「つる性植物の女王」という異名を持つクレマチス。ガーデンプランツとして非常に高い人気を誇る植物ですが、果たしてどのような花言葉があるのでしょうか? クレマチスの基本的な花言葉やその由来、そして誕生花や名前の由来に開花時期といった豆知識など、クレマチスについて色々とご紹介します。, クレマチスの基本的な意味の花言葉は『精神の美』『美しい心』『清廉な心』『高潔』『安全』『旅人の喜び』『企み』『策略』。, 『精神の美』や『美しい心』などといった心や精神の美しさを意味する花言葉は、細い茎に大きく鮮やかな花をつける様子が、心のあり方と美しさを表現するものとされたことに由来しています。, 『旅人の喜び』や『安全』の由来は、旅人を泊める宿の玄関にクレマチスを植えて、旅人をお出迎えするというヨーロッパの風習からです。クレマチスのつるは非常に丈夫なので縄や紐に利用していたそうですが、他にもベッドの底に張り詰めてクッションとして使っていたのだとか。このことから「旅人が快適に過ごせるように」との願いを込めて、宿屋の玄関にクレマチスを植えるようになったのだそうです。, そして『策略』と『企み』。前に紹介したものと比べるとかなり意外な、少し不穏な意味がついた理由には、クレマチスの特性が関わっています。実はクレマチスの葉の汁には毒性があり、肌を荒れさせたり、炎症を引き起こしたりする作用があるのです。そのためフランスでは、物乞いが病人を装って道行く人の同情を誘うのに利用していたという逸話が伝わっています。, なお、クレマチスの花粉でも炎症を引き起こすことがあるそうです。自宅でクレマチスを育てている場合は、取り扱いに気をつけてくださいね。. イギリスではバラと並んで人気を誇り「ツル性植物の女王」という異名を持つ、クレマチス。 彩り豊かな花色と様々な花形に加え、非常に丈夫なツルを有していることが特徴的な植物です。そのような魅力溢れるクレマチスの花言葉や風水効果についてご紹介します。 ★新枝咲き・強剪定タイプ ★開花時期:5~10月 クレマチスはつる性植物の女王、初夏を代表する凛とした花。 クレマチスの花言葉と種類についてご紹介。. ★開花時期:6~9月 クレマチスの花言葉を理解しようと、色々と情報を探っていたのですが、今回もまた、ヘビーな内容になってしまいました。花言葉って、明るい言葉が殆どです。でもその裏には、乗り越えるべき壁があります。どうも、じゅんぺいです。

科・属名: キンポウゲ科トリカブト属, ニゲラ | 詳細 →花言葉(全般): 「当惑」「ひそかな喜び」 科・属名: キンポウゲ科イチリンソウ属, オキナグサ | 詳細 →花言葉(全般): 「清純な心」「告げられぬ恋」「何も求めない」「裏切りの恋」 クレマチスの花言葉.

