trump in Jimmy Carter, Jimmy Carter to Cory Booker: 'I hope you run for president', The height differences between all the US presidents and first ladies, All text is available under the terms of the. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス Amazonアウトレット 訳あり商品を お手頃価格で販売: Prime Now 好きな時間が選べる。 もし私たちが信を失えば、信は回復されなければならないものになる。つまり、自分自身への信、他者への信、最高の理想を顕現させる私たちの能力への信である。カーター氏は、自省と想像力という人間の能力によって証明されている意識の進化を信じると記している。そうした認識を踏まえてこう書いている。核戦争と地球温暖化の可能性によって生存が脅かされており、私たち自身がこうした脅威の媒体であることが今や知られている、と。したがって、自己破壊から自分たちを救うことはできるのだという、自分自身への、お互いへの、そして神への信へと、回帰しなければならない。そうした善への信を飛躍的に高めなければならない。なぜなら未来は、お互いと、そして自然界と協力して働くようになる能力にかかっているからである。カーター氏は、世界人権宣言、十戒、コーランつまりイエスの教えにある原則を見返すことを 通称は、 ジミー・カーター ( Jimmy Carter )。. Twin Pillars to Desert Storm: America's Flawed Vision in the Middle East from Nixon to Bush. )という言葉が流行するほど知名度が低かったが、ウォーターゲート事件により疲弊した政治の刷新を求めるアメリカ国民にクリーンなイメージと満面の笑みをアピール。選挙戦では世論調査会社を活用し、各州が抱える問題の情報を収集し、それに対応するメディア戦略をとった。 大統領在任中とそれ以降、カーター氏は自分の行動を導くためにこうした原則を活用しようと努めた。人権の領域での業績を称えて授けられた国連人権賞や、地球規模の大義に貢献した立役者を表彰するフーバー・メダルを含めて多数の賞を受賞したカーター氏は、「国際紛争の平和的解決策を見いだし、民主主義と人権を推進し、経済的、社会的な開発を促進するために、何十年にもわたってたゆまず努力した」という理由で2002年度のノーベル平和賞を受賞した。 ジョージア工業大学卒,海軍兵学校(’47年)卒。 キリスト教徒であるからといって平和主義者になることが要求されるわけではないとカーター氏は考えているが、シリアやアフガニスタン、イラク、イエメンでのアメリカの継続的な空爆は罪のない一般市民の死傷を引き起こし、人権のために尽くす平和国家であるというアメリカの主張と矛盾すると書いている。こうした攻撃的な行動はアメリカへの憎悪を助長し、テロに油を注ぐ、と彼は述べている。アメリカ政府は「自国民の間でも国際社会においても自由と人権の揺るぎない擁護者」として見られ得るし、見られるべきだという信念をカーター氏は抱いている。 1947年アメリカ海軍に入隊し、第二次大戦の後将尉に任官し、原子力潜水艦の開発に従事した。父の死後、家業のピーナッツ農場を継いで成功を納め、’62年民主党からジョージア州上院議員、’70年同州知事に当選し、’74年に大統領選出馬を表明し、’76年当選。外交面ではパナマ運河の条約締結。イスラエル、エジプト両大統領の平和工作が成功するなどの功績があったが、イランの米大使館人質事件を解決できず、’80年の選挙でレーガンに大敗した。’94年クリントン政権の下で北朝鮮、ハイチへの特使を務めた。, 出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報, 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報. カーター氏は悪化しつつある自分の健康状態と前方にある旅路について書くときは楽天的である。彼は自分の現在の反応と、戦時中に死の可能性に直面した若い潜水艦将校としての反応を比較している。両方の場合に、生活上の多くの心配からの解放、結果を統御できないという事実の受容、日常生活の日課への集中がある、と彼は書いている。個人的には、イエスに対する強い信仰が彼に慰めと強さを与えている。カーター氏は基本的に楽観主義者であり、神が地上において最終的に優位な立場になると信じている。「私の信仰が、私の楽観主義への鍵なのです」と彼は述べている。, ジミー・カーター『信仰──すべての人の旅路(Faith: a journey for all)』サイモン&シュスター社、2018年、180ページ. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジミー・カーターウサギ事件&oldid=75619962. ジミー・カーターはアメリカ南部のジョージア州の出身です。ピーナッツ農園を経営する父と看護師の母の間に長男として生まれ、兄弟は4人いました。 米国の政治家。 145-6, New American Airlines Means 'Big 4' Control US Skies, http://www.aljazeera.com/focus/2010/04/20104258191144983.html, http://jp.reuters.com/article/JPNKorea/idJPTYE92604U20130307, http://mainichi.jp/select/world/news/20100827dde007030019000c.html, http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/110114/mds1101140053000-n1.htm, http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/27/2017102702069.html, 週刊myfood クローズアップインタビュー 第十七回:ジョージア州ピーナッツ生産地視察ツアー報告!, Jimmy Carter tells Booker: 'I hope you run for president', Jimmy Carter Backs Vegan Senator Cory Booker for President in 2020, Jimmy Carter wants Cory Booker to run in 2020, Democrats find a foil for Trump in Jimmy Carter, Jimmy Carter to Cory Booker: 'I hope you run for president', The height differences between all the US presidents and first ladies, Jimmy and Rosalynn Carter Partnership Foundation, http://www.achievement.org/autodoc/page/car0int-1, http://www.achievement.org/autodoc/page/car0pro-1, http://www.achievement.org/autodoc/page/car0bio-1, http://www.achievement.org/autodoc/page/car0gal-1, "The U.S. President was here" — about Carterpuri, a village in Haryana, India named after President Carter, Instruments of Statecraft: U.S. Guerilla Warfare, Counterinsurgency, and Counterterrorism, 1940-1990 Chap. 「人間や、宗派や、国家の目標とは何でしょうか。それらはすべて驚くほど似通っています。つまり、平和の希求、謙虚さの必要、自分の欠点を調べてそれに背を向けること、欠乏や憎悪、飢え、肉体的苦痛による苦しみを和らげることに関心を持つ道徳的な社会を基盤とした、広い意味における人権への取り組み、自分の理想、自分の信仰を他者と分かち合い、人間の愛を正義へと転換しようという意欲、もしくは熱意です」 例えば、永続的な平和へのインセンティブ(刺激)を創造するために第二次世界大戦の終わりに発表された世界人権宣言は、「世界の偉大な宗教の最高の道徳的、倫理的な理想」を含んでおり、「すべての国家の立法者と一般市民が理解することのできる世俗の言葉でその理想を表現しました」。そうした宗教的な理想とは、恐怖と欠乏からの人間の自由の基礎を形成し永続的な平和を保証する、社会的、経済的、政治的、文化的、市民的な諸権利である、と彼は書いている。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.