『クレマチス』はキンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)の植物で、和名は『クレマチス』、別名『テッセン』『カザグルマ』『センニンソウ』『クサボタン』『ハンショウズル』などと呼ばれています。 原産地は日本・中国・ヨーロッパ・北アメリカなど非常に広く、花色は赤色やピンク色、白色・青色・紫色・黄色などがあります。 当初一種類だけだったクレマチスですが、16世紀頃から世界のクレマチスがイギリスに集結する形となり、交配が行われたことで品種改良が進んだと言われています。 日本にクレマチスが入ってきたのは中国からで、江戸時代にはいくつかの品種が作られていたとされています。 さらに桃山時代には栽培が行われ、日本においても品種改良が行われるようになり、世界の原種と交配したものが逆輸入されていたそうです。 その当時には、既に日本人の好きなクレマチスが作られていたようですね。 それでは、そんなクレマチスの花言葉をご紹介していきますね。, クレマチスはツルが細いわりに大きく艶やかな花を咲かせます。 そのことに由来して『精神の美』という花言葉が付けられたと言われています。 また、ヨーロッパでは旅人を快く迎えるためにホテルのエントランスにクレマチスを植えていたとされており、そのことに由来して『旅人の喜び』という花言葉が付けられたと言われています。 『策略』という花言葉に関しては、少しネガティブな由来があります。 フランスでのお話です。 物乞いが人の同情を買うために、クレマチスの葉を体中に塗りたくって、故意的に肌荒れしたことに由来していると言われています。 健康体にも関わらず、病いに侵されているふりをしたことで『策略』という花言葉が付けられたのだそうです。 ですからフランスではクレマチスを“乞食草”と呼ぶそうです。, クレマチスは原種だけで300種類もあるとされており、花色は白色やピンク色、紫色など、淡い色~濃い色まで実に様々です。 また花姿も様々で、大きく開くものやベル型などがあります。 ほとんどがツル性で、珍しいものでは木立性のものもあり、色・花姿・幹の性質・大きさなど実に種類が豊富です。 花言葉の由来でお話ししましたが、クレマチスの切り口から出る汁には肌に炎症を起こす作用があります。 ただし、必ず炎症を起こすということではなく、個人差はあるようですね。 肌が炎症を起こしたり、肌荒れしたり、水泡が出来ることもあるそうです。 ですからクレマチスに触れたあとには、なるべく早く手洗いをすることをおすすめします。, クレマチスには、白色・紫色・ピンク色・赤色などなど、淡い色~濃い色まで様々な種類が存在しています。 あまりに花色の種類が多いからなのか、色別の花言葉は付けられていないようです。, クレマチスは英名が『Clematis』『Traveller's joy』『Leather flower』などで、学名が『Clematis spp.』となります。, 『mental beauty(メンタルビューティー)』意味は「精神の美」 『ingenuity(インジェニュアティー)』意味は「創意工夫」 『artifice(アータフェス)』意味は「策略」, 上記でもお話ししましたが、クレマチスの原種は300種類もあると言われています。 それらは日本や中国、ヨーロッパ、アメリカなど世界各地に分布しており、日本にある園芸用のクレマチス(テッセンやカザグルマ)などはクレマチスの原種の一つです。 それでは、クレマチスの種類をいくつかご紹介しましょう。 ここでは日本の代表的な種類をご紹介します。, 元々、白色や紫色が多かった品種ですが、最近では品種改良で赤色やピンク色、赤紫色などが存在しています。 真ん中にオシベがたくさんあり、花のように見えるガクは6枚です。, 日本も含めた世界中で人気が高い品種です。 花色は淡いピンク色や白色が多く、小さめの花を咲かせる可愛らしい品種です。, 花色は白色や薄いピンク色などで、花弁が4枚~6枚、葉っぱはレザーのような質感が特徴的です。 甘い香りがすることから、部屋に飾ることを好まれます。, クレマチスは春~秋に花を咲かせます。 開花時期は品種によりますが4月~10月、最盛期は5月です。 花屋に出回るのは3月~12月と期間が長くなっていますが、様々な品種が入れ替わり出回るといった感じでしょう。 花持ちは比較的よく5日間程度となっています。 陽射しを好み、半日以上は陽に当たる場所が良いでしょう。 半日陰でもある程度の明るさがあれば育ちますが、花付きが悪くなったり徒長しやすくなるでしょう。 風通しが良い場所を好みますが、強く風が当たる場所は避けてください。 用土は水はけが良いものを選び、蒸れないように気を付ける必要があります。, LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。, 例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。, 初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?. ガーデニングプランツとして大人気のクレマチスですが、どんな種類や品種があるのか、どんな花言葉があるのかご存知でしょうか。今回はクレマチスの特徴や種類・品種、花言葉や贈り物にする際のポイントなど、クレマチスに関する情報をご紹介します。 リンドウ(竜胆)の花言葉とは?意味や由来、色別(青・紫・白)、英語名などもご紹介!, 楓(カエデ)の花言葉とは?意味や由来、紅葉(モミジ)との違い、英語名の花言葉もご紹介!, ポピー(ヒナゲシ)の花言葉とは?意味や由来、色(赤・白・黄)、種類別、英語名の花言葉もご紹介!, アザミ(薊)の花言葉とは?意味や由来、色別(赤・紫・白)、英語名の花言葉もご紹介!, 桔梗(キキョウ)の花言葉とは?意味や由来、色別(紫・青・白・ピンク)、英語名の花言葉もご紹介!, ポンセチアの花言葉とは?意味や由来、色別(赤・白・ピンク)、英語名の花言葉もご紹介!【クリスマスの花】, 翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、, トルコキキョウの花言葉とは?意味や由来、色別(紫・青・白・緑・ピンク・黄)、英語名の花言葉もご紹介!, 椿(ツバキ)の花言葉とは?意味や由来、色(赤・ピンク・白・黄)、種類別などもご紹介!, ヒヤシンスの花言葉とは?意味や由来、色別(紫・赤・ピンク・白など)、英語名の花言葉もご紹介!, スターチスの花言葉とは?意味や由来、色別(紫・ピンク・黄)、英語名の花言葉もご紹介!, デンドロビウム(デンファレ)の花言葉とは?意味や由来、色・品種別・英語名の花言葉もご紹介!, マーガレットの花言葉とは?意味や由来、色(白・ピンク・黄)、本数別、英語名などもご紹介!, 睡蓮(スイレン)の花言葉とは?意味や由来、色別(白・ピンク・黄)、英語名の花言葉もご紹介!, ジャスミン(茉莉花)の花言葉とは?意味や由来、色別(白・黄・ピンク・青・紫)、英語名の花言葉もご紹介!. 上品で豪華な花を咲かせるユリには、どんな花言葉があるのでしょうか。この記事ではユリの種類や色、ユリ全般の花言葉、カサブラン... 原っぱや道端で雑草に混ざって、小さな薄いブルーの花を咲かせる、勿忘草とよく似た、キュウリグサと呼ばれる花があります。なぜキ... ガマズミは、可愛らしい白い花と美しい赤い実が特徴の落葉低木です。​​​​​​​そんな、ガマズミは、誕生花としても愛され意外... アマリリスの花言葉を知っていますか?凛と咲き誇る大輪に込められた言葉や意味は、まさにアマリリスを体現するようなものでした。... 海岸を何気なく歩いていると、薄いピンクの可憐な花が咲いています。それがハマヒルガオです。朝顔にしては開花時期が早く、控えめ... オオアマナという花をご存知ですか?漢字では「大甘菜」と書くので食べると美味しいのでは?と思うかもしれませんが、とんでもない... 野菜にも花言葉があるのをご存じでしたか?一見結び付きにくい野菜と花言葉ですが、実はいろいろな意味を持っています。今回は、そ... ハートの形が可愛らしいアンスリウム。色や大きさの種類も豊富で、プレゼントに人気の植物です。色によって異なる花言葉があり、風... カラーは白のイメージが強いですが、さまざまな色があるのをご存知でしょうか。美をイメージさせる花言葉が多く贈りもの・結婚式な... 友情の花言葉をもつ花は、冬の寒さが和らぎ草花が萌ゆる春に多いですよ。言葉にして伝えるには照れくさい友達への感謝を花言葉に込... 春になると日本中が美しい桜色に染まります。桜の美しさをあらわすように、桜の花言葉も美しく清らかです。そして、桜にはたくさん... みなさんは、5本のバラの花束の花言葉や意味をご存知ですか?バラの花は、相手に贈る本数によって花言葉に違いがあるんです。今回... みなさんはライラック(リラ)の花言葉をご存知ですか?ライラック(リラ)は、とてもいい香りで見た目も可愛らしく、花束にしてプ... ネリネは花色が多く、華やかさと繊細さをあわせ持つ植物です。花持ちがよく、切り花としてもおすすめです。ネリネの名前はギリシャ... 春の季節になると、独特の繊細な花姿と明るい花色で多くの人を楽しませてくれるポピーの花。そんなポピーにはどんな品種や、どんな... 町を歩いているとよく見かけるツツジの花。園芸用として庭でもよく育てられるツツジですが、実はいろいろな種類があり、その種類や... 「幸運の四つ葉のクローバー」でよく知られる三つ葉のクローバー。三つ葉の中から必死で四つ葉を探したことがある、という方も多い... 音楽の授業で「エーデルワイス」という曲を聞いたことはあるけど、花がどんな植物なのかは知らないという方も多いのではないでしょ... キク科の多年草であるシオン(紫苑)は、平安時代から日本で親しまれているとても歴史の古い植物です。「オニノシコグサ」なんてい... ランタナの花言葉を知っていますか?ランタナ自体をよく知らない、という人も多いかもしれません。ランタナという花には、色が変わ... 美しい花は、大切な方へのギフトや、誕生日や記念日のプレゼントに欠かせません。その際には花言葉も重視されますが、なかには贈り... 中央部分のまだら模様がトラに似ているという特徴を持つチグリジアの、花言葉についてご紹介します。咲かせる花の色や品種別に、花... 花言葉は誰が考えたのでしょう?日本と海外では意味が異なることがあります。花言葉の決め方は文化やその特徴などで決まります。花... グラジオラスの花言葉を知っていますか?勝利や努力、密会、忘却など、古代ヨーロッパ中心の時代背景が花言葉の由来となっています... 身近な果物であるオレンジは、花や果実、木そのものにそれぞれ花言葉があります。この記事ではそんなオレンジの花言葉を部位ごとに... 幼いころ、誰もが夢中になった四葉のクローバー探し。貴重な四葉のクローバーを見つけると、よいことがあるといいます。実はクロー... 色鮮やかな夏野菜は、初心者でも育てやすいものが多く、チャレンジしたことがある人も多いのではないでしょうか。そんな夏野菜にも... サボテンの鉢植えは、部屋にひとつあると目を楽しませてくれますね。最近はプレゼントの定番にもなっています。たくさんの種類があ... そよ風が吹くとどこからか軽やかな鐘の音が聞こえてきそう…ツリガネソウはそんなロマンチックな雰囲気を漂わせる可愛い花です。園... 椿は日本文化に古くから馴染む庭木です。椿が寒さの中で開く鮮やかな花は赤、白、ピンクと魅力的で花言葉も色ごとや種類ごとにあり... キャベツのような葉っぱをもつ葉牡丹は、お正月飾りなどで使われています。花の少ない冬の季節に、見事な葉で多くの人の目を楽しま... 花を贈るとき、励ましたり感謝したり、花言葉で気持ちを表すと素敵ですよね。日本で親しまれるペチュニアの花言葉は「心のやすらぎ... さまざまな場面でのギフトに最適な花ですが、毎回同じような感じになったり、好みがわからなかったり、困ることもありますよね。そ... 木蓮(モクレン)は公園樹や街路樹、庭木としておなじみの花です。大きく美しい白や紫、ピンクの花は世界中で愛されています。どん... 夏を代表する花といえば、ひまわりを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。漢字で書くと向日葵と書きますが、実はいろいろな... かわいらしい花を咲かせるハルジオンは、春によく見かける生命力の強い植物です。ハルジオンの基本情報や、花言葉、貧乏草と呼ばれ... 花束やブーケ、フラワーアレンジメントなどによく使われるトルコキキョウ。優雅で上品な姿が美しく、また品種が豊富でとても人気の... アネモネの花言葉を知っていますか?アネモネの花色には、白や赤、ピンクや紫などがありそれぞれ花言葉も違います。一重や八重など... デンドロビウムとは、色鮮やかな花をたくさん咲かせる洋蘭の一種です。リゾート系の雰囲気をもつ店舗の飾りによく使われています。... クレマチスの花言葉を色別・種類別にご紹介!贈り物へのおすすめは?のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。.